ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 895186 全員に公開 ハイキング栗駒・早池峰

神室山(有屋口より)〜絹笠草に逢いに

日程 2016年06月11日(土) [日帰り]
メンバー tmappmount
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
山形新幹線新庄駅 (有屋登山口まで車で約1時間)
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
10時間40分
休憩
0分
合計
10時間40分
S有屋口登山口05:2016:00有屋口登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・有屋口〜二股: 川沿いのほぼ平坦道。(小渡渉あり)
・二股〜春日の神: ブナ林を主とした登り中心。但しつずら折れになってい て登り易く特に危険個所無し。
・春日の神〜有屋口分岐: 急登で低木多い。時折尾根に出ると神室山が右 手に見えて頑張れます。(ここが一番キツイ)
・有屋口分岐〜神室山までは殆んどが尾根歩きで、一か所岩場あるがゆっ
 くり降りれば大丈夫。
 小アップダウンがあるもののハイキング気分で快適です。
 (花々も迎えてくれます)
・西の又分岐〜御田の神: キヌガサソウを見てからの登りは堪えます。
 先に見るか・山頂が先かはその日の天候と体調で決めて下さい。

○総じて、天候が悪い日は尾根道(特に御田の神方面の稜線は風強し)は風 当り強く気を付けて下さい。
○有屋口からは水場の案内が無く川水が飲料出来るか不明の為、充分
 な備えを。


その他周辺情報グリーンバレー神室(登山口より車約15分)〜日帰り入浴可は不明。
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

写真

5:20  有屋口登山口出発。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5:20  有屋口登山口出発。
2
案内板・登山届有り。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
案内板・登山届有り。
昔は車道が伸びていた様だ。
コンクリートで止められている。
ここの右を進んで行きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昔は車道が伸びていた様だ。
コンクリートで止められている。
ここの右を進んで行きます。
1
平坦な道を進む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平坦な道を進む。
途中から蕗が登山道を塞いでいます。
右側が川です。要注意。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中から蕗が登山道を塞いでいます。
右側が川です。要注意。
1
途中コンクリート橋に出ます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中コンクリート橋に出ます。
1
5:35 登山口案内の場所に出る。
(以前はここまで車が入れたと思う)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5:35 登山口案内の場所に出る。
(以前はここまで車が入れたと思う)
1
沢沿いの道を進む少し細い場所あり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢沿いの道を進む少し細い場所あり。
緑と空気が旨いです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緑と空気が旨いです。
大きなかつらの樹。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大きなかつらの樹。
1
樹齢?(何百)十年。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹齢?(何百)十年。
大きな倒木。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大きな倒木。
第一渡渉点。
(増水時でなければ全く問題無し)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第一渡渉点。
(増水時でなければ全く問題無し)
渡渉すると上に案内板あり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渡渉すると上に案内板あり。
案内板の通り進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
案内板の通り進みます。
鳥獣保護区の案内板。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳥獣保護区の案内板。
少し欠けた所も出て来ますがゆっくり行けば問題無い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し欠けた所も出て来ますがゆっくり行けば問題無い。
6:30 第二渡渉点、二股に到着。
川を横切って虎ロープ設置されてます。
(濡れた岩は滑ります)
水は飲料出来るか不明。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
6:30 第二渡渉点、二股に到着。
川を横切って虎ロープ設置されてます。
(濡れた岩は滑ります)
水は飲料出来るか不明。
1
渡ると案内板。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渡ると案内板。
この辺まで蕗が道を塞いでいる個所があります。
未だほぼ平坦です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺まで蕗が道を塞いでいる個所があります。
未だほぼ平坦です。
1
ここは間違い易い。
倒木を左です。テープに沿って進む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは間違い易い。
倒木を左です。テープに沿って進む。
いよいよ坂が始まります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよ坂が始まります。
ブナ林のつずら坂を登って行きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナ林のつずら坂を登って行きます。
1
こんな感じが右・左と続きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな感じが右・左と続きます。
7:10頃 尾根の切れ間に出る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7:10頃 尾根の切れ間に出る。
1
坂が続きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
坂が続きます。
8:30 春日の神到着。
何の変哲もない長方形の大きな石が出迎えてくれます。
(小休憩)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8:30 春日の神到着。
何の変哲もない長方形の大きな石が出迎えてくれます。
(小休憩)
1
はっきりと神室山・同避難小屋を見る事が出来ます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
はっきりと神室山・同避難小屋を見る事が出来ます。
2
さあ、ここからの急登を登ると尾根の有屋口分岐に出ます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さあ、ここからの急登を登ると尾根の有屋口分岐に出ます。
道も狭く急登が続きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道も狭く急登が続きます。
時折見える神室山が励みに。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時折見える神室山が励みに。
1
左後ろには鳥海山がくっきりと、堂々の鎮座です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左後ろには鳥海山がくっきりと、堂々の鎮座です。
7
前神室方面。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前神室方面。
5
ようやく急登を登り切り開けてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく急登を登り切り開けてきました。
9:10 有屋口分岐到着。(ここまで3:50)
ここを左折です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:10 有屋口分岐到着。(ここまで3:50)
ここを左折です。
左より登って来た。
(休憩2回目)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左より登って来た。
(休憩2回目)
雲ひとつ無い快晴。
微風吹いて爽やかなハイキングです。
足元には花々が迎えてくれました。
目一杯シャッターを切りました。中々進みません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲ひとつ無い快晴。
微風吹いて爽やかなハイキングです。
足元には花々が迎えてくれました。
目一杯シャッターを切りました。中々進みません。
1
9:40 レリーズピーク到着。 (ここまで4:20)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:40 レリーズピーク到着。 (ここまで4:20)
レリーズピーク。
下に可愛い小さなお地蔵さんが登山者を守っています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
レリーズピーク。
下に可愛い小さなお地蔵さんが登山者を守っています。
1
神室山方面。
右奥が神室山です。
少しアップダウン有りますが肉体的には殆んど不可ありません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神室山方面。
右奥が神室山です。
少しアップダウン有りますが肉体的には殆んど不可ありません。
5
もうすぐです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もうすぐです。
2
途中左側の谷。
残雪もあり深いです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中左側の谷。
残雪もあり深いです。
2
振り返って歩いて来た尾根。
綺麗ですよね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って歩いて来た尾根。
綺麗ですよね。
はっきりと神室山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
はっきりと神室山。
5
9:45 西の又分岐到着。
直進です。(左折は御田の神湿原方面〜絹笠草窓くぐり方面)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:45 西の又分岐到着。
直進です。(左折は御田の神湿原方面〜絹笠草窓くぐり方面)
あと少しです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あと少しです。
ここを下りました。
ロープ有りゆっくり下ってください。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここを下りました。
ロープ有りゆっくり下ってください。
頂上が見えました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上が見えました。
3
あと何十歩かな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あと何十歩かな。
10:10 神室山山頂。 (4:50の登頂)
山頂には2名の方が寛いでました。
後に4名が登って来ました。
雲一つ無い360℃のパノラマを楽しみましょう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:10 神室山山頂。 (4:50の登頂)
山頂には2名の方が寛いでました。
後に4名が登って来ました。
雲一つ無い360℃のパノラマを楽しみましょう。
6
余りにも天候が良いので避難小屋には行きませんでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
余りにも天候が良いので避難小屋には行きませんでした。
2
大東岳・面白山方面かな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大東岳・面白山方面かな。
1
登って来た神室ダム。
(当然アップです)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登って来た神室ダム。
(当然アップです)
2
堂々の鳥海山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堂々の鳥海山。
4
前神室・鳥海山方面。
10:40 山頂出発。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前神室・鳥海山方面。
10:40 山頂出発。
4
休憩充分、絹笠草を見にるんるんの下り尾根道。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
休憩充分、絹笠草を見にるんるんの下り尾根道。
御田の神湿原方面尾根。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御田の神湿原方面尾根。
1
御田の神湿原尾根より神室山方面。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御田の神湿原尾根より神室山方面。
3
御田の神湿原。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御田の神湿原。
1
11:40 窓くぐり到着。
荷物置いて本格撮影。
この花に逢いに来たのだから!
結構急斜面です。下が濡れているとズルズル滑る位の斜度です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:40 窓くぐり到着。
荷物置いて本格撮影。
この花に逢いに来たのだから!
結構急斜面です。下が濡れているとズルズル滑る位の斜度です。
2
窓くぐりより入口方面 (定番ですね)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
窓くぐりより入口方面 (定番ですね)
4
御田の神湿原稜線から尾根方面。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御田の神湿原稜線から尾根方面。
2
御田の神湿原稜線から前神室方面。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御田の神湿原稜線から前神室方面。
6
12:40 有屋口分岐に戻る。(左折)
13:00休憩の後、一気に二股まで降ります。
(カメラはバッグに収納、ただただ一目散に下るだけ)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:40 有屋口分岐に戻る。(左折)
13:00休憩の後、一気に二股まで降ります。
(カメラはバッグに収納、ただただ一目散に下るだけ)
15:00 二股に戻る。
(休憩)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15:00 二股に戻る。
(休憩)
ここち良い水の音と冷たい沢水。
別世界です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここち良い水の音と冷たい沢水。
別世界です。
1
15:40 案内板に戻る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15:40 案内板に戻る。
15:50 コンクリート橋に戻る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15:50 コンクリート橋に戻る。
暑さの為橋上の清流で顔・身体を洗いスッキリする。
いやぁ〜水の冷たさ最高です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暑さの為橋上の清流で顔・身体を洗いスッキリする。
いやぁ〜水の冷たさ最高です。
16:00 無事下山。
GPS移動時間7:46
停止(休憩・フォト)3:20
・神室山に咲く花々はこの後からです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
16:00 無事下山。
GPS移動時間7:46
停止(休憩・フォト)3:20
・神室山に咲く花々はこの後からです。
ここにアップ以外にも多数の花々が見られましたが、
全ては載せられません事ご容赦下さい。
シシウド。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここにアップ以外にも多数の花々が見られましたが、
全ては載せられません事ご容赦下さい。
シシウド。
イワガラミ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワガラミ。
2
何でしょう。
2016年06月11日 15:14撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何でしょう。
ウラジロヨウラク。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウラジロヨウラク。
3
マイズルソウ。
2016年06月11日 12:32撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マイズルソウ。
シラネアオイ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シラネアオイ。
3
ツバメオモト。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツバメオモト。
ミツバオーレン。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミツバオーレン。
ミツバオーレン。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミツバオーレン。
ミヤマキンバイ。
2016年06月11日 09:56撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマキンバイ。
2
ハクサンチドリ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンチドリ。
1
ゴゼンタチバナ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴゼンタチバナ
1
コイワカガミ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コイワカガミ。
コイワカガミ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コイワカガミ。
2
サンカヨウ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
サンカヨウ。
1
絹笠ロード。
これだけの群生は中々見られません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
絹笠ロード。
これだけの群生は中々見られません。
2
絹笠草。
見事と言うしかありません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
絹笠草。
見事と言うしかありません。
3
撮影機材:

感想/記録

・日本固有種の絹笠草を求めて花の百名山"神室山"に登って来ました。
 最高の快晴に恵まれフォト撮り・休憩を3時間以上ゆっくり取って、稜線
 の素晴らしいハイクと山登り、足元に咲き誇る数々の花々を充分に堪能
 する事が出来ました。
・絹笠草は傾斜地の僅かな区間にすごい密集して咲き誇っていて、他を
 寄せ付けない気品・重厚・清楚さを感じさせてくれました。
 素晴らしい花でした見てほんとに良かった。
・神室山は標高はさほど高く無い山ですが、そこに辿り着くまでの周辺の 山々の厳しさ等二百名山に値するものでした。
 コース整備状況・アップダウン・稜線の快適さ、咲き誇る花々等々、本当に素晴 らしい山でした。
 新たに絹笠草と言う花も見れ自然の美しさ・素晴らしさを再認識させら れた山行でした。神室山有り難う!!
訪問者数:212人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ