ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 895311 全員に公開 ハイキング奥武蔵

金峰山、瑞牆山を富士見平小屋テン泊で

日程 2016年06月11日(土) 〜 2016年06月12日(日)
メンバー mkazu11, その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
先輩の車で須玉インターから瑞牆山荘の無料駐車場まで。8時半頃は既に満車で路肩に停めざるを得ませんでした。
帰りは翌日の同じくらいの時間に下山。その時は未だ駐車場には余裕があったようです。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち82%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間3分
休憩
1時間55分
合計
7時間58分
S県営無料駐車場08:3409:13富士見平小屋10:2811:02鷹見岩分岐11:10大日小屋12:28砂払の頭12:3512:49千代の吹上12:58金峰山小屋分岐13:0513:40五丈石13:4313:50金峰山14:0814:23金峰山小屋14:2414:39金峰山小屋分岐14:48千代の吹上14:57砂払の頭15:36大日岩15:4016:00大日小屋16:07鷹見岩分岐16:32富士見平小屋
2日目
山行
2時間46分
休憩
2時間26分
合計
5時間12分
富士見平小屋03:3803:55瑞牆山・八丁平分岐04:02桃太郎岩04:44大ヤスリ岩04:4804:56瑞牆山05:2005:25大ヤスリ岩05:3206:05桃太郎岩06:0606:14瑞牆山・八丁平分岐06:30富士見平小屋08:1908:47みずがき山荘08:4808:50ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
両山ともガレ場と岩場のミックスで手も使わないと登り下りできない箇所多数です。滑りやすい岩も多いので滑って怪我しないよう慎重に歩きましょう。
瑞牆山のほうがコースタイムは短いですがほぼ直登の急登岩場で大変でした。
その他周辺情報ラジウム温泉に寄りたかったのですが下山早すぎて営業しておらずで残年
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック サブザック 昼ご飯 行動食 飲料 コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ
備考 テン泊の夕食に初めてちょっと良いカルビ肉とプチトマト、キュウリのスライス持っていき焼肉と生野菜をいただきましたが上手くできました

写真

ガスが晴れ金峰山までの綺麗な稜線が見えました
2016年06月11日 13:35撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスが晴れ金峰山までの綺麗な稜線が見えました
2
瑞牆山山頂より。朝から元気〜w
2016年06月12日 05:14撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
瑞牆山山頂より。朝から元気〜w
2
撮影機材:

感想/記録

金曜の夜の飲み会で異様なほど山に行きたがる先輩の情熱に負けやってきました。
行きの車中で場所が確定するという成り行き的な週末でしたが山は最高でした。
まずは、瑞牆山荘の無料駐車場に車を停め富士見平に向かいました。
ここでテントの受付を済ませ設営後金峰山に向かいます。小屋の女性が噂通り素敵な感じでした。
そこからはそこそこの急登を抜け稜線に出ると、最初はガス状態も次第に晴れて視界明確になり五丈岩に登る人もバッチリ見えました。
稜線は手も使わないと登れない岩場が多く疲れますがようやく山頂。大弛峠から登る人も多く山頂は混み合っていました。
下山は金峰山荘を軽く見学して富士見平へ戻ります。
たどり着くと朝の様子とは激変の大混雑のテン場となっていました。既に夕食のいい匂いが漂い、我々も夕食にし、21時くらいに就寝。
しかしテン場のあちこちから合唱のように聞こえるいびきが気になってなかなか寝付けず、更には若者集団が2時には起きて話しながら食事等始めてしまいうるさくて眠れず仕方なく起きる事に。先輩も騒がしさで起きてしまい、それならばと朝飯前に瑞牆山へアタックする事にしました。
暗い上に滑りやすいガレ場を慎重に歩くと昨日以上の急登の岩場となり、これが結局最後まで続くと全く予想しておらず、必死でたどり着いた山頂で「朝から何てとこ登らすんだ!」と叫んでしまいましたw
そんなこんなで山頂ではご来光には間に合わなかったものの絶景が広がって疲れが吹き飛びます。富士山、南アルプス、乗鞍など大展望を楽しめました。
記念撮影した後はさっさと下山し朝食を食べてからテントを片付け午前中のうちに帰宅。
勢い来た割には好天に恵まれ楽しい山行となりました。
訪問者数:383人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ