ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 895499 全員に公開 ハイキング八ヶ岳・蓼科

30年ぶりの西天狗岳

日程 2016年06月11日(土) [日帰り]
メンバー hiromiyazawa, その他メンバー1人
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間55分
休憩
1時間55分
合計
8時間50分
S天狗岳登山口駐車場08:0008:10唐沢鉱泉09:10唐沢鉱泉分岐09:1510:00第一展望台11:00第二展望台10:50天狗岳11:0011:40東天狗岳13:1014:40黒百合ヒュッテ14:5016:40唐沢鉱泉16:40ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
中央道諏訪南IC−三井の森リゾートー唐沢鉱泉
特に危険なところはありませんが西天狗の登りや東天狗から黒百合平までの下りは大きな岩だらけで高齢者には結構膝に来ます。
その他周辺情報唐沢鉱泉¥700円登る前に予約しておけば宿の駐車場が使えると言っていました。
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 飲料 ヘッドランプ 筆記用具 ガイド地図(ブック) 携帯 タオル カメラ

写真

今日はこの橋を渡って西天狗岳をめざします。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日はこの橋を渡って西天狗岳をめざします。
コイワカガミ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コイワカガミ
ミツバオウレン
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミツバオウレン
西天狗岳ニテ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西天狗岳ニテ
1
東天狗岳こののぼりで足がつってしまって大幅時間ロス
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東天狗岳こののぼりで足がつってしまって大幅時間ロス
東天狗岳より硫黄岳・赤岳・阿弥陀岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東天狗岳より硫黄岳・赤岳・阿弥陀岳
西天狗岳を振り返る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西天狗岳を振り返る
1
初めて本場の岩登りをした稲子岳mの南壁
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
初めて本場の岩登りをした稲子岳mの南壁
1
坪庭より天狗岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
坪庭より天狗岳
天狗岳のイメージをタイルに彫刻しました。
「天狗岳・ミツバオウレン」
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗岳のイメージをタイルに彫刻しました。
「天狗岳・ミツバオウレン」
黒百合ヒュッテニテ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒百合ヒュッテニテ
1
かわいい子鹿4頭の内の1頭
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かわいい子鹿4頭の内の1頭
1
林道付近で群生していたシロバナヘビイチゴ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道付近で群生していたシロバナヘビイチゴ
唐沢鉱泉の源泉
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唐沢鉱泉の源泉
今回のパートナーI氏
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回のパートナーI氏
1
唐沢鉱泉に戻ってきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唐沢鉱泉に戻ってきました。

感想/記録

30年ぶりの天狗岳、昔は唐沢鉱泉に前泊していました。
梅雨時には珍しい晴天に恵まれて、
今回は早朝出発で日帰りです。混雑を避けて西天狗岳への直登コースにしました案の定頂上まで3パーティしか会いませんでしたコイワカガミ、ミツバオウレンなどの高山植物との出会いも楽しみのひとつです。
西天狗岳の最後の登りは楽しい岩登りです、しかしその付けが回って東天狗岳の登りで足が攣ってしまい大きく時間ロスしてしまいました。東天狗で昼食、いつものパターンで缶ビールに昼飯、最後に山コーヒーと至極のひと時でした。下山は天狗の奥庭コースを下りましたが大きな岩伝いの道は高齢者には膝への負担が大きいです。黒百合平からは傾斜もゆるくなり樹間の静かな道では親子の鹿などとの出会いも楽しめめました。
しかし若かりし頃の体力はなくはがゆい思いを感じています。
少しでも体力を維持できるよう日頃のウオーキングなどがんばりたいですね。
訪問者数:247人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ