ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 895629 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

高尾山で川から川へ

日程 2016年06月12日(日) [日帰り]
メンバー 13579hinata
天候
アクセス
利用交通機関
電車バス
中央線高尾駅北口から小仏行きバス12分日影下車。帰りは高尾山口から京王線。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
1時間50分
休憩
1時間0分
合計
2時間50分
S日影バス停10:3010:40ウッディハウス愛林11:30高尾山12:3013:00琵琶滝13:20高尾山口駅13:20ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
帰りは1号路と思ったけど、思いつきで琵琶滝へ。
コース状況/
危険箇所等
何も危険はありません。いろはの森コースは階段が多いので、脚力に自信がない方はストックの準備を。帰りはちょっと喧噪をはなれて脇道で。
その他周辺情報高尾山口には温泉あります。まだ、入ったことないですが。
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 飲料 予備電池 保険証 携帯 ストック

写真

清流。木道があって、流れまで降りることができます。こちらは登山道ではなさそう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
清流。木道があって、流れまで降りることができます。こちらは登山道ではなさそう。
1
渓流に脱線中。修正しなくては。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渓流に脱線中。修正しなくては。
1
ここが本当のスタート。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここが本当のスタート。
1
林道で歩きやすい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道で歩きやすい。
キャンプ場。写真にはうつっていませんが猫もいました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キャンプ場。写真にはうつっていませんが猫もいました。
キャンプ場の説明、奥の建物はキャンプ場用トイレ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キャンプ場の説明、奥の建物はキャンプ場用トイレ。
いろはの森スタート。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いろはの森スタート。
1
これが最後の建造物。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これが最後の建造物。
振り返るとなぜか作業場。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返るとなぜか作業場。
ケヤキの「け」
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ケヤキの「け」
小さな沢を渡った。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小さな沢を渡った。
山道になりました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山道になりました。
ダムは苔むしてすっかり溶け込んでいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ダムは苔むしてすっかり溶け込んでいます。
1
もう1種類のダムの解説がありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう1種類のダムの解説がありました。
1
ダムの解説はこの道の高尾山ためのようです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ダムの解説はこの道の高尾山ためのようです。
いよいよ山頂へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよ山頂へ。
階段多かった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
階段多かった。
ひたすら登りを歩いた。
山頂から富士山方向。肉眼では輪郭を確認できたのですが・・・。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひたすら登りを歩いた。
山頂から富士山方向。肉眼では輪郭を確認できたのですが・・・。
1
帰りは琵琶滝の脇に降りました。修行中なのか、大きな気合の入った声が聞こえました。これで、渓流つなぎの完成です〜。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りは琵琶滝の脇に降りました。修行中なのか、大きな気合の入った声が聞こえました。これで、渓流つなぎの完成です〜。

感想/記録

曇りで暑くなさそうなので、いろはの森コースが京王線のポスターにあったので衝動的に行ってしまった。
この登山道はひたすら登り。要所にあるベンチで休みながら登るのが正解です。1号路の喧騒が嘘のように静かな山歩きができました。それだけに山頂の人の多さに慣れるまで時間が必要でした。
今回、高尾山の他の人に知られていない一面を知ったつもり(天狗に取り憑かれている!)、癖になる山ですね。
訪問者数:179人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ