ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 895644 全員に公開 ハイキング阿蘇・九重

ミヤマキリシマが美しかった 〜 くじゅう連山・扇ヶ鼻 〜

日程 2016年06月10日(金) [日帰り]
メンバー kz4ar5
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
牧の戸峠登山口駐車場に9:10に到着しました。
平日ですが駐車場はほぼ満車でした。ミヤマキリシマが満開になっているので大勢のハイカーが訪れていました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

登り 牧の戸峠駐車場 9:20発 → 扇ヶ鼻 11:10着
下り 扇ヶ鼻 12:20発 → 牧の戸峠駐車場 14:00着
コース状況/
危険箇所等
特に危険な個所はありませんでした。
コース図は手書きなので正確ではありません。
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

写真

大阪からフェリーで九州へ向かいました。
明石海峡大橋の下を通っていきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大阪からフェリーで九州へ向かいました。
明石海峡大橋の下を通っていきます。
2
瀬戸内海の夕暮れの景色です。
久しぶりにきれいな夕日を見ました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
瀬戸内海の夕暮れの景色です。
久しぶりにきれいな夕日を見ました。
3
早朝に九州に上陸し、車を走らせ長者原に到着しました。
正面の山がくじゅう連山です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
早朝に九州に上陸し、車を走らせ長者原に到着しました。
正面の山がくじゅう連山です。
牧の戸峠の登山口に到着しました。
平日でしたが、駐車場はほぼ満車でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
牧の戸峠の登山口に到着しました。
平日でしたが、駐車場はほぼ満車でした。
1
ここが登山口です。
途中の展望所まで一般観光客の方も多く登られていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここが登山口です。
途中の展望所まで一般観光客の方も多く登られていました。
山頂の青空を期待して登りました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂の青空を期待して登りました。
1
牧の戸峠駐車場の様子です。
早朝から大勢のハイカーが登っているようです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
牧の戸峠駐車場の様子です。
早朝から大勢のハイカーが登っているようです。
2
沓掛山まで登ってきました。
写真ではわかりにくいですが、山頂付近がミヤマキリマでピンク色に染まっています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沓掛山まで登ってきました。
写真ではわかりにくいですが、山頂付近がミヤマキリマでピンク色に染まっています。
登山道沿いにも、所々にミヤマキリシマが咲いており、楽しく歩けました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道沿いにも、所々にミヤマキリシマが咲いており、楽しく歩けました。
1
扇ヶ鼻と久住山への分岐点に到着しました。
右の扇ヶ鼻へ進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
扇ヶ鼻と久住山への分岐点に到着しました。
右の扇ヶ鼻へ進みます。
この分岐点で咲いていたミヤマキリシマが満開で、皆さん写真を撮っていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この分岐点で咲いていたミヤマキリシマが満開で、皆さん写真を撮っていました。
5
振り返って分岐点の様子です。
写真の右へ進めば久住山へ、手前に進めば扇ヶ鼻へ向かいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って分岐点の様子です。
写真の右へ進めば久住山へ、手前に進めば扇ヶ鼻へ向かいます。
扇ヶ鼻方面のこの眺めできれいだなぁと思いましたが、この斜面を登ったところが素晴らしい景色でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
扇ヶ鼻方面のこの眺めできれいだなぁと思いましたが、この斜面を登ったところが素晴らしい景色でした。
1
斜面を登ると、このような素晴らしい景色でした。
一番高い所が扇ヶ鼻です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
斜面を登ると、このような素晴らしい景色でした。
一番高い所が扇ヶ鼻です。
5
ほぼ平坦な地形にミヤマキリシマが全面に咲いています。
奥に見える山は久住山です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほぼ平坦な地形にミヤマキリシマが全面に咲いています。
奥に見える山は久住山です。
5
梅雨時期の中、青空の下でミヤマキリシマを眺めることができてよかったです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
梅雨時期の中、青空の下でミヤマキリシマを眺めることができてよかったです。
3
扇ヶ鼻の頂上へ向かいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
扇ヶ鼻の頂上へ向かいます。
扇ヶ鼻の頂上に到着しました。
標高は1698mです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
扇ヶ鼻の頂上に到着しました。
標高は1698mです。
1
扇ヶ鼻を通り過ぎて先の方へ行ってみました。
振り返っての扇ヶ鼻の景色です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
扇ヶ鼻を通り過ぎて先の方へ行ってみました。
振り返っての扇ヶ鼻の景色です。
阿蘇山方面の景色です。
残念ながら、阿蘇山は雲が多くて見えませんでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿蘇山方面の景色です。
残念ながら、阿蘇山は雲が多くて見えませんでした。
この景色を眺めながら昼食をとりました。
奥の山は星生山です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この景色を眺めながら昼食をとりました。
奥の山は星生山です。
1
星生山のズームです。
多くのハイカーが登られています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
星生山のズームです。
多くのハイカーが登られています。
1
大船山周辺のミヤマキリシマも見たかったのですが、ここの景色を見て十分満足しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大船山周辺のミヤマキリシマも見たかったのですが、ここの景色を見て十分満足しました。
1
今年は、数年ぶりのミヤマキリシマの当たり年のようです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今年は、数年ぶりのミヤマキリシマの当たり年のようです。
3
ドウダンツツジも所々に咲いていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ドウダンツツジも所々に咲いていました。
3
すごい咲きっぷりでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すごい咲きっぷりでした。
4
アップです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アップです。
4
さらにアップです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらにアップです。
3
それでは下山します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
それでは下山します。
3
登山道の様子です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道の様子です。
沓掛山が岩場になっていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沓掛山が岩場になっていました。
1
登山口まで下山しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口まで下山しました。
普段は食べないけど、下山した場所にあると食べるのが楽しみになりました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
普段は食べないけど、下山した場所にあると食べるのが楽しみになりました。
3
阿蘇市へ向かうやまなみハイウェイから、薄らと阿蘇山が見えました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿蘇市へ向かうやまなみハイウェイから、薄らと阿蘇山が見えました。
帰りの道中に九重夢大吊橋があったので渡ってみました。
高所は苦手ですが面白かったです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りの道中に九重夢大吊橋があったので渡ってみました。
高所は苦手ですが面白かったです。
2
床の中央部はグレーチング張で下が見えました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
床の中央部はグレーチング張で下が見えました。
1

感想/記録
by kz4ar5

 くじゅう連山に登るのは今回が3回目ですが、ミヤマキリシマが咲く季節には登ったことがなく、満開のミヤマキリシマを見たいと思っていました。
 梅雨時期でしたが、天気に恵まれて、ミヤマキリシマが一面に咲く美しい景色を見ることができ来てよかったです。
 多くのハイカーが、こんなに咲いたのは見たことがないと話されていましたので、今年は数年ぶりの当たり年のようです。
訪問者数:202人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/7/20
投稿数: 1858
2016/6/13 13:15
 レコ ありがとう。
Kz4ar5さん こんにちは。
テレビで見たことありました。一度見たいと思ってました。
本当にこんな光景があるんですね、自然は素晴らしいです。
レコアップ ありがとうございました。
80、81より
登録日: 2014/1/5
投稿数: 15
2016/6/13 19:57
 Re: レコ ありがとう。
8080、8081さん、コメントありがとうございます。
私が撮影した写真で、きれいな景色だと思ってもらえて嬉しいです。
ミヤマキリシマが咲く季節のくじゅう連山は本当にいいところでした。
多くの人にお薦めしたい山ですね。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ミヤマキリシマ チング 梅雨
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ