ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 896066 全員に公開 ハイキング札幌近郊

朝里天狗岳

日程 2016年06月12日(日) [日帰り]
メンバー naopiyo, その他メンバー1人
天候快晴・ほぼ無風
アクセス
利用交通機関
車・バイク
登山口から500mほど朝里峠側へ進んだところに広い駐車場あり
(朝里市街地から峠へ向かって行くと右側)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
1時間47分
休憩
18分
合計
2時間5分
S駐車場08:5509:00登山口09:15高圧電線下分岐09:40山頂09:4309:50見晴台10:0510:10山頂10:35高圧電線下分岐10:55登山口11:00駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
ほとんどが樹林帯で眺望がなく、途中から道が一部不明瞭のためピンクテープや樹木のペイントを目印にコースを進みます。上部は根や枝も多く歩きづらいため、(個人的には)小学生低学年以下には少しキツイと思います。
その他周辺情報朝里ダム(放水を見ていると涼しく感じます)
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 グローブ 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ ファーストエイドキット 日焼け止め 携帯 サングラス タオル カメラ

写真

広い駐車場(15台くらいは駐車可能)
そこから500mほど朝里市街方面へ歩きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広い駐車場(15台くらいは駐車可能)
そこから500mほど朝里市街方面へ歩きます。
朝里市街→峠だと左側に「魚留の滝」という看板があり、その先左カーブの電柱手前に登山口があります。(帰りに撮影)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝里市街→峠だと左側に「魚留の滝」という看板があり、その先左カーブの電柱手前に登山口があります。(帰りに撮影)
目立たない登山口看板
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目立たない登山口看板
登山口から高圧電線下を徐々に登って行きます。木々が生い茂っているので、見上げても電線があまり見えません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口から高圧電線下を徐々に登って行きます。木々が生い茂っているので、見上げても電線があまり見えません。
時折開けた場所へ出ます。(下山時撮影)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時折開けた場所へ出ます。(下山時撮影)
1つ目の渡渉(下山時撮影)
全部で3か所?(小さいのを除く)渡渉がありますが、すんなり渡れます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1つ目の渡渉(下山時撮影)
全部で3か所?(小さいのを除く)渡渉がありますが、すんなり渡れます。
3つ目の鉄塔を過ぎてまもなくしたら左へ入る矢印があります。
鉄塔下を真っすぐ進む道もあるので行かないように注意。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3つ目の鉄塔を過ぎてまもなくしたら左へ入る矢印があります。
鉄塔下を真っすぐ進む道もあるので行かないように注意。
1
矢印に助けられます。
この地点は直角に曲がるポイントなので、下山時にも注意が必要です。(下山時は矢印が見えにくいです)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
矢印に助けられます。
この地点は直角に曲がるポイントなので、下山時にも注意が必要です。(下山時は矢印が見えにくいです)
踏み跡とピンクテープを頼りに進みます。
葉が生い茂っていて、先行者がすぐに見えなくなります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
踏み跡とピンクテープを頼りに進みます。
葉が生い茂っていて、先行者がすぐに見えなくなります。
長い樹林帯を抜けたら岩が現れました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長い樹林帯を抜けたら岩が現れました。
山頂!
正面が北側ですがほとんど眺望なしです。
山頂標識の右側を通って見晴台へ移動します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂!
正面が北側ですがほとんど眺望なしです。
山頂標識の右側を通って見晴台へ移動します。
3
見晴台への道は歩きづらいですが、ここも踏み跡とピンクテープに頼って進みます。(下山時撮影)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見晴台への道は歩きづらいですが、ここも踏み跡とピンクテープに頼って進みます。(下山時撮影)
山頂から10分弱で見晴台に到着!
正面に朝里ダム、朝里市街地が見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から10分弱で見晴台に到着!
正面に朝里ダム、朝里市街地が見えます。
4
小樽市街地、小樽天狗山方面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小樽市街地、小樽天狗山方面
3
見晴台から山頂方面を撮影。
どこが山頂かわからないです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見晴台から山頂方面を撮影。
どこが山頂かわからないです。
山頂から再び樹林帯へ。
石のペイント無ければ迷うかもしれません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から再び樹林帯へ。
石のペイント無ければ迷うかもしれません。

感想/記録

晴→曇→雨予報だったので、午前中にサクッと登れる山を探していました。
昨日は定山渓天狗岳に登頂したので今日は「天狗」つながりで朝里に決め、昨晩の飲み会の影響と熊出没の心配があるため、正午下山の予定でゆっくり出発。
単独登山は寂しいので無理やり息子を食事で釣って連れてきました。

登山口からは高圧電線下のしっかりとした作業道的な道があり迷うことなく進めましたが、天狗岳への分岐を過ぎてからは事前情報どおり踏み跡とピンクテープを頼りに歩きました。
熊対策としては、ホイッスル&ダブル鈴&会話。気付いてくれたかな?

途中の眺望はほとんどなく、次に開けた場所が山頂。
さらに北側へ10分弱進むと見晴台があり、そこからの眺望は最高でした。
虫もなく長時間滞在可能でしたが、次の目的地へ行く予定があり、早々に下山。

山頂でお会いした男性二人組にはヤマレコの話をさせていただき、私の投稿記録を見ていただくことに・・・
と思っていましたら、すでに投稿されていました。(私の地図は雑ですみません)
朝里天狗岳の人気がアップするかもしれませんね。

ちなみに下山後、小樽の「天狗」にも登頂。といってもほとんど車です。
訪問者数:201人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

渡渉 ホイッスル
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ