ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 896319 全員に公開 ハイキング甲斐駒・北岳

【2日連続30卻癲枡逎⇔啼(北沢峠へ)と高尾山1日4登(全路全コース)

日程 2016年06月11日(土) 〜 2016年06月12日(日)
メンバー yamahiro
天候■6/11(土)
■6/12(日)
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

■6/11(土):南アルプス林道と戸台川原沿い(戸台〜北沢峠往復):約31

【登り】・・・南アルプス林道(戸台→北沢峠)
 戸台登山口(駐車場)発5:47-戸台大橋ゲート6:12-仏像構造線唐沢露8:55-
 歌宿(バス停)9:30-丹渓新道入口9:53-薮沢10:33-大平小屋10:56ー
 北沢峠着11:14
 [所要時間]5時間27分

【下り】・・・八丁坂・戸台川原沿い(北沢峠→戸台)
 北沢峠発11:14-(付近散策)-大平小屋11:45-八丁坂への分岐-12:03-
 丹渓山荘跡12:47-戸台川渡渉地点13:05-角兵衛沢出合-13:35-
 堰堤(一つ目)14:24-三峰川発電所14:29-堰堤(二つ目)14:51-
 戸台登山口(駐車場)着15:04
 [所要時間]3時間40分

【合計】
 [総所要時間]9時間07分(5分以上の休憩なし)


■6/12(日):高尾山1日4登全号路全コース:約32

【1登目】
 高尾山口駐車場発4:50-ケーブル清滝駅4:55-《6号路》-高尾山頂5:53-
 《1号路》-《4号路》-《2号路(北側)》-ケーブル清滝駅着6:52
 [所要時間]2時間02分

【2登目】
 ケーブル清滝駅発6:52-《稲荷山コース》-高尾山頂7:52-
 《1号路》-《蛇滝コース》-蛇滝口バス停着8:43
 [所要時間]1時間51分

【3登目】
 蛇滝口バス停発8:43-日影沢入口8:59-《いろはの森コース》-高尾山頂9:48-
 《5号路》-《3号路》-《2号路(南側)》-《琵琶滝コース》-
 ケーブル清滝駅着11:01
 [所要時間]2時間18分
 (この後蕎麦屋で休憩20分)

【4登目】
 ケーブル清滝駅発11:21-《6号路》-高尾山頂12:25-
 《1号路》-ケーブル清滝駅着13:10-駐車場着13:14
 [所要時間]1時間53分

【合計】
 [総所要時間]8時間04分(除く休憩20分)
コース状況/
危険箇所等
戸台川沿いをルートにとる場合、河原(一部樹林帯)を歩くことになりますが、
リボンやペンキマークがあったりなかったりします。
渡渉箇所を要する個所もあり、
雨後や季節的な増水時には注意した方がよいと思います。
また、下りに使う場合、途中に2か所大きな砂防堤があり、
その先はコンクリートの絶壁にて、
(暗い時間帯など)誤って墜落しないようご注意ください。
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

写真

【戸台登山口(駐車場)】
鋸岳への登山口でもある、戸台川沿いにある広い駐車場。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【戸台登山口(駐車場)】
鋸岳への登山口でもある、戸台川沿いにある広い駐車場。
【戸台登山口(駐車場)】
早朝から圧倒。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【戸台登山口(駐車場)】
早朝から圧倒。
4
【戸台登山口→戸台大橋】
林道を歩くために一旦下流に向かって歩きます。手前の緑が綺麗でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【戸台登山口→戸台大橋】
林道を歩くために一旦下流に向かって歩きます。手前の緑が綺麗でした。
2
【戸台登山口→戸台大橋】
朝日を浴びて光る緑がいい。
キビタキが鳴いていました。
(姿は見えず)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【戸台登山口→戸台大橋】
朝日を浴びて光る緑がいい。
キビタキが鳴いていました。
(姿は見えず)
1
【戸台大橋】
この先は一般車進入禁止。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【戸台大橋】
この先は一般車進入禁止。
2
【戸台大橋】
上流側の眼下。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【戸台大橋】
上流側の眼下。
【戸台大橋→唐沢露頭】
●キリンソウ(麒麟草)
ベンケイソウに似ているけど、突っ立った感じ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【戸台大橋→唐沢露頭】
●キリンソウ(麒麟草)
ベンケイソウに似ているけど、突っ立った感じ。
12
【戸台大橋→唐沢露頭】
●調査中
→ビロードモウズイカ(天鵞絨毛蕊花)のようです。外来種の花がこんな所にあるんですね。obanyanさんありがとうございました!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【戸台大橋→唐沢露頭】
●調査中
→ビロードモウズイカ(天鵞絨毛蕊花)のようです。外来種の花がこんな所にあるんですね。obanyanさんありがとうございました!
4
【戸台大橋→唐沢露頭】
仙丈岳が見えてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【戸台大橋→唐沢露頭】
仙丈岳が見えてきました。
4
【戸台大橋→唐沢露頭】
滅多にお目にかかれません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【戸台大橋→唐沢露頭】
滅多にお目にかかれません。
5
【戸台大橋→唐沢露頭】
振り返ると中央アルプス!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【戸台大橋→唐沢露頭】
振り返ると中央アルプス!
1
【戸台大橋→唐沢露頭】
宝剣、存在感あり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【戸台大橋→唐沢露頭】
宝剣、存在感あり。
4
【戸台大橋→唐沢露頭】
■ホオジロ雛(頬白)
「チュピチュピ」鳴く小鳥。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【戸台大橋→唐沢露頭】
■ホオジロ雛(頬白)
「チュピチュピ」鳴く小鳥。
21
【戸台大橋→唐沢露頭】
■ホオジロ雛(頬白)
もう一羽いました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【戸台大橋→唐沢露頭】
■ホオジロ雛(頬白)
もう一羽いました。
12
【戸台大橋→唐沢露頭】
■ホオジロ♂(頬白)
近くにはお父さん。
「お前たち、いくぞ〜」
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【戸台大橋→唐沢露頭】
■ホオジロ♂(頬白)
近くにはお父さん。
「お前たち、いくぞ〜」
26
【戸台大橋→唐沢露頭】
●アヤメ(綾目)
まさに綾の目。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【戸台大橋→唐沢露頭】
●アヤメ(綾目)
まさに綾の目。
10
【戸台大橋→唐沢露頭】
■ヒガラ(日雀)
可愛いね〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【戸台大橋→唐沢露頭】
■ヒガラ(日雀)
可愛いね〜
14
【戸台大橋→唐沢露頭】
■ヒガラ(日雀)
私もマネしてみたい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【戸台大橋→唐沢露頭】
■ヒガラ(日雀)
私もマネしてみたい。
9
【戸台大橋→唐沢露頭】
●ウツギ(空木)
白い花が多かった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【戸台大橋→唐沢露頭】
●ウツギ(空木)
白い花が多かった。
5
【戸台大橋→唐沢露頭】
戸台川下流方面。
さっき車で走ってきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【戸台大橋→唐沢露頭】
戸台川下流方面。
さっき車で走ってきました。
【戸台大橋→唐沢露頭】
舗装された歩き易い道なり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【戸台大橋→唐沢露頭】
舗装された歩き易い道なり。
【戸台大橋→唐沢露頭】
木々の間から鋸岳が参上。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【戸台大橋→唐沢露頭】
木々の間から鋸岳が参上。
【戸台大橋→唐沢露頭】
日に当たって光り輝くコケ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【戸台大橋→唐沢露頭】
日に当たって光り輝くコケ。
4
【戸台大橋→唐沢露頭】
●ヤマタツナミソウ
(山立浪草)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【戸台大橋→唐沢露頭】
●ヤマタツナミソウ
(山立浪草)
8
【戸台大橋→唐沢露頭】
●クサノオウ(瘡の王)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【戸台大橋→唐沢露頭】
●クサノオウ(瘡の王)
3
【戸台大橋→唐沢露頭】
●ヒメウツギ(姫空木)
ウツギとは別種のよう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【戸台大橋→唐沢露頭】
●ヒメウツギ(姫空木)
ウツギとは別種のよう。
5
【戸台大橋→唐沢露頭】
■アサギマダラ(浅葱斑)
ふわふわ飛んでいました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【戸台大橋→唐沢露頭】
■アサギマダラ(浅葱斑)
ふわふわ飛んでいました。
12
【戸台大橋→唐沢露頭】
■アサギマダラ(浅葱斑)
今年ここで羽化したのかな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【戸台大橋→唐沢露頭】
■アサギマダラ(浅葱斑)
今年ここで羽化したのかな?
26
【戸台大橋→唐沢露頭】
さっき追い抜かれたバスが戸台に戻って行きました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【戸台大橋→唐沢露頭】
さっき追い抜かれたバスが戸台に戻って行きました。
3
【戸台大橋→唐沢露頭】
●調査中
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【戸台大橋→唐沢露頭】
●調査中
5
【戸台大橋→唐沢露頭】
●カツラ(桂)
私のお気に入り。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【戸台大橋→唐沢露頭】
●カツラ(桂)
私のお気に入り。
6
【戸台大橋→唐沢露頭】
●イカリソウ(碇草)
碇の中身が見えました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【戸台大橋→唐沢露頭】
●イカリソウ(碇草)
碇の中身が見えました。
11
【戸台大橋→唐沢露頭】
とんでもない発色。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【戸台大橋→唐沢露頭】
とんでもない発色。
4
【戸台大橋→唐沢露頭】
サンショウバラ(山椒薔薇)
崖の下に咲いていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【戸台大橋→唐沢露頭】
サンショウバラ(山椒薔薇)
崖の下に咲いていました。
8
【戸台大橋→唐沢露頭】
アイズシモツケ(会津下野)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【戸台大橋→唐沢露頭】
アイズシモツケ(会津下野)
5
【戸台大橋→唐沢露頭】
○ムシトリスミレ(虫取菫)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【戸台大橋→唐沢露頭】
○ムシトリスミレ(虫取菫)
11
【戸台大橋→唐沢露頭】
これは何だっけ?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【戸台大橋→唐沢露頭】
これは何だっけ?
3
【戸台大橋→唐沢露頭】
太陽が真正面。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【戸台大橋→唐沢露頭】
太陽が真正面。
1
【戸台大橋→唐沢露頭】
誘惑が走っていく・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【戸台大橋→唐沢露頭】
誘惑が走っていく・・・
5
【戸台大橋→唐沢露頭】
●シロバナノヘビイチゴ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【戸台大橋→唐沢露頭】
●シロバナノヘビイチゴ
8
【戸台大橋→唐沢露頭】
■アカタテハ(赤立羽)
今年初対面。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【戸台大橋→唐沢露頭】
■アカタテハ(赤立羽)
今年初対面。
10
【戸台大橋→唐沢露頭】
向こうに見える谷の左右で、岩の種類が違うらしい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【戸台大橋→唐沢露頭】
向こうに見える谷の左右で、岩の種類が違うらしい。
【仏像構造線唐沢露頭】
仏像構造線という聞きなれない名前。有名な中央構造線と並ぶ大断層だそうです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【仏像構造線唐沢露頭】
仏像構造線という聞きなれない名前。有名な中央構造線と並ぶ大断層だそうです。
3
【唐沢露頭→歌宿】
自然の額縁。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【唐沢露頭→歌宿】
自然の額縁。
【唐沢露頭→歌宿】
南アルプスの天然水。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【唐沢露頭→歌宿】
南アルプスの天然水。
1
【唐沢露頭→歌宿】
鋸岳が立ちはだかります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【唐沢露頭→歌宿】
鋸岳が立ちはだかります。
2
【唐沢露頭→歌宿】
下の砂利場が角兵衛沢出合。
鋸岳へはあそこを登るのか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【唐沢露頭→歌宿】
下の砂利場が角兵衛沢出合。
鋸岳へはあそこを登るのか。
【唐沢露頭→歌宿】
■ルリビタキ♀(瑠璃鶲)
歌宿〜太平山荘の間ではジュウイチやコマドリの声も聞こえました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【唐沢露頭→歌宿】
■ルリビタキ♀(瑠璃鶲)
歌宿〜太平山荘の間ではジュウイチやコマドリの声も聞こえました。
13
【歌宿】
今の時期のバス終点に到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【歌宿】
今の時期のバス終点に到着。
2
【歌宿】
鋸山がでかい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【歌宿】
鋸山がでかい。
6
【歌宿】
すごい迫力。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【歌宿】
すごい迫力。
10
【歌宿】
まさに鋸。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【歌宿】
まさに鋸。
5
【歌宿→丹渓新道入口】
携帯電話通話可能地点。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【歌宿→丹渓新道入口】
携帯電話通話可能地点。
【歌宿→丹渓新道入口】
左から甲斐駒、駒津峰、双児山と揃い踏み。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【歌宿→丹渓新道入口】
左から甲斐駒、駒津峰、双児山と揃い踏み。
【歌宿→丹渓新道入口】
まさに金字塔の甲斐駒。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【歌宿→丹渓新道入口】
まさに金字塔の甲斐駒。
5
【歌宿→丹渓新道入口】
●ハンゲショウ(半夏生)
真ん中が緑の葉っぱ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【歌宿→丹渓新道入口】
●ハンゲショウ(半夏生)
真ん中が緑の葉っぱ。
1
【歌宿→丹渓新道入口】
中ノ川乗越が大迫力。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【歌宿→丹渓新道入口】
中ノ川乗越が大迫力。
2
【丹渓新道入口】
一服したくなるような地点。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【丹渓新道入口】
一服したくなるような地点。
【丹渓新道入口】
南ア奥地とは思えない光景。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【丹渓新道入口】
南ア奥地とは思えない光景。
1
【丹渓新道入口→薮沢】
■オオルリ(大瑠璃)
遠くのソングポストで。
最近になってオオルリとキビタキの聞き分けはほとんどできるようになりました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【丹渓新道入口→薮沢】
■オオルリ(大瑠璃)
遠くのソングポストで。
最近になってオオルリとキビタキの聞き分けはほとんどできるようになりました。
25
【薮沢】
薮沢カールの水はここに。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【薮沢】
薮沢カールの水はここに。
【薮沢→大平小屋】
10年以上前に仙丈に登った時にはここに下りてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【薮沢→大平小屋】
10年以上前に仙丈に登った時にはここに下りてきました。
【北沢峠】
懐かしい。ここを訪れたのも10年以上前、これで3回目。真昼なのに誰もいない静かな北沢峠、不思議な感じ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【北沢峠】
懐かしい。ここを訪れたのも10年以上前、これで3回目。真昼なのに誰もいない静かな北沢峠、不思議な感じ。
3
【北沢峠】
●クリンソウ(九輪草)
なぜかクリンソウ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【北沢峠】
●クリンソウ(九輪草)
なぜかクリンソウ。
11
【北沢峠】
峠の近くまで来ると急に舗装道ではなくなります。管轄が違うのかな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【北沢峠】
峠の近くまで来ると急に舗装道ではなくなります。管轄が違うのかな。
【北沢峠→大平小屋】
●メボソムシクイ
(目細虫食)
いたいた!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【北沢峠→大平小屋】
●メボソムシクイ
(目細虫食)
いたいた!
16
【北沢峠→大平小屋】
●メボソムシクイ
(目細虫食)
チョリ、チョリ、チョリ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【北沢峠→大平小屋】
●メボソムシクイ
(目細虫食)
チョリ、チョリ、チョリ
14
【大平小屋→八丁坂分岐】
●コミヤマカタバミ
(小深山酢漿草)
紫の線がいい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【大平小屋→八丁坂分岐】
●コミヤマカタバミ
(小深山酢漿草)
紫の線がいい。
13
【大平小屋→八丁坂分岐】
●シロバナノヘビイチゴ
(白花ノ蛇苺)
絨毯のように咲いていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【大平小屋→八丁坂分岐】
●シロバナノヘビイチゴ
(白花ノ蛇苺)
絨毯のように咲いていました。
7
【八丁坂への分岐】
大平小屋を過ぎると、右手に地図にない道が登場。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【八丁坂への分岐】
大平小屋を過ぎると、右手に地図にない道が登場。
【八丁坂→丹渓山荘跡】
大平小屋から八丁坂に下る道にぶつかるだろうと思ったら、そのとおりでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【八丁坂→丹渓山荘跡】
大平小屋から八丁坂に下る道にぶつかるだろうと思ったら、そのとおりでした。
【八丁坂→丹渓山荘跡】
八丁坂は山奥の道。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【八丁坂→丹渓山荘跡】
八丁坂は山奥の道。
【八丁坂→丹渓山荘跡】
倒木がさりげなくありますが、右を抜けられました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【八丁坂→丹渓山荘跡】
倒木がさりげなくありますが、右を抜けられました。
【八丁坂→丹渓山荘跡】
ミソサザイが大きな声で鳴いていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【八丁坂→丹渓山荘跡】
ミソサザイが大きな声で鳴いていました。
1
【八丁坂→丹渓山荘跡】
●コンロンソウ(崑崙草)か
 ミヤマハタザオ(深山旗竿)か?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【八丁坂→丹渓山荘跡】
●コンロンソウ(崑崙草)か
 ミヤマハタザオ(深山旗竿)か?
5
【八丁坂→丹渓山荘跡】
●ミヤマカラマツ
(深山唐松)
線香花火のよう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【八丁坂→丹渓山荘跡】
●ミヤマカラマツ
(深山唐松)
線香花火のよう。
7
【八丁坂→丹渓山荘跡】
キノコも勉強しなくっちゃ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【八丁坂→丹渓山荘跡】
キノコも勉強しなくっちゃ。
12
【丹渓山荘跡】
昔は山小屋だったのか・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【丹渓山荘跡】
昔は山小屋だったのか・・・
【丹渓山荘跡→渡渉地点】
●ヤマツツジ(山躑躅)
赤に出合えると嬉しい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【丹渓山荘跡→渡渉地点】
●ヤマツツジ(山躑躅)
赤に出合えると嬉しい。
2
【丹渓山荘跡→渡渉地点】
■キセキレイ(黄鶺鴒)
黄色に出合っても嬉しい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【丹渓山荘跡→渡渉地点】
■キセキレイ(黄鶺鴒)
黄色に出合っても嬉しい。
15
【丹渓山荘跡→渡渉地点】
河原に飛び出る感じ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【丹渓山荘跡→渡渉地点】
河原に飛び出る感じ。
【戸台川渡渉地点付近】
その後左岸に渡渉します。岩を伝うことのできる所が見つからず、かなり下流まで歩きましたが、結局コケて靴は水浸し。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【戸台川渡渉地点付近】
その後左岸に渡渉します。岩を伝うことのできる所が見つからず、かなり下流まで歩きましたが、結局コケて靴は水浸し。
【角兵衛沢出合】
鋸岳に行くにはあちら。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【角兵衛沢出合】
鋸岳に行くにはあちら。
1
【角兵衛沢出合→取水口】
河原には赤テープはある所もない所もあります。ここでは更に左奥の斜面に次のテープを見つけましたが・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【角兵衛沢出合→取水口】
河原には赤テープはある所もない所もあります。ここでは更に左奥の斜面に次のテープを見つけましたが・・・
1
【角兵衛沢出合→取水口】
斜面に登っても道は途絶え、右の河原にも暫くマーキングなし。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【角兵衛沢出合→取水口】
斜面に登っても道は途絶え、右の河原にも暫くマーキングなし。
【角兵衛沢出合→取水口】
少々不安になりつつ下ると、大堰堤あり。堰堤の向こうは絶壁。もし暗がりで真っすぐ歩いていって落ちたら・・・と思うとぞっとしました。ここは右の奥に階段があったので、そこから越えていきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【角兵衛沢出合→取水口】
少々不安になりつつ下ると、大堰堤あり。堰堤の向こうは絶壁。もし暗がりで真っすぐ歩いていって落ちたら・・・と思うとぞっとしました。ここは右の奥に階段があったので、そこから越えていきます。
2
【三峰川発電所取水口】
次に取入口の堰が現れました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【三峰川発電所取水口】
次に取入口の堰が現れました。
【取水口→戸台登山口】
■ミスジチョウ(三筋蝶)
三つの筋が其々個性的。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【取水口→戸台登山口】
■ミスジチョウ(三筋蝶)
三つの筋が其々個性的。
11
【取水口→戸台登山口】
再び大堰堤。ここも右から越えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【取水口→戸台登山口】
再び大堰堤。ここも右から越えます。
【取水口→戸台登山口】
■ミドリヒョウモン
(緑豹紋)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【取水口→戸台登山口】
■ミドリヒョウモン
(緑豹紋)
14
【戸台登山口(駐車場)】
前の大堰堤からここまでに渡渉を2回ほど。既に靴はズブ濡れなので、思いっきりジャブジャブ歩きました。到着後川の水で手足や顔を洗ったら、冷たいこと!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【戸台登山口(駐車場)】
前の大堰堤からここまでに渡渉を2回ほど。既に靴はズブ濡れなので、思いっきりジャブジャブ歩きました。到着後川の水で手足や顔を洗ったら、冷たいこと!
1
【八ヶ岳PA】
帰りは好物を頂きました。
この日は何だか中途半端で終わってしまい、物足りないまま帰宅。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【八ヶ岳PA】
帰りは好物を頂きました。
この日は何だか中途半端で終わってしまい、物足りないまま帰宅。
9
【第一登(登り)】
前の写真から12時間後には、何故か高尾山。
さあ、張り切ってこ〜!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【第一登(登り)】
前の写真から12時間後には、何故か高尾山。
さあ、張り切ってこ〜!
2
【第一登(登り)】
我が師匠「その意気じゃ」
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【第一登(登り)】
我が師匠「その意気じゃ」
1
【第一登(登り)】
流石に5時前だと静か。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【第一登(登り)】
流石に5時前だと静か。
【第一登(登り)】
早朝から集合写真。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【第一登(登り)】
早朝から集合写真。
1
【第一登(登り)】
昨日歩いた割には足が軽い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【第一登(登り)】
昨日歩いた割には足が軽い。
【第一登(登り)】
6号路の最後の階段は、端に逃げずに真ん中を歩きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【第一登(登り)】
6号路の最後の階段は、端に逃げずに真ん中を歩きます。
1
【第一登(頂上)】
6時前。影が長いんです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【第一登(頂上)】
6時前。影が長いんです。
3
【第一登(頂上)】
富士山は・・・
いい人には見えるはず。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【第一登(頂上)】
富士山は・・・
いい人には見えるはず。
4
【第一登(頂上)】
●ネコ(猫)
仮称「通勤ネコ※」発見。
※経緯は、http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-700329.html
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【第一登(頂上)】
●ネコ(猫)
仮称「通勤ネコ※」発見。
※経緯は、http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-700329.html
9
【第一登(頂上)】
●ネコ(猫)
10か月ぶり!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【第一登(頂上)】
●ネコ(猫)
10か月ぶり!
9
【第一登(下り)】
4号路は朝イチで歩くに限る、というのは4月に3往復したときに気付いた生活の知恵。誰にも会わず、聞こえるのは野鳥の声だけ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【第一登(下り)】
4号路は朝イチで歩くに限る、というのは4月に3往復したときに気付いた生活の知恵。誰にも会わず、聞こえるのは野鳥の声だけ。
1
【第一登(下り)】
●オオバギボウシ
(大葉擬宝珠)
早くも真夏の花が・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【第一登(下り)】
●オオバギボウシ
(大葉擬宝珠)
早くも真夏の花が・・・
3
【第一登(下り)】
あの煙が気になります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【第一登(下り)】
あの煙が気になります。
【第一登(下り)】
●ユキノシタ(雪の下)
何度見ても面白い花。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【第一登(下り)】
●ユキノシタ(雪の下)
何度見ても面白い花。
12
【第一登→第二登】
Y「師匠、2時間で戻ってきました」
師匠「そのペースでずっといけるか?」
Y「がんばります」
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【第一登→第二登】
Y「師匠、2時間で戻ってきました」
師匠「そのペースでずっといけるか?」
Y「がんばります」
3
【第一登→第二登】
7時前でもまだ静か。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【第一登→第二登】
7時前でもまだ静か。
【第二登(登り)】
■キビタキ(黄鶲)
今日は証拠写真だけ。キビタキの声はびっくりする位あちこちで聞きました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【第二登(登り)】
■キビタキ(黄鶲)
今日は証拠写真だけ。キビタキの声はびっくりする位あちこちで聞きました。
6
【第二登(登り)】
稲荷山コースの最後の階段も直進。学生時代の部活でよくやった「空気椅子」の感じを腿が思い出しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【第二登(登り)】
稲荷山コースの最後の階段も直進。学生時代の部活でよくやった「空気椅子」の感じを腿が思い出しました。
【第二登(頂上)】
富士山は・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【第二登(頂上)】
富士山は・・・
2
【第二登(頂上)】
先程よりもよく見えます!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【第二登(頂上)】
先程よりもよく見えます!
5
【第二登(頂上)】
■ネコ(猫)
通勤ネコ再び参上。
既に勤務時間中のはずだが、なんだか眠そう・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【第二登(頂上)】
■ネコ(猫)
通勤ネコ再び参上。
既に勤務時間中のはずだが、なんだか眠そう・・・
10
【第二登(頂上)】
■ネコ(猫)
なんとなく、お疲れ?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【第二登(頂上)】
■ネコ(猫)
なんとなく、お疲れ?
9
【第二登(下り)】
●ガクアジサイ(額紫陽花)
玉紫陽花が咲くまでの天下。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【第二登(下り)】
●ガクアジサイ(額紫陽花)
玉紫陽花が咲くまでの天下。
【第二登(下り)】
●ユキノシタ(雪の下)
サンタの髭、大集合!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【第二登(下り)】
●ユキノシタ(雪の下)
サンタの髭、大集合!
1
【第三登(登り)】
■ツバメ(燕)
木の枝にはとまらないのに、なぜ電線にはとまるのか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【第三登(登り)】
■ツバメ(燕)
木の枝にはとまらないのに、なぜ電線にはとまるのか?
8
【第三登(登り)】
バスに追い越されるのには慣れました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【第三登(登り)】
バスに追い越されるのには慣れました。
1
【第三登(登り)】
●ホタルフクロ(蛍袋)
袋、何か使い道がないか・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【第三登(登り)】
●ホタルフクロ(蛍袋)
袋、何か使い道がないか・・・
7
【第三登(登り)】
●ハンゲショウ(半夏生)
半化粧ではなく、夏の字を宛てるなんて、日本人はすごい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【第三登(登り)】
●ハンゲショウ(半夏生)
半化粧ではなく、夏の字を宛てるなんて、日本人はすごい。
6
【第三登(登り)】
●キツネノボタン
(狐の牡丹)
牡丹ではなく「釦」の方が可愛いんですが・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【第三登(登り)】
●キツネノボタン
(狐の牡丹)
牡丹ではなく「釦」の方が可愛いんですが・・・
3
【第三登(登り)】
社会人なりたての頃に体力測定でやった「踏み台昇降」の感じを腿が思い出しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【第三登(登り)】
社会人なりたての頃に体力測定でやった「踏み台昇降」の感じを腿が思い出しました。
【第三登(頂上)】
人類登場!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【第三登(頂上)】
人類登場!
1
【第三登(頂上)】
富士山もお疲れか・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【第三登(頂上)】
富士山もお疲れか・・・
2
【第三登(下り)】
●アジサイ(紫陽花)
麓近くにはブルーの花。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【第三登(下り)】
●アジサイ(紫陽花)
麓近くにはブルーの花。
2
【第三登→第四登】
お腹がグイグイ鳴るので、仕方なく休憩。
十割蕎麦の美味しいお店を見つけました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【第三登→第四登】
お腹がグイグイ鳴るので、仕方なく休憩。
十割蕎麦の美味しいお店を見つけました。
9
【第三登→第四登】
Y「これで帰ったら駄目でしょうか」
師匠「あたりまえじゃ」
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【第三登→第四登】
Y「これで帰ったら駄目でしょうか」
師匠「あたりまえじゃ」
3
【第四登(登り)】
満腹でペースが上がらず。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【第四登(登り)】
満腹でペースが上がらず。
【第四登(頂上)】
既に遊園地状態?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【第四登(頂上)】
既に遊園地状態?
1
【第四登(下り)】
薬王院の裏手は静か。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【第四登(下り)】
薬王院の裏手は静か。
1
【第四登(下り)】
●ヤマツツジ(山躑躅)
ツツジの季節も終わりかな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【第四登(下り)】
●ヤマツツジ(山躑躅)
ツツジの季節も終わりかな。
4
【第四登(ゴール)】
まだ昼過ぎですが、夕方に用事あるのを言い訳にして4登にて切り上げ。果たして時速4?はイケたのか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【第四登(ゴール)】
まだ昼過ぎですが、夕方に用事あるのを言い訳にして4登にて切り上げ。果たして時速4?はイケたのか?
1

感想/記録

【1】今回の動機

○夏が来るのに、体が十分できていない上に、
 5月には左肘の外側が突然腫れ上がるなど、体調も不全。
 整形外科医で診察してもらったところ、「滑液包炎」との診断。
 薬の処方を受け、漸く快方に向かい一安心。
 そこで、ちょいと自身の体力測定をしてみたくなりました。

○週末の天気予報は土曜の方がよかったので、
 足慣らしの為に、信州側の南アルプス林道を歩くことにしました。
 今の時期、戸台の仙流荘から歌宿まで伊那市の市バスが出ていますが、
 6/15からは北沢峠まで運行、甲斐駒や仙丈が賑やかになってしまうので
 ひと気の少ない静かな時期にうろついてみたいと思ったからです。
 (同林道の山梨側は、以前甲斐駒に登った時に北沢峠〜広河原間を
  歩いたことはあるので、信州側を歩けば赤線も繋がります)
 なお、金曜夜の時点では日曜に高尾山を歩くなど考えていませんでした。


【2】6/11(土):南アルプス林道と戸台川原沿い(戸台〜北沢峠往復)

○戸台〜北沢峠の間の距離は約18辧標高差は約1辧
 緩い傾斜の舗装道を淡々と歩いていくことになりますが、
 以前仙丈に登った時にバスに乗って通ったことがあるので、
 懐かしい感じがしました。

○野鳥の囀りにもっと心を動かされると思っていたのですが、
 奥日光や裏磐梯のようなどちらかというと人里近い所の方が
 よっぽど賑やかに感じるくらい、静かでした。
 ただ、鳥が全くいない訳ではなく、
 あまりに広大過ぎて、密度が低いのではないかと・・・

○下りは当初林道を戻ることを考えていたのですが、
 ふと戸台川沿いを歩いてみたくなり、八丁坂を下りてみました。
 丹渓山荘跡の先で河原に出ると、
 渡渉しなければならないポイントがありました。
 水量は多い感じではないのですが、石を伝って渡れるところがなく
 かなり下流に行ってから渡りました。
 ここは増水すると渡れなくなりそうで要注意ですね。 

○戸台〜鋸岳(角兵衛沢出合)の間は
 地図にあるとおり、河原上の道は所々途切れますし、
 最低でも3回は川を渡る局面が出てきます。
 赤テープや石に書かれた赤(黄)ペンキが見えなくなることもありますが、
 足元よりも先を先を見て広い視野を持って歩いたほうが
 よいのではないかと感じました。
 それと、途中巨大な堰堤が2か所出てきたのですが、
 もしここを夜下りに使って気付かず墜落したら一巻の終わり、
 怖いなあと思いました。


【3】6/12(日):高尾山1日4登全号路全コース

○日曜はゆっくりしようと思ったのですが、天気予報を見るとまずまず。
 夕方には用事があったのですが、
 前の日が不完全燃焼で終わったこともあり、
 朝3時に目覚めるとじっとしていられなくなり、
 高尾山に出かけることにしました。

○高尾山というと、去年利尻岳(標高差約1600m)に登る前に
 1日4回登頂(標高差約400m×4回=1600m)する訓練をしましたが、
 今年もやってみました。
 (1日3回登頂はこれまで4回実施、1日4回登頂はこれで2回目。)

○去年歩いた距離は約31辧⊇衢廚9時間強だったので、
 時速に直すと約3.5劼砲睨たず、
 今年は少し体重を落としているので時速4劼鯡椹悗靴
 歩くことにしました。

○去年とほぼ同じコース取りをし、
 野鳥(+花、昆虫)探索モードは前日同様に封印した結果、
 時速約3.9劼函¬槁犬4劼砲脇呂ませんでしたが、
 昨年よりも1時間以上も所要時間を短縮できました。

○この週末、土曜は林道の長距離、日曜は単純なアップダウン、
 になりましたが、機会を見つけて
 両者を組み合わせたようなコースを歩いてみたくなりました。
訪問者数:552人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ