ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 896380 全員に公開 ハイキング丹沢

リハビリハイク 表尾根はやっぱりサイコー

日程 2016年06月11日(土) [日帰り]
メンバー match0810
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
小田急秦野駅から神奈中バスでヤビツ峠
神奈中バスは7:35が始発ですが、7:10時点で100人近い行列、流石人気の山
臨時バスが結構出るので安心してください。
当日も7:25までに既に2本の臨時バスがでていました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち93%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間53分
休憩
38分
合計
6時間31分
Sヤビツ峠08:1609:40二ノ塔09:4109:54三ノ塔09:5910:07三ノ塔地蔵菩薩10:25烏尾山荘10:29烏尾山10:47行者ヶ岳10:4811:08政次郎ノ頭11:15書策新道分岐11:27新大日茶屋11:2911:41木ノ又小屋11:44木ノ又大日12:07塔ノ岳12:2712:57金冷シ13:01花立13:07花立山荘13:19天神尾根分岐13:30堀山の家13:3113:38堀山13:45駒止茶屋14:06見晴茶屋14:1314:15雑事場ノ平14:1614:28観音茶屋14:44大倉山の家14:47ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
行者岳を超えてから鎖場が有りますが、初心者でも大丈夫
表尾根は崩落が進んできていますが、きちんと整備されているので大丈夫。
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ロープ(20m) シュリンゲ ロックカラビナ

写真

富士見小屋からスタート
2016年06月11日 08:26撮影 by SOL23, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士見小屋からスタート
お地蔵様、今日もよろしくお願いします。
2016年06月11日 10:06撮影 by SOL23, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お地蔵様、今日もよろしくお願いします。
いつ見ても素敵な稜線
2016年06月11日 10:27撮影 by SOL23, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつ見ても素敵な稜線
崩落が進んできたなぁ
2016年06月11日 11:04撮影 by SOL23, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崩落が進んできたなぁ
江ノ島も見える
2016年06月11日 12:02撮影 by SOL23, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
江ノ島も見える
とうちゃ〜く
2016年06月11日 12:07撮影 by SOL23, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とうちゃ〜く
人が多い
2016年06月11日 12:07撮影 by SOL23, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
人が多い
さて、大倉尾根(バカ尾根)におりますか
2016年06月11日 12:47撮影 by SOL23, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、大倉尾根(バカ尾根)におりますか
あの稜線を歩いた
2016年06月11日 13:02撮影 by SOL23, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あの稜線を歩いた
かき氷の看板に誘惑されるがいっきに下ります。
2016年06月11日 13:07撮影 by SOL23, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かき氷の看板に誘惑されるがいっきに下ります。
かの有名な丹沢クリステル
あともう少しで大倉バス停
2016年06月11日 14:42撮影 by SOL23, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かの有名な丹沢クリステル
あともう少しで大倉バス停

感想/記録

ガッツリ登山は3月も野伏ヶ岳以降久しぶり。
その間に六甲のバリエーションと丹沢の沢歩きは行ったものの、ガッツリとまでいかない。
そしてGM直前に右膝靭帯と半月板を痛めてギブス&松葉杖生活を送り、最近やっと見た目は普通に歩けるようになったが、可動域は狭く膝がゆるゆるでリハビリ生活。
やはり夏山に行きたいので、どこまで歩けるかお試し登山ということで勝手知ったる丹沢で右膝の状況確認を兼ね登ることにした。
秦野からのバスに乗車し、ヤビツ峠に近くなりテンションが上がる。
ヤビツのトイレ(個室)は修理中なので、富士見まで歩いて用をたす。
ここからが登山本格スタート。
相変わらずの樹林帯の急登、ここを踏ん張れば二ノ塔手前で展望が開けて、伊豆、相模湾、江ノ島、大山が展望できるので黙々と進む。
そしてガレ場に出ると期待通りの展望が開ける。
やっぱりコレ!
そいて、ニノ塔を過ぎ三ノ塔に。
ここから塔ノ岳までは稜線縦走。
ここの小屋を少し過ぎたお地蔵様からの眺めが表尾根の醍醐味。
標高の低い低山にも関わらず、稜線の味わいはアルプス並・
何度来ても感動する。来てよかった。
ここから三ノ塔から烏尾山に行ったん下り行者、新大日を越えて塔ノ岳までアップダウンを繰り返し歩くが、稜線を抜ける風が涼しく心地よい。
三ノ塔では霞んで見えなかった富士が塔ノ岳に近づくにつれ顔を表す。
やはり富士が見えるか見えないかでテンションが違う。
富士は偉大なり。
12時までに塔ノ岳山頂着を目標にしていたが、12:07着、体力減少と体重増加の影響はキツイ。
山頂で昼食休憩し、バカ尾根経由で大倉を目指す。
ヤビツからの登りは単純に700m、大倉までの下りは1200m、意外とこたえる標高差。
ひとまず2時間を目標に下山開始。
最初の45分はかなりハイペースで2時間を切るペース程度で下るが、途中で靴の中に小石が入り一旦休憩する。
ここで、ふと足が本調子でないのに急いでどうすると思い直し、黙々と下ることに。
結局ジャスト2時間でくだる。
とりあえずお試し登山はひとまず合格圏内であったが、アルプスは標高差も大きく足場も悪いので、まだまだ課題山積。
さて来週はどこ行こう。

訪問者数:182人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2010/9/30
投稿数: 2169
2016/6/12 23:39
 ヤビツからでしたか〜
無事にリハビリハイク行けるようになって良かったですね。
大倉からピストンだと思ってましたが、しっかりヤビツから歩いていたんですね。たしかに気分的にもあの気持ちのいい稜線歩いた方が楽しいですよね。
夏山に向けて、無理しすぎないように足慣らししてくださいね♪

あ、そうそう、今日matchさんと同じCanonのカメラを買いました
一眼レフ持っていくには重いし使いこなせないし、このカメラの良さはmatchさんから伺っていたし、他のメーカーではなかなか機能で何かが劣っていたので、昨夜ポチっとして、今日届きました 星空撮影が一番楽しみです!
登録日: 2011/4/23
投稿数: 76
2016/6/13 8:49
 Re: ヤビツからでしたか〜
やっぱり表尾根でないとね。
6年前に東京単身赴任したときに初めて表尾根を歩いて、べたぼれしてしまい、10回以上歩いているホームマウンテンです。
リハビリは勝手知ったる山だと調子がわかるのでここにしました。
しかし筋肉痛が半端ない・・・。

あのカメラ買ったんですね、いいですよ〜。
星空撮影するなら後は三脚とバッテリーとレリーズですね。
私は純正でなく互換バッテリー2個とレリーズ買いました。
できればレンズの傷防止にフィルターを付ければいいのですが、社外品にはぴったりサイズが無いし、純正品は高いしでかいものしかないのですが、社外品の49mmのフィルターをちょっと小細工してつけています。
登録日: 2008/8/13
投稿数: 1087
2016/6/13 17:54
 この日私も
表尾根歩こうかと思っていたのですが、ドクターにハイキング程度と言われも少し待つことにしました。お会いできず残念です。


ハイグレードハイキングは、、、
登録日: 2011/4/23
投稿数: 76
2016/6/15 16:06
 Re: この日私も
どこか軽いところを選んで一緒に歩きましょう。
その後かるく打ち上げでも

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ