ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 896559 全員に公開 雪山ハイキング朝日・出羽三山

初夏の月山☆湯殿山神社側からピストン 〜山形〜

日程 2016年06月11日(土) [日帰り]
メンバー chasou
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
バス
●アクセス
・鶴岡駅→湯殿山
 庄内交通バス
 http://www.shonaikotsu.jp/local_bus/time_table/t11_yudonosan.html
 料金:760円(片道)

・湯殿山参籠所→湯殿山神社
 参拝バス。鶴岡からのバスにも接続している。
 料金:片道200円、往復300円
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち92%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間56分
休憩
34分
合計
5時間30分
S湯殿山神社 本宮10:5411:32装束場11:3712:35金姥12:3812:54牛首12:5513:31月山13:3614:17牛首14:1914:33金姥15:14装束場15:1515:51湯殿山神社 本宮16:0616:22湯殿山神社参籠所16:2416:24ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
■登山道の状況
・湯殿山参籠所→湯殿山神社
 舗装された道。神社内は撮影不可。
 登山口は鳥居をくぐって道なりに進み、神社の入口とは逆の左側となる。

・湯殿山神社→装束場
 最初は沢沿い。雪渓は少しだが、回り込まないと越えられない箇所あり。
 沢から月光坂へ入ると急登の岩場で梯子辺りまでほぼ小川のような状態。
 石に苔が付いているような感じのところもあるので注意。

・装束場→金姥
 雪渓が大半。途中の雪渓は急なのでアイゼンがあったほうが無難。

・金姥→月山山頂
 稜線を少し歩く雪渓歩きとなる。アイゼンがなくても問題なし。
 スキーをしている人も多い。

■水場
・「山と高原2016」で、装束場に水場とあり、小屋に蛇口はあるが水は出ない。
その他周辺情報■月山の情報
・月山ビジターセンター
 http://gassan.jp/
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 防寒着 雨具 ゲイター マフラー ネックウォーマー ザック アイゼン 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 水筒(保温性) 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック カメラ
備考 滑落しそうな雪渓もあるので12本爪アイゼンでよかった。
ピッケルは不要だった。

写真

空港からのバスからは鳥海山がきれい。
でも次回。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
空港からのバスからは鳥海山がきれい。
でも次回。
1
今日の目的地、月山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日の目的地、月山。
4
鶴岡駅の2番乗り場から。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鶴岡駅の2番乗り場から。
湯殿山神社の見取り図。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湯殿山神社の見取り図。
行きは参拝用のバズに乗って楽をする。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行きは参拝用のバズに乗って楽をする。。
湯殿神社は写真禁止。
登山道に入ってすぐ雪がある。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湯殿神社は写真禁止。
登山道に入ってすぐ雪がある。
1
この雪渓は大きくないけれどなかなか曲者。
下から回り込むにはかなり降りなければならないし、上から回り込むにも滑る泥と草を登ってから雪渓に乗らないといけない。
雪渓も滑落すれば10m以上は落ちそう。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この雪渓は大きくないけれどなかなか曲者。
下から回り込むにはかなり降りなければならないし、上から回り込むにも滑る泥と草を登ってから雪渓に乗らないといけない。
雪渓も滑落すれば10m以上は落ちそう。。
1
抜ければ沢歩き。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
抜ければ沢歩き。
月光坂。
小川のような道を登る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
月光坂。
小川のような道を登る。
梯子が出てくればもう一息。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
梯子が出てくればもう一息。
初夏の山のいい感じ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
初夏の山のいい感じ。
2
装束場のお地蔵さん。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
装束場のお地蔵さん。
1
装束小屋の中。
蛇口からは水は出ず。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
装束小屋の中。
蛇口からは水は出ず。
1
登山道ではない横の雪渓から降りてくるグループ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道ではない横の雪渓から降りてくるグループ。
1
ここは雪のないところが登山道。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは雪のないところが登山道。
どんどん登ると湯殿山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どんどん登ると湯殿山。
3
間違って雪の薄いところに乗りたくない。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間違って雪の薄いところに乗りたくない。。
この雪渓は3m以上はあった。
下は川になっている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この雪渓は3m以上はあった。
下は川になっている。
どんどん登る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どんどん登る。
最初は快適な稜線。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初は快適な稜線。
朝日岳方面。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日岳方面。
3
雪歩きが始まる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪歩きが始まる。
スキーをしている人もいる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スキーをしている人もいる。
竹竿も道なりにある。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
竹竿も道なりにある。
岩場に入ればあと少し。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場に入ればあと少し。
月山神社が見えてきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
月山神社が見えてきた。
1
ひばりと朝日岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひばりと朝日岳
1
たくさんの人がスキーをもって登っていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
たくさんの人がスキーをもって登っていた。
岩をどけたら何かが冬眠していたので、岩を戻しておいた。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩をどけたら何かが冬眠していたので、岩を戻しておいた。。
どんどん下る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どんどん下る。
3
水芭蕉がたくさん咲いていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水芭蕉がたくさん咲いていた。
1
梯子。
上から見るとけっこう急。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
梯子。
上から見るとけっこう急。
1
これはなんだろう?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これはなんだろう?
湯殿山神社を参拝した後、バス停まで歩く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湯殿山神社を参拝した後、バス停まで歩く。
このあたりのお湯は鉄分豊富な感じ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあたりのお湯は鉄分豊富な感じ。
1
初夏の木々が美しい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
初夏の木々が美しい。
1
ゴール。
無事に登ることができました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴール。
無事に登ることができました。
2

感想/記録
by chasou

初夏の出羽三山、月山へ。
登拝とともに湯殿山神社の参拝も。
まだ山開き前なので湯殿山登山口から登山者は少ない。
鶴岡からの朝一のバスにも登山者は自分一人で、あとは参拝者のような感じ。

湯殿山神社からのルートはヤマレコにもあまりなかったので、
月山ビジターセンター:http://gassan.jp/
に問い合わせ、登山道は問題ないが、アイゼンは必要だがピッケルは不要との情報を得る。

湯殿山神社は下山後に参拝することにして、まずは月山。
沢沿いの道から、月光坂の急登に入るとそこは岩場に水が流れ、ちょっとした沢登りの感じ。
黄色いお花がたくさん咲いているので見た目はきれいで、水も冷たく気持ちがいい。

装束場を雪渓歩きに入る。
視界も開け、湯殿山もきれいに見え、朝日岳も見えてくる。
雪渓のルートは思い思い方向に足跡が付いていて、よくわからないところも多いけれど、ケルンとピンクロープで道は分かる。
この時期は雪渓を行った方がショートカットができる箇所も多いようで、下山者数組がそれぞれ違う方向から降りてきていた。
途中の雪渓で急坂のところがあり、12本爪アイゼンを使う。
下山者でアイゼンのない人は滑り落ちてくる人もいた。
下はささやぶなので大けがをすることはないと思うけれど、ちょっと危険。
しばらく融けそうもないので、このルートを通るならアイゼンは持って行った方がいい。

金姥まで姥ヶからのルートと合流。
少し人が増える。
眺めのいい稜線を少し歩くと、雪渓歩きが始まる。
スキーをしている人もいて楽しそう。

雪渓を抜けると頂上までは岩場登り。
眺めもよく、お花畑もあり、途中には鍛冶小屋あとなどもある。
稜線に出るそこは開けた空間。
先に月山神社も見える。
眺めのいい気持ちのいい道。

月山神社でお参りをしてから少しお昼休憩。
朝日岳はきれいに見えるが、蔵王方面はガスでほとんど見えず。
下山は同じ道を戻るだけ。
ちょっと雪渓をうろうろしたり、お花の写真を撮ったりしながら無事に下山。
湯殿山神社を参拝し、足湯にも入る。
疲れも取れる感じ。
その後、鶴岡へのバスの出る参籠所まで歩き、最終のバスで鶴岡へ。
帰りのバスも自分ひとり。
登山シーズンはもう少し先のよう。

今回の月山は出羽三山の信仰の山歩きとともに、お花畑に青々とした木々、鳥のさえずりもたくさん聞けるとともに、雪渓歩きも多く、初夏と残雪の山歩きも楽むことができました。
訪問者数:408人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ