ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 896795 全員に公開 ハイキング富士・御坂

富士山五合目(馬返し〜御中道〜精進湖口)

日程 2016年06月12日(日) [日帰り]
メンバー yama-ari(CL), reg(食事)
天候■富士吉田口五合目 16℃ 風速2〜3m(体感)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
一台を精進湖の赤池交差点近くの路肩にデポし、もう一台で馬返しに向かいました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち77%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
全体として危険箇所はありません。標識多数です。
奥庭〜精進湖登山道三丁目の区間は倒木多数で、歩きにくいです。

装備

個人装備 ツエルト(2人用) 救急セット ヘッドライトPETZL ZIPKA PLUS2 非常用防寒シート 手袋・フェイスマスク(1) レインウェアTHE NORTH FACEマウンテンレインテックス(1) ガスカートリッジPRIMUS IP-110(1) バーナーPRIMUS P-153(1) イグニッションスチール(1) カートリッジホルダーPRIMUS P-CH(1) コッヘルセットsnow peak(1) 手拭・ハンカチ・ティッシュ(1) 地図・コンパス(1) 高度計・時計Suunto Core Glacier Gray(1) GPS GARMIN etrex20(1) カメラOLINPUS TOUGH TG-1(1) 無線機STANDARD VX3(1) 携帯食 水2.0L
共同装備 常食(2)

写真

天気予報がどこも高温でくもりだったので、涼しい青木ヶ原樹海散策を計画。しかし、甲府にて朝起きて外をみると富士山がばっちりじゃないですか! 「これは富士山を絡めるしかない!」。急きょ計画を変更して、馬返しから、富士山御中道と精進湖登山口のルートを行くことにしました。
2016年06月12日 06:44撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天気予報がどこも高温でくもりだったので、涼しい青木ヶ原樹海散策を計画。しかし、甲府にて朝起きて外をみると富士山がばっちりじゃないですか! 「これは富士山を絡めるしかない!」。急きょ計画を変更して、馬返しから、富士山御中道と精進湖登山口のルートを行くことにしました。
2
吉田口ルートの古道は、ずっとこんな変わり映えのない道です。
2016年06月12日 07:06撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吉田口ルートの古道は、ずっとこんな変わり映えのない道です。
1
でも、歴史を感じながら、登山できます。二合目の御室浅間神社。
2016年06月12日 07:15撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でも、歴史を感じながら、登山できます。二合目の御室浅間神社。
1
世界遺産登録によって、案内版も充実!
2016年06月12日 07:35撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
世界遺産登録によって、案内版も充実!
1
見晴茶屋からみた、奥秩父。
2016年06月12日 07:53撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見晴茶屋からみた、奥秩父。
2
四合五勺の御座石。
2016年06月12日 08:14撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
四合五勺の御座石。
戦国時代、ここまでは女性も登れたようです。
2016年06月12日 08:14撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
戦国時代、ここまでは女性も登れたようです。
1
通年営業の佐藤小屋に到着。昭文社のコースタイムは甘く、2時間でここまで登れました。
2016年06月12日 08:41撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
通年営業の佐藤小屋に到着。昭文社のコースタイムは甘く、2時間でここまで登れました。
1
佐藤小屋から御中道を進みます。富士山の山頂も見えます。
2016年06月12日 08:44撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
佐藤小屋から御中道を進みます。富士山の山頂も見えます。
1
スバルライン五合目までの道からは、奥秩父や丹沢がよく見えました。あちらでも、今日は正解だったと思います。
2016年06月12日 08:44撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スバルライン五合目までの道からは、奥秩父や丹沢がよく見えました。あちらでも、今日は正解だったと思います。
2
途中で、regさんのヤマ飯。青木ヶ原樹海ラーメン。
2016年06月12日 09:03撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中で、regさんのヤマ飯。青木ヶ原樹海ラーメン。
3
スバルライン五合目の小御岳。この日は自転車のヒルクライムが行われており、山梨県ではめったに見れないくらいの、人と自転車。登山者は、ほとんどいません(笑)
2016年06月12日 09:52撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スバルライン五合目の小御岳。この日は自転車のヒルクライムが行われており、山梨県ではめったに見れないくらいの、人と自転車。登山者は、ほとんどいません(笑)
2
そそくさと人ごみを離れ、御中道を進みます。
2016年06月12日 10:03撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そそくさと人ごみを離れ、御中道を進みます。
1
スバルライン五合目から御庭までの御中道は、とってもいい場所。おすすめです! こちら側は登山道や山小屋がないため、富士山がとても綺麗です。
2016年06月12日 10:12撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スバルライン五合目から御庭までの御中道は、とってもいい場所。おすすめです! こちら側は登山道や山小屋がないため、富士山がとても綺麗です。
1
南アや八ヶ岳がよく見えます。写真では見にくいですが・・・
2016年06月12日 10:13撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南アや八ヶ岳がよく見えます。写真では見にくいですが・・・
2
寄生火山の東屋に到着。
2016年06月12日 10:34撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
寄生火山の東屋に到着。
1
おお、富士山の上に青空が!! 風もなく絶好の富士山日和じゃないですか!! 
2016年06月12日 10:41撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おお、富士山の上に青空が!! 風もなく絶好の富士山日和じゃないですか!! 
3
御庭から下っていきます。
2016年06月12日 10:43撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御庭から下っていきます。
2
奥庭付近でスバルラインと合流。まだまだ、たくさんの自転車が登りで頑張っていました。参加者に伺うと、本日は8700名の参加で、参加料は1万円とのこと。完走し、自転車で下っていく姿は、さすがに羨ましかったです(笑)
2016年06月12日 10:49撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥庭付近でスバルラインと合流。まだまだ、たくさんの自転車が登りで頑張っていました。参加者に伺うと、本日は8700名の参加で、参加料は1万円とのこと。完走し、自転車で下っていく姿は、さすがに羨ましかったです(笑)
1
奥庭から下っていきます。樹海っぽくなってきました。
2016年06月12日 11:11撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥庭から下っていきます。樹海っぽくなってきました。
1
コケが綺麗です。
2016年06月12日 11:14撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コケが綺麗です。
1
お花も咲いていました。名前はわかりません。
2016年06月12日 12:58撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お花も咲いていました。名前はわかりません。
3
きもちよく、下っていくと、倒木の洗礼。奥庭〜精進湖口登山道三合目は、こんな感じが続きます。
2016年06月12日 11:15撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
きもちよく、下っていくと、倒木の洗礼。奥庭〜精進湖口登山道三合目は、こんな感じが続きます。
1
精進湖口登山道三合目。
2016年06月12日 11:49撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
精進湖口登山道三合目。
1
精進湖口登山道二合目付近は、ブナが綺麗でした! やまなし森林100選にも選ばれています。
2016年06月12日 12:17撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
精進湖口登山道二合目付近は、ブナが綺麗でした! やまなし森林100選にも選ばれています。
1
こんな道が延々と続きます。登りだったら、つらいだろうな〜〜
2016年06月12日 12:52撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな道が延々と続きます。登りだったら、つらいだろうな〜〜
1
やっと、富士風穴までたどり着きました!
2016年06月12日 14:17撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと、富士風穴までたどり着きました!
2
今回はregさんが、洞くつ探検にチャレンジです(冗談です)。0℃近い冷気が吹き付けてきます。
2016年06月12日 14:03撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回はregさんが、洞くつ探検にチャレンジです(冗談です)。0℃近い冷気が吹き付けてきます。
2
まだ、まだ精進湖口登山道は続きます。飽きるほど。
2016年06月12日 14:45撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ、まだ精進湖口登山道は続きます。飽きるほど。
1
やっと、精進湖の赤池交差点に着きました。山頂は踏みませんでしたが、富士山&樹海を存分に楽しめました。
2016年06月12日 15:28撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと、精進湖の赤池交差点に着きました。山頂は踏みませんでしたが、富士山&樹海を存分に楽しめました。
1

感想/記録

■馬返し〜御中道〜精進湖口
 最近、天気予報外しますね〜〜。前日の予報で、甲信地方はどのエリアもくもり夕方雨(日本気象協会)。ヤマテンも予報を覆し悪化予報。仕方なく、青木ヶ原樹海の散策を考えました。これなら、平地でも、小雨が降っても大丈夫!

 しかし、朝起きてみると、まさかの快晴!! 富士山ばっちり! でも、regさんとの集合場所の道の駅なるさわは、もはや変更不可能。集合場所に向かいつつ、今回の山行を考えました。富士山五合目を絡めて、いまだ行ったことのない、馬返しからの吉田口登山道と精進湖口登山道を制覇しようとするものです。

 ですが、昭文社の山と高原地図「富士山・御坂・愛鷹」の標準コースタイムを計算すると、11時間50分のロング山行(40分の休憩含む)。これだと、18:30に下山となってしまいます。時間がおせば、奥庭を回避して、スバルライン五合目からダイレクトに精進湖登山道に入ろうとおもっていましたが、幸いにもこのエリアは甘々のコースタイムでした。実際には、15時半には降りてくることができました。

 それにしても、御中道は素晴らしい! 丹沢から南ア南部まで、これまで登った山梨のほとんどの山が見渡すことができました。富士山山頂を踏まなくても、富士山楽しめますね! 御中道お勧めです!!

感想/記録
by reg

この日は天気が悪いので、樹海のロング散策+足和田山という予定でした。
そこで、ご飯は樹海にちなんで準備したのですが、当日朝の行先変更。
「まあ、どっちにしろ樹海だから。」だそうです。
樹海の森を緑の食材(わかめ、ほうれんそう、小松菜、ねぎ)で表現し、
その緑で、倒木(メンマ)、動物(煮豚)、卵を覆うようにしました。
「三森北方のときと何が違うの?」と聞かれたので、
「コンセプトと具材がちょっと違います」と答えておきました。
作った山飯の種類も100を超えてますので、
時々似てしまうのは勘弁してください。


富士樹海ラーメン 男2人分
<材料>
つけ麺用の太麺 3食分
とんこつ醤油のスープ(市販) 1L分
たまご 2個
メンマ 2分の1パック
ほうれんそう 2分の1把
小松菜 4分の1把
青ねぎ たくさん
わかめ たくさん
豚ばら肉焼き肉用 120g
酒、めんつゆ、黒コショウ


<前日準備>
1 ほうれんそうと小松菜は湯がいて、水を切ってジップロック。
2 たまごはゆでておく
3 麺はかなり固めにゆでて、水洗いしてぬめりをとってジップロック。
4 豚ばら肉焼き肉用をひたひた以上の酒で煮る。
5 火を止める寸前にめんつゆで味付けし、火を止めて煮含める。
6 冷めたら、煮汁ごとジップロック。
7 わかめは水で戻しておく。

<山で>
1 水にメンマ、たまご、豚バラ(煮汁ごと)を入れ、沸騰させる。
2 麺をほうり込んで温める。だいたいのところで、スープを溶かす。
3 だいたいのところで、樹海の緑をトッピング。
4 さらにちょっと温めて完成。
訪問者数:430人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/8/26
投稿数: 2003
2016/6/14 22:14
 御中道
yama-ariさん、regさん、こんばんは

ちょうど1年前に同じようなコースを歩きました。
この季節にぴったりの?ルートなのでしょうか。
私も初めて御中道を歩いて、
ここはファミリーで歩けば良かったかなあと思いました。
高低差がない割には眺望も良くて、楽しめますよね。

そして精進湖までの延々の下り。
下りがこれぐらい長く感じる所も珍しいです。

青木ヶ原樹海ラーメン、わかりやすいですが、見事です。
登録日: 2014/7/13
投稿数: 2089
2016/6/15 18:33
 んーん
yama-ariさん
regさん  コンばんはpaper

このルートだと精進御穴の分岐があったかと思いますが、
行って欲しかったな~
子宝の洞窟 過去に樹海に住む御爺さんの住まいだった場所
最後の赤池交差点ですが、精進口登山道入り口が旧国道で駐車できたような
仕事で最近行ったので覚えています。
そこから一般車入れませんが、ゲートはなかったはずです。
reg
登録日: 2013/4/15
投稿数: 177
2016/6/17 19:11
 コメントありがとうございます
hirokさん
うちもファミリーで行きたいと思いました。
御中道ならうちの父母も行けるかもしれません。
樹海ラーメン、おほめに預かり光栄です。ありがとうございます。

Kazuhagi さん
精進御穴というのは、
このルートの横っちょ、精進湖口1合目から2合目の間あたり?にある
「氷穴」とだけ記されたポイントでしょうか。
気にはなりましたが、よくわからなくてスルーになっちゃいました。
まあ、もう子宝には困ってませんが。

精進湖登山口の駐車場所、ありましたかねえ。
私たちは交差点の手前甲府側のちょこっと駐車スペースにとめました。

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

倒木 テン 高原 ブナ 山行 東屋 ロング
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ