ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 896866 全員に公開 ハイキング東海

愛知県民の森の「上臈岩」かえり道迷う

日程 2016年06月11日(土) [日帰り]
メンバー jykki-satoru
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間3分
休憩
26分
合計
7時間29分
Sスタート地点08:4008:51不動滝09:05風穴10:13東尾根展望台10:1412:48上臈岩13:1315:57不動滝16:09ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
愛知県民の森の「上臈岩」かえり道迷う
愛知県新城市「愛知県民の森」
2016年6月11日 晴れ時々曇り 同行者 なし
登山口@@@愛知県民の森駐車場

登山道の状況@@@上臈岩出会いまで道標整備済み
コースタイム
8:42 駐車場
8:55 風穴入口
9:18 木和田林道終点
9:51 東尾根出会い(主尾根に乗る)10:03
10:11 東尾根展望台 10:22
10:47 上臈岩出会い
11:23 中上臈岩
12:51 上上臈岩
14:00 上臈岩出口
14:24 明治100年記念碑出会い
14:51 下降点
16:00 駐車場
コース状況/
危険箇所等
上臈岩方面は
道標なし 地形図をみて入り込む
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

写真

核心部の道しるべ
赤テープ三本
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
核心部の道しるべ
赤テープ三本
東尾根に乗る
2016年06月11日 09:51撮影 by DSC-HX10V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東尾根に乗る
この付近から岩方面へ取り付く
支尾根になる
2016年06月11日 10:47撮影 by DSC-HX10V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この付近から岩方面へ取り付く
支尾根になる
左側が鳳来湖側が切れ落ちている
2016年06月11日 11:13撮影 by DSC-HX10V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左側が鳳来湖側が切れ落ちている
中じょうろ岩
2016年06月11日 11:30撮影 by DSC-HX10V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中じょうろ岩
下じょうろ岩方面
2016年06月11日 11:54撮影 by Canon EOS Kiss X50, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下じょうろ岩方面
上じょうろ岩を見る
先ほど喋っていた人が
手を振った
2016年06月11日 12:27撮影 by Canon EOS Kiss X50, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上じょうろ岩を見る
先ほど喋っていた人が
手を振った
上じょうろ岩のロープ
2016年06月11日 12:41撮影 by Canon EOS Kiss X50, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上じょうろ岩のロープ
右の踏み後は進入路
左の踏み後は「上」上臈岩方面こっちの方が
帰り道に見えた
帰りの正規の道は右、枯れ木が道をみえなくしていた。
右の道を見つけられなくて行ったり来たり3度
2016年06月11日 13:21撮影 by DSC-HX10V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右の踏み後は進入路
左の踏み後は「上」上臈岩方面こっちの方が
帰り道に見えた
帰りの正規の道は右、枯れ木が道をみえなくしていた。
右の道を見つけられなくて行ったり来たり3度
1
三本赤テープの側の案内板
これを見ると「上じょうろ岩」方面は
直角に曲がっている

2016年06月11日 13:21撮影 by DSC-HX10V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三本赤テープの側の案内板
これを見ると「上じょうろ岩」方面は
直角に曲がっている

東尾根へ脱出 一安心
ここから入りこんだ
2016年06月11日 13:59撮影 by DSC-HX10V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東尾根へ脱出 一安心
ここから入りこんだ
1

感想/記録

感想記録
新東名を東へ新城ICから出る。一般道を暫し北上走行、幹線道路から左折、赤い鉄橋を渡り愛知県民の森の駐車場に入る。時間も早いのかトイレのある一番近い駐車場に止めれた。
数組のグループが登山準備次々と出立つ。
今回は最近ネットで散見する絶壁の岩場がウリの上臈岩を目指す。そこまで行くのに諸々のコースがあり、歩いたことがない処女ルート、風穴の入口から木和田林道を詰めて稜線を上がるコースをとる。
林道をクリア本格山道に入る。道幅はあるものの石ころの道になる。ツルツル滑るので慎重にスピードも遅くなる。
後方から声がする2,3人と男性登山者が追いついてきた。あまり人が歩かないようなルートなので、ああ歩く人もおるんだと思った。先に行ってもらう。
低山気温もあがり暑い。このところ頭痛もし頭が重く今一つ体調がすぐれなくスピードに乗れない。標高差200mの東尾根に乗るに一苦労、適当にお茶濁してやめるかと思ったが、追いついてきたソロ浜松の人と喋ったら元気が出た。
東尾根展望台で行動食の菓子パンを食ってくつろぐ。ここから目的地「上臈岩」の入口が近い。更に標高差70mほど上がる。スマホで地形図をみる。主稜線から派生した支尾根が「上臈岩」への道になる。フラットな道が暫く続き、道標が90度の折れ下降する。帰りの登り返しは大変とどんどん下る。
大きな分岐と思われるポイント道標点。真っ直ぐ行くと絶景の岩場に中上臈岩に達す。
眼下の水がめ鳳来湖の上部が岩峰群の展望地の一角になる。むろん上、下があるのはいうまでもない。
先行していた3人、カップルと5人が「中じょうろ岩」周辺にいた。皆さんと絶景を眺めながら話も弾み長くお喋るをしたりして、気分も乗ってきた。次々といた人が帰り最後となった。

帰り、隣りの”上”岩峰に向かうに道がない。錯覚したものだがウロウロ諦めて帰りの途に着く。元きた道となんか風景が違う、崖の先端まで出る。ここが上上臈岩と合点がいった。
ということは帰り道は消えた。行ったり来たり半ばパニック、北海道の子供の遭難が目に浮かぶ、時間も午後1時、時間がある。スマホのGPSを忠実に辿る”三重に巻いた赤テープ”のあるところの道標を再三眺める。どう見ても道は一本、更に付近を目を凝らす、木々がルートを消していた。同じルートを辿ることになるが、行きと帰りの風景が異なって見えた。
先に帰った人達なんともなかったのかと、俺がまぬけだったのかと。自己責任で入るルートなのだが、道標をみると直角に曲がっている。「現実は並行して緩やかに曲がる」。
親切な道標なのだが山は難しいと実感、経験の経験しても新たな事態が生じる。
訪問者数:215人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ