ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 897116 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走塩見・赤石・聖

(南ア)烏帽子岳、小河内岳 〜 鳥倉林道ゲートからピストン 〜

日程 2016年06月12日(日) [日帰り]
メンバー usofuyu
天候晴れ後くもり
アクセス
利用交通機関
車・バイク
◇自家用車を鳥倉林道ゲート前の駐車スペースに駐車。
・最大で30台ほど駐車可能。
・スタート時は約15台、下山時は自分の車を含めて4台の車がありました。
・ゲート前までは舗装路。小さな落石が落ちているので、パンクしないように少しだけ注意が必要です。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち96%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
【林道ゲート⇔登山口】
◆そこそこ長い林道歩きです。最後の200〜300m(?)を除いて舗装路です。落石等に注意が必要です。法面に吹き付けたコンクリートが剥がれ落ちそうな所があります。
【登山口⇔豊口山間のコル】
◆土のクッションがある程度効いた樹林帯のトレイルを歩きます。
【豊口山間のコル⇔三伏峠】
◆ちょっとした岩を乗り越える所が数ヶ所あります。雨の日はスリップ注意です。
◆木の橋や階段の上を歩く所があります。濡れていると滑りやすいので、注意が必要です。
◆水場の前後は落石にも多少の注意が必要です。
【三伏峠⇔小河内岳】
◆ガレ場の縁を歩く所が何ヶ所かあります。崩壊が進んでいるので、少し注意が必要です。
その他周辺情報☆小渋温泉赤石荘で入浴。
・大人500円。
・洗い場は屋外にあります。
・晴れていれば中央アルプスと南アルプスが見える最高のロケーションにあります。
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

写真

今日はすっかり陽が高くなってからのスタート。
鳥倉林道は3年半ぶり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日はすっかり陽が高くなってからのスタート。
鳥倉林道は3年半ぶり。
シロバナヘビイチゴ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シロバナヘビイチゴ
7
ノイバラの一種でしょうか…。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ノイバラの一種でしょうか…。
6
ウツギの花。
詳しい種類までは分かりません…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウツギの花。
詳しい種類までは分かりません…
5
見える山は除山かな?
雲の切れ間に青空も見えています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見える山は除山かな?
雲の切れ間に青空も見えています。
2
花を見ながら歩いていたら、登山口に到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花を見ながら歩いていたら、登山口に到着。
ミツバツチグリかな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミツバツチグリかな?
2
ミヤマハコベ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマハコベ
2
シダが生い茂っている林を登っていきます。
前回歩いた時期は10月末だったので、その時と大分雰囲気が違います。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シダが生い茂っている林を登っていきます。
前回歩いた時期は10月末だったので、その時と大分雰囲気が違います。
7
登山口から三伏峠までを大まかに10等分に区切って、区切り目の現在地を示す「1/10標識」が各区切り目に設置されています。
前回登った時こんな立派な標識あったかな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口から三伏峠までを大まかに10等分に区切って、区切り目の現在地を示す「1/10標識」が各区切り目に設置されています。
前回登った時こんな立派な標識あったかな?
この表示は記憶にありますが…。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この表示は記憶にありますが…。
シロバナヘビイチゴの大群落。
ここまであると少し気持ち悪いような…。
豊口山間のコルまではくどい位に咲いていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シロバナヘビイチゴの大群落。
ここまであると少し気持ち悪いような…。
豊口山間のコルまではくどい位に咲いていました。
7
登山口から1/3、三伏峠まで2/3地点標識。
豊口山間のコル付近です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口から1/3、三伏峠まで2/3地点標識。
豊口山間のコル付近です。
コミヤマカタバミ。
豊口山間のコルから三伏峠まででよく目にしました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コミヤマカタバミ。
豊口山間のコルから三伏峠まででよく目にしました。
10
このオサバグサも豊口山間のコルから三伏峠までの区間で多く見かけました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このオサバグサも豊口山間のコルから三伏峠までの区間で多く見かけました。
8
ムラサキエンレイソウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ムラサキエンレイソウ
2
登山口から2/3、三伏峠まで1/3地点標識。
表面が剥がれかかっていて無残です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口から2/3、三伏峠まで1/3地点標識。
表面が剥がれかかっていて無残です。
ほとけの清水。
前回来た時もこの様にほっそりと流れていたので、一年中こんな感じなのかな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほとけの清水。
前回来た時もこの様にほっそりと流れていたので、一年中こんな感じなのかな?
1
途中で、中央アルプスが一望できました。
虫が多数写り込んで残念な絵になってしまいました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中で、中央アルプスが一望できました。
虫が多数写り込んで残念な絵になってしまいました。
2
この様な木を組んで作られた橋や梯子が設置されています。
前回来た時はうっすら雪が積もっていて、滑りやすく、気を使ったなぁ〜。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この様な木を組んで作られた橋や梯子が設置されています。
前回来た時はうっすら雪が積もっていて、滑りやすく、気を使ったなぁ〜。
2
塩川小屋へのルートは相変わらず閉鎖中でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塩川小屋へのルートは相変わらず閉鎖中でした。
1
木々の間から先週登った甲斐駒ヶ岳が見えました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木々の間から先週登った甲斐駒ヶ岳が見えました。
12
そして、仙丈ケ岳も。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして、仙丈ケ岳も。
13
ついに塩見岳も見えました!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ついに塩見岳も見えました!
16
ミツバオウレン
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミツバオウレン
8
三伏峠に到着。
少しゆっくりしました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三伏峠に到着。
少しゆっくりしました。
3
本日はこの分岐を右手に進みます。
この分岐、何気に雰囲気があって、好きです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日はこの分岐を右手に進みます。
この分岐、何気に雰囲気があって、好きです。
塩見岳ドーン!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塩見岳ドーン!
7
シナノキンバイ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シナノキンバイ
10
防鹿柵の間を青空に向かって登っていく。
この辺りはシナノキンバイが多く咲いていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
防鹿柵の間を青空に向かって登っていく。
この辺りはシナノキンバイが多く咲いていました。
4
ついに今日の目的地の小河内岳が見えました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ついに今日の目的地の小河内岳が見えました。
7
ヒメイチゲ。
葉っぱと一緒に見ると、凛として見えて、好きな花です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒメイチゲ。
葉っぱと一緒に見ると、凛として見えて、好きな花です。
13
小河内岳は想像していた以上に見栄えがする山でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小河内岳は想像していた以上に見栄えがする山でした。
13
前小河内岳と小河内岳をセットで。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前小河内岳と小河内岳をセットで。
11
稜線の向こうに富士山が見えました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線の向こうに富士山が見えました。
9
富士山拡大。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山拡大。
21
烏帽子岳に到着。
81座目の百高山です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
烏帽子岳に到着。
81座目の百高山です。
19
山頂から小河内岳方面を望む。
雲に覆われてきてしまっていますが、悪沢岳と荒川岳が稜線越しに見えています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から小河内岳方面を望む。
雲に覆われてきてしまっていますが、悪沢岳と荒川岳が稜線越しに見えています。
7
山頂から望む富士山方面。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から望む富士山方面。
4
そして、ハイマツの海の向こうにはドドーンと塩見岳が見えました。
烏帽子岳は「山と高原地図」に「塩見岳の展望台」と記載されていますが、納得です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして、ハイマツの海の向こうにはドドーンと塩見岳が見えました。
烏帽子岳は「山と高原地図」に「塩見岳の展望台」と記載されていますが、納得です。
22
ミヤマキンバイ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマキンバイ
5
烏帽子岳から小河内岳の間で最も目立った花でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
烏帽子岳から小河内岳の間で最も目立った花でした。
3
アオノツガザクラ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アオノツガザクラ
9
ヒメイチゲもあちこちで見かけました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒメイチゲもあちこちで見かけました。
烏帽子岳を振り返る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
烏帽子岳を振り返る。
6
塩見岳と蝙蝠岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塩見岳と蝙蝠岳
11
こちらから見る塩見岳は、かなりどっしりとしています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらから見る塩見岳は、かなりどっしりとしています。
14
前小河内岳で悪沢岳を見ながら少し休憩しました。
荒川岳は頭が隠れてしまっています。
荒川岳の奥に少し赤石岳が見えているのかな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前小河内岳で悪沢岳を見ながら少し休憩しました。
荒川岳は頭が隠れてしまっています。
荒川岳の奥に少し赤石岳が見えているのかな?
4
休憩しているとどんどんガスが上がってきて、ガスに包まれてしまいました。
しばらく展望が無い中を歩きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
休憩しているとどんどんガスが上がってきて、ガスに包まれてしまいました。
しばらく展望が無い中を歩きます。
1
ハクサンイチゲ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンイチゲ
6
ミヤマハタザオ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマハタザオ
3
登山道に雪が少し残っている所もありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道に雪が少し残っている所もありました。
2
キバナシャクナゲ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キバナシャクナゲ
12
ミヤマキンバイとハクサンイチゲ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマキンバイとハクサンイチゲ
4
ガスの中を、花を見ながらダラダラと歩いていたら、小河内避難小屋への分岐点に到着していました。
小河内岳への登り返しは、ゆったりとしていて、思っていた以上に楽に登ることができました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスの中を、花を見ながらダラダラと歩いていたら、小河内避難小屋への分岐点に到着していました。
小河内岳への登り返しは、ゆったりとしていて、思っていた以上に楽に登ることができました。
そして、今回の折り返し地点である小河内岳山頂に到着。
82座目の百高山です。
ガスに包まれて展望が無いのは残念でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして、今回の折り返し地点である小河内岳山頂に到着。
82座目の百高山です。
ガスに包まれて展望が無いのは残念でした。
24
少しガスがとれたときに避難小屋を撮影。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少しガスがとれたときに避難小屋を撮影。
2
それでは、帰路につきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
それでは、帰路につきます。
1
ショウジョウバカマ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ショウジョウバカマ
3
ひんやりとしていて気持ち良い。
たまにはガスの中の山行も悪くありません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひんやりとしていて気持ち良い。
たまにはガスの中の山行も悪くありません。
タカネザクラ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タカネザクラ
7
ミヤマキンポウゲ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマキンポウゲ
4
少しガスが取れましたが、塩見岳の山頂はまだ雲に包まれています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少しガスが取れましたが、塩見岳の山頂はまだ雲に包まれています。
烏帽子岳の山頂から下りきった付近から崩れ落ちる崩壊地は大迫力です。
この辺りは数年以内に現在登山道となっている部分も崩れてしまいそうでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
烏帽子岳の山頂から下りきった付近から崩れ落ちる崩壊地は大迫力です。
この辺りは数年以内に現在登山道となっている部分も崩れてしまいそうでした。
12
こんな日は会えると思っていたよ〜。
登山道の真ん中に雷鳥が蹲っていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな日は会えると思っていたよ〜。
登山道の真ん中に雷鳥が蹲っていました。
20
お昼寝しようとしていたのかな?
邪魔してしまって、ごめんよ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お昼寝しようとしていたのかな?
邪魔してしまって、ごめんよ。
32
烏帽子岳山頂付近から小河内岳を振り返ると、雲が取れてきていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
烏帽子岳山頂付近から小河内岳を振り返ると、雲が取れてきていました。
3
すっかり雲が取れた塩見岳。でも見納めです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すっかり雲が取れた塩見岳。でも見納めです。
3
キバナコマノツメ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キバナコマノツメ
5
三伏峠まで戻ってきました。
下りに備えて、ここで休憩。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三伏峠まで戻ってきました。
下りに備えて、ここで休憩。
1
淡々と下り、林道まで下りてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
淡々と下り、林道まで下りてきました。
舗装部分を100mほど歩くと、ゴールであるゲート前の駐車スペースを望むことができます。
結構遠いなぁ〜。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
舗装部分を100mほど歩くと、ゴールであるゲート前の駐車スペースを望むことができます。
結構遠いなぁ〜。
2
ようやくゲートが見えました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやくゲートが見えました。
3

感想/記録

前日の土曜日は、前の職場の同僚達と毎年恒例のバーベキュー風グダ飲み祭り。
昼前から夕方までグダグダ、ダラダラ飲んでいました。

この日曜日は予定を外していたので、雨さえ降らなければ、何処かには登りに行きたいと思っていました。
しかし、なかなか良い候補が見つからない。
事前の天気予報では、良くて、くもり予報。前日のアルコールが完全に抜けるのを待つとスタートも遅くなってしまう。
どうしようか。
鳥倉林道から塩見岳、蝙蝠岳、二軒小屋、悪沢岳、荒川岳と周回山行を予定しているので、その下見がてら、小河内岳に登ってみることにしました。
事前の天気予報からは展望が効かない空模様となる可能性が高かったため、今回の山行では、この時季にどんな花が咲いているのか確認することを目的としました。
天気が悪くなりそうなら、早々引き返すつもりで。

朝の4時前に目を覚まし、天気予報を確認すると、雨の降り出しが遅くなったようで、18時くらいまでは雨の心配はなさそうです。
そこで、予定通り、小河内岳を目指しました。

結果、天気は予想外に持ちました。
ガスに包まれていた時間はわずかで、まずまず展望の利く、満足のいく山行となりました。

ただ、体調は絶不調。
体が重くて、思うように歩けない。
そして、汗は滝のように搔くのに、一向に喉が乾かない。
だてに前日朝から晩まで飲んでいたわけではありません。
いや、すみません。飲み過ぎには注意ということですね。
もちろん、二日酔いだったわけではありませんよ。
飲酒運転などできないので、帰宅後就寝前まで、念には念をと水をガバガバ飲んでおきましたから。
ん?
ひょっとして、体調が悪かったのは、水を飲み過ぎたから?
いずれにしろ、飲み過ぎには注意しないといけませんね。
訪問者数:848人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/3/9
投稿数: 280
2016/6/14 0:58
 はじめまして!
鳥倉〜三伏峠の間でお会いしました(*´ω`*)
午後から天気が崩れるとあったので、午前中に下ろうと急いだんですが、お天気持ったのですね((o(*˘ω˘*)o))
避難小屋に泊まりましたが、土曜の夕方の雲海がすごかったです!

崩壊地からの写真すごいですねΣ└(゚ロ゚;)┘
私は怖くて下を見れませんでした(இдஇ`。)
登録日: 2012/8/21
投稿数: 142
2016/6/14 6:34
 Re: はじめまして!
ruonickさん、はじめましてhappy01
山行お疲れ様でしたjapanesetea

前日までの天気予報では、確かに午後から崩れる予報でしたよね。
雨の降り出しが遅れそうという情報は家を出発する前に掴んでいたのですが、昼頃まで晴れ間が見えているなんて、完全に予想外でした。
単なるトレーニング&花見山行となるかと思っていたので、ラッキーでした。

小河内避難小屋に泊まったんですか?
避難小屋、雰囲気も良いし、ロケーションも最高ですよね。
レコはこれからアップされるのでしょうか?
楽しみにしてます。

過去レコも簡単に拝見しました。
山上プロポーズ&ウェディング、羨ましいですcatface
外にもあちこちと北アルプスを中心に素敵な山行をたくさんしているようですね。
レコを改めて見させていただくためにも、フォローさせてください。
登録日: 2014/3/9
投稿数: 280
2016/6/14 17:42
 Re[2]: はじめまして!
なるほど!
天気予報変わったのですね((o(*˘ω˘*)o))

はい、レコはこれからです♪
明日にはアップしたいなぁと…
避難小屋のロケーションほんと最高だし、綺麗なのでいつか是非泊まってくださいヾ(o´∀`o)ノ

レコ見ていただきありがとうございます!
ヘナチョコ登山者ですが、北ア大好きです!
登録日: 2012/8/21
投稿数: 142
2016/6/14 18:35
 Re[3]: はじめまして!
ruonickさん達のレコ楽しみにしてますhappy02

避難小屋綺麗なんですね
情報ありがとうございます。
南アルプス南部は綺麗な避難小屋があるのが、良いですよね。
いつか避難小屋を渡り歩いて、ゆったりまったり南アルプスを楽しみたいです!

実は、今年の夏から紅葉シーズンにかけて、2〜3回ほど北アルプスを縦走する予定でいます。
ruonickさん達のレコを参考にさせていただきますね。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ