ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 897185 全員に公開 沢登り八ヶ岳・蓼科

河原木場沢 醤油樽ノ滝-天狗岳

日程 2016年06月11日(土) 〜 2016年06月12日(日)
メンバー sawanoboru, その他メンバー2人
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
バス
茅野駅まで高速バス。茅野駅から醤油樽ノ滝ハイキングコース入り口までは根石岳山荘の迎車を利用させてもらった。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間50分
休憩
2時間2分
合計
9時間52分
Sスタート地点08:3108:48一の滝08:4909:10二の滝09:1209:20醤油樽ノ滝09:3009:37木橋10:20落ち口10:2111:15二段の滝12:1514:11二俣14:4516:06第二展望台16:1617:16西天狗岳17:2017:44東天狗岳18:07白砂新道分岐18:23根石岳18:23根石岳山荘
2日目
山行
5時間48分
休憩
57分
合計
6時間45分
根石岳山荘07:0008:05オーレン小屋08:1509:15赤岩の頭09:5010:36ジョウゴ沢12:41美濃戸12:5313:45ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
醤油樽ノ滝までのハイキングコースは橋や梯子やトラロープなど良く整備されています。
‐潴樽ノ滝の高巻き二段の滝E袈薐拈照根第二展望台に至る急登の3点がポイントで、今回は,鰐簑蠅覆クリア△蚤領呂鮠談廚掘↓でヨレヨレになってしまいました。
その他周辺情報下山地の美濃戸口バス停の向かいに「J&N」がオープンしており、宿泊・外湯可です。
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備  
共同装備 30mロープ ハンマー ハーケン

写真

ここからハイキングコースが始まります
2016年06月11日 08:31撮影 by uT8000,ST8000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからハイキングコースが始まります
一の滝 5m
2016年06月11日 08:48撮影 by uT8000,ST8000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一の滝 5m
新品の梯子
2016年06月11日 09:01撮影 by uT8000,ST8000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新品の梯子
ナメを進んでいきます
2016年06月11日 09:04撮影 by uT8000,ST8000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナメを進んでいきます
奥に二の滝10m
2016年06月11日 09:07撮影 by uT8000,ST8000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥に二の滝10m
左岸に巻き道があります
2016年06月11日 09:08撮影 by uT8000,ST8000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左岸に巻き道があります
二の滝の巻き道 ロープが張っています
2016年06月11日 09:12撮影 by uT8000,ST8000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二の滝の巻き道 ロープが張っています
ゴルジュの奥に醤油樽ノ滝が見えてきました
2016年06月11日 09:18撮影 by uT8000,ST8000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴルジュの奥に醤油樽ノ滝が見えてきました
長い梯子を下り、
2016年06月11日 09:18撮影 by uT8000,ST8000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長い梯子を下り、
醤油樽の底に辿り着きます
2016年06月11日 09:21撮影 by uT8000,ST8000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
醤油樽の底に辿り着きます
滝底にメンバーがいます。滝のスケールと比較ください
2016年06月11日 09:22撮影 by uT8000,ST8000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝底にメンバーがいます。滝のスケールと比較ください
別角度から
2016年06月11日 09:23撮影 by uT8000,ST8000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
別角度から
滝に近寄って一枚
2016年06月11日 09:25撮影 by uT8000,ST8000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝に近寄って一枚
醤油樽ノ滝手前の木橋付近に戻り、右岸を高巻きます。
高巻き入り口にはトラロープがあります。
2016年06月11日 09:37撮影 by uT8000,ST8000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
醤油樽ノ滝手前の木橋付近に戻り、右岸を高巻きます。
高巻き入り口にはトラロープがあります。
標高1950をトラバース。醤油樽ノ滝の落ち口です
2016年06月11日 10:20撮影 by uT8000,ST8000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高1950をトラバース。醤油樽ノ滝の落ち口です
落ち口左岸に確保のヌンチャクが残置(画面中央)されています
2016年06月11日 10:21撮影 by uT8000,ST8000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落ち口左岸に確保のヌンチャクが残置(画面中央)されています
ナメが続きます
2016年06月11日 10:32撮影 by uT8000,ST8000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナメが続きます
奥に二段の滝が見えてきました
2016年06月11日 11:15撮影 by uT8000,ST8000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥に二段の滝が見えてきました
二段の滝 簡単に登れそうですが、岩が脆く重いリュックを背負っては登れません。空身で登りロープを設置して、やっと荷揚げができました。
2016年06月11日 11:17撮影 by uT8000,ST8000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二段の滝 簡単に登れそうですが、岩が脆く重いリュックを背負っては登れません。空身で登りロープを設置して、やっと荷揚げができました。
水量も減って源頭部です。
2016年06月11日 13:13撮影 by uT8000,ST8000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水量も減って源頭部です。
最初の分岐。左はガレ場です。水量は左>右でした
2016年06月11日 14:11撮影 by uT8000,ST8000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初の分岐。左はガレ場です。水量は左>右でした
ここを右に行きます。
2016年06月11日 14:11撮影 by uT8000,ST8000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここを右に行きます。
水が枯れました。ここで着替えと靴の替えを行いました。
2016年06月11日 14:11撮影 by uT8000,ST8000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水が枯れました。ここで着替えと靴の替えを行いました。
草付きを登ります
2016年06月11日 15:16撮影 by uT8000,ST8000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
草付きを登ります
赤岳 中岳 阿弥陀岳が見えてきました
2016年06月11日 15:25撮影 by uT8000,ST8000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳 中岳 阿弥陀岳が見えてきました
西尾根直下は崩落地で少し草の生えたガレ場です
2016年06月11日 15:25撮影 by uT8000,ST8000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西尾根直下は崩落地で少し草の生えたガレ場です
最後の急登
2016年06月11日 15:47撮影 by uT8000,ST8000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の急登
ピナクルのような岩があります。
2016年06月11日 15:48撮影 by uT8000,ST8000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピナクルのような岩があります。
第二展望台に着きました。南八ヶ岳が一望できます
2016年06月11日 16:06撮影 by uT8000,ST8000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第二展望台に着きました。南八ヶ岳が一望できます
天狗と硫黄岳
2016年06月11日 16:07撮影 by uT8000,ST8000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗と硫黄岳
硫黄岳から阿弥陀岳
2016年06月11日 16:07撮影 by uT8000,ST8000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄岳から阿弥陀岳
天狗の岩場
2016年06月11日 16:58撮影 by uT8000,ST8000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗の岩場
西天狗岳に着きました
2016年06月11日 17:16撮影 by uT8000,ST8000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西天狗岳に着きました
魔女の宅急便のクロネコがお地蔵さまに供えてありました
2016年06月11日 17:17撮影 by uT8000,ST8000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
魔女の宅急便のクロネコがお地蔵さまに供えてありました
ガスに覆われて遠望がききません
2016年06月11日 17:26撮影 by uT8000,ST8000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスに覆われて遠望がききません
東天狗です
2016年06月11日 17:44撮影 by uT8000,ST8000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東天狗です
白砂新道分岐
2016年06月11日 18:07撮影 by uT8000,ST8000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白砂新道分岐
根石岳山頂
2016年06月11日 18:23撮影 by uT8000,ST8000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
根石岳山頂
今日のお宿です。
2016年06月11日 18:31撮影 by uT8000,ST8000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日のお宿です。
根石岳山荘です。
2016年06月11日 18:32撮影 by uT8000,ST8000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
根石岳山荘です。
二日目、天気は良好です
2016年06月12日 07:04撮影 by uT8000,ST8000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二日目、天気は良好です
オーレン小屋の前の看板
2016年06月12日 08:06撮影 by uT8000,ST8000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オーレン小屋の前の看板
赤岩の頭
2016年06月12日 09:16撮影 by uT8000,ST8000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岩の頭
ジョウゴ沢を渡ります
2016年06月12日 10:36撮影 by uT8000,ST8000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ジョウゴ沢を渡ります
大同心 小同心
2016年06月12日 10:42撮影 by uT8000,ST8000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大同心 小同心
美濃戸まで下りてきました
2016年06月12日 12:44撮影 by uT8000,ST8000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美濃戸まで下りてきました
撮影機材:

感想/記録

1日目醤油樽ノ滝のハイキングコース入り口から天狗岳-根石岳山荘まではGPSの生データです。
2日目の根石岳山荘−オーレン小屋−赤岩の頭−赤岳鉱泉−美濃戸口は手書きでルートを入れています。

醤油樽ノ滝の巻きは右岸からです。手前の木橋付近のトラロープのところから上がり標高1910mを北にトラバース。小尾根が出てくるので、そこを少し登って1950mを南にトラバースすると沢や落ち口の見える崖に出ます。少し上流側に移動して適当な所を見繕って河原に降ります。今回は落ち口の10m程度上流にクライムダウンで降りることができました。

二段の滝は、一見容易に登れそうですが、岩が脆く掴むと直ぐに外れるので、体重がかけられません。重いリュックを背負ったまま登ろうとしましたが、危険なので諦め、まず空身で登りロープを設置し安全を確保したうえで荷揚げを行いました。この滝をクリアするのに約1時間とかなりの体力を費やしました。
登山道に出るための最後の急登もそうですが、沢登りには軽量化が極めて重要だとゆうことを実感させられました。
訪問者数:215人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ