ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 897293 全員に公開 講習/トレーニング九州・沖縄

海峡横断 甑島へシーカヤック偵察

日程 2016年06月11日(土) [日帰り]
メンバー jomon
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間28分
休憩
1時間50分
合計
11時間18分
Sスタート地点08:2019:38ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
薩摩川内市沖は川風が強かった。
潮汐に気をつけないと北からの潮流に流される
その他周辺情報甑島の里港は食事が出る所はターミナル内だけ
商店が少なく時間によっては食料調達が難しい
観光案内所の情報では、中甑には食事ができる所があるとのことです。
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 カヤック カヌーカート GPS 水1リットル キャラメル スマホ 携帯電話

写真

午前7時すぎに鹿児島は薩摩川内市の唐浜漁港に到着、今回は甑島まで約26kmの海峡横断、4月に訪れた桜島で次回は甑島へ漕ぎましょうとY先生とした約束のための偵察、この海域は漕いだ事がないので、いろいろ勉強してきます。
2016年06月11日 08:16撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
午前7時すぎに鹿児島は薩摩川内市の唐浜漁港に到着、今回は甑島まで約26kmの海峡横断、4月に訪れた桜島で次回は甑島へ漕ぎましょうとY先生とした約束のための偵察、この海域は漕いだ事がないので、いろいろ勉強してきます。
3
午前8時20分頃に唐浜漁港を出発、ここをスタートに選んだのはこの火力発電所の煙突、島を目掛けては目標が定まるが、復路の
目標にこの煙突を選んだ。
2016年06月11日 08:24撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
午前8時20分頃に唐浜漁港を出発、ここをスタートに選んだのはこの火力発電所の煙突、島を目掛けては目標が定まるが、復路の
目標にこの煙突を選んだ。
東風の追い風でスタートは順調だが、目指す甑島はかすんでいる
GPSの矢印を目標に漕ぐ
2016年06月11日 08:35撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東風の追い風でスタートは順調だが、目指す甑島はかすんでいる
GPSの矢印を目標に漕ぐ
出発して40分潮目に当たる、小潮で動きが少ない時間帯なので影響はなかった。
東風の追い風に乗って、すこぶる順調に進む、平均9キロ以上ときおり時速12キロもスピードがでた。
帰りもこの風だったら向かい風になるので最悪だな・・・
2016年06月11日 09:03撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出発して40分潮目に当たる、小潮で動きが少ない時間帯なので影響はなかった。
東風の追い風に乗って、すこぶる順調に進む、平均9キロ以上ときおり時速12キロもスピードがでた。
帰りもこの風だったら向かい風になるので最悪だな・・・
1
潮目を過ぎると一転してベタ凪、そもそも車で薩摩川内市にくるまでは、沿岸はベタ凪でした。
唐浜沖だけが風が強かったのが解せない
2016年06月11日 09:39撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
潮目を過ぎると一転してベタ凪、そもそも車で薩摩川内市にくるまでは、沿岸はベタ凪でした。
唐浜沖だけが風が強かったのが解せない
風の影響がなくなっても時速7キロくらいで進む
2016年06月11日 10:16撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風の影響がなくなっても時速7キロくらいで進む
2
出発2時間で行程の約半分14キロ地点、中の瀬灯台に近づく瀬と灯台には釣り人がいました。
2016年06月11日 10:25撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出発2時間で行程の約半分14キロ地点、中の瀬灯台に近づく瀬と灯台には釣り人がいました。
1
ベタ凪の海を漕いでいるとある事に気づく、海が群青色で青がとても濃い!黒潮ってもこんな色なのだろうか、引き込まれるような透明度も魅力的だ。
2016年06月11日 10:44撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ベタ凪の海を漕いでいるとある事に気づく、海が群青色で青がとても濃い!黒潮ってもこんな色なのだろうか、引き込まれるような透明度も魅力的だ。
まるで池を漕ぐような穏やかな甑海峡を進む
2016年06月11日 10:51撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まるで池を漕ぐような穏やかな甑海峡を進む
甑島の手前にある、右から沖の島、双子島、野島を過ぎていく
2016年06月11日 11:17撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甑島の手前にある、右から沖の島、双子島、野島を過ぎていく
1
そして近島の洞窟に近づいてみた。
2016年06月11日 11:51撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして近島の洞窟に近づいてみた。
1
洞窟っていうより割れ目か、打ち寄せる波の音が響き、上からは岩から染み出た水が垂れ落ちていた。
水面下では無数の小魚が泳いで、時おり大きな魚の影が泳ぎまわっていた。
2016年06月11日 11:52撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
洞窟っていうより割れ目か、打ち寄せる波の音が響き、上からは岩から染み出た水が垂れ落ちていた。
水面下では無数の小魚が泳いで、時おり大きな魚の影が泳ぎまわっていた。
2
里港へ進路を向ける、白い建物は、フェリーターミナル横にあるリゾートホテルのはずだ。
2016年06月11日 12:17撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
里港へ進路を向ける、白い建物は、フェリーターミナル横にあるリゾートホテルのはずだ。
午後12時21分、甑島到着!ちょうど4時間だ計画とおりである。
2016年06月11日 12:23撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
午後12時21分、甑島到着!ちょうど4時間だ計画とおりである。
1
腹が減ったので食事ができる所を探すが、こじんまりとしたスーパーのほかに見当たらない、フェリーターミナルの観光案内所によると、ターミナルの食堂以外は車で15分ほど行った中甑まで行かないと、食事ができる店はないとのことだったので、食堂でから揚げ定食で昼食を摂る
刺身や海鮮丼を期待していたので少しガッカリ
2016年06月11日 13:03撮影 by SH-04E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
腹が減ったので食事ができる所を探すが、こじんまりとしたスーパーのほかに見当たらない、フェリーターミナルの観光案内所によると、ターミナルの食堂以外は車で15分ほど行った中甑まで行かないと、食事ができる店はないとのことだったので、食堂でから揚げ定食で昼食を摂る
刺身や海鮮丼を期待していたので少しガッカリ
2
食事を終えてお土産でも買おうかとしたら、先ほどまで開いていたお土産売場がシャットアウト・・・
残念でした。
2016年06月11日 13:21撮影 by SH-04E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
食事を終えてお土産でも買おうかとしたら、先ほどまで開いていたお土産売場がシャットアウト・・・
残念でした。
ターミナルを出て少し散策、甑島館はこじんまりそびえ立っておりました。
2016年06月11日 13:23撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ターミナルを出て少し散策、甑島館はこじんまりそびえ立っておりました。
土曜日でしたが観光客もほとんど見ず閑散としておりました。
まだシーズンではないのかな
2016年06月11日 13:26撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
土曜日でしたが観光客もほとんど見ず閑散としておりました。
まだシーズンではないのかな
浜で20分ほど昼寝、昨晩はカミさんの女子会?おばさん会!のため子守で出発遅れてあまり寝てなかったので、短かったが深い眠りについた。
起きた時は、どこにいるか思い出すのにちょっと時間がかかった。
2016年06月11日 13:58撮影 by SH-04E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
浜で20分ほど昼寝、昨晩はカミさんの女子会?おばさん会!のため子守で出発遅れてあまり寝てなかったので、短かったが深い眠りについた。
起きた時は、どこにいるか思い出すのにちょっと時間がかかった。
午後2時に復路出発予定だったので、寝過ごさなくてよかった。
午後2時10分、予定通り甑島を離れる
2016年06月11日 14:11撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
午後2時に復路出発予定だったので、寝過ごさなくてよかった。
午後2時10分、予定通り甑島を離れる
2
バウハッチには乾いた塩がこびりついていた。
群青の海は塩分濃度がかなり高めのようだ。
2016年06月11日 14:14撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バウハッチには乾いた塩がこびりついていた。
群青の海は塩分濃度がかなり高めのようだ。
さらば甑島、午後もベタ凪の海を復路を進む
2016年06月11日 14:26撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらば甑島、午後もベタ凪の海を復路を進む
2時間ほどで中の瀬灯台にたどり着く、ここまでは往路と同じペース
2016年06月11日 16:17撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2時間ほどで中の瀬灯台にたどり着く、ここまでは往路と同じペース
ここであることに気づく、船先の右にある火力発電所の煙突を目掛けて進んでいたのだが、左目の視界に甑島の子島が目に入る、真っ直ぐ進んでいるのなら、甑島は真後ろなあるはずで見えるのがおかしい、これはひょっとして流されているのでは!?
2016年06月11日 16:22撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここであることに気づく、船先の右にある火力発電所の煙突を目掛けて進んでいたのだが、左目の視界に甑島の子島が目に入る、真っ直ぐ進んでいるのなら、甑島は真後ろなあるはずで見えるのがおかしい、これはひょっとして流されているのでは!?
1
パドルを停めてGPSに注目、やはり南に流されている、しかも2.7キロとやや速めだ。
この日は小潮だが、午前中はほとんど動かない潮、午後はやや流れる潮回りなので、ベタ凪で見た目流れているように見えなくても知らず知らずに流されているのだ。
GPSの三角印の上にある太線が予定航路、約300mくらい外れている。
2016年06月11日 16:36撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
パドルを停めてGPSに注目、やはり南に流されている、しかも2.7キロとやや速めだ。
この日は小潮だが、午前中はほとんど動かない潮、午後はやや流れる潮回りなので、ベタ凪で見た目流れているように見えなくても知らず知らずに流されているのだ。
GPSの三角印の上にある太線が予定航路、約300mくらい外れている。
進路を煙突から大きく北に向けて漕ぐが、なかなか本来の予定の航路に行かない
2016年06月11日 16:57撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
進路を煙突から大きく北に向けて漕ぐが、なかなか本来の予定の航路に行かない
しかもあと10km地点くらいから向かい風が強くなってきた。
2016年06月11日 17:41撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しかもあと10km地点くらいから向かい風が強くなってきた。
向かい風のため時速4〜5キロ、ひどい時は3キロ以下で風に苦しめられる。
2016年06月11日 18:05撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
向かい風のため時速4〜5キロ、ひどい時は3キロ以下で風に苦しめられる。
1
往路出発の時の風なのか、どうも川内川から吹き出してきているように見える。山の上にある風力発電のプロペラが勢いよく回っている。
2016年06月11日 18:58撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
往路出発の時の風なのか、どうも川内川から吹き出してきているように見える。山の上にある風力発電のプロペラが勢いよく回っている。
2時間以上、風と格闘してやっと唐浜の堤防にたどり着く
2016年06月11日 19:20撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2時間以上、風と格闘してやっと唐浜の堤防にたどり着く
午後7時20分、振り向けばもう日没だ。
2016年06月11日 19:21撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
午後7時20分、振り向けばもう日没だ。
堤防に入ったら風が収まった。
やっぱり川内川から風が吹き出しているのだろうか・・・
これがいつもの事なら、唐浜から甑島への往復は向かないだろう、潮目もいくつか見たので、大潮の時は余計に難しい航路になるかもしれない、今回一度きりの感想なので確信は持てないが、川内川河口の風が慢性的なものであるなら、もっと別な出艇場所にした方がよいかもしれない。
2016年06月11日 19:23撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堤防に入ったら風が収まった。
やっぱり川内川から風が吹き出しているのだろうか・・・
これがいつもの事なら、唐浜から甑島への往復は向かないだろう、潮目もいくつか見たので、大潮の時は余計に難しい航路になるかもしれない、今回一度きりの感想なので確信は持てないが、川内川河口の風が慢性的なものであるなら、もっと別な出艇場所にした方がよいかもしれない。
午後7時半、唐浜漁港に到着
2016年06月11日 19:35撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
午後7時半、唐浜漁港に到着
往路4時間、復路5時間半、ギリギリ日没に間に合った。
往路があまりに順調に行ったので、復路は潮に少し流されたり、川内川河口の風に翻弄されたりして時間がかかってしまったものの、おおむね上手くいったかな
2016年06月11日 19:38撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
往路4時間、復路5時間半、ギリギリ日没に間に合った。
往路があまりに順調に行ったので、復路は潮に少し流されたり、川内川河口の風に翻弄されたりして時間がかかってしまったものの、おおむね上手くいったかな
3
午後8時前にはカヤックをカートップ
2016年06月11日 19:46撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
午後8時前にはカヤックをカートップ
1
腹が減ったのでラーメン屋を探して阿久根市まで車を走らせ、やっと見つけたラーメン屋でとんこつ注入!
約58キロ漕いだ疲れが吹き飛びました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
腹が減ったのでラーメン屋を探して阿久根市まで車を走らせ、やっと見つけたラーメン屋でとんこつ注入!
約58キロ漕いだ疲れが吹き飛びました。
1

感想/記録
by jomon

4月に櫻島を1周した折に、鹿児島ローカルカヤッカーY先生より甑島にカヤックで行きませんかのお誘い、初めての海域なのでY先生とご一緒する前に偵察に行ってきました。
小潮で風もない予報で、出発場所は火力発電所の煙突がランドマークの唐浜漁港、
甑島はフェリーの発着場がある里港、あわよく甑島にたどりついても帰りに海が荒れた場合は、カヤックをフェリーに積めるようにカヤックカートを持っていきましたが、幸い天候に恵まれ、甑島まで27キロは余裕で漕破、復路も2/3にほどはベタ凪の中を進みましたが、唐浜から10キロ地点から向かい風に合い、風と格闘すること2時間以上、ヘトヘトになりながらたどり着けました。
始めての海なので解りませんが、川内川から吹き出す風が慢性的なものであれば、この本土の出発地を少し考慮したほうがいいでしょう、あと航路の延長線上に発生する潮目は大潮の時は障害になるかもしれません、潮の流れも小潮ながら侮れませんでした。
今回は天候に助けられた海峡横断でしたが、黒潮を彷彿させる群青の海と、甑島の引き込まれそうな透明度の海に泳ぐ魚の姿はすばらしかったです。
海の情報を頂いたAさんに感謝です。ありがとうございました。
訪問者数:250人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

GPS
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ