ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 897645 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走尾瀬・奥利根

渇水の利根川源流の状況は

日程 2016年05月28日(土) [日帰り]
メンバー Nighthawk250
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
六日町インターで降りて、三国川ダム湖の最上流にある駐車スペースに停車し向かいました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち83%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間35分
休憩
40分
合計
7時間15分
S林道入口駐車場06:0009:15丹後山避難小屋09:3009:30丹後山09:45利根川水源碑10:00大水上山10:1010:25利根川水源碑10:4010:55丹後山11:00丹後山避難小屋13:15林道入口駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
休憩は適宜
コース状況/
危険箇所等
丹後山〜大水上山までの道中に2か所ほど積雪がありました。それ以外はすべて夏道でした。
その他周辺情報下山後はさくり温泉健康館で汗を流し、農家レストラン上田の郷で魚沼コシヒカリをおなかいっぱい食べました。
http://www.moegien.jp/?page_id=54
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

駐車場には登山カードを入れるボックスが配置されています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場には登山カードを入れるボックスが配置されています。
柵の隙間から登山道に入ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
柵の隙間から登山道に入ります。
ところどころ道は荒れています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ところどころ道は荒れています。
橋が見えたらやっと登山道にたどり着きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋が見えたらやっと登山道にたどり着きます。
分岐がありますが登山道はまだ先です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐がありますが登山道はまだ先です。
登山道にたどり着くまで駐車場から40分ぐらいかかりました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道にたどり着くまで駐車場から40分ぐらいかかりました。
ウォーミングアップも終わりいよいよ登り始めます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウォーミングアップも終わりいよいよ登り始めます。
登り始めから急登が続きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り始めから急登が続きます。
山の生物はアリといいナメクジといい、なぜか大きい気がします。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山の生物はアリといいナメクジといい、なぜか大きい気がします。
1
登山道は急です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道は急です。
1合ごとに道標があります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1合ごとに道標があります。
ひたすら登り2合目。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひたすら登り2合目。
相変わらずひたすら急登です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
相変わらずひたすら急登です。
見上げれば鬱蒼とした雑木林。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見上げれば鬱蒼とした雑木林。
たまに展望が開けます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
たまに展望が開けます。
木に標高が彫ってありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木に標高が彫ってありました。
遠くに目指す山頂が見えました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠くに目指す山頂が見えました。
植生も雑木林から笹が占有してきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
植生も雑木林から笹が占有してきました。
下界も開けてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下界も開けてきました。
7合目に来ると山頂までの道が見えてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7合目に来ると山頂までの道が見えてきました。
最後の登りも急です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の登りも急です。
岩場もあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場もあります。
8合目からの展望は開けています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8合目からの展望は開けています。
巻機山が見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巻機山が見えます。
竜胆でしょうか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
竜胆でしょうか?
目指す場所はあのあたりです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目指す場所はあのあたりです。
シラネアオイが咲いていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シラネアオイが咲いていました。
笹一色になったら山頂までもう少しです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹一色になったら山頂までもう少しです。
1,800m程度の標高とは思えない景色・植生は豪雪地の山だからでしょうか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1,800m程度の標高とは思えない景色・植生は豪雪地の山だからでしょうか?
もう少しで山頂です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう少しで山頂です。
雪も見えてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪も見えてきました。
避難小屋が見えてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
避難小屋が見えてきました。
避難小屋で一休みしました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
避難小屋で一休みしました。
かなり立派ですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かなり立派ですね。
丹後山の山頂は展望もイマイチでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丹後山の山頂は展望もイマイチでした。
遠くに中ノ岳が見えます。稜線は大分水嶺になっており右が太平洋に流れる群馬県側、左が日本海に流れる新潟県側です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠くに中ノ岳が見えます。稜線は大分水嶺になっており右が太平洋に流れる群馬県側、左が日本海に流れる新潟県側です。
やっと目的地に辿り着きました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと目的地に辿り着きました。
雪はあるものの少なめでしょうか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪はあるものの少なめでしょうか?
この雪はすべて利根川の水源です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この雪はすべて利根川の水源です。
水源碑のあたりに残された水源です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水源碑のあたりに残された水源です。
日本海側に流れ込む水源(雪)はほとんどないです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日本海側に流れ込む水源(雪)はほとんどないです。
下には登り口の三国川ダムが見えます。利根川の水源には日本海側から向かった方が便がいいですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下には登り口の三国川ダムが見えます。利根川の水源には日本海側から向かった方が便がいいですね。
群馬県の最北端、大水上山まできました。「つる舞う形の群馬県」の左翼の先端に立ちました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
群馬県の最北端、大水上山まできました。「つる舞う形の群馬県」の左翼の先端に立ちました。

感想/記録

 今年は雪が少ないということで、渇水の不安もあるという話を耳にしたので、利根川の水源の状況を見に行ってきました。
 
 天気の良い予報だったので思い切って日帰りでチャレンジしました。雪が少ないとはいえ、登山道は例年であれば雪があるようですが、今年は前述のとおり雪がないようなので、かんじき、軽アイゼンは持たずにチャレンジです。

 利根川の水源とは言いつつも、アプローチは日本海側からが便がいいとのことで、三国川ダムの奥からアプローチです。

 登山口に入るとしばらく平坦な林道が続きますが、登り始めた途端に急登がひたすら続き、無心になって登るったところ、3時間半程度で丹後山まで着きました。ここの避難小屋で軽食を取りつつ休憩しました。

 群馬県と新潟県の県境であり、大分水嶺にもなっている稜線を大水上山まで向かいます。この稜線上の最高地点に利根川源流の石碑があります。

 初めての訪問でしたが、思いの外雪は少なく、渇水が心配されました。

 せっかくなので10分ほど足を伸ばし、群馬県の最北端、大水上山山頂まで行き、「つる舞う形の群馬県」の左翼に思いを馳せました。

 だいぶ疲れていたのですが、下りも黙々と2時間半程度で一気に下りてきました。

 降りた後はさくり健康館で温泉に入り、少し離れた農家レストラン「上田の郷」で魚沼コシヒカリをおなかいっぱいたべてから帰路につきました。

 今年が深刻な渇水にならないようお祈りしています。
訪問者数:224人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ