ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 897677 全員に公開 ハイキング飯豊山

奥胎内ヒュッテ〜大石山〜頼母木山 往復

日程 2016年06月11日(土) [日帰り]
メンバー taishoya
天候曇り、晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
奥胎内ヒュッテまでの道は、この日の約1週間前から開通したようで、ヒュッテ前まで車で入ることができました。
朝の5時20分くらいに着きましたが、その時点でヒュッテ手前の道路わきの駐車スペースはほぼ満車状態でした。
ヒュッテの近くにトイレがあります。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特に危険というところは無いと思いますが、痩せ尾根の部分が多く、崩れかけてトラバースする感じになっていたり、狭い石の上を歩いたりとありますが、そういう部分にはつかまるロープが設置されています。
ブナや松の木の根が階段状になった急傾斜の部分が結構あり、不規則で段差が大きい部分もあって、これが一番堪えたと思います。普通に歩きやすい道よりはかなり疲れると思われます。
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

写真

奥胎内ヒュッテ前から歩き始めます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥胎内ヒュッテ前から歩き始めます。
ヒュッテ前は立派な車道ですが、一般車は通行止め。
ダム建設関連の工事用車両等は通行しています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒュッテ前は立派な車道ですが、一般車は通行止め。
ダム建設関連の工事用車両等は通行しています。
自転車で登山口に向かう人も。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
自転車で登山口に向かう人も。
ここを右に行くとダムの工事現場のようです。
登山口はまっすぐ砂利道の方に進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここを右に行くとダムの工事現場のようです。
登山口はまっすぐ砂利道の方に進みます。
色づき始めのエゾアジサイ(?)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
色づき始めのエゾアジサイ(?)
登山口が見えてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口が見えてきました。
はじめは緩やかなブナ林ですが、距離はわずか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
はじめは緩やかなブナ林ですが、距離はわずか。
木の根が階段状になった急登が始まります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木の根が階段状になった急登が始まります。
松の木の間から飯豊連峰が見えてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
松の木の間から飯豊連峰が見えてきました。
1
ガクウラジロヨウラク
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガクウラジロヨウラク
2
こんな箇所もあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな箇所もあります。
1
「滝見場」から見えた滝。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「滝見場」から見えた滝。
色合いが少し違います。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
色合いが少し違います。
2
カタクリが咲いているところもありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カタクリが咲いているところもありました。
オオバキスミレ?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オオバキスミレ?
3
残雪の上を歩く箇所も。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
残雪の上を歩く箇所も。
1
ツバメオモト
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツバメオモト
2
ウラジロヨウラク?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウラジロヨウラク?
1
サラサドウダン
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
サラサドウダン
1
ヒメサユリはもう少し。咲いている株は見ませんでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒメサユリはもう少し。咲いている株は見ませんでした。
3
アカモノ。少なかったです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アカモノ。少なかったです。
1
大石山に着きました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大石山に着きました。
1
大石山から見たえぶり差岳。小屋も小さく見えています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大石山から見たえぶり差岳。小屋も小さく見えています。
2
ウズラバハクサンチドリ?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウズラバハクサンチドリ?
3
キバナノコマノツメ?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キバナノコマノツメ?
1
ベニサラサドウダン?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ベニサラサドウダン?
1
ハクサンチドリ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンチドリ
1
ツマトリソウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツマトリソウ
2
オオカメノキ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オオカメノキ
ミツバツチグリ?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミツバツチグリ?
1
頼母木避難小屋です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頼母木避難小屋です。
2
シラネアオイ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シラネアオイ
1
イイデリンドウとは花びらの形が違うようですが?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イイデリンドウとは花びらの形が違うようですが?
3
頼母木山山頂です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頼母木山山頂です。
5
ハクサンイチゲ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンイチゲ
2
ハクサンコザクラは終盤。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンコザクラは終盤。
2
頼母木山と地神山の間の鞍部。ここで引き返しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頼母木山と地神山の間の鞍部。ここで引き返しました。
1
ヒナウスユキソウ?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒナウスユキソウ?
4
イワイチョウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワイチョウ
2
ミツバオウレン
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミツバオウレン
2
頼母木小屋前から見たえぶり差岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頼母木小屋前から見たえぶり差岳。
3
頼母木小屋脇のトイレが使える状態なのか見てみたら、自転車のようなものが。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頼母木小屋脇のトイレが使える状態なのか見てみたら、自転車のようなものが。
ゴゼンタチバナ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴゼンタチバナ
1
色の淡いサラサドウダン。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
色の淡いサラサドウダン。
1
ツクバネウツギ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツクバネウツギ
1
午後からの方が、山がはっきりと見えるようになりました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
午後からの方が、山がはっきりと見えるようになりました。
1
ガクウラジロヨウラク
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガクウラジロヨウラク
1
カタクリとオオバキスミレ?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カタクリとオオバキスミレ?
1
ナルコユリでしょうか?何故か花が上向きについてます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナルコユリでしょうか?何故か花が上向きについてます。
1
これはヒュッテと登山口の間の枯れ木。ツルアジサイで覆われています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これはヒュッテと登山口の間の枯れ木。ツルアジサイで覆われています。
ヒュッテ前に戻ってくると、営業が始まっていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒュッテ前に戻ってくると、営業が始まっていました。
2

感想/記録

毎週のように眺めていた飯豊連峰ですが、自分の体力・脚力では難しいと思って今まで敬遠していました。それではいつまでたっても行くことができないと思い、今回ほんの端っこですが行ってみることにしました。

新潟市からなら、近い登山口は奥胎内かなと思い、また奥胎内ヒュッテまでの道が開通したというレコも挙がっていたので、奥胎内ヒュッテからまずは大石山まで行き、余力があれば頼母木小屋あたりまでと思って出かけました。ハクサンイチゲの見事な群落の写真がレコに挙がっていたのも大きかったです。

時間的には思っていたよりもかからなかったですが、木の根の階段の急登の連続には参りました。登っている途中から左足のふくらはぎの筋が痛くなってきて、途中で引き返した方がいいかもと思いましたが、痛みはあっても歩けない痛さではなかったので、歩き続けることができました。

大石山から少し進んだあたりのハクサンイチゲは、すでに散っている株が多かったので残念に思い、もっと咲いているところはないかと思って歩いている途中、反対側から歩いてきた人に聞いて見ると、頼母木山の少し先にそれらしい花が咲いていたと聞いたので、その辺りまで行ってみると、終盤という感じではありましたが、結構咲いていたので、帰りのこともあるのでそこで引き返すことにしました。

下りのときも、木の根の階段と、何箇所かの上り返しと暑さにやられて、よれよれの状態でしたが、なんとか無事に戻ることができました。
訪問者数:268人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/6/16
投稿数: 211
2016/6/16 22:24
 はじめまして
taishoyaさん、こんにちは

時間は少し違いますが、おんなじ感じのルートでしたね
頼母木避難小屋手前辺りでスライドしましたかね?
10時すぎると地神山方面に低い雲がかかり、ちょっと残念でしたが
とりあえずチングルマが見れたので良かったです。

頼母木山お疲れ様でした
登録日: 2011/6/23
投稿数: 24
2016/6/17 0:07
 Re: はじめまして
mikumikuさん コメントありがとうございます。

本当にお疲れでした。自分の体力・脚力不足を改めて感じました。
いつも花目当てで歩いているので、ハクサンイチゲは少し残念でしたが、他にいろいろと見ることができて、満足しました。特に印象に残ったのは、小さなウスユキソウでした。

昨日まで足の痛みがありましたが、今日はほぼ立ち直り、懲りずにまた行きたいと思いはじめています。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ