ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 897822 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走谷川・武尊

佐武流山〜苗場山の周回。笹薮を泳ぐ

日程 2016年06月12日(日) [日帰り]
メンバー kussenx
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
駐車場はありませんが、登山口付近の路肩にスペースあり
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち79%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
11時間10分
休憩
13分
合計
11時間23分
Sスタート地点04:5705:18エラクボ林道出会05:35檜俣川林道分岐05:3605:57檜俣川渡渉地点分岐06:07檜俣川渡渉地点06:41物思平06:4207:20ワルサ峰07:44西赤沢源頭07:4507:52坊主平07:5308:20佐武流山08:2408:48坊主平08:53西赤沢源頭11:05赤倉山11:0612:38苗場神社12:53苗場山12:5713:36龍ノ峰16:20ドロノキ平登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
本文でも述べますが、佐武流山から赤倉山まではヤブコキの連続。場合によっては背丈以上の笹が生い茂っている中を通っていく感じでキツいです。
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

写真

長野県栄村和山地区にある佐武流山登山口より本日は登山スタート(5:00)
2016年06月12日 04:45撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長野県栄村和山地区にある佐武流山登山口より本日は登山スタート(5:00)
2
すぐに林道にぶつかり、林道をしばらく進みます。
2016年06月12日 05:25撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐに林道にぶつかり、林道をしばらく進みます。
1
時折標識あり。この後、再び林道と別れ登山道に入り込みます。
2016年06月12日 05:36撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時折標識あり。この後、再び林道と別れ登山道に入り込みます。
2
有名な渡渉ポイント。この渡渉のために沢靴まで持ってきたのですが、結論から云うと、トレランシューズでも水に浸かることなく渡れました。クソ
2016年06月12日 06:06撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
有名な渡渉ポイント。この渡渉のために沢靴まで持ってきたのですが、結論から云うと、トレランシューズでも水に浸かることなく渡れました。クソ
6
物思平に到着(6:40)。
この登山道は山岳ボランティアの方々が3年の月日を掛けて作ったが、ここを基地とした時に「果たして登山道が完成するのだろうか?」という物思いにふけったことから「物思平」としたのだとか。
2016年06月12日 06:40撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
物思平に到着(6:40)。
この登山道は山岳ボランティアの方々が3年の月日を掛けて作ったが、ここを基地とした時に「果たして登山道が完成するのだろうか?」という物思いにふけったことから「物思平」としたのだとか。
3
見えてきました佐武流山。
2016年06月12日 07:08撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見えてきました佐武流山。
3
西赤沢源頭に到着(7:44)。苗場山と佐武流山の分岐。とりあえずは佐武流山へ向かいます。
2016年06月12日 07:44撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西赤沢源頭に到着(7:44)。苗場山と佐武流山の分岐。とりあえずは佐武流山へ向かいます。
2
ボランティアの方々が作った登山道は全然問題なし。
2016年06月12日 08:04撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ボランティアの方々が作った登山道は全然問題なし。
2
そんでもって佐武流山に到着(8:22)。
自身、日本200名山、25座目となりました。
2016年06月12日 08:22撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そんでもって佐武流山に到着(8:22)。
自身、日本200名山、25座目となりました。
8
佐武流山山頂から見た赤倉山・苗場山。
さて、先ほどの西赤沢源頭に戻り、赤倉山・苗場山を目指します。
2016年06月12日 08:22撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
佐武流山山頂から見た赤倉山・苗場山。
さて、先ほどの西赤沢源頭に戻り、赤倉山・苗場山を目指します。
3
なんだか、登山道が薄くなってきた。イやな予感。
2016年06月12日 08:59撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんだか、登山道が薄くなってきた。イやな予感。
3
再度、赤倉山を眺める。
2016年06月12日 08:59撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再度、赤倉山を眺める。
3
土舞台に到着(9:24)。テント場として使われるみたいです。
2016年06月12日 09:24撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
土舞台に到着(9:24)。テント場として使われるみたいです。
2
ぎょえーーー。なんじゃこりゃ、身長以上にある笹藪やんけ。強硬突破していくも、ゴールが見えない。道なき道。合っているのかわからず。そんな笹薮がずーーーと続く。
2016年06月12日 09:48撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ぎょえーーー。なんじゃこりゃ、身長以上にある笹藪やんけ。強硬突破していくも、ゴールが見えない。道なき道。合っているのかわからず。そんな笹薮がずーーーと続く。
5
ナラズ山に到着(9:59)。ヤブコギきつかった。。。。
しかし
2016年06月12日 09:59撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナラズ山に到着(9:59)。ヤブコギきつかった。。。。
しかし
3
まだまだ続くのよね。さすがに身長以上の笹薮は少なくなったがそれでも、道がわかりずらい。何となく踏みあとっぽいところを進んでいく。きついよぉ。。。
2016年06月12日 09:59撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだまだ続くのよね。さすがに身長以上の笹薮は少なくなったがそれでも、道がわかりずらい。何となく踏みあとっぽいところを進んでいく。きついよぉ。。。
3
赤倉山に到着(11:05)。ヤブコギきつかった。。。
山と高原地図には普通に実線で書いてあり、ヤブコギがあるなんて一言も書いてないぞ。聞いてないよ。
2016年06月12日 11:05撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤倉山に到着(11:05)。ヤブコギきつかった。。。
山と高原地図には普通に実線で書いてあり、ヤブコギがあるなんて一言も書いてないぞ。聞いてないよ。
2
ちなみに赤倉山は展望なし。
2016年06月12日 11:05撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちなみに赤倉山は展望なし。
2
赤倉山から苗場山の区間は何の問題もない登山道。
2016年06月12日 12:18撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤倉山から苗場山の区間は何の問題もない登山道。
2
苗場山が見えてきました。
2016年06月12日 11:53撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苗場山が見えてきました。
2
途中から木道。
尾瀬っぽい。
2016年06月12日 12:28撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中から木道。
尾瀬っぽい。
3
苗場神社に到着(12:37)。
ヤブコギを道迷いすることなく脱出できたことを神様に感謝。
2016年06月12日 12:37撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苗場神社に到着(12:37)。
ヤブコギを道迷いすることなく脱出できたことを神様に感謝。
3
途中雪あり。別にアイゼンはいりません。
2016年06月12日 12:45撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中雪あり。別にアイゼンはいりません。
2
ようやく、苗場山に到着(12:55)。
日本百名山70座目となりました。
2016年06月12日 12:55撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく、苗場山に到着(12:55)。
日本百名山70座目となりました。
9
苗場山頂ヒュッテです。
2016年06月12日 12:59撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苗場山頂ヒュッテです。
2
さ〜て、下山開始。
スタート地点の和山へ向かいます。
2016年06月12日 13:08撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さ〜て、下山開始。
スタート地点の和山へ向かいます。
1
下山ルートは余裕がなくて写真を撮れず。急な下り坂の連続あり、雪あり、渡渉ありと続いて河原に到着。けっこうしんどかった。
2016年06月12日 15:37撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山ルートは余裕がなくて写真を撮れず。急な下り坂の連続あり、雪あり、渡渉ありと続いて河原に到着。けっこうしんどかった。
2
林道を歩いていきます。
2016年06月12日 15:41撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道を歩いていきます。
2
下山。栃川温泉に出る(15:49)
2016年06月12日 15:49撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山。栃川温泉に出る(15:49)
3
ここからは国道405号線をひたすら歩いて、スタート地点の佐武流山登山口へ向かいます。
2016年06月12日 15:50撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからは国道405号線をひたすら歩いて、スタート地点の佐武流山登山口へ向かいます。
2
登山口へ到着。ちなみに停まっているいる車(シエンタ)は当方の車です。
これにて登山終了。お疲れ様でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口へ到着。ちなみに停まっているいる車(シエンタ)は当方の車です。
これにて登山終了。お疲れ様でした。
3

感想/記録

登山歴5年の当方にとって、今までにキツかった山行は
1、日光白根山(登山靴の不具合によりキツかった)
2、奥穂高岳(上高地〜岳沢経由。日帰りにしたためキツかった)

この2つの山行は忘れる事のできないキツかった山行であったのだが、今回の佐武流山〜苗場山の山行は上記2山行よりも、自分の中ではキツい山行でございました。
本当にしんどかった。

佐武流山までは普通の登山。渡渉があることがわかっていたので、沢靴を用意して、濡れてもいいように半ズボンでタイツもはかず、ナマ足を出しての恰好が逆にわざわい。

ナマ足なので、ヤブコギはナマ足に刺さって刺さって痛い痛い。ただしそんなことはどーでも良い。
ヤブコギというよりも身長より高い笹の中を泳いでいる感じ。踏みあとなんかあったのかなぁ?何にせよ、上に上に向かって、笹薮の中を泳いでナラズ山まで到着。
ナラズ山からは何となくある踏みあとを辿ってさらにヤブコギ。そんでもって赤倉山に到着。

赤倉山にかなり年配のパーティーがテント泊装備で逆に佐武流山へ向かう様子。このパーティーの方と少し話「5年の登山歴しかないけど、一番キツかった」と話したら
「ナマ足じゃぁきついでしょ」と言われる。このパーティーはヤブコギになることを最初っからわかっている様子でした。

当方としては、山と高原地図には実線で書かれているし、ヤブコギなんてことは書かれていなかったので「地図に騙された」気分。

苗場山からの下山ルートはすでにへとへとになっているのに、急な下り坂でロープを使う個所多数。疲れた体にはさらにこたえました。

そんなこんなで長い行程を経て、日帰りにて100名山・200名山を1座ずつピークハントできたことは、今後の経験値として生かせるだろうか。
しかし、ヤブコギは本当にキツイ。。。
訪問者数:908人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/9/23
投稿数: 393
2016/6/30 7:55
 はじめまして、こんにちは
kussenxさん、お初です。ニイガタ在住のosamu310といいます。
「ヤマケイ」なんかで見てこのサブル〜苗場、気になってたのですが。やっぱりコレ、走れるとこは走ってます?
自分、ヤブは苦にしないのですが走れるかって言うと…(^_^;)
だいたいの歩:走の比率なんか覚えていたら、教えてくださいませ。
登録日: 2013/8/1
投稿数: 21
2016/6/30 20:44
 走ってはおりません
osamu310さん
コメントありがとうございます。
この山行に関しては、走ると心臓が痛かった事もおり、走っておりません。
しかし、すごいですね。ヤブを苦にしないとは。
当方は二度とヤブはごめんだ!と思っております。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ