ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 898313 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走白馬・鹿島槍・五竜

爺ヶ岳東尾根

日程 2016年04月29日(金) 〜 2016年05月01日(日)
メンバー tachibanagunah, その他メンバー5人
天候晴れ・曇
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
その他周辺情報大町温泉郷 薬師の湯
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]
2016年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 冬山一般
共同装備 冬山一般

写真

4/29(一日目)
鹿島山荘
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4/29(一日目)
鹿島山荘
鹿島山荘裏の槇有恒さん揮毫の石碑が登り口である。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿島山荘裏の槇有恒さん揮毫の石碑が登り口である。
いきなりの急登である。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いきなりの急登である。
急登を終えても藪漕ぎが待っていた。ヤブを透かして見えるのはジャンクションピーク(JP)か。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登を終えても藪漕ぎが待っていた。ヤブを透かして見えるのはジャンクションピーク(JP)か。
ブッシュを踏みつけ、かき分け登る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブッシュを踏みつけ、かき分け登る。
P1,P2,P3。うんざりするほど藪漕ぎしてきたがP3まで、まだまだ藪漕ぎが続きそうだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P1,P2,P3。うんざりするほど藪漕ぎしてきたがP3まで、まだまだ藪漕ぎが続きそうだ。
それでもときおり雪面を登れるようになる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
それでもときおり雪面を登れるようになる。
P3到着。P2までは大変そう。またいいテン場があるかな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P3到着。P2までは大変そう。またいいテン場があるかな?
さらに登る気力なく、テント設営。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに登る気力なく、テント設営。
4/30(二日目)
頭の黒いのがP2.その背後にちょっとだけ見えるのがP1。正面が爺ヶ岳中峰、右が北峰。さあ、出発。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4/30(二日目)
頭の黒いのがP2.その背後にちょっとだけ見えるのがP1。正面が爺ヶ岳中峰、右が北峰。さあ、出発。
今日は、雪の上を歩ける。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は、雪の上を歩ける。
とはいっても、まだまだ手強い木登りもある。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とはいっても、まだまだ手強い木登りもある。
爺ヶ岳北峰から派生する冷尾根の向こうに白い鹿島槍ヶ岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
爺ヶ岳北峰から派生する冷尾根の向こうに白い鹿島槍ヶ岳。
背後にP3,JPが見える。ここまででも十分長い東尾根。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
背後にP3,JPが見える。ここまででも十分長い東尾根。
P2への登り。雪の少なさが実感できるでしょう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P2への登り。雪の少なさが実感できるでしょう。
P2を越え、ようやくP1が姿を現す。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P2を越え、ようやくP1が姿を現す。
尾根筋から離れないようにしながら、P1への雪面を登る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根筋から離れないようにしながら、P1への雪面を登る。
P1到着。道標の背後は蓮華岳、針の木岳、スバリ岳、赤沢岳、鳴沢岳と後立山連峰から裏銀座へとつながる山々。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P1到着。道標の背後は蓮華岳、針の木岳、スバリ岳、赤沢岳、鳴沢岳と後立山連峰から裏銀座へとつながる山々。
P1からの爺ヶ岳。左から南峰、中峰、北峰。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P1からの爺ヶ岳。左から南峰、中峰、北峰。
P1からの爺ヶ岳中峰への最後の登り。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P1からの爺ヶ岳中峰への最後の登り。
爺ヶ岳中峰到着。
朝の好天もこの頃は雲が多くなり、風も冷たい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
爺ヶ岳中峰到着。
朝の好天もこの頃は雲が多くなり、風も冷たい。
南峰下に種池小屋。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南峰下に種池小屋。
北に目を転ずれば、コルの上に冷池山荘、背後に鹿島槍。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北に目を転ずれば、コルの上に冷池山荘、背後に鹿島槍。
5/1(三日目)
還暦を過ぎた爺は、爺ヶ岳で満足。他メンバーは鹿島槍往復のため出発。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5/1(三日目)
還暦を過ぎた爺は、爺ヶ岳で満足。他メンバーは鹿島槍往復のため出発。
鹿島槍往復メンバーを見送った後の冷池山荘とテン場。だいぶ視界が悪い。
鹿島槍往復メンバーが出発してしばらくすると、猛烈な雷鳴。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿島槍往復メンバーを見送った後の冷池山荘とテン場。だいぶ視界が悪い。
鹿島槍往復メンバーが出発してしばらくすると、猛烈な雷鳴。
悪天で、鹿島槍を諦める。テントを撤収。背後の山荘が見えなくなっている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
悪天で、鹿島槍を諦める。テントを撤収。背後の山荘が見えなくなっている。
強風に翻弄されながら、赤岩尾根への分岐(トラバースルート)着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
強風に翻弄されながら、赤岩尾根への分岐(トラバースルート)着。
トラバースルート最初は明瞭。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トラバースルート最初は明瞭。
東側に回りこんだら視界もなくルートが分からない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東側に回りこんだら視界もなくルートが分からない。
逡巡するうち、かろうじて看板を発見したのと、単独の人が上がってきて、なんとかルートが判明。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
逡巡するうち、かろうじて看板を発見したのと、単独の人が上がってきて、なんとかルートが判明。
痩せ尾根を下り、平坦地で一息つく。テントも張れそうだったので高千穂平と思っていたら少し上だったようで、その後下り始めたら標識が立っていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
痩せ尾根を下り、平坦地で一息つく。テントも張れそうだったので高千穂平と思っていたら少し上だったようで、その後下り始めたら標識が立っていた。
高千穂平から、年寄りはよたよたと下り登山口に降り立った。雪があるときは西沢出合あたりから取り付くようであるが、今回は北股本谷側の堰堤下のトンネルをとおり、対岸に出た。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高千穂平から、年寄りはよたよたと下り登山口に降り立った。雪があるときは西沢出合あたりから取り付くようであるが、今回は北股本谷側の堰堤下のトンネルをとおり、対岸に出た。
林道をたどる。
出合で電波が通じタクシーを手配できたが、林道の途中で携帯通話可能箇所の看板があった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道をたどる。
出合で電波が通じタクシーを手配できたが、林道の途中で携帯通話可能箇所の看板があった。
大谷原到着。
大谷原では通じなかったので、タクシーの手配には注意が必要である。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大谷原到着。
大谷原では通じなかったので、タクシーの手配には注意が必要である。

感想/記録

特に雪の少ないシーズンでP2を過ぎてもブッシュに苦闘した。GWに登る場合は注意を要する。
訪問者数:176人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ