ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 898533 全員に公開 トレイルラン日光・那須・筑波

日光白根山 湯元登山口→菅沼登山口

日程 2016年06月12日(日) [日帰り]
メンバー nekora, その他メンバー10人
天候くもり
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち65%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間25分
休憩
1時間12分
合計
8時間37分
Sスタート地点08:5308:58湯元温泉登山口08:5909:24堰堤・分岐10:44外山鞍部10:5611:19天狗平11:47前白根山11:5312:09避難小屋分岐12:20五色沼避難小屋12:5614:44奥白根山14:4615:56弥陀ヶ池16:1117:30ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 防寒着 日よけ帽子 着替え ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 ハイドレーション 地図(地形図) コンパス 計画書 GPS ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト カメラ

写真

感想/記録
by nekora

6月12日(日)
関東以北最高峰の日光白根山に登ってきました。
ほとんど走らなかったので、ハイキングということで(笑)

梅雨入りしてしまい、天気がどうなることやらとヒヤヒヤしてたけど
雨は降らずに、まずまずのお天気で(^^)

中禅寺湖1周の時と同様に
朝7時にJR宇都宮駅&東武宇都宮集合
車数台に分乗して、いざスタート地点の日光湯元へ!
なんと今回は11名の大所帯チーム!

湯元の駐車場に車を停め、各自準備後
8:50 日光湯元(1480m)スタート

ポストに登山届を提出後、スキー場登り
すでに暑い!!

五色沼避難小屋にて昼食。
人馴れしている鹿の親子?がうろうろ

この時点で、予定より行程が遅れていたので
白根山山頂を目指すチームと、ここから下山するチームに
別れるという考えもあったのだが
相談の結果、全員で白根山山頂まで登り
そこから予定コースを変更
全員で丸沼高原側に降りるというルートへ変更。

チームを分けるのではなく
出来る限り、チーム一丸となって協力しあって進む。
自然とそのような流れになるこのチーム、最高ですわ(^^)

ただ、ここで大きな判断ミスをやらかしていたわけで(^^;)

白根山の最後の登り道 キツイです!
さすが2000m以上の世界
空気が薄い!ような気がする。

五色沼の美しさが疲れを、ちょっとだけ癒やしてくれます。

山頂は目の前。ここでひと休憩。絶景です!
後は山頂を目指すのみ!

14:44 日光白根山(2578m)登頂!!

ここから丸沼高原側へ降りるのだが
バスの時刻をみたら・・・

やらかした(^^;)
最終時刻を勘違いしてた!
このペースでは最終バスに間に合わない(´;ω;`)
山頂で緊急ミーティング

結果、チーム2つに分けることに。
一つは一番近い登山口、菅沼登山口へ下山
もう一つは、今登ってきた道をピストンで湯元まで下山。
湯元から車で菅沼登山口へ行き
菅沼登山口に下山したメンバーをピックアップ。

私はガイド役として菅沼登山口チームへ。
湯元チームはダッシュで駆け下りていきました。

菅沼チームはいろいろ
楽しみながらゆっくりと菅沼登山口へ

17:30 菅沼登山口(1760m)到着

下山してみたら
湯元チームが先に着いて待ってました(笑)

この梅雨時期にもかかわらず雨にも降られず
一番の目標「全員で登頂!」を無事達成できたし
湯元チームの帰りのダウンヒルも存分に楽しんでいたようですし
菅沼チームもゆっくり自然を楽しめたし、いい山行でした。

さて、次回は梅雨明けだな。
どこを企画しようかな〜

距離:約11.3km
累積標高:約1200m
消費カロリー:約3500kcal
訪問者数:469人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ