ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 898755 全員に公開 ハイキング奥秩父

梅雨の合間にプチ縦走☆乾徳山から西沢渓谷

日程 2016年06月17日(金) [日帰り]
メンバー zzzin
天候晴れ○
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
【駐車場】
・乾徳山登山口バス停の近くに無料駐車場があります。キャパは15台くらいだと思います。

【バス】
・西沢渓谷から乾徳山登山口まで戻るのに使用しました。1日6便ほど走ってますが、時間の都合がよいのは15:10発か16:25発。 私は「道の駅みとみ」から乗りました。

↓詳細
市営バス 西沢渓谷線
http://www.city.yamanashi.yamanashi.jp/citizen/guide/house/traffic/bus.html


経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち72%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間32分
休憩
58分
合計
10時間30分
S乾徳山登山口バス停05:0305:13乾徳山登山口(道満尾根ルート)05:1506:05道満山06:0607:36月見岩07:4307:50扇平07:5108:24髭剃岩08:2708:48乾徳山08:4909:07水ノタル09:0809:41笠盛山09:4210:30大ダオ分岐10:3110:32黒金山10:5511:16牛首ノタル11:1713:41西沢渓谷終点13:4814:01七つ釜五段の滝14:0314:44三重ノ滝14:4514:52二俣吊橋14:5315:00徳ちゃん新道登山口15:0315:04近丸新道登山口15:0515:23西沢渓谷駐車場15:2415:31道の駅みとみ15:33ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
【コース状況】
・乾徳山の山頂付近の岩場は注意が必要。
・乾徳山から西沢渓谷への縦走路は、トレースは明瞭ですが倒木が多く(おそらくあえて残している)、また登山道まで草木もはみ出ていることから若干歩きにくいですが、問題になるレベルではありません。
・シャクナゲは奇跡的に1箇所だけ咲いてました。
その他周辺情報・道の駅みとみが西沢渓谷入口から歩いていける距離にあります。ここにもバス停があるのでバス待ちにはかなり便利。ご飯や軽食は16:00ラストオーダーみたいです。
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

写真

ガス・ガス・ガス
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガス・ガス・ガス
水も滴るいいサラサドウダン
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水も滴るいいサラサドウダン
3
なんだかずっと凝視されました(笑)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんだかずっと凝視されました(笑)
4
ツツジはここだけだったかな。もっと早く来るべきでした〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツツジはここだけだったかな。もっと早く来るべきでした〜
3
扇平に到着すると嘘みたいにガスが晴れ、最初の目的地をやっと視認!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
扇平に到着すると嘘みたいにガスが晴れ、最初の目的地をやっと視認!
7
ちょっと引き気味でパシャリ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと引き気味でパシャリ
5
本日はなかなか見ごたえのある雲海です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日はなかなか見ごたえのある雲海です
5
かわいい女の子がぶら下がってました。この天気は彼女のおかげ??
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かわいい女の子がぶら下がってました。この天気は彼女のおかげ??
1
頭の雲もだいたい取れました。やっぱりいつ見てもいいね、富士山☆
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頭の雲もだいたい取れました。やっぱりいつ見てもいいね、富士山☆
5
山頂直下の鎖場。今日はなんだかパワーもなく、いいイメージが描けなかったので珍しくパス。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂直下の鎖場。今日はなんだかパワーもなく、いいイメージが描けなかったので珍しくパス。
2
2016!!!こちらは北峰で、標高が今年の西暦と一緒!!!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2016!!!こちらは北峰で、標高が今年の西暦と一緒!!!
1
乾徳山のゴツゴツと富士山のコラボ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乾徳山のゴツゴツと富士山のコラボ
7
黒金山にも登頂!!!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒金山にも登頂!!!
2
新緑の国師ヶ岳、そしてその左の隙間から。。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新緑の国師ヶ岳、そしてその左の隙間から。。。
2
金峰山五丈岩!!!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金峰山五丈岩!!!
3
こちらは甲武信ヶ岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは甲武信ヶ岳
6
待ってくれていたアズマシャクナゲ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
待ってくれていたアズマシャクナゲ
5
本当にここだけ残ってくれていました。ほかの場所は完全に花は落ちてましたね。ありがたや。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本当にここだけ残ってくれていました。ほかの場所は完全に花は落ちてましたね。ありがたや。
4
やっと西沢渓谷まで下りてきました。トロッコっぽいものを見るとダッシュ島を思い浮かべてしまう(笑)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと西沢渓谷まで下りてきました。トロッコっぽいものを見るとダッシュ島を思い浮かべてしまう(笑)
2
これぞ自然の造形美
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これぞ自然の造形美
13
カエル岩。ゲコゲコ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カエル岩。ゲコゲコ。
3
それにしても本当に濃いブルーです。美しい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
それにしても本当に濃いブルーです。美しい。
3
西沢山荘は閉鎖中。でもかなり状態がよいです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西沢山荘は閉鎖中。でもかなり状態がよいです
1

感想/記録
by zzzin

全国的にも好天が予想される6/18に先駆けて、ずっと行こうと思っていた乾徳山にやっと行ってきました。しかし結果としては満足いく登山であったものの、シャクナゲやツツジなどはやはり全盛期とは程遠いものに。。。

ただ、アズマシャクナゲが奇跡的に一か所だけ咲き残ってました。まるで私を待っていたかのよう。ありがとう!

乾徳山や黒金山の登山でよかったことは『ギャップ』でしょうか。基本的には樹林帯歩きがメインなので、眺望もなく、体力トレーニングに近いものがありますが、乾徳山途中の扇平でいきなり周りが開けて、さらにこの日は朝方はガスがかっていたのですが、それもちょうど晴れ、目の前に乾徳山ピークや富士山が広がる様はすごい興奮しました。そりゃ月見岩に登って小休憩もしちゃいます(笑)

あとは黒金山も登山途中はあまり眺望が開けてないのですが、山頂北側半分がガレ場で開けていて、そこからの国師ヶ岳や甲武信ヶ岳、さらにちょこっと見える金峰山の五丈岩など、奥秩父縦走路の峰々が眼前に広がる素晴らしい眺望。そしてもちろんここからも見える富士山。最高でした。

下山は西沢渓谷へ。ここの景観も素晴らしく、水は深い深いブルー。そして七つ釜五段の滝です。まさに自然の造形美。なんであんな美しい形に自然となれるんでしょうか。意外と渓谷歩きが長くて疲れましたが、かなり満足いくものでした。紅葉も多かったので、秋がすごい混雑していそうです。

あとは道の駅みとみで時間をつぶして、バスで乾徳山登山口へ戻って終了〜
訪問者数:385人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ