ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 898800 全員に公開 ハイキング中国山地西部

(オオヤマレンゲは終盤)猿政山

日程 2016年06月17日(金) [日帰り]
メンバー kinako_2016
天候曇りのち晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
松江自動車道の高野ICから、県道39号、国道432号、県道110号を走り、途中の分岐から未舗装の毛無俵原林道に入り、2.5km進んだところに、登山口があります。
駐車は、登山口から更に、30m程度進んだところに、10台程度駐車できる広場があります。
林道は、非舗装で、凹凸が有ります、乗用車での進入も可能ですが、出来れば、車高の高い車で行くことをお勧めします。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
1時間42分
休憩
13分
合計
1時間55分
S猿政山俵原林道登山口09:1910:15猿政山10:2611:10猿政山俵原林道登山口11:1211:14ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
コースの殆どは、笹床に生えるブナ林の、稜線を歩くルートです
ルート上の急傾斜箇所、2箇所ロープが張られています。
降雨時期には、スリップの恐れがありますが、ロープを利用して、慎重に進めば、問題ないでしょう
この時期は、虫が多いので、虫除け対策も必要です
その他周辺情報奥出雲そばを堪能しました
沢山のお店がありますので、お好みのお店をチョイスして楽しんでください。
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック カメラ

写真

登山口から30m程度上部にある広場、10台以上駐車可能です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口から30m程度上部にある広場、10台以上駐車可能です
1
林道の法面に取り付けてある登山口
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道の法面に取り付けてある登山口
1
笹床にブナ林が生える稜線伝いに登山道が付いています
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹床にブナ林が生える稜線伝いに登山道が付いています
2
急斜面の場所には、ロープがあります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急斜面の場所には、ロープがあります
1
島根県側の登山口へ至る分岐です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
島根県側の登山口へ至る分岐です
1
猿政山の山頂手前に咲いていたオオヤマレンゲです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
猿政山の山頂手前に咲いていたオオヤマレンゲです
3
猿政山の山頂から少し西側に下った場所に咲いていたオオヤマレンゲです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
猿政山の山頂から少し西側に下った場所に咲いていたオオヤマレンゲです
1

感想/記録

今季のオオヤマレンゲは、そろそろ終盤の季節ということで、見納めに中国山地の猿政山へ出かけました。登山口は、路面は良くないものの、林道を利用すれば、頂上へは約1時間で到着できる、庄原市高野町上湯川を利用しました。
オオヤマレンゲの木は、頂上少し手前と頂上から少し西側へ下ったところに、10本程度あります、花は最終盤を迎え、10輪ほどの残り花が綺麗に咲いており、蕾も少しありました。
十分楽しめましたが、殆どの花は終わり、見頃は過ぎていました。今週末で花も終わりの感じです。
下山後は、奥出雲の横田そばを堪能しました。沢山のお店がありますので、お好みの味を求めて食べ歩きを楽しめます。仁多米のおむすびもお勧めです。
訪問者数:245人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

林道 ブナ 法面
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ