ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 899105 全員に公開 ハイキング御在所・鎌ヶ岳

国見岳、御在所岳、鎌ヶ岳周回(国見尾根、馬の背尾根)

日程 2016年06月18日(土) [日帰り]
メンバー patho
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
鈴鹿スカイライン(国道477号)の蒼滝トンネル西の駐車場を利用しました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち51%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間50分
休憩
1時間6分
合計
6時間56分
S御在所岳裏道国道入口04:3205:02藤内小屋05:0306:08ゆるぎ岩06:1006:10天狗岩06:1606:27石門06:3106:31国見岳06:41国見峠06:44ハンバーガー岩06:58御在所山 一等三角点07:0507:20天指岩07:37武平峠07:3808:24鎌ヶ岳08:4908:52岳峠08:5409:05カズラ谷分岐09:12白ハゲ09:1309:18馬ノ背尾根分岐10:22湯ノ峰10:2910:59馬の背尾根登山口11:0411:17御在所岳裏登山道1合目11:1911:21蒼滝不動11:2411:28御在所岳裏道国道入口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
[裏道〜国見尾根]
裏道は特に問題なし。国見尾根は、道ははっきりしてますが、何せ急登の連続です。今の時期は木々の葉が邪魔にはなりますが、藤内壁の眺めは特筆ものです。
[国見岳〜御在所岳〜鎌ヶ岳]
県境稜線で、特に問題ありません。
相変わらずの溝道はあんまり好きではありません。
[鎌ヶ岳〜岳峠〜カズラ谷道分岐]
県境稜線といっても最初の下りは特に急ですので転落等に注意。岳峠〜分岐は急な下りや砂の乗った岩があります。やはりスリップに注意してください。
[分岐〜白ハゲ〜馬の背尾根]
白ハゲは急下降の上、砂と岩です。スリップ注意してください。ルートは、踏み跡とテープに注意してください。全線でテープはたくさんありますし、踏み跡もはっきりしています。ただし、尾根が分岐するようなところは勢いで行かないで、地図で確認かテープを探してください。案外、下り利用では支尾根に紛らわしいのがあります。
テープが無いようなら、すぐに踏み跡、地図の確認を。
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

写真

駐車場からトンネル内を歩きます。
2016年06月18日 04:29撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場からトンネル内を歩きます。
1
裏道登山口です。
2016年06月18日 04:33撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
裏道登山口です。
3
天気には恵まれそうです。
2016年06月18日 04:35撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天気には恵まれそうです。
4
藤内小屋の振り返り。
2016年06月18日 05:08撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
藤内小屋の振り返り。
3
国見尾根入口。
2016年06月18日 05:08撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
国見尾根入口。
1
岳不動さんへの道は通行止め。
2016年06月18日 05:57撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岳不動さんへの道は通行止め。
有名なゆるぎ岩、天狗岩。
登ってみたいけど、自分には無理ですね。
2016年06月18日 06:11撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
有名なゆるぎ岩、天狗岩。
登ってみたいけど、自分には無理ですね。
6
県境稜線に合流。
2016年06月18日 06:29撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
県境稜線に合流。
1
国見岳到着。
2016年06月18日 06:31撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
国見岳到着。
3
山頂から御在所岳。
2016年06月18日 06:32撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から御在所岳。
4
イブネ、クラシ。やっぱ、いいなあ。
2016年06月18日 06:33撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イブネ、クラシ。やっぱ、いいなあ。
2
国見峠。
2016年06月18日 06:44撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
国見峠。
2
下にはいわゆるハンバーガー岩
2016年06月18日 06:46撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下にはいわゆるハンバーガー岩
正面奥が、スキー場の鞍部。
2016年06月18日 06:46撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正面奥が、スキー場の鞍部。
1
御在所岳三角点。
2016年06月18日 07:00撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御在所岳三角点。
7
鎌ヶ岳。
2016年06月18日 07:11撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎌ヶ岳。
5
武平峠。
2016年06月18日 07:40撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
武平峠。
2
雨乞岳。
2016年06月18日 07:48撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨乞岳。
3
鎌ヶ岳山頂。暑い。
2016年06月18日 08:31撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎌ヶ岳山頂。暑い。
7
キララ峰方向。しかし日向は暑い。
今の時間なら岳峠側のガレ場がたぶん日陰。向かいます。
そこで大休憩。
2016年06月18日 08:33撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キララ峰方向。しかし日向は暑い。
今の時間なら岳峠側のガレ場がたぶん日陰。向かいます。
そこで大休憩。
1
岳峠手前。
古典的な連絡方法(大声で叫ぶ)を用いていた若者たちと出会う。
自分の学生時代を思い出して、とても懐かしく、愉快に。
「イトウ君」は無事山頂につけたのでしょうか?でも「イトウ君」は休憩中の僕の目の前で返事もできず、ちょっと恥ずかしそうに笑っていました。発信者は尾根を下降した直後にお会いしました。明るい青年たちです。
2016年06月18日 08:55撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岳峠手前。
古典的な連絡方法(大声で叫ぶ)を用いていた若者たちと出会う。
自分の学生時代を思い出して、とても懐かしく、愉快に。
「イトウ君」は無事山頂につけたのでしょうか?でも「イトウ君」は休憩中の僕の目の前で返事もできず、ちょっと恥ずかしそうに笑っていました。発信者は尾根を下降した直後にお会いしました。明るい青年たちです。
4
カズラ谷道の分岐。
だんだん崩れていく、と思っていたら左に巻きができていました。
2016年06月18日 09:07撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カズラ谷道の分岐。
だんだん崩れていく、と思っていたら左に巻きができていました。
白ハゲ。
馬の背尾根。
2016年06月18日 09:15撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白ハゲ。
馬の背尾根。
3
右手には雲母峰。
この雰囲気も好きです。
2016年06月18日 09:15撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右手には雲母峰。
この雰囲気も好きです。
3
道ははっきりしてますが、国見尾根と違って、登下降を細かく繰り返します。
2016年06月18日 09:34撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道ははっきりしてますが、国見尾根と違って、登下降を細かく繰り返します。
1
湯の峰到着。
鎌では比較的マイナーなルートといえども、鎌ヶ岳を「下から登った」感の強いコースなので、7−8名の登山者と高校(?)のワンゲル2パーティーが登ってみえました。
でも、ここの登りは長いよ。
2016年06月18日 10:25撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湯の峰到着。
鎌では比較的マイナーなルートといえども、鎌ヶ岳を「下から登った」感の強いコースなので、7−8名の登山者と高校(?)のワンゲル2パーティーが登ってみえました。
でも、ここの登りは長いよ。
3
登山口到着です。
ここから遊歩道です。
蒼滝大橋、トンネル方向へは三岳寺方面へ。
2016年06月18日 11:06撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口到着です。
ここから遊歩道です。
蒼滝大橋、トンネル方向へは三岳寺方面へ。
2
社の向かって左側が遊歩道の入り口。
2016年06月18日 11:11撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
社の向かって左側が遊歩道の入り口。
3
裏道登山道1合目から登り返します。
ここからが今日一番キツイ。
2016年06月18日 11:19撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
裏道登山道1合目から登り返します。
ここからが今日一番キツイ。
2
蒼滝大橋下です。周回終了です。
ヘビの日向ぼっこ。
2016年06月18日 11:38撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蒼滝大橋下です。周回終了です。
ヘビの日向ぼっこ。
7

感想/記録
by patho

天気は文句無しになりそうな予報でしたが、結構な降雨量があったはずなので、渡渉しなくてもいいところを考えてました。
先週、県境稜線からみた国見尾根に行きたくなったんですが、暑いのに あの急登はいかがなものか? 結局、早い時間帯で大方の登りを済ませようと、少々無理して早出しました。とはいっても、やはり暑いものは暑いです。
訪問者数:488人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ