ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 899269 全員に公開 ハイキング尾瀬・奥利根

富士見下より昼場まで戻ってアヤメ平

日程 2016年06月18日(土) [日帰り]
メンバー onenoboru
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち63%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間9分
休憩
1時間19分
合計
8時間28分
Sスタート地点05:2005:42十二曲り05:4406:08田代原06:22馬洗渕06:34元休憩所06:3506:59アヤメ平下07:19冨士見小屋07:4407:47富士見峠08:47昼場・標高1550m08:5010:37富士見峠10:3810:41冨士見小屋10:46富士見田代(尾瀬原分岐)10:4910:53セン沢田代11:03アヤメ平11:2411:35セン沢田代11:38富士見田代(尾瀬原分岐)11:44冨士見小屋11:5812:12アヤメ平下12:1312:31元休憩所12:3312:44馬洗渕12:4513:00田代原13:0113:25十二曲り13:2913:48ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・富士見下(バス停)・富士見小屋のトイレ利用できます。
・危険個所ありません
・八木沢新道を下り見晴十字路まで足を延ばす予定でしたが、
 昼場で戻る(標高1550地点)
・時間が十分あるので先週と同じアヤメ平まで行って来ました。
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

写真

富士見下無料駐車場・お馴染みの出発ゲート・トイレは徒歩で3〜5分下ったバス停にあります。
2016年06月18日 05:18撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士見下無料駐車場・お馴染みの出発ゲート・トイレは徒歩で3〜5分下ったバス停にあります。
平坦な田代原に着くたび何故か解放感に浸る
2016年06月18日 06:07撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平坦な田代原に着くたび何故か解放感に浸る
富士見小屋までに二ヶ所の水場があるので助かる。ここは二ヶ所めの富士見小屋直下
2016年06月18日 07:17撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士見小屋までに二ヶ所の水場があるので助かる。ここは二ヶ所めの富士見小屋直下
時間が早いのか閑散としていた。
2016年06月18日 07:22撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時間が早いのか閑散としていた。
富士見峠・これから初めての八木沢新道を下ります。不安と期待が交差する。富士見小屋トイレ入口に"静かな尾瀬を取り戻す為、鈴の自粛にご協力を"とあるが、ここはクマ除けにジャラジャラ鈴を鳴らした。何度か目撃されているようだ。
2016年06月18日 07:47撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士見峠・これから初めての八木沢新道を下ります。不安と期待が交差する。富士見小屋トイレ入口に"静かな尾瀬を取り戻す為、鈴の自粛にご協力を"とあるが、ここはクマ除けにジャラジャラ鈴を鳴らした。何度か目撃されているようだ。
大分、下ったと思ったが、まだ先が長いなぁ〜 少し下ると十字路から登って来た方と出会う。一緒に戻ろうかと迷ったが、もう少し先に歩を進めた。
2016年06月18日 08:05撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大分、下ったと思ったが、まだ先が長いなぁ〜 少し下ると十字路から登って来た方と出会う。一緒に戻ろうかと迷ったが、もう少し先に歩を進めた。
富士見峠から約1時間の下りで “昼場” に着いた。標識に見晴十字路まで3.2kとあった。あと50分位・・・急に気が抜けた。あれこれ迷ったが結局ここで戻ることにした。
2016年06月18日 08:47撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士見峠から約1時間の下りで “昼場” に着いた。標識に見晴十字路まで3.2kとあった。あと50分位・・・急に気が抜けた。あれこれ迷ったが結局ここで戻ることにした。
遠くに燧が観えたが感動は無い。気を取直し2.5k先の富士見峠を目指す。
2016年06月18日 08:50撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠くに燧が観えたが感動は無い。気を取直し2.5k先の富士見峠を目指す。
皿伏山の稜線
2016年06月18日 10:20撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
皿伏山の稜線
富士見小屋に戻った。ハイカーで賑わっていました。
2016年06月18日 10:39撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士見小屋に戻った。ハイカーで賑わっていました。
富士見田代の地塘。かぜ強く水面が揺れる。
2016年06月18日 10:47撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士見田代の地塘。かぜ強く水面が揺れる。
人気のアヤメ平休憩所・展望良く休憩するのに最高の場所です。まるでテーブルの上を歩いているようです。
2016年06月18日 11:02撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
人気のアヤメ平休憩所・展望良く休憩するのに最高の場所です。まるでテーブルの上を歩いているようです。
4
遠く至仏と抜ける様な青い空!いいなぁ
2016年06月18日 11:07撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠く至仏と抜ける様な青い空!いいなぁ
5
休憩所の脇に咲く?
2016年06月18日 11:10撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
休憩所の脇に咲く?
1
富士見小屋の青い屋根・この辺りも好きな景色だ!
2016年06月18日 11:33撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士見小屋の青い屋根・この辺りも好きな景色だ!
1
アヤメ平下で見かけた白樺かな・・・あまりの白さに思わず触れてしまった。
2016年06月18日 12:31撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アヤメ平下で見かけた白樺かな・・・あまりの白さに思わず触れてしまった。
今回も無事に戻りました。お疲れ
2016年06月18日 13:46撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回も無事に戻りました。お疲れ

感想/記録

・富士見下から尾瀬ヶ原の見晴十字路まで行き木道を1.6k歩き龍宮小屋
 から長沢を登り富士見下へ戻る計画で行動を開始した。

 八木沢新道を順調に下り標高1550m地点の昼場まで下った所で
見晴十字路まで3.2kの道標で足が止まり考え込んでしまった。
仮に、見晴十字路まで行き、そこから引き返せば十分に戻れる
と思ったが、急に弱音に成った。
結局、無理せずここで戻ることにした。
これで良いのだと自分に言いきかせ富士見小屋に戻った。

 余りに時間があるので、先週登ったアヤメ平に再び向かった。
先週と変わらず気持ちの良い所だ。
見晴十字路計画の憂さを晴らし下山の途に着いた。
訪問者数:221人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

水場 白樺 道標 木道
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ