ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 899284 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

槍ヶ岳〜南岳 3000mの稜線を行く

日程 2016年06月17日(金) 〜 2016年06月18日(土)
メンバー Ornetts
天候17日:雨〜曇り〜晴れ
18日:晴れ
アクセス
利用交通機関
バス
バス:新宿〜上高地

いつもは毎日アルペン号で上高地に行っていましたが、今回はさわやか信州号で向かいました。
さわやか信州号の方が席が広く、毛布がついていたりと良い印象でした。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち87%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

2日目
山行
9時間1分
休憩
51分
合計
9時間52分
槍ヶ岳山荘07:2207:29飛騨乗越07:53大喰岳07:5508:32中岳08:4409:40天狗原分岐09:4309:59南岳10:0110:14天狗原分岐10:2011:49天狗池11:5112:56槍沢・天狗原分岐13:0613:28槍沢大曲り14:06赤沢岩小屋(ババ平)14:0714:21槍沢ロッヂ14:2314:43二ノ俣14:51一ノ俣14:57槍見河原14:5815:29横尾 (横尾山荘)15:3616:11新村橋(パノラマ分岐)16:22徳澤園16:2417:05徳本口(徳本峠分岐)17:0617:14明神館17:14ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
今回のように残雪期の天狗原経由のルートはちょっと難易度高めかなっと感じました。
アイゼン、ピッケル使用したのはここだけ。
無雪期だったらおもしろいルートかも。
コース状況/
危険箇所等
南岳近くの天狗原下降点〜天狗原分岐はルート上の残雪が多く、アイゼン・ピッケルは必須です。
また、ルートファインディング能力も必要です。
雪もぐずっていてアイゼン・ピッケルが聞きにくいので要注意。
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ゲイター 日よけ帽子 着替え ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 飲料 ガスカートリッジ コンロ コッヘル ライター 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ ファーストエイドキット 日焼け止め 保険証 時計 サングラス ツェルト ストック ナイフ カメラ テント テントマット シェラフ

写真

スタート時は雨
2016年06月17日 05:38撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スタート時は雨
徳澤園はテントが1つだけ。
2016年06月17日 06:53撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
徳澤園はテントが1つだけ。
雨は降ったり止んだりを繰り返していました
2016年06月17日 07:32撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨は降ったり止んだりを繰り返していました
横尾もテントが1つだけ。
2016年06月17日 08:18撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横尾もテントが1つだけ。
すごいケルン。
2016年06月17日 08:58撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すごいケルン。
槍沢ロッヂ
2016年06月17日 09:32撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍沢ロッヂ
ババ平らもテントは1つだけ。
2016年06月17日 10:08撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ババ平らもテントは1つだけ。
雪渓上にマットがあったのでシュルンドを警戒しつつ・・・
2016年06月17日 11:28撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪渓上にマットがあったのでシュルンドを警戒しつつ・・・
登山道近くまで持ってきておいた。
2016年06月17日 11:31撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道近くまで持ってきておいた。
東側が天気が良くなった
2016年06月17日 11:57撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東側が天気が良くなった
2日目のために天狗原分岐を確認。
2016年06月17日 12:03撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2日目のために天狗原分岐を確認。
天狗原方面から天狗原分岐へのルートを確認。降りるとこ間違えると滝に出ちゃいそう。
2016年06月17日 12:13撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗原方面から天狗原分岐へのルートを確認。降りるとこ間違えると滝に出ちゃいそう。
ルート整備は十二分にされてありました。ありがたいことです。
2016年06月17日 12:51撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ルート整備は十二分にされてありました。ありがたいことです。
ヒュッテ大槍方面
2016年06月17日 13:29撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒュッテ大槍方面
殺生ヒュッテ。従業員の方がスコップ持って雪渓上のルート整備を行っていました。ありがとうございます。
2016年06月17日 14:06撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
殺生ヒュッテ。従業員の方がスコップ持って雪渓上のルート整備を行っていました。ありがとうございます。
穂先から2人降りてきますね。
2016年06月17日 14:58撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穂先から2人降りてきますね。
槍ヶ岳山荘。玄関は工事中。
2016年06月17日 15:01撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳山荘。玄関は工事中。
風は10m/s前後。雲が多いので、時折ガスったりしていました。
2016年06月17日 15:09撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風は10m/s前後。雲が多いので、時折ガスったりしていました。
山荘内でストーブに当たりながら天気とにらめっこ。
晴れそうなタイミングで槍の穂先へアタック。
2016年06月17日 15:41撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山荘内でストーブに当たりながら天気とにらめっこ。
晴れそうなタイミングで槍の穂先へアタック。
山頂から
2016年06月17日 16:02撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から
山頂から
2016年06月17日 16:06撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から
山頂から
2016年06月17日 16:07撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から
山頂から
2016年06月17日 16:07撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から
8ヶ月ぶりの槍の頂上(3180m)
2016年06月17日 16:08撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8ヶ月ぶりの槍の頂上(3180m)
小槍
2016年06月17日 16:11撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小槍
タイミングが悪いとこうなってしまう。
2016年06月17日 16:41撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タイミングが悪いとこうなってしまう。
2日目スタート。大喰岳へ
2016年06月18日 07:25撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2日目スタート。大喰岳へ
大喰岳頂上は広く、雪はあるものの危険箇所はなし。アイゼン等も不要。
2016年06月18日 07:51撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大喰岳頂上は広く、雪はあるものの危険箇所はなし。アイゼン等も不要。
大喰岳(3101m)
2016年06月18日 07:53撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大喰岳(3101m)
良い天気
2016年06月18日 07:53撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
良い天気
中岳へ向かいます。
2016年06月18日 08:00撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中岳へ向かいます。
中岳山頂間近。ハシゴが2本
2016年06月18日 08:31撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中岳山頂間近。ハシゴが2本
中岳(3084m)
2016年06月18日 08:38撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中岳(3084m)
なんで山頂にゴミが落ちてるんですかねぇ・・・
2016年06月18日 08:42撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんで山頂にゴミが落ちてるんですかねぇ・・・
南岳へ向かいます。ここはルートがわかりにくかった。
2016年06月18日 08:45撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南岳へ向かいます。ここはルートがわかりにくかった。
雪渓は避けて、岩場を迂回しました。
2016年06月18日 09:17撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪渓は避けて、岩場を迂回しました。
手前から、中岳、大喰岳、槍ヶ岳
2016年06月18日 09:24撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手前から、中岳、大喰岳、槍ヶ岳
天狗原
2016年06月18日 09:28撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗原
岩にクラックやホールドが十分あったので雪には足をおかずに通過。
2016年06月18日 09:34撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩にクラックやホールドが十分あったので雪には足をおかずに通過。
天狗原と南岳の分岐
2016年06月18日 09:40撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗原と南岳の分岐
天狗原下降点に荷物をデポ。南岳へ
2016年06月18日 09:43撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗原下降点に荷物をデポ。南岳へ
この時期でも雪屁が残ってるんですね
2016年06月18日 09:50撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この時期でも雪屁が残ってるんですね
南岳(3032m)。よく見ないとわからない
2016年06月18日 09:59撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南岳(3032m)。よく見ないとわからない
槍ヶ岳から南岳までの稜線は誰とも会いませんでした。独り占め!
2016年06月18日 09:59撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳から南岳までの稜線は誰とも会いませんでした。独り占め!
南岳小屋
2016年06月18日 10:00撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南岳小屋
天狗原下降点に戻り下ります。
2016年06月18日 10:23撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗原下降点に戻り下ります。
なんでゴミが落ちてるんですかねぇ・・・
2016年06月18日 10:26撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんでゴミが落ちてるんですかねぇ・・・
結構急でした。
2016年06月18日 10:26撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結構急でした。
どうしても雪渓をよけたルートがなかったのでアイゼン、ピッケルで慎重に降りました。
2016年06月18日 10:34撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どうしても雪渓をよけたルートがなかったのでアイゼン、ピッケルで慎重に降りました。
ここ怖かった。
2016年06月18日 10:54撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここ怖かった。
ここから左にいくと天狗原、まっすぐ行くと横尾尾根(バリエーション)
2016年06月18日 11:22撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから左にいくと天狗原、まっすぐ行くと横尾尾根(バリエーション)
ここから雪渓下り。雪はグズグズであまりアイゼンが効いていなかった気がした。
2016年06月18日 11:26撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから雪渓下り。雪はグズグズであまりアイゼンが効いていなかった気がした。
ルートミスして藪漕ぎを2回。新芽を傷付けてしまいましたゴメンナサイ。
2016年06月18日 12:00撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ルートミスして藪漕ぎを2回。新芽を傷付けてしまいましたゴメンナサイ。
最高の山行でした。
2016年06月18日 13:22撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最高の山行でした。
昨日のケルンは別の形に変わっていました。
2016年06月18日 14:51撮影 by NEX-C3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昨日のケルンは別の形に変わっていました。
撮影機材:

感想/記録

前回の山行から1ヶ月以上も開いてしまいました。
登山に対するモチベーションが下がっていて、個人的に今回の山行は今後登山を続ける上でとても重要なものでした。
体調が悪くなって大変でしたが良い山行ができて今後も登山が楽しめそうです。

【1日目】
【上高地BT〜横尾山荘】
予報では曇りでしたが、上高地についてみると雨でした。
昼ごろには天候が回復する予報だったので、レインウェア着てさっさと出発。
ルートは特筆すべきことはなし。
横尾山荘についてからもまだ雨だったので時間調整のため20分ほど休憩。

【横尾山荘〜ババ平(槍沢キャンプ地)】
特記事項はないです。
ババ平前に1つ雪渓がありましたが、アイゼン不要です。

【ババ平〜槍ヶ岳】
大曲過ぎくらいから夏道と雪渓のミックスって感じです。
雪渓を大きくトラバースするところや、ヒュッテ大槍分岐くらいからは、小屋の従業員がスコップでステップ切ってくれているのでアイゼン不要で歩きやすいです。
感謝です。
結局、槍の穂先までアイゼン不要でした。
天候もどうにか回復してまぁまぁの景色でした。

【夜営】
どうも行きのバスで風邪をもらったようです。
(前の席の人が明らかにそれでした。)
今まで経験したことの無い頭が割れるような頭痛に一晩中苦しみました。
夕食を作ることさえできなかったので、ゼリー飲料を2つ飲むのが限界。

【2日目】
【槍ヶ岳山荘〜南岳】
明朝、予定では5時に出発でしたが、まだ体調が悪いためシュラフにもぐっていました。
7時頃になって依然頭が痛いものの動けるようにはなったので、テントをしまい南岳へ。
このまま下山することも頭によぎりましたが、冒頭に記述したことや、誰にも合わず一人だけで3000mの稜線歩きは今しかできないことだったので少々無理をしてしまいました。
天気は晴天で、最高の稜線歩きができました。
南岳まででアイゼンは使用しませんでした。
ルートは明瞭で、危険箇所もありません。

【南岳〜天狗原下降点〜槍沢・天狗原分岐】
ここでアイゼンを使用しました。
横尾尾根上は結構急な道で、一部雪の残り方もやらしいので確実に下降する必要があります。
横尾尾根から天狗原への分岐にさえ来てしまえば、あとは雪渓をひたすら下るだけです。
天狗原を過ぎて槍沢へ合流するルートですが、間違えると滝に出てしまったりするので要注意です。トレースも期待できません。
また、雪渓はグズグズの雪なので崩れやすいです。

【槍沢・天狗原分岐〜明神館】
1日目に来た道を戻るだけなので特記事項はなし。
出発が2時間遅れたので、帰りのバスに間に合わず。
小梨平で幕営でもよかったのですが、体調不良や日中の気温上昇による夜間の放射冷却が明らかだったので無理せず明神館に泊まらせていただきました。
明神館のお風呂からは明神岳がドカンと見えるので良いですね!

【総評】
トラブルが多かったですが、とても価値ある山行ができました。
残雪期の金曜・土曜の日程だったのですが、1日目は槍ヶ岳山荘までで会った人は10人程度でした。
また、翌日は槍沢まで誰にも会いませんでした。
私は、人に干渉されず山で何を考えて感じて経験するかを重要視するので
今回はそれを最大限に行うことができて非常に満足しています。
やはり良いですね北アルプスは。
訪問者数:242人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ