ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 899325 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走塩見・赤石・聖

絶景南アルプス 烏帽子岳、前小河内岳、小河内岳

日程 2016年06月18日(土) [日帰り]
メンバー QuincyBow
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
国道152号線から村道へ入り鳥倉林道ゲートまで約30分、15.8km
7月下旬から8月末までは鳥倉登山バスが松川IC始発で運行されるようです。
バスですと鳥倉林道ゲートを入り鳥倉登山口まで行くことが出来ます。
片道2.8km歩く距離が短くなりますね。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち94%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
天気予報どおり終日晴天という絶好の登山日和でした。
この時期多少遠くが霞むのは仕方ないところですが、南アルプスの山々に加えて富士山も望むことが出来ました。
コース状況/
危険箇所等
登山ポストは鳥倉林道のゲート脇、登山口の両方にあります。
ゲート駐車場にトイレあります。
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ゲイター 予備靴ひも ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 常備薬 ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ナイフ カメラ ポール

写真

鳥倉林道ゲート
この手前に30台以上停められる駐車場があります。
区画の線も設置されています。
この朝4時半ころ到着したのですが、すでに20台以上停まっていました。
前の晩からの方もおられたようですし、前日登られた方の車もあったかもしれません。
2016年06月18日 15:42撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳥倉林道ゲート
この手前に30台以上停められる駐車場があります。
区画の線も設置されています。
この朝4時半ころ到着したのですが、すでに20台以上停まっていました。
前の晩からの方もおられたようですし、前日登られた方の車もあったかもしれません。
「雷鳥の生息環境を守るためペットの持ち込み禁止」と書かれています。
2016年06月18日 15:43撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「雷鳥の生息環境を守るためペットの持ち込み禁止」と書かれています。
ゲートから鳥倉林道登山口まで車道を歩きます。
最後の方は未舗装でした。
2016年06月18日 05:12撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゲートから鳥倉林道登山口まで車道を歩きます。
最後の方は未舗装でした。
ゲートから歩くこと2.8km、34分かかって登山口に到着。
塩見岳日帰りピストンの方のでしょうか、自転車が3台停められています。
私より少し先にゲートを出発した方も自転車でした。
2016年06月18日 05:18撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゲートから歩くこと2.8km、34分かかって登山口に到着。
塩見岳日帰りピストンの方のでしょうか、自転車が3台停められています。
私より少し先にゲートを出発した方も自転車でした。
南アルプスの成り立ちが説明されていますが、早く登山開始したい私は写真をメモ代わりにパチリ!
2016年06月18日 05:19撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南アルプスの成り立ちが説明されていますが、早く登山開始したい私は写真をメモ代わりにパチリ!
登山口にはこんな標識も・・。
2016年06月18日 05:19撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口にはこんな標識も・・。
三伏峠までこのような案内板が1/10〜9/10まで整備されています。結構励みになります(^^)
2016年06月18日 05:33撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三伏峠までこのような案内板が1/10〜9/10まで整備されています。結構励みになります(^^)
登山口から三伏峠小屋まで、私の遅い足でも2時間少々。この場所からは1時間半以内でした。
2016年06月18日 06:04撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口から三伏峠小屋まで、私の遅い足でも2時間少々。この場所からは1時間半以内でした。
梯子、階段(?)が現れました。
これから先もこんな感じ、足元に気を付けましょう。
2016年06月18日 06:13撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
梯子、階段(?)が現れました。
これから先もこんな感じ、足元に気を付けましょう。
ここから三伏峠の下あたりまでオサバグサの群生が見られるようになります。
2016年06月18日 06:24撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから三伏峠の下あたりまでオサバグサの群生が見られるようになります。
オサバグサのアップです。
2016年06月18日 06:24撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オサバグサのアップです。
2
読みにくい・・・。
どうやら三伏峠まであと1時間。
2016年06月18日 06:41撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
読みにくい・・・。
どうやら三伏峠まであと1時間。
水場です。
名前は「ほとけの清水」です。
2016年06月18日 06:43撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水場です。
名前は「ほとけの清水」です。
「ほとけの清水」冷たくておいしかった。
仏にはなりたくない・・・まだ。
2016年06月18日 06:43撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「ほとけの清水」冷たくておいしかった。
仏にはなりたくない・・・まだ。
中央アルプスです。
中央の大きく崩落している部分が百離淵。
そのすぐ左が南駒ケ岳、続いて仙崖嶺、少し離れて越百山と南越百山。
ナギの右は赤梛岳で、その右が先週登った空木岳。
2016年06月18日 07:03撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央アルプスです。
中央の大きく崩落している部分が百離淵。
そのすぐ左が南駒ケ岳、続いて仙崖嶺、少し離れて越百山と南越百山。
ナギの右は赤梛岳で、その右が先週登った空木岳。
3
塩川小屋へ通じる登山道は閉ざされています。
2016年06月18日 07:09撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塩川小屋へ通じる登山道は閉ざされています。
ゴゼンタチバナですね。
2016年06月18日 07:25撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴゼンタチバナですね。
ここから数えながら歩いたのですが、すれ違い方とあいさつしたらわからなくなってしまいました。
おおむね200歩は間違いないです。(^^)
2016年06月18日 07:30撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから数えながら歩いたのですが、すれ違い方とあいさつしたらわからなくなってしまいました。
おおむね200歩は間違いないです。(^^)
到着です。
全体の山行の中で、ここまでがきつかったので、この後は楽に感じました。
2016年06月18日 07:33撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
到着です。
全体の山行の中で、ここまでがきつかったので、この後は楽に感じました。
三伏峠小屋に到着です。
2016年06月18日 07:37撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三伏峠小屋に到着です。
2
ここにテント場があります。
帰りには数張テントが見られました。
ここまで登るのは結構きついですが、ここをベースキャンプにするのもいいと思いました。
2016年06月18日 07:38撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここにテント場があります。
帰りには数張テントが見られました。
ここまで登るのは結構きついですが、ここをベースキャンプにするのもいいと思いました。
三伏峠
こんな立派な看板があります。
2016年06月18日 07:39撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三伏峠
こんな立派な看板があります。
1
ここでは塩見岳へ進むルートも烏帽子岳、荒川岳へ向かうルートも一緒ですね。
2016年06月18日 07:39撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここでは塩見岳へ進むルートも烏帽子岳、荒川岳へ向かうルートも一緒ですね。
左に進めば塩見岳、左に進めば目指す小河内岳方面
いずれ塩見岳方面にも行きたいですね。
2016年06月18日 07:43撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左に進めば塩見岳、左に進めば目指す小河内岳方面
いずれ塩見岳方面にも行きたいですね。
水場には寄らずに烏帽子岳方面に進みます。
2016年06月18日 07:47撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水場には寄らずに烏帽子岳方面に進みます。
この柵はなんのため?
高山植物の食害防止??
三伏峠から登ってきた道を振り返っています。
2016年06月18日 07:52撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この柵はなんのため?
高山植物の食害防止??
三伏峠から登ってきた道を振り返っています。
先の写真の柵の中に、まだ花の咲かないコバイケイソウとともにこのきれいに咲かせたシナノキンバイがたくさん見られました。
2016年06月18日 08:00撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先の写真の柵の中に、まだ花の咲かないコバイケイソウとともにこのきれいに咲かせたシナノキンバイがたくさん見られました。
2
ミツバオウレン
2016年06月18日 08:09撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミツバオウレン
コイワカガミ
ハイマツ帯の登山道の脇に多く見られて目を楽しませてくれました。
2016年06月18日 08:14撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コイワカガミ
ハイマツ帯の登山道の脇に多く見られて目を楽しませてくれました。
1
烏帽子岳山頂手前から望む中央アルプス
やや霞んでいます。
中央の崩落は百離淵、すぐ左が南アルプス、その左に仙崖嶺少し離れてゆるやかなピーク二つは越百山、南越百山ですね。百離淵のすぐ右は赤梛岳、その次が空木岳、あと熊沢岳、檜尾岳でしょう。
2016年06月18日 08:32撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
烏帽子岳山頂手前から望む中央アルプス
やや霞んでいます。
中央の崩落は百離淵、すぐ左が南アルプス、その左に仙崖嶺少し離れてゆるやかなピーク二つは越百山、南越百山ですね。百離淵のすぐ右は赤梛岳、その次が空木岳、あと熊沢岳、檜尾岳でしょう。
中央アルプスを望んでいます。
中央が千畳敷で宝剣岳も見えています。
2016年06月18日 08:33撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央アルプスを望んでいます。
中央が千畳敷で宝剣岳も見えています。
これから向かう烏帽子岳です。
烏帽子へ続く登山道。
2016年06月18日 08:33撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから向かう烏帽子岳です。
烏帽子へ続く登山道。
3
烏帽子岳山頂に到達。
左に塩見岳が雄大に望めます。
塩見岳と重なるようにちょっとだけ見える農鳥岳、左に間ノ岳、北岳、甲斐駒ケ岳、仙丈岳。
2016年06月18日 08:40撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
烏帽子岳山頂に到達。
左に塩見岳が雄大に望めます。
塩見岳と重なるようにちょっとだけ見える農鳥岳、左に間ノ岳、北岳、甲斐駒ケ岳、仙丈岳。
3
これから向かう前小河内岳、小河内岳、奥に荒川三山(東岳(悪沢岳)、中岳、前岳)。
2016年06月18日 08:43撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから向かう前小河内岳、小河内岳、奥に荒川三山(東岳(悪沢岳)、中岳、前岳)。
1
小河内岳山頂付近をよく見ると赤い屋根の避難小屋がみえてちょっといい感じ。
避難小屋のバックは赤石岳、それとも聖岳?
2016年06月18日 08:43撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小河内岳山頂付近をよく見ると赤い屋根の避難小屋がみえてちょっといい感じ。
避難小屋のバックは赤石岳、それとも聖岳?
1
富士山見えてます(^^)
2016年06月18日 08:53撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山見えてます(^^)
2
塩見岳、奥に蝙蝠岳。
2016年06月18日 08:56撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塩見岳、奥に蝙蝠岳。
2
バラ科のミヤマキンバイですね。
2016年06月18日 09:05撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バラ科のミヤマキンバイですね。
1
ハクサンチドリです。
2016年06月18日 09:07撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンチドリです。
2
振り返ると烏帽子岳はこんな感じです。
2016年06月18日 09:17撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると烏帽子岳はこんな感じです。
3
イチリンハクサンイチゲでしょうか。
同定に自信なし。
ハクサンイチゲより全体に小ぶりです。
2016年06月18日 09:29撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イチリンハクサンイチゲでしょうか。
同定に自信なし。
ハクサンイチゲより全体に小ぶりです。
1
前小河内岳の山頂です。
控えめな山頂標識です。
右手ハイマツの上に塩見岳が見えていますよ。
2016年06月18日 09:41撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前小河内岳の山頂です。
控えめな山頂標識です。
右手ハイマツの上に塩見岳が見えていますよ。
富士山ばっちり見えてます。
2016年06月18日 09:43撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山ばっちり見えてます。
塩見岳
2016年06月18日 09:43撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塩見岳
遠く甲斐駒ケ岳ズームしてみましたが、白い山頂付近が特徴的ですね。
2016年06月18日 09:43撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠く甲斐駒ケ岳ズームしてみましたが、白い山頂付近が特徴的ですね。
1
小河内岳山頂を望んでいます。
2016年06月18日 09:45撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小河内岳山頂を望んでいます。
ハクサンイチゲと思われます。
2016年06月18日 09:48撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンイチゲと思われます。
2
ミヤマキンポウゲ
花弁の光沢がきれいです。
里に生えるウマノアシガタに似ていますね。
2016年06月18日 09:58撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマキンポウゲ
花弁の光沢がきれいです。
里に生えるウマノアシガタに似ていますね。
1
さあもう少しです。
2016年06月18日 10:09撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さあもう少しです。
1
キバナシャクナゲ、大きな群生は見られませんでしたが登山道脇に続いて生えています。
2016年06月18日 10:16撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キバナシャクナゲ、大きな群生は見られませんでしたが登山道脇に続いて生えています。
ヒメイチゲ
2016年06月18日 10:20撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒメイチゲ
ミネザクラ(タカネサクラ)ですね。
2016年06月18日 10:21撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミネザクラ(タカネサクラ)ですね。
1
富士山は見飽きない・・・ということで(^^)
2016年06月18日 10:27撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山は見飽きない・・・ということで(^^)
避難小屋の案内標識。
小河内山山頂は高山浦避難小屋方面です。
小河内山避難小屋方面は避難小屋で行きどまりです。
2016年06月18日 10:31撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
避難小屋の案内標識。
小河内山山頂は高山浦避難小屋方面です。
小河内山避難小屋方面は避難小屋で行きどまりです。
今来た前小河内岳、烏帽子岳を振り返っています。
前小河内岳の背後はもちろん塩見岳。
2016年06月18日 10:35撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今来た前小河内岳、烏帽子岳を振り返っています。
前小河内岳の背後はもちろん塩見岳。
1
避難小屋のぞいてみました。
途中ですれ違った方は、昨晩ここに泊まられて御来光をご覧になったそうです。
そういえば富士山と御来光の位置はどうなんだろう。
2016年06月18日 10:37撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
避難小屋のぞいてみました。
途中ですれ違った方は、昨晩ここに泊まられて御来光をご覧になったそうです。
そういえば富士山と御来光の位置はどうなんだろう。
小河内岳2802m
標識すぐ右手前が烏帽子岳つづいて前小河内岳、前小河内岳の後ろが塩見岳、背後の山は左から仙丈岳、甲斐駒ヶ岳、北岳、間ノ岳。
2016年06月18日 11:11撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小河内岳2802m
標識すぐ右手前が烏帽子岳つづいて前小河内岳、前小河内岳の後ろが塩見岳、背後の山は左から仙丈岳、甲斐駒ヶ岳、北岳、間ノ岳。
山頂から望む富士山と避難小屋
2016年06月18日 10:51撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から望む富士山と避難小屋
山頂から荒川岳の雄大な姿を望んでいます。
左から東岳(悪沢岳)中岳、前岳、そのやや背後に雪をまだ残す赤石岳、その奥に聖岳。
2016年06月18日 10:52撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から荒川岳の雄大な姿を望んでいます。
左から東岳(悪沢岳)中岳、前岳、そのやや背後に雪をまだ残す赤石岳、その奥に聖岳。
3
北を望んでいるが、大きく崩落面が見える稜線の左端のピークのすぐ奥に見えるグリーンがゴルフ場ではなくて黒川牧場。
黒川牧場続きで右のピークが二つ見えるのが二児山。
二児山の手前が左から笹山、入山。
2016年06月18日 10:54撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北を望んでいるが、大きく崩落面が見える稜線の左端のピークのすぐ奥に見えるグリーンがゴルフ場ではなくて黒川牧場。
黒川牧場続きで右のピークが二つ見えるのが二児山。
二児山の手前が左から笹山、入山。
1
富士山ズームしてみました。
いくら見ても見飽きないですね。
この後雲がかかり始めるので、こんなにみられて幸せ!!
2016年06月18日 11:12撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山ズームしてみました。
いくら見ても見飽きないですね。
この後雲がかかり始めるので、こんなにみられて幸せ!!
2
さあ、塩見岳や南アルプスの山々も撮り納にしますか・・(^^)
2016年06月18日 11:13撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さあ、塩見岳や南アルプスの山々も撮り納にしますか・・(^^)
2
ミヤマハタザオ
小さな花ですが、アブラナ科の特徴十字状花で分かりやすい。
2016年06月18日 11:53撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマハタザオ
小さな花ですが、アブラナ科の特徴十字状花で分かりやすい。
2
チシマアマナ
2016年06月18日 11:54撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チシマアマナ
イワヒバリです。
数羽で群れていて名前のとおりヒバリのようなさえずりをします。
2016年06月18日 12:06撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワヒバリです。
数羽で群れていて名前のとおりヒバリのようなさえずりをします。
2
烏帽子岳から三伏峠、気持ちの良い登山道を歩きます。
2016年06月18日 12:43撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
烏帽子岳から三伏峠、気持ちの良い登山道を歩きます。
シロバナノヘビイチゴの群生です。
2016年06月18日 14:27撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シロバナノヘビイチゴの群生です。
1
登山口から降り立ち、ゲートまでの道のりをひたすら歩きますが、遠くにゲート脇の駐車場が見えます。
GPSの記録では2.8km歩きます。
約30分かかりました。
2016年06月18日 15:06撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口から降り立ち、ゲートまでの道のりをひたすら歩きますが、遠くにゲート脇の駐車場が見えます。
GPSの記録では2.8km歩きます。
約30分かかりました。

感想/記録

 快晴の中、烏帽子岳、前小河内岳、小河内岳を気持ちよく歩くことが出来ました。
 当初は烏帽子岳にしようかとも考えていたのですが、自分の体力を試す意味も考えて小河内岳まで足を伸ばしたのでした。
 もちろん計画段階からです。
 予想を上回る素晴らしい景色に感動しました。
 鳥倉林道からの入山は塩見岳の方がメジャーでしょうが、こちらもなかなか素晴らしいですよ。
 という私も少し自信がついたので塩見岳も挑戦したい!
訪問者数:349人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ