ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 899347 全員に公開 ハイキング谷川・武尊

赤湯から苗場山(赤倉周回ルート)

日程 2016年06月18日(土) [日帰り]
メンバー COMOSOLO
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

04:05 駐車場所
05:40 赤湯温泉
07:47 赤倉山
09:37 素敵テラス
10:43 苗場山頂
13:10 赤湯温泉
14:45 ゴール
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

写真

ロケーション抜群
2016年06月18日 05:40撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロケーション抜群
1
こ、これは色々と御利益ありそうだ
2016年06月18日 05:41撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こ、これは色々と御利益ありそうだ
展望ナッシブル
2016年06月18日 07:47撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望ナッシブル
暑すぎてもう飛び込みたい
2016年06月18日 09:01撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暑すぎてもう飛び込みたい
2
翼が生えた
2016年06月18日 09:13撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翼が生えた
2
素敵過ぎる貸切テラス
2016年06月18日 09:39撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
素敵過ぎる貸切テラス
3
山も人生も分岐点ばかり
2016年06月18日 10:25撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山も人生も分岐点ばかり
2
Way to 佐武流は甘くない
2016年06月18日 10:33撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Way to 佐武流は甘くない
3
久し振りのゆきー!無駄にフミフミ、、
2016年06月18日 10:34撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
久し振りのゆきー!無駄にフミフミ、、
1分もいなかった
2016年06月18日 10:43撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1分もいなかった
3
これが噂の猿の腰掛け?
2016年06月18日 11:55撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これが噂の猿の腰掛け?
なんか緑すっごい
2016年06月18日 12:34撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんか緑すっごい
撮影機材:

感想/記録

土日真夏日予報だったので川の副業が入るだろうと思ったら奇跡的に両日とも空いたので久し振りに自分の山に行ってきた。
スタートから30分程は林道歩きで案内板のようなものが見えたらその先から登山道となる。ふと目をやると佐武流にさぶりゅうと振ってある。なんですと?ずっとさぶるだと思っていた。地形図に振り仮名無いから、、、独学単独あるあるではないだろうか。飛天御剣流、佐武流閃なんてアホなことを考えて登山道に入るともうすぐに汗だく、、赤湯から赤倉までの登りはなんてことは無いがずっと爪先が上を向いているような登りで結構疲れる。尾根合流手前でななんと熊に遭遇した。相手が先に気づき勢いよく逃げて行ったので問題なかったが久しぶりの邂逅で心臓バッコンバッコンでした。カウベル鳴らしていても遭うときゃ遭いますね。
赤倉山でまだ元気モリモリなら笹の海を佐武流まで往復しようかと考えていたが2ヶ月半振りのまともなお山で脚があまり行こうとしてくれない。これをやってしまうと5時間は増えるだろう。暑い時期にはちょっとキツいか?健脚自慢の方、是非やってみてください。
赤倉から苗場まではもうグッチョグチョで足がビッチョビチョ、、登山道が湿原ですか?水芭蕉の成長しきったものもあり時期に来れば最高かも知れん。最後の登り返しが終わると木道が出てきてすぐに素晴らしい池塘のテラスにたどり着いた。尾瀬のような湿原は山からの土砂の流入でいずれ埋まる運命だがここのような池塘は寿命がもっと長いのだろうか。
テラスで靴下まで脱ぎ散らかしてもう自宅のリビングのようにくつろぎまたーりと燃料補給をした。山頂付近までは誰一人会わない静かで楽しい山歩きでした。
山頂まで来るとそこは百名山、人は多いわタバコくさいわで勘弁して欲しい。写真だけ取って一瞬で下山の途に付いた。湿原が終わると一気に急な下りが現れた、さすがは豪雪地帯の東側といったところか、鎖もちらほらあるが足が置きづらくて逆に邪魔である。樹林帯に入るとまた暑さと小虫と闘いながらダラダラとアップダウンの繰り返しで車まで戻った。
訪問者数:595人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

林道 木道 池塘
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ