ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 899365 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走尾瀬・奥利根

田代山〜帝釈山

日程 2016年06月18日(土) [日帰り]
メンバー lasting
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
最後に10kmの砂利道が待っています。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間51分
休憩
33分
合計
4時間24分
S下の駐車場06:4206:47猿倉登山口(南)07:18小田代07:29田代山08:13帝釈山08:2608:46馬坂峠駐車場08:4709:08帝釈山09:45田代山の帝釈山側10:0410:33小田代11:01猿倉登山口(南)11:06下の駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

写真

下の駐車場。砂利道10kmの運転はなかなか疲れました。上(登山口)にも駐車スペースがあります。
2016年06月18日 06:42撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下の駐車場。砂利道10kmの運転はなかなか疲れました。上(登山口)にも駐車スペースがあります。
1
上の駐車場。下山時に撮影。満車です。中型のマイクロバスまでいる。あの道を通ってきたのか。
2016年06月18日 11:01撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上の駐車場。下山時に撮影。満車です。中型のマイクロバスまでいる。あの道を通ってきたのか。
1
さあ、いよいよスタート。
2016年06月18日 06:47撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さあ、いよいよスタート。
急な樹林を登って視界が開けるとそこは小田代。一気に山頂へ。
2016年06月18日 07:18撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急な樹林を登って視界が開けるとそこは小田代。一気に山頂へ。
1
再び樹林を登るとその先に湿原が待っています。この辺り一帯が山頂。
2016年06月18日 07:27撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び樹林を登るとその先に湿原が待っています。この辺り一帯が山頂。
2
山頂は周回でき、反時計回りと決まっています。往路は池塘エリア。
2016年06月18日 07:27撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂は周回でき、反時計回りと決まっています。往路は池塘エリア。
1
まだ人も少なく、静かなひと時。
2016年06月18日 07:28撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ人も少なく、静かなひと時。
2
最高点には行けないのでここが山頂。
2016年06月18日 07:29撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最高点には行けないのでここが山頂。
水が穴の中に流れていく。その先はどこに繋がっているのだろう。
2016年06月18日 07:30撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水が穴の中に流れていく。その先はどこに繋がっているのだろう。
もふもふ。
2016年06月18日 07:31撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もふもふ。
2
もふもふもふ。
2016年06月18日 07:33撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もふもふもふ。
1
ワタスゲと同じくらい咲いていたタテヤマリンドウ。
2016年06月18日 07:36撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ワタスゲと同じくらい咲いていたタテヤマリンドウ。
1
山頂一帯を後にすると立派なトイレ。土足禁止なのでスリッパに履き替えます。右には避難小屋。
2016年06月18日 07:39撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂一帯を後にすると立派なトイレ。土足禁止なのでスリッパに履き替えます。右には避難小屋。
1
トイレの前の立派な休憩スペース。帰るときには人でいっぱいでした。
2016年06月18日 07:38撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トイレの前の立派な休憩スペース。帰るときには人でいっぱいでした。
1
樹林を下って緩やかな長い登りを進むと帝釈山。
2016年06月18日 08:13撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林を下って緩やかな長い登りを進むと帝釈山。
2
山が深い。日光も見えているはずなのに何も山座同定できなかった。
2016年06月18日 08:23撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山が深い。日光も見えているはずなのに何も山座同定できなかった。
1
反対側の登山口、馬坂峠へ寄り道。
2016年06月18日 08:36撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
反対側の登山口、馬坂峠へ寄り道。
1
此方の方が駐車スペースは小さめ。他にもスペースがあるのだろうか。
2016年06月18日 08:46撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
此方の方が駐車スペースは小さめ。他にもスペースがあるのだろうか。
1
帝釈山へ登り返しているとギンリョウソウ発見。
2016年06月18日 08:48撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帝釈山へ登り返しているとギンリョウソウ発見。
1
田代山まで戻ってきた。人が増えています。
2016年06月18日 09:47撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
田代山まで戻ってきた。人が増えています。
2
しゃがんで撮って少し移動して、の繰り返しでなかなか進めません。
2016年06月18日 10:01撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しゃがんで撮って少し移動して、の繰り返しでなかなか進めません。
1
コバイケイソウ。なんだかシュールな光景だった。
2016年06月18日 10:13撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コバイケイソウ。なんだかシュールな光景だった。
乾いてるワタスゲさん。
2016年06月18日 10:14撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乾いてるワタスゲさん。
1
遠くに往路の道。大きな周回コースでした。それだけ広い山頂。
2016年06月18日 10:16撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠くに往路の道。大きな周回コースでした。それだけ広い山頂。
1
会津駒をバックに。
2016年06月18日 10:19撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
会津駒をバックに。
1
下りでも3箇所も見つけた。なんで登りで気がつかなかったんだろう。
2016年06月18日 10:47撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りでも3箇所も見つけた。なんで登りで気がつかなかったんだろう。
2
帰りの砂利道。こんな道。道幅は狭くなく、すれ違いはそこまで大変ではないです。
2016年06月18日 11:28撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りの砂利道。こんな道。道幅は狭くなく、すれ違いはそこまで大変ではないです。
1
途中にあったオシャレな小学校。
2016年06月18日 12:07撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中にあったオシャレな小学校。
道の駅番屋にあった案内板。田代山の空中写真。何がどうしてこうなった?
2016年06月18日 12:23撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道の駅番屋にあった案内板。田代山の空中写真。何がどうしてこうなった?
1

感想/記録

田代山、山の名前に「田代」が入っているとはどうしたもんか。

ヤマレコにも最近多くの記録が上がっており気になってくる。
これはもう現地に確認しに行かなくては!

田代は肩やくぼ地にあるイメージですがこちらは山頂一帯に広がっていました。

尾瀬ヶ原などに比べると規模は小さいですが
山頂にこれだけの湿原が広がっていて、お花も咲いている山はそうないでしょう。

まさに名前負けしていない山でした。


苗場を端から端まで歩いてみたくなった。赤湯から周回か。
訪問者数:334人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2010/5/20
投稿数: 169
2016/6/19 18:48
 やっぱりlastingさんでしたか
ご無沙汰しています、rikimaruです。
登山口の先で私を追い抜き、私が帝釈山へと向かっていた時に涼しい顔で颯爽と下山してきた若者は、やはりlastingさんでしたか。どこかで見覚えのある若者だと思ったものの、lastingさんだという自信はなくて、挨拶だけで素通りしてしまいました。
それにしても、相変わらず速足ですね。そのスピードがうらやましいです。
私のほうは、しばらく登山から遠ざかっていたのですが、先月頃からボチボチ山歩きを再開しました。今度、山で会ったときは、声をかけさせていただきますので、その時は、どうぞよろしく
登録日: 2010/6/12
投稿数: 59
2016/6/20 22:15
 Re: やっぱりlastingさんでしたか
rikimaruさん

おーっと、ニアミスどころかすれ違っていたんですね。
rikimaruさんの記録を拝見するとスタート直後と帝釈山の北側斜面付近の2回も。
むむむ、気が付きませんでした。
私も気が付いたら声を掛けます&是非声を掛けてください。よろしくお願い致します

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ