ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 899522 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

大マテイ山ー狩場山

日程 2016年06月18日(土) [日帰り]
メンバー deresuke3
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間43分
休憩
47分
合計
8時間30分
S白糸の滝駐車場07:1007:48やまめの道入口07:58右岸に渡る08:29掛け小屋09:20棚倉沢右岸に渡る10:02登山道出合い10:21大ダワ(棚倉)10:32大マテイ山10:5511:05大ダワ(棚倉)11:0811:34ショナメ11:48狩場山11:5112:03狩場巡視道分岐12:57昼飯13:1513:17牛の寝登山口分岐13:38巡視路分岐14:05小菅川左岸に渡る14:25モノレール乗越す14:54赤沢分岐15:25大菩薩峠登山口(赤沢)15:40白糸の滝駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

写真

いってくるよ
2016年06月18日 07:54撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いってくるよ
小菅川に降り立つ
橋は流されている
2016年06月18日 08:04撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小菅川に降り立つ
橋は流されている
巡視路で
2016年06月18日 08:42撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巡視路で
ココがね〜、何とも言えない良い所
下にはナメ滝が降りていく
2016年06月18日 09:22撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ココがね〜、何とも言えない良い所
下にはナメ滝が降りていく
すぐに難所、この後も倒木多く難儀する
2016年06月18日 09:27撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐに難所、この後も倒木多く難儀する
ハウチワカエデ
2016年06月18日 09:38撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハウチワカエデ
樹間から雲取山
2016年06月18日 10:00撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹間から雲取山
登山道に合流
2016年06月18日 10:09撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道に合流
さぁ行こう
2016年06月18日 10:17撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さぁ行こう
大マテイ山
眺望はないが美しい森だ
2016年06月18日 11:02撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大マテイ山
眺望はないが美しい森だ
牛の寝通りで
2016年06月18日 11:23撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
牛の寝通りで
狩場山
2016年06月18日 11:59撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
狩場山
狩場巡視道(右)分岐
枝で通せんぼしてある
2016年06月18日 12:12撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
狩場巡視道(右)分岐
枝で通せんぼしてある
ミズナラ
2016年06月18日 12:30撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミズナラ
気持ちのいい撓み
2016年06月18日 12:35撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気持ちのいい撓み
ここで牛の寝通りにサヨナラ
2016年06月18日 13:24撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで牛の寝通りにサヨナラ
やっぱ、こういう感じが好きなのさ
2016年06月18日 13:28撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっぱ、こういう感じが好きなのさ
たぶんサワグルミ
2016年06月18日 13:43撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
たぶんサワグルミ
ここで巡視路に乗り換える
2016年06月18日 13:47撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで巡視路に乗り換える
良いのう
2016年06月18日 13:48撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
良いのう
倒木と土砂で荒れている
2016年06月18日 14:10撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
倒木と土砂で荒れている
小菅川に降り立つ
2016年06月18日 14:12撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小菅川に降り立つ
当たり前のように橋が流されている
2016年06月18日 14:11撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
当たり前のように橋が流されている
オオルリ
2016年06月18日 14:19撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オオルリ
1
モノレール乗越す
2016年06月18日 14:33撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モノレール乗越す
赤沢分岐
2016年06月18日 15:01撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤沢分岐
左に斜上する道があるが今日はココまで
林道に降りる
2016年06月18日 15:28撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左に斜上する道があるが今日はココまで
林道に降りる
白糸の滝入口で、トチノキですね
今日も無事で ナニより
2016年06月18日 15:44撮影 by XQ1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白糸の滝入口で、トチノキですね
今日も無事で ナニより

感想/記録

白糸の滝駐車場を起点にして、小菅林道を戻り「やまめの道」から狩場巡視道に入ります。大マテイ山に立ち寄り牛の寝通りを行きます。榧ノ尾山手前で牛の寝登山口に降りる道を下り狩場巡視道に復帰します。林道歩きを短くしたいので日向沢では降りずに赤沢まで行きました。

「やまめの道」に入ると直ぐに河原に降りる道と左岸沿いに進む道とに分かれます。とりあえず河原に降りてみましたが、木橋もその残骸もなく対岸には道らしきものも見えないので戻って左岸沿いの道を行きます。
河原に降りれば流された橋の残骸がありココが正しいことが分かります。飛び石で右岸に渡ればはっきりした道型があり、まずは植林の中を徐々に高度を上げていきます。道型ははっきりしています。

900m圏で開けた植林での分岐は左に取ります。小尾根を乗越す所に残置ワイヤーがある掛け小屋があり、この辺りから自然林になります。棚倉沢の沢音が聞こえるようになると緩く降って行き棚倉沢へ下る分岐があります。下ってみましたが廃ワサビ田があり、道は行き止まりです。戻って水平道を行きます。

棚倉沢にかかる木橋を渡りますが、ココが何とも良い所でして。
左下にナメ滝が降りているのですがその落ち口に木橋が掛かっているわけです。降りて清水を飲みましたよ。旨い。
とすぐに土砂と倒木に行く手を阻まれますが高巻きしてやり過ごします。この後も倒木が多く難儀しましたが新緑が美しいので苦にはなりません。
朝陽に新緑が映え美しさが一層際立ちます。

大ダワの東側で登山道に合流。水平道になり歩みも楽になります。
大ダワから西に分かれ大マテイ山に向かい休憩。眺望はありませんが平らな美しい自然林の森です。

大ダワに戻るとここからは牛の寝通り。
あっちへフラフラ、こっちへフラフラしながら行くのでなかなか進みません。登山道は尾根の一段下を巻くようについていますがどうしても尾根上に誘われてしまいます。ホント美しい。そしてありがとうお日様。陽射しあってこそ映えるというものですよ。狩場山にも寄ってみました。北に延びる尾根をウロウロしてから牛の寝通りに復帰。

狩場巡視道の分岐に 差し掛かりますが牛の寝通りの未踏区間を歩きたいのでここは牛の寝通りを行きます。

榧ノ尾山の手前で牛の寝登山口に降りる道に入ります。朽ちた道標がありますがそちらを指すウデはありません。降り口の林道側には牛の寝登山口の道標があるんですけどね。

下りの途中で巡視路に乗り換えます。少々脆い感じの木橋を渡って本日第2弾の巡視路歩きのスタート。木橋から上流を見ればワサビ田の跡。緩く登って行きます。
良い良い。やはりね〜、こういう静かな雰囲気が 好きなんだな〜。

小尾根を乗越して小菅川に向かって下り始めると土砂と倒木、荒れてますね。
小菅川に降り立てばやはり橋は流されていますね。上流には妙見の滝というのがあるらしい。いずれ行ってみたいと思います。

直に道は小菅川を離れ高度を上げていきますが斜面の巻道となり終盤の膝には堪える緊張が続きます。林道歩きを短くしたいので日向沢の分岐を見送り、赤沢で下ります。下る手前で左に斜上する道があり後ろ髪を引かれましたが今日のところはココで終了とします。

それにしても「やまめの道」とはどこまでだったんでしょうね〜?

今日も無事でナニより。




訪問者数:163人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ