ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 899568 全員に公開 沢登り奥秩父

多摩川水系一之瀬川黒槐沢〜黒槐山〜笠取山

日程 2016年06月18日(土) [日帰り]
メンバー nomoshin
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
作場平口がベース。駐車スペースは数カ所に分かれており、全部合わせると20台程度は駐車可能。一之瀬林道は狭いので運転注意。丹波山側(東京側)からアプローチする場合、やや遠回りにはなりますが、犬切峠経由の方が多少運転しやすいように思います。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間12分
休憩
49分
合計
6時間1分
S作場平橋駐車場07:5108:05入渓点08:1208:54歩道(Co1485)09:37二股(水干沢分岐)09:4710:22歩道(Co1740)11:15黒槐ノ頭(2020m)11:3611:44黒槐山(2024m)11:4512:05水干尾根分岐12:19笠取山12:27笠取山西峰12:42小さな分水嶺12:4312:45雁峠分岐12:52笠取小屋13:0113:31一休坂分岐13:42入渓点13:52作場平橋駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

写真

登山口の作場平のコース案内。印刷されたガイドもケースに入って置いてありました。
2016年06月18日 07:36撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口の作場平のコース案内。印刷されたガイドもケースに入って置いてありました。
入渓点は、作場平からヤブ沢峠に向かって一般コースを10分少々進んだところ。ベンチがあって、橋が懸かっています。
2016年06月18日 08:05撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
入渓点は、作場平からヤブ沢峠に向かって一般コースを10分少々進んだところ。ベンチがあって、橋が懸かっています。
なかなか良い感じのナメがあります。
2016年06月18日 08:44撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なかなか良い感じのナメがあります。
滝らしい滝はありません。
2016年06月18日 08:47撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝らしい滝はありません。
2
標高1485m付近。歩道がしっかりした橋で横切っています。何かあればここからエスケープ。
2016年06月18日 08:54撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高1485m付近。歩道がしっかりした橋で横切っています。何かあればここからエスケープ。
1
二条の小滝。岩はぬめっていて、ゴム底の渓流靴でも滑りました。草鞋(古!)とかフェルト底なら大丈夫かな?
2016年06月18日 09:14撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二条の小滝。岩はぬめっていて、ゴム底の渓流靴でも滑りました。草鞋(古!)とかフェルト底なら大丈夫かな?
2
ちょっとごつごつの残るナメが続きます。
2016年06月18日 09:16撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっとごつごつの残るナメが続きます。
倒木もありますが、そこそこ開けていて横を回れるので、歩くのには問題ありません。
2016年06月18日 09:21撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
倒木もありますが、そこそこ開けていて横を回れるので、歩くのには問題ありません。
1
二股。左が水干沢。そちらにも魅力がありますが、今回は右の黒槐沢へ。
2016年06月18日 09:37撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二股。左が水干沢。そちらにも魅力がありますが、今回は右の黒槐沢へ。
苔に癒されます。
2016年06月18日 09:59撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苔に癒されます。
逆層の岩を落ちる水。
2016年06月18日 10:09撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
逆層の岩を落ちる水。
1
(承前)拡大。
2016年06月18日 10:09撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(承前)拡大。
2
陽が当たっているところはキラキラとまぶしい。
2016年06月18日 10:14撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
陽が当たっているところはキラキラとまぶしい。
1
標高1740m付近でも道が横断しています。
2016年06月18日 10:22撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高1740m付近でも道が横断しています。
傾斜が急になってきました。
2016年06月18日 10:33撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
傾斜が急になってきました。
色を添えてくれます。
2016年06月18日 10:48撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
色を添えてくれます。
最初の一滴。
2016年06月18日 11:00撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初の一滴。
水が枯れてからは笹になりますが、背丈が低いし、踏み跡もあるので、難儀はしません。
2016年06月18日 11:02撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水が枯れてからは笹になりますが、背丈が低いし、踏み跡もあるので、難儀はしません。
明瞭な沢形は終わりました。
2016年06月18日 11:07撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明瞭な沢形は終わりました。
振り返ると、樹々の間から遠望。
2016年06月18日 11:08撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると、樹々の間から遠望。
遠くに霞んで毛無山でしょうか?
2016年06月18日 11:09撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠くに霞んで毛無山でしょうか?
今回のゴール・黒槐の頭(2020m)。のんびり休憩して、沢装備を解きます。
2016年06月18日 11:15撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回のゴール・黒槐の頭(2020m)。のんびり休憩して、沢装備を解きます。
2
せっかくなので、もう一つのピークである黒槐山(2024mなので、背はこちらの方が少し高い)にも寄ってみました。1パーティが休憩されていました。
2016年06月18日 11:44撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
せっかくなので、もう一つのピークである黒槐山(2024mなので、背はこちらの方が少し高い)にも寄ってみました。1パーティが休憩されていました。
右奥は国師ヶ岳・北奥千丈岳。左は黒金山。
2016年06月18日 11:47撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右奥は国師ヶ岳・北奥千丈岳。左は黒金山。
笠取山への縦走路から西側。右奥は国師ヶ岳・北奥千丈岳。
2016年06月18日 12:11撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠取山への縦走路から西側。右奥は国師ヶ岳・北奥千丈岳。
1
(承前)南側の展望。霞んでしまっていますが、富士山も見えます。左のピークは大菩薩嶺。
2016年06月18日 12:11撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(承前)南側の展望。霞んでしまっていますが、富士山も見えます。左のピークは大菩薩嶺。
1
(承前)富士山のズームアップ。御坂山塊が低く見えます。
2016年06月18日 12:12撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(承前)富士山のズームアップ。御坂山塊が低く見えます。
2
笠取山の三角点ピーク。
2016年06月18日 12:19撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠取山の三角点ピーク。
もう少し西に進んだところが見晴らしが良く、みなさんこちらで休憩(山梨百名山の標柱はこっちにあります)。右につながる奥秩父主稜は、中央よりから、古礼山、水晶山、雁坂嶺。古礼山と水晶山の間の奥には、甲武信ヶ岳。左奥は、国師ヶ岳・北奥千丈岳。
2016年06月18日 12:28撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう少し西に進んだところが見晴らしが良く、みなさんこちらで休憩(山梨百名山の標柱はこっちにあります)。右につながる奥秩父主稜は、中央よりから、古礼山、水晶山、雁坂嶺。古礼山と水晶山の間の奥には、甲武信ヶ岳。左奥は、国師ヶ岳・北奥千丈岳。
3
(承前)右奥に、国師ヶ岳・北奥千丈岳。その左手は黒金山。気温が高くなったので霞んでしまって、南アルプスは見えませんね。
2016年06月18日 12:28撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(承前)右奥に、国師ヶ岳・北奥千丈岳。その左手は黒金山。気温が高くなったので霞んでしまって、南アルプスは見えませんね。
1
(承前)富士山(中央やや左)も写真ではわかりにくくなってしまいました。左に大菩薩嶺。
2016年06月18日 12:28撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(承前)富士山(中央やや左)も写真ではわかりにくくなってしまいました。左に大菩薩嶺。
2
笠取小屋への急な下り坂。
2016年06月18日 12:29撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠取小屋への急な下り坂。
1
振り返ったところ。碧が濃く、空が青い!
2016年06月18日 12:30撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ったところ。碧が濃く、空が青い!
2
日差しを浴びてこちら側から登るのはいかにもしんどそう。
2016年06月18日 12:36撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日差しを浴びてこちら側から登るのはいかにもしんどそう。
1
私の大好きな「小さな分水嶺」の三角柱。「多摩川」「荒川」、そして見えていないもう一面には「富士川」。
2016年06月18日 12:42撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
私の大好きな「小さな分水嶺」の三角柱。「多摩川」「荒川」、そして見えていないもう一面には「富士川」。
4
小さな分水嶺の説明看板。他にもここが好きな人が多いようでして、この山頂は大変混雑していました(お昼時でもありました)。
2016年06月18日 12:43撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小さな分水嶺の説明看板。他にもここが好きな人が多いようでして、この山頂は大変混雑していました(お昼時でもありました)。
古礼山方面。
2016年06月18日 12:43撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
古礼山方面。
1
笠取小屋の前にはカラフルなテントが4張。逆側にも2張ありました。水場もあるので、土日には人気なのでしょう。
2016年06月18日 12:58撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠取小屋の前にはカラフルなテントが4張。逆側にも2張ありました。水場もあるので、土日には人気なのでしょう。
下山後、一之瀬林道の大切峠手前に、奥秩父・奥多摩主稜を見渡せる場所がありました。左端に黒槐の頭、右へ唐松尾山〜御殿岩。
2016年06月18日 14:02撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山後、一之瀬林道の大切峠手前に、奥秩父・奥多摩主稜を見渡せる場所がありました。左端に黒槐の頭、右へ唐松尾山〜御殿岩。
2
(承前)さらに右へ、竜喰山〜大常木山〜飛龍山〜前飛龍と続きます。
2016年06月18日 14:02撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(承前)さらに右へ、竜喰山〜大常木山〜飛龍山〜前飛龍と続きます。
2
撮影機材:

感想/記録

梅雨の中休み。日差しが強く気温も上がるという天気予報でしたので、今シーズン最初の沢歩きへ。翌日(日曜日)は所用があるため、日帰りの制約。そこで、多摩川源流にしました。見慣れない漢字ですぐには読めませんが、黒槐沢(くろえんじゅさわ)です。多摩川源流(最初の一滴)としては、「水干」が有名です。その水干沢と二股までは一緒ですが、そこで右俣に入るのが黒槐沢です。どちらが本流かは微妙なところ。水干沢の笠取山よりも、黒槐沢の黒槐ノ頭もしくは黒槐山の方が標高は高いことは事実です。

滝らしい滝もなく、ナメと苔が魅力の沢でした。但し、岩はぬめる箇所があるので、フェルト底(か草鞋)の方がbetterかもしれません。慣れた人ならゴム底の渓流靴で全く問題ありません。

首都圏からも近く、付近は人気のハイキング地域ですが、沢では誰にも会うことがありませんでした。

余談ですが、40リットルクラスのリュックが古ぼけてしまったので、つい最近新調し、それを初使用してみました。昨年7月に倒産してしまった国内メーカ「mountain dax(マウンテンダックス)」のシャワー40S(ショート)でして、沢用です。(カジタも倒産してからピッケルを購入したり、変な好みがあるみたい・・・)
訪問者数:347人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2010/5/5
投稿数: 336
2016/6/19 13:33
 涼しそうで
いいですね! ワタシも行ってみたくなりました。
登録日: 2011/2/7
投稿数: 237
2016/6/19 15:47
 Re: junjapaさん、コメントありがとうございます。
東京近郊で夏に出かけるなら、やっぱり沢でしょ、って感じです。junjapaさんに涼しさがお伝えできたなら、ヤマレコ合格ですよね。
本当は渓流釣りもやってみたいのですがまだ実行に移せていません。
登録日: 2010/5/5
投稿数: 336
2016/6/19 23:02
 Re[2]: junjapaさん、コメントありがとうございます。
そうだよなぁー、と思いました。やっぱり夏は沢登りですが、最近はとんと行っていません。これにキャンプと焚き火と魚釣りが加わったらもうサイコーです。ね。
登録日: 2011/2/7
投稿数: 237
2016/6/20 0:13
 Re[3]: junjapaさん、コメントありがとうございます。
日帰りで行けてしまうような沢コースに、ツエルトなりタープなりを持参してのんびり入り、釣り上げたイワナを焚火で塩焼きにして、反省会をやる。大人の正しい休日の過ごし方(の一つ)だと思います。
登録日: 2010/5/5
投稿数: 336
2016/6/29 20:45
 Re[4]: junjapaさん、コメントありがとうございます。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ