ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 899594 全員に公開 ハイキング奥武蔵

顔振峠とユガテをはいふりる登山(吾野駅→顔振峠→越上山→エビガ坂→ユガテ→橋本山→東吾野駅)

日程 2016年06月18日(土) [日帰り]
メンバー teoimperial
天候晴れ
梅雨が開けましたね(違う
確か関東では先々週梅雨に入った筈ですが到底梅雨とは思えない好天に思わずどこかに行かなくてはならない気持ちになります。
今日は真夏日です。
アクセス
利用交通機関
電車
行き
吾野駅着8:18の快速急行

帰り
東吾野駅発14:15の飯能行き
最近ハズレを引いていた秩父線上りですが、今日は4000系でした。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間45分
休憩
35分
合計
5時間20分
S吾野駅08:3009:49顔振峠10:02顔振峠見晴台10:28諏訪神社10:4010:53越上山12:39ユガテ13:0213:15橋本山13:50東吾野駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
今回の目的は二つあります。

一つ目は今をときめく「はいふりカメラ」を使ってみたかったw
それにはやはりどこかに行かなくちゃ。

二つ目は「ユガテ」と言う不思議な地名に行ってみたかったと言うものです。
コース状況/
危険箇所等
基本的にこのコースは道標をまずは「顔振峠」方面。
次に諏訪神社に行った後で「ユガテ」方面。
ユガテに着いたら東吾野駅方面へ行けば何とかなります。

・吾野駅→顔振峠
前半は道路を歩きます。これはまあ良いでしょう。
途中から山道に入ります。いきなり水の流れるところを上るので安易なコースを想像していたのが裏切られますが、そこを超えると普通に山道です。

・顔振峠→諏訪神社
破線コースを選んだので地図と見比べながらの山歩きとなりました。問題になる様な場所はありませんが、どっちに行くべきかは悩みます。

・諏訪神社→越上山
ユガテと言う方向に進めば大丈夫です。越上山山頂はコースから分岐した先にあります。西武のハイキング案内どおり山頂手前でやや展望の良い場所があり、山頂は展望がありません。そんな山頂に行くのに切り立った崖の上を歩くので、こういうのが苦手な人はわざわざ行かなくても良いです。刺激の足りない人は行きましょう。

・越上山→ユガテ
舗装道路にくっついたり離れたりしますが、ユガテの道標を信じて進みましょう。下りと言う事もあり、難所もありません。

・ユガテ→橋下山→福徳寺→東吾野駅
古道飛脚道と言う方向に行けばルートに乗ります。福徳寺に下りる分岐も明瞭です。アップダウンはありますが、飛脚道と言うものなのでそう苦しくはありません。福徳寺に下りてしまうと後は舗装道路です。
その他周辺情報このコースは所々にトイレがあります。
また、道路にもすぐに出られます。

写真

8:30 明乃「今日はここから出発だよ!」
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8:30 明乃「今日はここから出発だよ!」
2
芽依「やっぱ、工事終わってなかったかー!」
関八州見晴台に行った時に工事が6/30迄と言うのは見ておきましたが、やっぱり吾野中に抜ける橋は未だ完成してませんね。
と言う事で、借宿神社方向から行きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
芽依「やっぱ、工事終わってなかったかー!」
関八州見晴台に行った時に工事が6/30迄と言うのは見ておきましたが、やっぱり吾野中に抜ける橋は未だ完成してませんね。
と言う事で、借宿神社方向から行きます。
1
9:00 ここをまっすぐの方向へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:00 ここをまっすぐの方向へ。
そして道標どおりすぐに右に折れます。
ここから山道。しかも水が流れてるし。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして道標どおりすぐに右に折れます。
ここから山道。しかも水が流れてるし。
林道と交差したりしながら進んだ先で突如左に折れる場所があります。
幸子「ここをまっすぐ進んではならぬのじゃ」
道標があるので間違えないと思いますが。
ここからつづら折りの道となって標高を上げていきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道と交差したりしながら進んだ先で突如左に折れる場所があります。
幸子「ここをまっすぐ進んではならぬのじゃ」
道標があるので間違えないと思いますが。
ここからつづら折りの道となって標高を上げていきます。
1
9:33 舗装道路を越えたところで断然見晴しがよくなります。
志摩「武甲山も見えて、ばっちグー」
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:33 舗装道路を越えたところで断然見晴しがよくなります。
志摩「武甲山も見えて、ばっちグー」
3
さらにちょっとだけ上ると多分今回のコースで一番の見晴しとなり、飯能アルプスの山々を超えてその先の様々な山が見晴らせます。
ミーナ「おー!今迄登った山が手に取るように見えとるぞ。富士山までみえとる」
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらにちょっとだけ上ると多分今回のコースで一番の見晴しとなり、飯能アルプスの山々を超えてその先の様々な山が見晴らせます。
ミーナ「おー!今迄登った山が手に取るように見えとるぞ。富士山までみえとる」
3
もっと解像度の良いコンデジで。
肉眼では富士山が左端に見えるのですが、コンデジでは難しいですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もっと解像度の良いコンデジで。
肉眼では富士山が左端に見えるのですが、コンデジでは難しいですね。
2
9:49 明乃「顔振峠に着いたよ!」
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:49 明乃「顔振峠に着いたよ!」
1
顔振峠にはお茶屋が三軒。
諏訪神社には顔振峠見晴台を経由して行く予定なので右手に見える茶屋の麓から上がって行きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
顔振峠にはお茶屋が三軒。
諏訪神社には顔振峠見晴台を経由して行く予定なので右手に見える茶屋の麓から上がって行きます。
10:02 もえか「顔振峠見晴台です」
確かに見晴しはあるのですが、そう凄い見晴しと言う訳でもなく。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:02 もえか「顔振峠見晴台です」
確かに見晴しはあるのですが、そう凄い見晴しと言う訳でもなく。
2
見晴台から下り、ここが本日一番悩んだ分岐です。道標はありません。破線コースだし。
太い道は右に折れてます。まっすぐは道があるの?と言う感じです。
しかし奥武蔵登山詳細図では右カーブしている道の所を真っ直ぐに進む道を選ぶ様になっているので道なのか怪しいまっすぐを選びました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見晴台から下り、ここが本日一番悩んだ分岐です。道標はありません。破線コースだし。
太い道は右に折れてます。まっすぐは道があるの?と言う感じです。
しかし奥武蔵登山詳細図では右カーブしている道の所を真っ直ぐに進む道を選ぶ様になっているので道なのか怪しいまっすぐを選びました。
1
まもなく林道ぽい道と合流して下って行きます。
すると右手に登山道らしき分岐があります。
登山詳細図では左は行くなと言う感じになっていたのでこの登山道に入ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まもなく林道ぽい道と合流して下って行きます。
すると右手に登山道らしき分岐があります。
登山詳細図では左は行くなと言う感じになっていたのでこの登山道に入ります。
1
登山詳細図ではその先に道標がある事になっていて、それを発見。
正解でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山詳細図ではその先に道標がある事になっていて、それを発見。
正解でした。
10:28 明乃・ましろ「諏訪神社到着」
諏訪神社、電波の入りが悪くてはいふりカメラで苦労しました。
ここではじめてはいふりカメラは電波の届かない所では使い物にならないと言う事に気付きました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:28 明乃・ましろ「諏訪神社到着」
諏訪神社、電波の入りが悪くてはいふりカメラで苦労しました。
ここではじめてはいふりカメラは電波の届かない所では使い物にならないと言う事に気付きました。
1
下から見上げます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下から見上げます。
10:40 ここからは「ユガテ」を頼りに進みましょう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:40 ここからは「ユガテ」を頼りに進みましょう。
10:44 越上山分岐です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:44 越上山分岐です。
美波「ここが越上山山頂手前の見晴しのきく所じゃ」
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美波「ここが越上山山頂手前の見晴しのきく所じゃ」
2
10:53 そしてここが越上山山頂。
展望ゼロ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:53 そしてここが越上山山頂。
展望ゼロ
2
なのに山頂に行くにはこんなヤバい岩場を越えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なのに山頂に行くにはこんなヤバい岩場を越えます。
1
11:21 笹郷林道の舗装道路に出ました。
この先の休憩地点の見通しが無かったのでここでお昼にしました。
11:30に出発します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:21 笹郷林道の舗装道路に出ました。
この先の休憩地点の見通しが無かったのでここでお昼にしました。
11:30に出発します。
11:48 送電線の足元に到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:48 送電線の足元に到着。
12:20 エビガ坂に到着しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:20 エビガ坂に到着しました。
西武のハイキングコース案内ではここにシダの群落があると書いてあります。しかし林間にはシダなどいくらでも生えているので期待してなかったのですが、確かに群落ですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西武のハイキングコース案内ではここにシダの群落があると書いてあります。しかし林間にはシダなどいくらでも生えているので期待してなかったのですが、確かに群落ですね。
1
いわゆるシダっぽいシダですが、よく見ると葉の着き方がかなり違うので機会があったら比べてみて下さい。また、俗にいう隠花植物なので花はつけません。これは胞子体なので葉の裏に胞子嚢が付きます。この胞子嚢の付き方も種によって違います。それらを比べると種の同定が出来ます。私は陸上植物は専門じゃないので言えるのはここまでですw
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いわゆるシダっぽいシダですが、よく見ると葉の着き方がかなり違うので機会があったら比べてみて下さい。また、俗にいう隠花植物なので花はつけません。これは胞子体なので葉の裏に胞子嚢が付きます。この胞子嚢の付き方も種によって違います。それらを比べると種の同定が出来ます。私は陸上植物は専門じゃないので言えるのはここまでですw
12:39 明乃「ユガテに到着だよ!」
なーんて写真撮ってますが、これが苦労したんですよ。
何しろこの場所で電波入らないの。流石隠れ里ユガテ、電波入りません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:39 明乃「ユガテに到着だよ!」
なーんて写真撮ってますが、これが苦労したんですよ。
何しろこの場所で電波入らないの。流石隠れ里ユガテ、電波入りません。
2
ひまわり畑って事は夏は一面ひまわりでしょうか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひまわり畑って事は夏は一面ひまわりでしょうか。
電波が入ったのはユガテを出てこの付近。
ここではいふりカメラのフレームをダウンロードしてユガテに戻り、写真を撮ってまたここに来て呟きました。
13:02にユガテを離れます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
電波が入ったのはユガテを出てこの付近。
ここではいふりカメラのフレームをダウンロードしてユガテに戻り、写真を撮ってまたここに来て呟きました。
13:02にユガテを離れます。
これが古道飛脚道。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これが古道飛脚道。
1
13:15 橋本山見晴台です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:15 橋本山見晴台です。
2
13:34 幸子「福徳寺に下りて来たぜよ」
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:34 幸子「福徳寺に下りて来たぜよ」
1
紫陽花が咲いてます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紫陽花が咲いてます。
13:50 鈴「無事、東吾野駅に着きました」
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:50 鈴「無事、東吾野駅に着きました」
2

感想/記録

と言う訳ではいふりカメラによる山行でした。

使ってみて気づいたのははいふりカメラは電波が入らないと使えないと言う事です。毎回フレームをダウンロードするので電波が入らないとお話になりません。それから結構画像データが大きくてLTEで受信出来ないとキャラが登場するまでかなり時間がかかります。今回山行時間が普通よりかかったのはひとえにはいふりカメラで撮ろうと頑張ったからですw

また、背景の写真が粗いですがこれははいふりカメラを入れたFREETEL priori2のカメラモジュールとドライバがショボイせいです。友人がiPhoneにはいふりカメラ入れてますが、そっちはちゃんと綺麗。FREETEL priori2のショボさを痛感した瞬間でした。

今日は天気予報で真夏日と言われていたので熱中症には気をつけました。低山だし。飲み物は合計で1Lほど持ちましたが不足気味でした。東吾野駅に着いてから500mlペットボトル買って一気に飲み干しましたから。

ユガテはもうちょっと別の花の時期が良かったかな?
訪問者数:222人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

林道 山行 コンデジ 熱中症 道標
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ