ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 899618 全員に公開 ハイキング京都・北摂

滝谷山・皆子山(花背峠〜小野谷峠〜平)

日程 2016年06月18日(土) [日帰り]
メンバー field8us
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
バス
行き:京都バス32系統広河原行き
出町柳 (7:50) → 花背峠 (8:53)
帰り:京都バス10系統出町柳駅前行き
平 (17:31) → 出町柳 (18:17)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間16分
休憩
1時間10分
合計
7時間26分
S花背峠08:5909:41滝谷山09:4911:25小野谷峠11:3012:30オゴシ102電柱(登山口)13:45皆子谷源頭部14:1514:36皆子山15:0315:22941P16:25平バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険箇所はありません。
滝谷山以降皆子山までは道標乏しいので注意
虫がたくさん湧いてくる時期になりました
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

写真

朽木学校行き:出発直前に人がどっと増えて急遽臨時便を増発。60人ぐらいいたかな?
広河原行き:乗客数…たった6人!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朽木学校行き:出発直前に人がどっと増えて急遽臨時便を増発。60人ぐらいいたかな?
広河原行き:乗客数…たった6人!
花背峠で下車します。最近は奥地ばかりだったのでここでも近く感じます。林道へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花背峠で下車します。最近は奥地ばかりだったのでここでも近く感じます。林道へ
1
これまで履いていた安物のトレッキングシューズはソールが一部潰れてきて歩きにくく、前回の帰りには変なところに血マメができてしまったので新しい靴を買いました。北山歩きにはちょっとオーバースペックですが今後いろんな山へ出かけるようになると思って…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これまで履いていた安物のトレッキングシューズはソールが一部潰れてきて歩きにくく、前回の帰りには変なところに血マメができてしまったので新しい靴を買いました。北山歩きにはちょっとオーバースペックですが今後いろんな山へ出かけるようになると思って…
3
滝谷山の尾根はウツギの花が多く、落ちた花が登山道を彩ってくれていました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝谷山の尾根はウツギの花が多く、落ちた花が登山道を彩ってくれていました
1
「琵琶湖展望地」の標識に従って登ってみたところから。霞んでいて琵琶湖はちょっと見えにくい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「琵琶湖展望地」の標識に従って登ってみたところから。霞んでいて琵琶湖はちょっと見えにくい
2
P841に寄り道。滝谷山までは林道と尾根の踏み跡が交錯していますが、道標の類はだいたい林道沿いにあるようです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P841に寄り道。滝谷山までは林道と尾根の踏み跡が交錯していますが、道標の類はだいたい林道沿いにあるようです
2
ここから滝谷山へ登れるみたいです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから滝谷山へ登れるみたいです
1
いい感じの尾根道になってきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いい感じの尾根道になってきました
1
間もなく滝谷山頂上に到着。いつものプレートが見つかりませんでした。見落としだと思いますが、半袖なのに虫除けを忘れてしまい、アブっぽい虫がたかってきたので敢えなく退散。今日は虫の羽音が気になる山行になってしまいました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間もなく滝谷山頂上に到着。いつものプレートが見つかりませんでした。見落としだと思いますが、半袖なのに虫除けを忘れてしまい、アブっぽい虫がたかってきたので敢えなく退散。今日は虫の羽音が気になる山行になってしまいました
2
北の大見尾根を行きます。ときどき東西に展望が開ける場所があります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北の大見尾根を行きます。ときどき東西に展望が開ける場所があります
2
緑でリフレッシュ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緑でリフレッシュ
1
尾根道にまとわりついてくる林道とはここでお別れ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根道にまとわりついてくる林道とはここでお別れ
P845。今度は見落とさず
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P845。今度は見落とさず
2
小野谷峠まで、間違って入り込みやすい尾根もあるので注意が必要です。コンパスで尾根を確かめるのが楽しい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小野谷峠まで、間違って入り込みやすい尾根もあるので注意が必要です。コンパスで尾根を確かめるのが楽しい
滝谷からの道と出合いました。花背グラウンド前でバスを降りてここへ登ってくるのも候補のルートでした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝谷からの道と出合いました。花背グラウンド前でバスを降りてここへ登ってくるのも候補のルートでした
1
そして小野谷峠へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして小野谷峠へ
2
下りてきた南側は植林でジメジメした感じです。日の当たる北斜面で少し休憩しました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りてきた南側は植林でジメジメした感じです。日の当たる北斜面で少し休憩しました
1
ここから始まる湿地帯が筆舌に尽くしがたい雰囲気でした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから始まる湿地帯が筆舌に尽くしがたい雰囲気でした
2
八丁平を彷彿とさせますが、人工物が全く無い分こちらの方が美しいかもしれません
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八丁平を彷彿とさせますが、人工物が全く無い分こちらの方が美しいかもしれません
2
あたり一面緑に覆われていて道が分からず、無駄に植物を踏みつけてしまったことが申し訳ないです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あたり一面緑に覆われていて道が分からず、無駄に植物を踏みつけてしまったことが申し訳ないです
1
イトトンボの一種?初めて見たかもしれない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イトトンボの一種?初めて見たかもしれない
1
北山に残された豊かな自然に感動しました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北山に残された豊かな自然に感動しました
2
花の名前は分かりません
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花の名前は分かりません
1
タツナミソウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タツナミソウ
1
充実した時間を過ごしてやっと大見の集落に出てきました。集落の出身でたまたま帰省されたという方と少し話しました。山に登りにきたと言うとやはり熊の話に…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
充実した時間を過ごしてやっと大見の集落に出てきました。集落の出身でたまたま帰省されたという方と少し話しました。山に登りにきたと言うとやはり熊の話に…
1
ここから北の尾越へ向かう舗装道を行きます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから北の尾越へ向かう舗装道を行きます
2
「オゴシ102」の電柱から尾根に取り付きます。「okaokaclub」さんのサイトの情報を使わせていただきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「オゴシ102」の電柱から尾根に取り付きます。「okaokaclub」さんのサイトの情報を使わせていただきました
始めは植林ですがすぐに自然林の尾根に変わります。ここまで起伏の少ない道を長く歩いたせいか登りがしんどい…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
始めは植林ですがすぐに自然林の尾根に変わります。ここまで起伏の少ない道を長く歩いたせいか登りがしんどい…
1
P897に寄り道。虫が寄ってきたので即退散
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P897に寄り道。虫が寄ってきたので即退散
3
ヒノコからの道と合流する場所で少し休憩しました。谷間にシダ類が繁っていて緑の絨毯になっています
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒノコからの道と合流する場所で少し休憩しました。谷間にシダ類が繁っていて緑の絨毯になっています
1
尾根道は日陰で風も吹いて涼しい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根道は日陰で風も吹いて涼しい
皆子谷の源頭部に来ました。大見湿原と並んで楽しみにしていた場所です。苦労して登った先に突然現れる広くてなだらかな場所が好きです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
皆子谷の源頭部に来ました。大見湿原と並んで楽しみにしていた場所です。苦労して登った先に突然現れる広くてなだらかな場所が好きです
1
山頂へはすぐ向かわずにあたりを散策しました。谷から涼しい風が吹き上げてきます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂へはすぐ向かわずにあたりを散策しました。谷から涼しい風が吹き上げてきます
3
こんな綺麗な場所に誰もおらず貸しきり状態。これだから北山歩きはやめられません!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな綺麗な場所に誰もおらず貸しきり状態。これだから北山歩きはやめられません!
5
ここで昼食後ちょっと昼寝
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで昼食後ちょっと昼寝
2
と言ってもさすがに直射日光がきつくて本当に寝るのは無理でした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
と言ってもさすがに直射日光がきつくて本当に寝るのは無理でした
1
あそこから歩いてきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あそこから歩いてきました
4
丘一つ越えたもうひとつの谷。そろそろ山頂へ行きましょう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丘一つ越えたもうひとつの谷。そろそろ山頂へ行きましょう
3
京都最高峰です。滝谷山に続いて、ここでも例のプレートが見つからず。小ピークにあるやつは分かりやすいのですが…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
京都最高峰です。滝谷山に続いて、ここでも例のプレートが見つからず。小ピークにあるやつは分かりやすいのですが…
3
山頂から比良の展望。右蓬莱山、左武奈ヶ岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から比良の展望。右蓬莱山、左武奈ヶ岳
3
バスまで時間があるので山頂で時間をつぶしてから東尾根へ下山。途中の小ピークで滋賀方面の展望が得られます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バスまで時間があるので山頂で時間をつぶしてから東尾根へ下山。途中の小ピークで滋賀方面の展望が得られます
2
東尾根は大部分が植林の中でちょっと物足りないです。ヒノコ〜ナッチョ〜大原のルートも考えていたのですが、さすがに前半が長かったので時間と体力的に厳しい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東尾根は大部分が植林の中でちょっと物足りないです。ヒノコ〜ナッチョ〜大原のルートも考えていたのですが、さすがに前半が長かったので時間と体力的に厳しい
2
プレート探しが退屈しのぎになりますが、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
プレート探しが退屈しのぎになりますが、
2
P837だけは見つかりませんでした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P837だけは見つかりませんでした
1
急坂を下りて地蔵のあるお墓に出ました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急坂を下りて地蔵のあるお墓に出ました
1
そのままお寺の前を通り
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そのままお寺の前を通り
1
平バス停へ。まだ1時間ほど余裕があったので安曇川の川原で時間をつぶして帰りました。楽しかった!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平バス停へ。まだ1時間ほど余裕があったので安曇川の川原で時間をつぶして帰りました。楽しかった!
2

感想/記録

京都近郊のマイナーな山(半国高山、白木谷山、十三石山)を巡ろうと思っていたのですが、最高気温34度という予報に恐れをなしてもっと標高の高いところ、せっかくなら京都最高峰の皆子山を目指そうということで目的地が決まりました。
皆子山はもともとルート選定に悩んでいたところで、沢沿いのコースは近年状態が悪くなっているそうで自分の力量で単独は危険かも、メジャーな東尾根は少し面白みに欠けそう…調べていると小野谷峠から大見側に広がる湿原がとても良いところということで、涼しい尾根伝いにそこまで行けるように大見尾根のコースを選択しました。

結果は目論見どおり、下界の気温が信じられないくらい涼しい山歩きが出来ました。大見の湿原と皆子谷の源頭部は評判どおり素晴らしい場所で、あらためてルート選択の重要性を実感しました。東尾根から皆子山三角点までのピストンでしか登っていなかったら、急登を登り切る達成感はあると思いますが、単に京都の最高点を踏んだということしか印象に残らなかったと思います。今回は皆子山を東西に横断したので、ツボクリ谷からヒノコへの縦断もしてみたいです。
しかし前半が長かったとはいえ皆子山の登りで若干バテ気味になってしまい体力不足を痛感しました。週末登山以外にもちょっとは運動しないと駄目かなあ…
訪問者数:486人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ