ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 899820 全員に公開 ハイキング奥秩父

10年ぶりに瑞牆山

日程 2016年06月18日(土) [日帰り]
メンバー goro
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
みずがき山自然公園の駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち92%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間35分
休憩
1時間34分
合計
6時間9分
Sみずがき山自然公園09:3710:00林道小川山線終点10:43不動滝10:4612:01瑞牆山13:1313:20大ヤスリ岩13:2714:14桃太郎岩14:2614:30瑞牆山・八丁平分岐14:44富士見平小屋15:46みずがき山自然公園G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危ないといえば登山道はどこでも注意が必要
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

写真

みずがき自然公園から見上げる瑞牆山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
みずがき自然公園から見上げる瑞牆山
林道を歩いて、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道を歩いて、
登山道に入る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道に入る。
巨岩が点在するなかを歩く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巨岩が点在するなかを歩く。
よく整備されている
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
よく整備されている
奥秩父っぽい雰囲気
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥秩父っぽい雰囲気
1
シャクナゲの群生地が多い
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シャクナゲの群生地が多い
富士見平からの道と合流
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士見平からの道と合流
賑わう頂上エリア
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
賑わう頂上エリア
1
八ヶ岳のシルエット
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八ヶ岳のシルエット
1
さあ下りよう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さあ下りよう
なかなか大変な下り
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なかなか大変な下り
昔の事件を知る人も少ないだろう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昔の事件を知る人も少ないだろう
水場の水は驚くほど冷たかった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水場の水は驚くほど冷たかった
みずがき自然公園への分岐
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
みずがき自然公園への分岐
さらにみずがき自然公園への分岐
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらにみずがき自然公園への分岐
気持ちのいい登山道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気持ちのいい登山道
1
駐車場から見る瑞牆山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場から見る瑞牆山
1
素晴らしいオートキャンプ場
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
素晴らしいオートキャンプ場
今回ルートの概念図。なるほど
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回ルートの概念図。なるほど

感想/記録
by goro

 10年ぶりに瑞牆山に行ってみることにした。最近のヤマレコを読むと、10年前にはなかった、みずがき自然公園が整備され、不動沢からの周回ルートがよく歩かれるようになっているようだ。手持ちの2005年の昭文社の地図には記載ないのだが、そこから登れば周回ルートをとれるので、楽しめるのではと考えた次第。
 朝、さいたまの自宅をゆっくり出て、みずがき自然公園の駐車場に9時半頃に着いた。みずがき山荘の駐車場は一杯のようだったが、こちらは全然余裕がある。いきなり目の前に瑞牆山がドーンと素晴らしい眺め。これを見るだけでもここに来る値打ちがありそうだ。
 準備を済ませスタート。車道を少し歩いて、林道に入るが、かなり奥までクルマが停められているのに驚く。さらに登山道に入ると緩やかに高度を上げていくいい道が続く。少し歩くと沢沿いをいくようになる。下界は30何度だというが、歩いていても涼しくて気持ちがよい。1時間ほどで不動滝。この先は少し道が荒れるところもあるが、点在する巨岩のなかを高度を上げていく。下からずっとシャクナゲの群生地がここかしこにあり、花のシーズンは楽しめそう。今回は遅い花を2か所で見ることができた。
 歩き出しから2時間ほどで、富士見平からの道と合流。ここまで数えるほどの登山者としかすれ違うこともなく、静かな山歩きを楽しめた。頂上近くの岩場も10年前は大渋滞ポイントだったが、今回は誰もおらず、拍子抜け。梅雨の合間の快晴日で大勢の人が登っていると思ったが、それほどでもなかったようだ。
 出発から2時間半ちょっとで頂上に着いた。快晴の青空の下、南アルプスや八ヶ岳は霞んでシルエットだけだが、近くの金峰山や岩峰を間近に見る素晴らしい眺め。頂上にいる人は皆、満足そうだ。日陰で簡単に昼食を済ませる。下山する前に、再度眺望を楽しむ。
 下りは富士見平へ。大きな岩の間を下りていく、なかなか難儀な下りが続く。富士見平からの単純ピストンはできれば避けたいように思う。下りきったところの天鳥川の水は枯れていた。そこから少し登ったり下ったりして富士見平小屋に。小屋の前は大勢の人で賑わっていた。少し下ったところにある水場で顔と手を洗う。手で水を受けているだけで、手が痛くなるくらい冷たい水で、びっくり。さらに少し下ると、みずがき自然公園への林道の分岐があった。何とはなしに瑞牆山荘から車道沿いに戻るのかと思っていたのだが、そうではないようだ。
 林道を少し歩くと、さらにみずがき自然公園への分岐の表示があり、登山道が続いている。そしてこの道は素晴らしい道だった。よく整備された緩やかな下りの登山道でまことに気持ちがよかった。
 富士見平小屋から1時間ほどで自然公園に戻ってきた。あらためて瑞牆山を見上げて今回の山歩きを振り返る。周回コースをとったおかげで変化に富んだ、6時間の山歩きとなった。「増冨の湯」で汗を流して、さっぱりする。今後は、不動沢沿いに登るのが、瑞牆山登山の表参道になっていくのではと思う。
訪問者数:370人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ