ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 899873 全員に公開 ハイキング丹沢

権現山周辺バリ探索3週目

日程 2016年06月18日(土) [日帰り]
メンバー zuppy1519
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
箒杉下P
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間59分
休憩
1時間29分
合計
8時間28分
S箒杉07:3907:48大滝橋バス停08:47840mヤセ尾根付近09:2010:07権現山(箒沢権現山)10:2511:44西丹沢自然教室付近12:15旧権現山登山口13:14善六ノタワ13:26善六山(涸棚ノ頭)13:4014:03ショチクボノ頭14:0414:54水元沢15:0315:10用木沢出合15:1515:35神奈川県立西丹沢自然教室15:4415:59箒沢公園橋16:07箒杉G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
山旅ロガーのGPSログが途中、大幅に途切れていたので、手修正しています。
コース状況/
危険箇所等
大半はバリエーションルートです。探索といっても、詳細図やレコに出ているルートのトレースです。

装備

個人装備 スマホGPS チェーンスパイク 西丹沢詳細図

写真

先週に続き、大滝沢林道からのスタートです。
2016年06月18日 07:49撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先週に続き、大滝沢林道からのスタートです。
一軒家への分岐をすぎてすぐの小橋の先を左折して藤嵐沢左岸尾根に入ります。(先週のマスキ嵐沢左岸尾根は小橋の手前を入る)
2016年06月18日 08:04撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一軒家への分岐をすぎてすぐの小橋の先を左折して藤嵐沢左岸尾根に入ります。(先週のマスキ嵐沢左岸尾根は小橋の手前を入る)
入口に踏み跡があります。すぐ右の尾根に登ります。
2016年06月18日 08:05撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
入口に踏み跡があります。すぐ右の尾根に登ります。
尾根の上は明確な径路がありました。
2016年06月18日 08:08撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根の上は明確な径路がありました。
歩きやすい径路でどんどん登れます。左側から鹿柵が出てきました。
2016年06月18日 08:23撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩きやすい径路でどんどん登れます。左側から鹿柵が出てきました。
1
心配していた地形図750m付近の崩壊地マークの場所。尾根道には影響ありませんでした。
2016年06月18日 08:38撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
心配していた地形図750m付近の崩壊地マークの場所。尾根道には影響ありませんでした。
先々週も来た840mぐらいの小ピーク。ここでチェーンスパイクを装着します。
2016年06月18日 08:45撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先々週も来た840mぐらいの小ピーク。ここでチェーンスパイクを装着します。
そのピークから10mほど北側。少し左下に踏み跡がありますが、崩壊しており危険です。
2016年06月18日 08:46撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そのピークから10mほど北側。少し左下に踏み跡がありますが、崩壊しており危険です。
ここは、尾根上の根元にワイヤが絡む大木の左側が楽に通れました。(先々週は大木の右側を通過、左側の方が楽)
2016年06月18日 08:50撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは、尾根上の根元にワイヤが絡む大木の左側が楽に通れました。(先々週は大木の右側を通過、左側の方が楽)
その先10mぐらいでコケ尾根を辿ると、また尾根上の木が邪魔です。先週は右下を慎重に通過しましたが、コケ地の手前まで戻って左下のザレ地の径路が使えました。
2016年06月18日 09:05撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その先10mぐらいでコケ尾根を辿ると、また尾根上の木が邪魔です。先週は右下を慎重に通過しましたが、コケ地の手前まで戻って左下のザレ地の径路が使えました。
2
ヤセ尾根を通過すると、大きな岩が多い急斜面です。先々週は、斜め西にトラバースして登りましたが、今日は直登しました。
2016年06月18日 09:35撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤセ尾根を通過すると、大きな岩が多い急斜面です。先々週は、斜め西にトラバースして登りましたが、今日は直登しました。
直登すると他の方のレコにもある洞窟?の前を通りました。
2016年06月18日 09:36撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
直登すると他の方のレコにもある洞窟?の前を通りました。
1
壁のような大岩。ここは先々週も通ったところです。
2016年06月18日 09:40撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
壁のような大岩。ここは先々週も通ったところです。
大岩の激急斜面を登っていくと、最後は普通の尾根になります。
もうすぐ鹿柵に当たるので東側に迂回して頂上尾根に出ます。
2016年06月18日 09:59撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大岩の激急斜面を登っていくと、最後は普通の尾根になります。
もうすぐ鹿柵に当たるので東側に迂回して頂上尾根に出ます。
1
3週連続で権現山山頂。標高1138m。3週とも誰にも会っていません。気温が高めなので風が気持ちいいです。
2016年06月18日 10:07撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3週連続で権現山山頂。標高1138m。3週とも誰にも会っていません。気温が高めなので風が気持ちいいです。
1
山頂から、RFが難しいと言われている北東尾根を下ります。
2016年06月18日 10:28撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から、RFが難しいと言われている北東尾根を下ります。
1
出始めの標高1100mで、左の大きな尾根は北向きだし右の大きな尾根は南東向きだし。え〜、判りにくい!!真ん中の小さなヤセ尾根が正解でした。踏み跡はありました。
2016年06月18日 10:34撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出始めの標高1100mで、左の大きな尾根は北向きだし右の大きな尾根は南東向きだし。え〜、判りにくい!!真ん中の小さなヤセ尾根が正解でした。踏み跡はありました。
1
小崩壊地の横のザレたヤセ尾根を下って行きます。適度にアドベンチャーな尾根です。
2016年06月18日 10:35撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小崩壊地の横のザレたヤセ尾根を下って行きます。適度にアドベンチャーな尾根です。
地形図967m標高点。ここまでは迷う支尾根はありませんでした。
2016年06月18日 10:49撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地形図967m標高点。ここまでは迷う支尾根はありませんでした。
1
その先で尾根が広くなり、どっちだ?右尾根を下りかけましたが左側が正解でした。なだらかな広い緩斜面です。
2016年06月18日 10:51撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その先で尾根が広くなり、どっちだ?右尾根を下りかけましたが左側が正解でした。なだらかな広い緩斜面です。
ルートをはずさなければ、基本的には歩きやすい尾根です。ただし尾根分岐が判りにくい。
2016年06月18日 11:00撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ルートをはずさなければ、基本的には歩きやすい尾根です。ただし尾根分岐が判りにくい。
1
標高780mで右の尾根に曲がるところ。マーキングがあります。
2016年06月18日 11:08撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高780mで右の尾根に曲がるところ。マーキングがあります。
標高680m付近。左側に崩壊地があるので、崩壊地に沿って斜め左方向の尾根を下ります。(間違えて右の急尾根に入りそうになったけどすぐ登り返し。)
2016年06月18日 11:17撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高680m付近。左側に崩壊地があるので、崩壊地に沿って斜め左方向の尾根を下ります。(間違えて右の急尾根に入りそうになったけどすぐ登り返し。)
尾根分岐が何回もありますが、GPSが追随できなくて地形を見ながら判断しました。最後は杉林の中を適当に下りました。
2016年06月18日 11:37撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根分岐が何回もありますが、GPSが追随できなくて地形を見ながら判断しました。最後は杉林の中を適当に下りました。
最後は踏み跡が非常に判りにくい急斜面を下って、西丹沢教室の吊り橋を渡った先の登山道に出ました。もう少しいい取付きがあるのでは?と思います。
2016年06月18日 11:44撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後は踏み跡が非常に判りにくい急斜面を下って、西丹沢教室の吊り橋を渡った先の登山道に出ました。もう少しいい取付きがあるのでは?と思います。
自然教室西側から西沢沿いの登山道を畦ケ丸方向に登り返します。疲れたので、もう帰りたいという気持ちも強かったのですが、、、後悔しそうなので計画コースを根性で登る。
2016年06月18日 11:49撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
自然教室西側から西沢沿いの登山道を畦ケ丸方向に登り返します。疲れたので、もう帰りたいという気持ちも強かったのですが、、、後悔しそうなので計画コースを根性で登る。
1
体力も消耗してヘロヘロになりながら善六山のタワまで登りました。ここから東に向きを変えます。ここからまたバリエーションルートです。
2016年06月18日 13:14撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
体力も消耗してヘロヘロになりながら善六山のタワまで登りました。ここから東に向きを変えます。ここからまたバリエーションルートです。
急な尾根を登って行くと、、、
2016年06月18日 13:18撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急な尾根を登って行くと、、、
善六山の山頂に到着。標高1119m。
2016年06月18日 13:26撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
善六山の山頂に到着。標高1119m。
1
先ほど登った権現山がよく見えます。いやあ疲れた。でもここは日陰がなく暑い。
2016年06月18日 13:26撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先ほど登った権現山がよく見えます。いやあ疲れた。でもここは日陰がなく暑い。
3
少し下山方向に進むと山頂東側にある小ピークは美しい広場でした。ここでようやくランチ休憩。
2016年06月18日 13:32撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し下山方向に進むと山頂東側にある小ピークは美しい広場でした。ここでようやくランチ休憩。
1
善六山から踏み跡のある急斜面を下って行くと、途中2回小ピークを越えます。1つ目、西側の小ピークを振り返って撮影。北側に巻き道ぽい踏み跡があります。
2016年06月18日 13:52撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
善六山から踏み跡のある急斜面を下って行くと、途中2回小ピークを越えます。1つ目、西側の小ピークを振り返って撮影。北側に巻き道ぽい踏み跡があります。
1
2つ目、東側の小ピークを振り返って撮影。こちらはピークの上を越えます。
2016年06月18日 13:54撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2つ目、東側の小ピークを振り返って撮影。こちらはピークの上を越えます。
塩地窪沢ノ頭に近づくと、美しい新緑の尾根になってきました。
2016年06月18日 13:57撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塩地窪沢ノ頭に近づくと、美しい新緑の尾根になってきました。
先週は南側から来た、塩地窪沢ノ頭の西側にあるモミの大木。
2016年06月18日 13:59撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先週は南側から来た、塩地窪沢ノ頭の西側にあるモミの大木。
塩地窪沢ノ頭は本当に美しい場所です。他のWebでイヌブナが美しいと書いてありました。
2016年06月18日 14:00撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塩地窪沢ノ頭は本当に美しい場所です。他のWebでイヌブナが美しいと書いてありました。
1
塩地窪沢ノ頭山頂、標高1033m。
2016年06月18日 14:03撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塩地窪沢ノ頭山頂、標高1033m。
今日は、鹿柵地獄があるらしい北尾根ルートで下ります。鹿柵があるところまでは、すばらしい尾根なのですが、、、、
2016年06月18日 14:06撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は、鹿柵地獄があるらしい北尾根ルートで下ります。鹿柵があるところまでは、すばらしい尾根なのですが、、、、
とうとう鹿柵扉に来ました。標高850m。ここは扉を開けて通り、鹿柵沿いの歩きやすい踏跡を下ります。(西丹沢詳細図にある「鹿戸通過」地点)
2016年06月18日 14:21撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とうとう鹿柵扉に来ました。標高850m。ここは扉を開けて通り、鹿柵沿いの歩きやすい踏跡を下ります。(西丹沢詳細図にある「鹿戸通過」地点)
ここは鹿柵の穴をくぐって通過し、鹿柵沿いの急斜面を鹿柵を掴んで下ります。標高770m付近。
2016年06月18日 14:29撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは鹿柵の穴をくぐって通過し、鹿柵沿いの急斜面を鹿柵を掴んで下ります。標高770m付近。
<おまけ>鹿柵の下をくぐらずに20mほど西に進むと扉がありますが、南京錠がかかっています。写真の倒木に掴まって鹿柵を跨ぐのは可能??
2016年06月18日 14:32撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
<おまけ>鹿柵の下をくぐらずに20mほど西に進むと扉がありますが、南京錠がかかっています。写真の倒木に掴まって鹿柵を跨ぐのは可能??
鹿柵沿いの急斜面は、結構ハードでした。途中モロクボ沢白石沢合流点に下りそうな尾根がありましたが、今日は意地になって鹿柵沿いに進みました。
2016年06月18日 14:37撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿柵沿いの急斜面は、結構ハードでした。途中モロクボ沢白石沢合流点に下りそうな尾根がありましたが、今日は意地になって鹿柵沿いに進みました。
1
鹿柵の左側を下りて来ました。右の扉から登ると南京錠の扉に登れそうでした。下にはモロクボ沢の林道が見えています。
2016年06月18日 14:43撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿柵の左側を下りて来ました。右の扉から登ると南京錠の扉に登れそうでした。下にはモロクボ沢の林道が見えています。
モロクボ沢の林道の赤い橋(山びこ橋)の西側に下りて来ました。あとは、白石林道に下りて、車道を歩くだけです。旧白石キャンプ場下で裸になって冷水で体を拭きました。(安心してください。・・・)
2016年06月18日 14:46撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モロクボ沢の林道の赤い橋(山びこ橋)の西側に下りて来ました。あとは、白石林道に下りて、車道を歩くだけです。旧白石キャンプ場下で裸になって冷水で体を拭きました。(安心してください。・・・)
1
車道から権現山の下りてきた北東側の尾根尾根のヒダがよく見えました。
2016年06月18日 15:31撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車道から権現山の下りてきた北東側の尾根尾根のヒダがよく見えました。
2
とりあえず西丹沢自然教室で休憩。下山された方たちで賑わっていました。丁度バスが発車間際!うーん、箒杉Pまでは歩きました。
2016年06月18日 15:43撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とりあえず西丹沢自然教室で休憩。下山された方たちで賑わっていました。丁度バスが発車間際!うーん、箒杉Pまでは歩きました。

感想/記録

3週続けて西丹沢権現山周辺のバリルートを攻略してきました。今週は、権現山南東尾根の難所の再確認と、RFの難しい権現山北東尾根、鹿柵がいやらしい塩地窪沢ノ頭北尾根を回ってきました。西沢沿いのバリルート取付きをいろいろ確認するつもりでしたが、ヘロヘロだったので殆ど確認せずに通過してしまいました。

1)藤嵐沢左岸尾根(登り)
840m以下の尾根は径路もしっかりしており意外と歩きやすい尾根でした。840mのヤセ尾根部分は危険ですが、通過方法が判ればそれほどでもありません。ヤセ尾根横の巻き道はザレ砂が被っていたので、少し整地しておきました。その上は大きな岩がごろごろしている激急斜面になります。チェーンスパイクがあった方が滑らないので楽です。

2)権現山北東尾根(下り)
噂通り、RFの大変難しいルートでした。いきなり山頂東の肩で大きな尾根と尾根の間にある小ヤセ尾根を下るのは意外でした。踏み跡はあります。標高780mより下は尾根分岐だらけです。木々が邪魔してGPSが追随できず読図でカバーしながら下山しました。最後の植林地末端は急だったので他にいい登り口があるのでは?と思います。いろいろな小尾根から登れそうな感じもあり、今後の課題となりました。
<7/16追調査>最後の植林地末端は尾根の東端まで行けば、吊り橋のたもとに出る踏み跡がありました。

3)善六山稜ルート(西丹沢詳細図に記載あり)(東行)
踏み跡はしっかりしています。塩地窪沢ノ頭の近くに、通過しにくそうな小ピークが2つありますが、踏み跡がわかれば、それほど苦労しません。

4)塩地窪沢ノ頭北尾根ルート(西丹沢詳細図に記載あり)(下り)
上半分は非常に素敵な尾根でした。しかし、標高850mで扉を通過し、780mぐらいで鹿柵をくぐって、鹿柵沿いの急斜面を下る必要があります。鹿柵をくぐるところの西側に鹿柵扉がありますが、南京錠がかかっています。ここを通過できれば楽に下りられるのですが、、、、紫リボンは、この扉を通るようにつけられていました。扉の横にある倒木のところで柵をよじのぼって跨ぐというルートなのでしょうか??
その上が素敵なルートだけに、とても残念な南京錠でした。塩地窪沢ノ頭北尾根ルートの取付きについて他のやり方や体験談がある方はコメント頂ければ幸いです。
なお、今回は詳細図にある沢の出合に下りる尾根は、敢えて使いませんでした。

行けば行くほど課題が出てきて、また行きたくなります。でも、夏の低山は晴れていると暑すぎますね。
訪問者数:192人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/1/25
投稿数: 458
2016/6/19 17:03
 権現山北東尾根
zuppyさん、こんばんは。
今回も西丹沢バリ三昧で楽しそうですね。
権現山北東尾根は私も下ったことがありますが、紫テープがベタベタでRFどころではなかったことをよく覚えています。
善六山からショチクボノ頭までの痩せ尾根や広々尾根は好きなコースです。
私も以前同じように北尾根で詳細図通りに下った経験がありますが、倒木のところで柵をよじ登りましたが詳細図の尾根に乗れそうにないので戻りました。
戻らずにそのまま真南に下っても問題はなかったようですよ。
登録日: 2013/7/20
投稿数: 103
2016/6/19 21:57
 Re: 権現山北東尾根
secretmagicさん、コメントありがとうございます。
権現山北東尾根のマーキング、今はあまり無かったよう(特に紫)に思います。マーキングが嫌いな方もいらっしゃるようなので、回収されてしまったのかもしれません。
ショチクボノ頭北尾根はsecretmagicさんのレコも見せて頂きました。南京錠の扉横の倒木のところで柵を一旦、越えたんですね。私の予想でも、柵を越えたら柵沿いではなく植林地をそのまま真北に下山できるように見えました。(コメントの真南と同意味?)また、詳細図の通りに白石沢のほとりまで下りても下降点にコツが必要だったそうですね。またの機会にいろいろ探索してみたいと思います。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ