ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 899936 全員に公開 ハイキング志賀・草津・四阿山・浅間

湯ノ丸山〜烏帽子岳(咲き誇るレンゲツツジ)

日程 2016年06月18日(土) [日帰り]
メンバー rau-coast
天候快晴
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き:佐久平駅(9:40) → 湯の丸バス停(10:40)
帰り:湯の丸(16:00) → 佐久平駅(17:05)
※湯の丸高原線は夏期(6月〜8月)の特定日運行で1日2本
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち79%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間26分
休憩
28分
合計
3時間54分
S烏帽子岳登山口10:3911:14鐘分岐11:42湯ノ丸山11:4811:56湯ノ丸山(北峰)11:5912:06湯ノ丸山12:26小梨平分岐12:49前烏帽子12:5012:58烏帽子岳13:1113:21前烏帽子13:44小梨平分岐14:04臼窪湿原・湯の丸山方面交差14:15臼窪湿原分岐14:2014:33烏帽子岳登山口14:33ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・湯ノ丸山南峰から烏帽子岳方面鞍部への道はガレ場の急坂です。
・ドウダンツツジの小道の一部は、笹が生い茂ってますが道は明瞭です。
その他周辺情報トイレ
・地蔵峠
・湯の丸キャンプ場(臼窪湿原)
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

写真

佐久平駅バス停付近。バス1台で湯の丸へ。
2016年06月18日 08:58撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
佐久平駅バス停付近。バス1台で湯の丸へ。
登山口。リフトに沿った道でなく、リフトの下を通り抜ける道を歩きました。
2016年06月18日 10:41撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口。リフトに沿った道でなく、リフトの下を通り抜ける道を歩きました。
レンゲツツジが咲く道
2016年06月18日 10:44撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
レンゲツツジが咲く道
2
振り返ればレンゲツツジが広がっています。
2016年06月18日 10:44撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ればレンゲツツジが広がっています。
1
坂を登りきると平坦な道になります。
2016年06月18日 10:52撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
坂を登りきると平坦な道になります。
リフト終着点の分岐。当然つつじ平へ。
2016年06月18日 10:53撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
リフト終着点の分岐。当然つつじ平へ。
ゲートを抜けると一面のレンゲツツジ
2016年06月18日 10:56撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゲートを抜けると一面のレンゲツツジ
3
レンゲツツジといえば湯の丸、湯の丸といえばレンゲツツジですね。
2016年06月18日 11:00撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
レンゲツツジといえば湯の丸、湯の丸といえばレンゲツツジですね。
8
しばらく歩き回りました。
2016年06月18日 11:02撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく歩き回りました。
3
道に戻り、ここから本格的に登っていきます。
2016年06月18日 11:13撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道に戻り、ここから本格的に登っていきます。
遭難防止の鐘がある分岐。登山客が打ち鳴らす鐘の音を聞きつつ先を行きます。
2016年06月18日 11:14撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遭難防止の鐘がある分岐。登山客が打ち鳴らす鐘の音を聞きつつ先を行きます。
このような道が続きます。人が多く、渋滞になるところもありました。
2016年06月18日 11:18撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このような道が続きます。人が多く、渋滞になるところもありました。
背後は展望が良いので、たまに振り返って息抜き。
2016年06月18日 11:37撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
背後は展望が良いので、たまに振り返って息抜き。
頂上が見えてきました。
2016年06月18日 11:38撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上が見えてきました。
烏帽子岳を背景に。大展望です。
2016年06月18日 11:44撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
烏帽子岳を背景に。大展望です。
3
イワカガミ。南峰と北峰を繋ぐ稜線で目立ってました。
2016年06月18日 11:47撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワカガミ。南峰と北峰を繋ぐ稜線で目立ってました。
1
北峰へは10分ほど。
2016年06月18日 11:48撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北峰へは10分ほど。
三角点はこちら。北峰も大展望。
2016年06月18日 11:56撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点はこちら。北峰も大展望。
1
南峰に戻り正面の烏帽子岳へ。下りは急なガレ場です。
2016年06月18日 12:07撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南峰に戻り正面の烏帽子岳へ。下りは急なガレ場です。
鞍部から烏帽子岳。ここは地蔵峠方面の分岐。休憩者も大勢いました。
2016年06月18日 12:27撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鞍部から烏帽子岳。ここは地蔵峠方面の分岐。休憩者も大勢いました。
ウマノアシガタでいいのかな?
2016年06月18日 12:36撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウマノアシガタでいいのかな?
1
烏帽子岳へはゆるやかな坂が多く、展望も良いです。
2016年06月18日 12:37撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
烏帽子岳へはゆるやかな坂が多く、展望も良いです。
これから歩く稜線です。
2016年06月18日 12:42撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから歩く稜線です。
この登りの左側にはコマクサが見られました。
2016年06月18日 12:44撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この登りの左側にはコマクサが見られました。
ミヤマハンショウヅル?
2016年06月18日 12:46撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマハンショウヅル?
2
小烏帽子岳
2016年06月18日 12:49撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小烏帽子岳
岩陰のコマクサ
2016年06月18日 12:52撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩陰のコマクサ
4
やっぱり開放感のある稜線歩きは気持ちいい。
2016年06月18日 12:53撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっぱり開放感のある稜線歩きは気持ちいい。
烏帽子岳頂上。湯ノ丸山より頂上らしくて、こっちの方が好きかな。
2016年06月18日 13:02撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
烏帽子岳頂上。湯ノ丸山より頂上らしくて、こっちの方が好きかな。
2
昼食後、小烏帽子岳へ戻ります。
2016年06月18日 13:06撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昼食後、小烏帽子岳へ戻ります。
別の場所でもコマクサ。望遠で撮りました。
2016年06月18日 13:27撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
別の場所でもコマクサ。望遠で撮りました。
1
下り途中から。まーるい湯ノ丸山。
2016年06月18日 13:41撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下り途中から。まーるい湯ノ丸山。
1
鞍部の分岐。地蔵峠の道へ。
2016年06月18日 13:44撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鞍部の分岐。地蔵峠の道へ。
ほぼ平坦な道が続きます。
2016年06月18日 14:03撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほぼ平坦な道が続きます。
1
ドウダンツツジの小道を歩きましたが、つつじ平へ戻っても良かったかも。
2016年06月18日 14:04撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ドウダンツツジの小道を歩きましたが、つつじ平へ戻っても良かったかも。
ドウダンツツジの小道はほとんど薄暗い道です。写真は白窪湿原付近。
2016年06月18日 14:14撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ドウダンツツジの小道はほとんど薄暗い道です。写真は白窪湿原付近。
せっかくなので白窪湿原に寄りました。時計回りの一方通行です。
2016年06月18日 14:16撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
せっかくなので白窪湿原に寄りました。時計回りの一方通行です。
ちなみに全く花は咲いてませんでした・・・
2016年06月18日 14:17撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちなみに全く花は咲いてませんでした・・・
湯の丸キャンプ場から林道で地蔵峠へ。湯の丸バス停へ戻ります。
2016年06月18日 14:32撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湯の丸キャンプ場から林道で地蔵峠へ。湯の丸バス停へ戻ります。
佐久平駅到着後、時間が少しあるので展望台へ。展望図も設置されています。
2016年06月18日 17:09撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
佐久平駅到着後、時間が少しあるので展望台へ。展望図も設置されています。

感想/記録

佐久平駅からバスでアクセスできる山として、湯ノ丸山、篭ノ登山、黒斑山を考えていましたが、レンゲツツジの季節なので湯ノ丸山を選択しました。湯の丸は季節運行だし今のうちに行っておこうかと。篭ノ登山、黒斑山は別の機会に考えておくことにしました。

レンゲツツジの湯ノ丸山、眺めの良い稜線歩きが楽しい烏帽子岳。短い時間でしたが十分楽しめました。帰りは臼窪湿原経由にしましたが、中分岐からもう一度つつじ平に寄っても良かったですね。
訪問者数:149人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ