ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 900096 全員に公開 ハイキング丹沢

丹沢 大山

日程 2016年06月18日(土) [日帰り]
メンバー Leftoverture, その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス、 ケーブルカー等

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.5〜1.6(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち76%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間19分
休憩
1時間40分
合計
7時間59分
Sスタート地点08:5709:19大山寺09:3310:22阿夫利神社下社10:3713:14大山14:0014:32不動尻分岐14:3315:37見晴台15:4716:11二重滝16:1516:36阿夫利神社下社16:4616:56ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
登りのルートは階段が多く、下りは土留めの階段(?)が多いです。
コース状況/
危険箇所等
全般によく整備されていて、途中危険箇所はありません。
その他周辺情報阿夫利神社下社周辺に何件か、食堂および土産物屋、頂上に売店があります。
大山ケーブルバス停からのこま参道にも大山名物の豆腐料理の食堂が何件かあります。
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

写真

登山口。右が男坂、左が女坂
2016年06月18日 08:56撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口。右が男坂、左が女坂
階段多いです。
2016年06月18日 09:13撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
階段多いです。
大山寺前不動
2016年06月18日 09:17撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大山寺前不動
大山寺倶利伽羅堂
2016年06月18日 09:18撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大山寺倶利伽羅堂
大山寺到着
2016年06月18日 09:24撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大山寺到着
かわらけ投げに挑戦
2016年06月18日 09:27撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かわらけ投げに挑戦
下の赤い輪がかわらけ投げの福輪
2016年06月18日 09:28撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下の赤い輪がかわらけ投げの福輪
男坂、女坂分岐点で男坂と合流
2016年06月18日 10:05撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
男坂、女坂分岐点で男坂と合流
この石段手前に3件売店が並んでます。一番手前のお店で冷たい湧き水をごちそうになり、予備の水を購入。500mlで200円。早速飲み初めたら、売店のおばさんが「もったいないから、うちの湧き水を好きなだけ飲んでいきなよ。」と。ご馳走様でした!
2016年06月18日 10:16撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この石段手前に3件売店が並んでます。一番手前のお店で冷たい湧き水をごちそうになり、予備の水を購入。500mlで200円。早速飲み初めたら、売店のおばさんが「もったいないから、うちの湧き水を好きなだけ飲んでいきなよ。」と。ご馳走様でした!
大山阿夫利神社下社。立派な拝殿です。
2016年06月18日 10:25撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大山阿夫利神社下社。立派な拝殿です。
入山祓所でお祓いしてから入山。スルーしてる人も多かったし、特に信心深いわけではないけど、こういうことはちゃんとやりたいな。それまで誰もやってなかったのに、私たちが始めたら、なぜか後ろに行列ができました(笑)
2016年06月18日 10:27撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
入山祓所でお祓いしてから入山。スルーしてる人も多かったし、特に信心深いわけではないけど、こういうことはちゃんとやりたいな。それまで誰もやってなかったのに、私たちが始めたら、なぜか後ろに行列ができました(笑)
夫婦杉。圧巻です。
2016年06月18日 11:03撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夫婦杉。圧巻です。
杉の根に杉の赤ちゃん
2016年06月18日 11:12撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杉の根に杉の赤ちゃん
牡丹岩
2016年06月18日 11:52撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
牡丹岩
野生の小鹿
2016年06月18日 11:57撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
野生の小鹿
1
天狗の鼻突き岩
2016年06月18日 12:00撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗の鼻突き岩
きれいな木道。歩きやすいです。
2016年06月18日 12:04撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
きれいな木道。歩きやすいです。
富士見台からの富士山。もやっててかすかにしか見えなかったので、見やすいように画像を加工してます。色が微妙なのはご勘弁!
2016年06月18日 12:26撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士見台からの富士山。もやっててかすかにしか見えなかったので、見やすいように画像を加工してます。色が微妙なのはご勘弁!
1
ヤビツ峠からの合流点というか分岐点
2016年06月18日 12:56撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤビツ峠からの合流点というか分岐点
ついに頂上です。
2016年06月18日 13:17撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ついに頂上です。
1
山頂到着!
2016年06月18日 13:21撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂到着!
1
ここで軽くお昼ごはん
2016年06月18日 13:51撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで軽くお昼ごはん
阿夫利神社本社に到着!
2016年06月18日 14:00撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿夫利神社本社に到着!
こちらは土留めが多いので、膝の悪い私たちは四苦八苦
2016年06月18日 14:05撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは土留めが多いので、膝の悪い私たちは四苦八苦
遠く江ノ島が見えます。
2016年06月18日 14:11撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠く江ノ島が見えます。
土留めは苦手だけど、ここはきれいに整備されてます。
2016年06月18日 14:20撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
土留めは苦手だけど、ここはきれいに整備されてます。
見晴台コースは風が強いせいか、柘植などの低木が多いです。
2016年06月18日 14:23撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見晴台コースは風が強いせいか、柘植などの低木が多いです。
コケがきれい。触るとふかふか
2016年06月18日 15:05撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コケがきれい。触るとふかふか
見晴台。テーブルと椅子がかなり多いので、ゆったり
2016年06月18日 15:37撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見晴台。テーブルと椅子がかなり多いので、ゆったり
1
見晴台からは細いけど、なだらかな道が続きます。
2016年06月18日 15:51撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見晴台からは細いけど、なだらかな道が続きます。
圧巻のモミの木
2016年06月18日 16:03撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
圧巻のモミの木
二重の滝上部
2016年06月18日 16:11撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二重の滝上部
1
狛犬の代わりに竜が鎮座してます。
2016年06月18日 16:12撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
狛犬の代わりに竜が鎮座してます。
二重の滝下部
2016年06月18日 16:12撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二重の滝下部
あと一息!
2016年06月18日 16:19撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あと一息!
ケーブルカー内部。大山寺で反対側とすれ違った後
2016年06月18日 16:53撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ケーブルカー内部。大山寺で反対側とすれ違った後
無事に到着!お疲れ様でした!
2016年06月18日 16:56撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事に到着!お疲れ様でした!
撮影機材:

感想/記録

梅雨の合間の晴れの日に、相方さんが以前から行きたがっていた大山へ行って来ました。
初心者向けというので、正直ちょっと舐めていたかもしれません。思っていた以上にちゃんとした山です。階段が多いのもおそらく勾配がきついためじゃないかと。
新宿駅より丹沢・大山フリーパスを購入し、7時51分発の急行で、伊勢原へ。急げば直通バスに間に合ったけど、座りたいので(笑)次のバスに乗車。満員ではないけど、けっこう混んでました。30分ほどで大山ケーブル着。
こま参道は早すぎてやっている店も少なくて通過。ケーブル駅と登山口の分岐に行くとケーブルカー待ちの行列が。左の登山口に向かい、準備して出発。
久々の登山に汗がぼたぼた。日頃の運動不足がたたってるから仕方ない。しかしながらちょっと登っただけなのに、とてもいい森で気持ちいい。
しばらく歩くと大山寺前不動と倶利伽羅堂に出る。古い趣のある建物の前でしばし休憩。
さらに少し歩くと大山寺本堂に出ました。そびえ立つ階段を登るとようやく本堂。お参りを済ませ、かわらけ投げで厄落としと願掛け。すっきりしたところで、さらに上を目指します。
女坂七不思議や森を見ているうちに男坂と合流し、阿夫利神社下社に到着。もうけっこう汗をかいていた私たちに階段を登ってすぐの売店のおばさんが「湧き水飲んでいきな〜」の声が。ご商売で誰にでも声をかけられているんでしょうけど、おいしいお水をいただき、持参の水では心もとなくなっていたので、ペットボトルの水をこちらのお店で購入。500mlで\200。冷たいうちにとその場で飲み始めた私たちにお店のおばさん「うちはいいけど、もったいないからそれはとって置いて、もっと湧き水飲んでいきなよ」とさらに湧き水をご馳走になってしまいました。こういう日の水は本当に貴重!おばさんに感謝です。
一息入れてから、阿夫利神社下社へお参り。標識どおりに登山口に向かうと入山祓所があり、\100納めて自ら登山の安全を祈り、小さな道中安全御守をいただきます。それまでけっこうスルーしてた人が多かったのに、私たちがやっていると皆やり始め、行列までできました。登山口は登拝門があり、鳥居が立ってます。ここからはケーブル利用者と思われる登山者が増えます。
ここからも石段が多いです。頂上が28丁目で、ほぼ等間隔に道標があり、自分の現在地を知るのにとてもわかりやすいです。途中の夫婦杉は圧巻で、他にもモミやけやきの大木が多く、歩いていて、とても気持ちのいい森。15丁目の天狗の鼻突岩付近で野生の小鹿を発見。他にもヤギ臭いというか獣臭いにおいのする場所が随所にあったので、おそらくよく出没するのでしょう。
くずれたと思われるところにはきれいな木道がかかり、全体にとても歩きやすい道。富士見台からはかすかに富士山も見えました。たぶん秋冬など乾燥した季節や早朝ならもっとくっきり見えるんだろうな。
ヤビツ峠からの合流点を超えるとまもなく山頂です。ちょうどお昼時とあって大賑わい。椅子や机もあるけど、いっぱいだったので、木陰に持参のシートをしいての休憩。売店も混んでいたので、手持ちのパンなどを食べて軽い昼食。きれいなトイレで用を済ませ、阿夫利神社本社に参拝し、見晴台方面に向かいます。
今度は土留めの階段が続きます。通常山道だと土留めの階段は土が流されてるところが多いけど、ここはちゃんと土が補充されていて、歩きやすいです。とはいうものの、年齢と体重からくる段差による膝痛は避けられません。ストック大活躍です。
こちら側は風が強いのか柘植などの低木が多いです。たしかにずっと涼しい風が吹いていて、快適に歩けました。
中腹まで降りると高い木も増えてきました。
途中何箇所か鎖場もありましたが、ちょっと心もとない感じでした。やはり自分の手と足が大事。本当に鎖に頼らなければならない時もあるけど。
膝が笑い出した頃に見晴台到着。ここも椅子と机がたくさんありまして、多くの人でにぎわってました。しばし休憩し、阿夫利神社方面へ。
ここからはかなりなだらかな道になるので、快適です。途中大きなモミの木がありました。
二重の滝を通過するとまもなく阿夫利神社下社売店横に出ます。
朝湧き水をご馳走になったお店に行くとおばさんが覚えててくれました。お団子をいただき、また湧き水をたっぷり飲ませていただきました。ご馳走様!ちょうど私たちが店にいた時に若いカップルが来て、これから登るつもりだったのでしょうか、おばさんが「3時間半もかかるから、今日はもう無理だよ。やめときな。また今度おいで」と。
帰りはリニューアルしたケーブルカー。4時40分に乗るつもりが満員で、臨時で出た50分に乗車。後ろ向きの座席に座ると急な勾配を逆に進むので、けっこう恐い。登りで1時間も費やした道も5分ほどで下山。嬉しいのかくやしいのか微妙(笑)
入門者向けの山と紹介されることが多いですが、高尾山や高水三山、御岳山と比べるとずっときついです。確かに初心者と思われる方も多かったです。

どんな山でも山に登っていると、その土地の人たちの信仰の対象になっているんだという感じがありますが、大山はお寺もあり、神社もあり、特に強く感じました。
訪問者数:245人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ