ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 900214 全員に公開 ハイキング妙高・戸隠・雨飾

高妻山

日程 2016年06月18日(土) [日帰り]
メンバー hboiledskier
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
キャンプ場そばの登山者専用駐車場
6時時点でほぼ満車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち90%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間14分
休憩
30分
合計
6時間44分
S戸隠キャンプ場バス停06:1706:20戸隠キャンプ場06:25戸隠牧場入口06:2606:33弥勒尾根コース分岐06:39ゲート07:19帯岩07:2207:37一不動(避難小屋)07:3808:24五地蔵山08:2508:51八観音09:45高妻山10:0410:54八観音11:18五地蔵山11:1911:57弥勒尾根1596m点12:40弥勒尾根コース分岐12:48戸隠牧場入口12:5212:58戸隠キャンプ場13:01ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
一不動からの暫くの稜線は踏み外すと危ないです。
弥勒尾根ルートは下の方は土質が滑りやすい。下りでは注意です。
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

写真

登山者専用駐車場
2016年06月18日 06:30撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山者専用駐車場
1
牧場を通って
2016年06月18日 06:44撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
牧場を通って
1
一不動へ登ってゆきます。
2016年06月18日 07:07撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一不動へ登ってゆきます。
1
避難小屋
2016年06月18日 07:49撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
避難小屋
1
150分はちょっと厳しめかと
2016年06月18日 07:50撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
150分はちょっと厳しめかと
1
やっと見えました
2016年06月18日 08:37撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと見えました
1
後立山連峰
2016年06月18日 08:56撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後立山連峰
1
五地蔵山を過ぎて
2016年06月18日 09:14撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五地蔵山を過ぎて
1
急登です
2016年06月18日 09:51撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登です
1
山頂
2016年06月18日 09:55撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂
2
帰りは弥勒尾根コース。最初は快適だが・・・
2016年06月18日 11:38撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りは弥勒尾根コース。最初は快適だが・・・
1
このころは滑ってドロドロです
2016年06月18日 12:28撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このころは滑ってドロドロです
牧場に戻ってきました
2016年06月18日 12:46撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
牧場に戻ってきました
1

感想/記録

天気は良かったですが一不動までは湿度が高く消耗します。そこからさきはアップダウン多く、消耗します。山頂への最後の登りは試練の急登で消耗します。全般に羽虫が多く、消耗します。弥勒尾根コースは下り始めは柔らかくて見晴らしもよく快適ですが樹林帯に入ると粘土質で足場が悪く、靴のフリクションにかかわらず滑ります。
夏場はたっぷりの水分持参、それぞれの虫対策が必須です。
コースデータからは分からない厳しさがありますが。後立山や火打/焼山の眺望は見事です。
訪問者数:256人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/4/19
投稿数: 929
2016/6/23 21:26
 お疲れ様でした。
長野にいらしてたんですね〜。
お天気で眺望が良くて良かったですね。
ここ、牧場があるせいか虫がすごいです。
私もここで刺されて、次の日顔が腫れて熱が出てしまいました。
獣臭もするコースだし。。。
ケガや事故とかなく無事ご自宅に帰られたんですよね。良かったです。
お疲れ様でした。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

急登 避難小屋 地蔵
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ