ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 900356 全員に公開 ハイキング甲斐駒・北岳

鳳凰三山リベンジ。ドンドコ沢から鳳凰小屋泊にて

日程 2016年06月18日(土) 〜 2016年06月19日(日)
メンバー mkazu11, その他メンバー1人
天候晴れのち曇り一時雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
マイカーで青木鉱泉まで。道は狭いけど概ね整備されています。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち83%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間44分
休憩
1時間56分
合計
7時間40分
S青木鉱泉08:3410:12南精進ヶ滝11:31白糸の滝11:4312:13五色の滝12:1413:07鳳凰小屋14:1615:12地蔵ヶ岳15:4616:14鳳凰小屋
2日目
山行
5時間6分
休憩
38分
合計
5時間44分
鳳凰小屋05:4906:46鳳凰小屋分岐07:21鳳凰山07:3107:51薬師岳08:1708:58御座石09:0010:26林道出合10:55中道ルート登山口11:33ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登りは青木鉱泉からのドンドコ沢。樹林帯の中の登り一辺倒の急登です。登山道が狭いところ、全身使って登るところもあり注意が必要ですが、危険箇所はあまりありません。
鳳凰小屋から地蔵岳はザレた砂の急登なので心が折れる事でしょうw下りは楽しい。
鳳凰小屋から観音岳までは急登、観音岳〜薬師岳は強風の稜線ですが、寒さ対策していれば怖く無いです。
薬師岳から中道はこれまた心が折れるひたすらの下り。ガレてたり、滑りやすいところもあるのですが、やはり精神力が切れる事が一番の注意。
このルートを登る人は相当なMではないかとw
その他周辺情報鳳凰小屋のテン場は広くありません。20〜30張り
小屋の方は普通に親切で、南アルプス天然水もじゃかじゃか出てます。
ワインにこだわりがあるようで、\3,500ほどでしたが美味しかったです!
トイレは外に3つあり、トイレットペーパー完備でゴミ箱に捨てる系です。水をフットペダルで流すので比較的清潔な感じですが、ティッシュが山盛りになると匂いがきつくなります。しょうがないですね。
心無い人が、ティッシュを便器に入れしかも流さないままの人がいました。馬鹿め
下山後は青木鉱泉に入ろうかとも思ったのですが、蕎麦も食べたいという事で、武田乃郷 白山温泉で汗を流し、併設の蕎麦屋で自分は先生オススメのうどんを食べてしまいました。ボリュームがあって美味しかった。
蕎麦はもりそばしかなく、ちょっと残念。温泉は狭く設備もあまり無いですが、露天があるのと、施設が新しいのが良かったです
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック サブザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ テント シュラフ

写真

地蔵岳。そそり立ってるね〜
2016年06月18日 14:48撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵岳。そそり立ってるね〜
2
観音岳からの地蔵岳と甲斐駒ケ岳。かっこいい〜
2016年06月19日 07:28撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
観音岳からの地蔵岳と甲斐駒ケ岳。かっこいい〜
4
薬師岳からは北岳。雪をもっと纏ってる方が更にかっこいいのですが
2016年06月19日 07:57撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬師岳からは北岳。雪をもっと纏ってる方が更にかっこいいのですが
2
撮影機材:

感想/記録

梅雨なのに週末好天予報…二週連続テン泊行っちゃいます!
という事で、この度は3月雪の時にチャレンジもリタイアした鳳凰三山に行く事にしました。
3月で自分の体力レベルでは日帰りは無理と分かっていたので、青木鉱泉からのドンドコ沢ルートで、鳳凰小屋テン泊。その日のうちに地蔵岳はクリアしておき、翌日は観音〜薬師を経て、中道で下山というコースをチョイス。
土曜朝8時頃青木鉱泉に着くと駐車場はあと数台という状況でした。サックっと準備して早速登り始めると、分かってたけど序盤からなかなかの急登。
本来は滝を見ながらドンドコ登るのでしょうが、できるだけ滝は音から想像するだけにしてヒーコラ登ります。
ひーひー
そうすると突然枯れた河のような風景のところに出て、そこを頑張って登ると鳳凰小屋に到着。受付で\800を払ってテント場を見ると既に20張りくらいはありましたが、まだスペース的には余裕。できるだけ無駄なスペースができぬよう場所を決めてテントを設営しました。
そしていよいよ地蔵岳アタックです。
分かってます。分かってましたがザレた急登は小休止後には更にきつく、途中で何度も明日にしようかと言う悪魔のささやきと戦って、そして勝ちましたw
地蔵岳はその由来となった地蔵群も含めて、そそり立った岩のオベリスクが登山者を引きつけるわけですが、それはもう立派なものでしたw
てっぺん立ちできるそうなんですが、今はロープが切れているとの事。ちょっとチャレンジもしてみたかったですが、眺めるだけにして鳳凰小屋に戻ります。下りは砂を滑りながら下りる感じで楽しいです。
そして鳳凰小屋のテン場は隙間のないくらいにテントが張られてました。隙間のない隙間で先輩と晩御飯。今日は先輩がもつ鍋、自分は焼きそばです。カット野菜をちゃんと炒めて作りました。だんだんとテン泊食事もバラエティ豊かになってきてます。
おつまみに持ってきた、きゅうりやトマト、サラミにチーズたらを見て、やっぱり買うでしょと鳳凰小屋こだわりのワインをいただきます。ボトルで\3,500くらい。確かに美味しかったです。
そしてまだ明るいうちに各テント寝に入りますが、18時半の時点でいびきの合唱が始まりやれやれです。
自分は日が暮れるまで空を眺めてぼーっとしたりして過ごしました。
さて、テン泊3回目。過去2回はいずれもほとんど眠れずでしたが、今回こそと耳栓をして寝に入りましたが残念。耳栓ごときではガマガエル達の咆哮はガードできないようです。うつらうつらしては目覚めるを繰り返し、やっぱりまんじりとしない夜を過ごしました。隣のモンベルの1Pが凄まじかったのですが、中からゴジラが2頭出てきて驚きました。まいりましたw
二日目は4時に起床、5時過ぎに出発。観音岳に向かいます。ここもやっぱり急登。朝からしんどいなーと思いながらえっちら登って稜線に出るとだいぶ強風です。ですが、素晴らしい景色に感動でした。南アルプスの峰々、遠くに八ヶ岳や富士山を眺め、最高の眺望を楽しめました。
少しガスが出てきた頃、薬師岳から中道を下山します。
ここも覚悟はしてましたが、基本樹林帯のうんざりする急下りで、延々楽しまれない下りを下りますw途中5人の登る人に出会いましたが、相当変態だと思いますww
というくらい中道は急登です。
疲れて足元が怪しくなる頃ようやく麓へ。ただし、青木鉱泉まで樹林帯を40分歩くのですが、これが地味にしんどかったです。
この頃はガスも出て小雨がぱらついてましたので、天気に関してはかなりバッチリなタイミングになりました。
さて、青木鉱泉で温泉に入ろうかとも思いましたが、ちょっと綺麗な所に行こうと、韮崎IC近くの日帰り湯で汗を流し、併設の蕎麦屋でうどんを食べて帰りました。このうどんがまた美味しかったのです。
先週に引き続き天候に恵まれ楽しいテント泊山行を楽しめました。
次は八ヶ岳を狙いたいと思いますが、7月には今日見た北岳にも登ります。
あー山っていいな〜
訪問者数:511人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ