ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 900375 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走尾瀬・奥利根

尾瀬夜行23:55で会津駒ヶ岳(滝沢からキリンテへ)

日程 2016年06月18日(土) [日帰り]
メンバー sun_berg
天候晴れ
最高気温:24.0℃ 最低気温:12.4℃(アメダス檜枝岐)

快晴とまではいかなかった。
天気だけを考えれば、北関東以南が正解だったと思う。
アクセス
利用交通機関
電車バス
(往路)池袋2331-2343日暮里2346-2353北千住010-350会津高原尾瀬口420-駒ヶ岳登山口BS530
(復路)キリンテBS1327-1330上の原BS(寄り道)1450-1610会津高原尾瀬口1623-1953北千住

尾瀬夜行23:55を利用しました。北千住〜沼山峠の往復で\8,950ですが、バスを途中下車することで会津駒ヶ岳にも使えます。バスは1回に限って途中下車可能で、今回も温泉に立ち寄るために、途中下車しています。
使用車両は古く、リクライニングすらしません。ただし、ハイシーズン以外は空いているので、1人で2席ないし4席占領可能です。減灯してくれるので車内は暗く、寝方を工夫すれば十分な睡眠を取ることが可能でしょう。ただし繊細な人にはあまり向かないかもしれません。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間4分
休憩
1時間49分
合計
6時間53分
S会津駒ヶ岳登山口05:4006:02会津駒ヶ岳滝沢登山口06:0806:52水場07:0507:45駒の小屋07:5808:08会津駒ヶ岳08:1108:40中門岳09:1009:42駒の小屋10:2011:03大津岐峠11:0912:33ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・雪は駒の大池以降で少しだけ残っていますが、ノーアイゼンでOKです。
・会津駒ヶ岳山頂付近は濡れた木道が滑りやすいので、用心が必要です。
・駒の大池からの縦走路はグッと人が少なくなりますが、特段の危険箇所はありません。キリンテへの下山路は急なところがなく、とても快適でおすすめです。
その他周辺情報・キリンテには「みやまえ食堂」があり、裁ち蕎麦などの郷土料理を楽しめます。
・檜枝岐村には、「燧の湯」「駒の湯」「アルザ尾瀬」など、日帰り温泉が豊富です。
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

写真

尾瀬夜行23:55が北千住駅に到着です。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す 尾瀬夜行23:55が北千住駅に到着です。
2
ガラガラの一画を撮影。シートピッチは狭く、リクライニングしません。寝方は工夫しましょう。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す ガラガラの一画を撮影。シートピッチは狭く、リクライニングしません。寝方は工夫しましょう。
4
バスに乗り継ぎ、会津駒ヶ岳登山口に着きました。ここで降りる人は少なく、ほとんどが沼山峠方面までバスに乗ったのでしょう。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す バスに乗り継ぎ、会津駒ヶ岳登山口に着きました。ここで降りる人は少なく、ほとんどが沼山峠方面までバスに乗ったのでしょう。
1
のっけから急階段、そして地獄の急登が待っている… 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す のっけから急階段、そして地獄の急登が待っている…
2
何とか急登を乗り切り、水場です。やや細いですが、とても冷たくてgood! 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す 何とか急登を乗り切り、水場です。やや細いですが、とても冷たくてgood!
2
水場を過ぎればゆるくなります。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す 水場を過ぎればゆるくなります。
そして次第に明るい雰囲気に。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す そして次第に明るい雰囲気に。
会津駒ヶ岳の山頂も見えました。結構遠く見えますが。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す 会津駒ヶ岳の山頂も見えました。結構遠く見えますが。
3
ちょっとした池塘もみられます。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す ちょっとした池塘もみられます。
さあ、駒の小屋まであとわずか! 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す さあ、駒の小屋まであとわずか!
7
駒の小屋付近より、駒の大池と雪と会津駒ヶ岳。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す 駒の小屋付近より、駒の大池と雪と会津駒ヶ岳。
5
木道が雪に覆われます。ただ、ノーアイゼンで大丈夫です。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す 木道が雪に覆われます。ただ、ノーアイゼンで大丈夫です。
2
一息で山頂に到着です。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す 一息で山頂に到着です。
4
展望に乏しいのは意外。ちょっと期待はずれな山頂です。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す 展望に乏しいのは意外。ちょっと期待はずれな山頂です。
2
中門岳への道。気持ちよすぎです。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す 中門岳への道。気持ちよすぎです。
6
雪をザクザクと。天然クーラーで涼しいです。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す 雪をザクザクと。天然クーラーで涼しいです。
3
ハクサンコザクラ。群生してました。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す ハクサンコザクラ。群生してました。
2
中門岳一体。明確な山頂はなく、広々とした湿原が広がります。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す 中門岳一体。明確な山頂はなく、広々とした湿原が広がります。
4
ベンチ、水没しかけてますw 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す ベンチ、水没しかけてますw
6
一番奥まで来ました。歩いてる5人組の雰囲気がよかったので、勝手に撮影させていただきました。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す 一番奥まで来ました。歩いてる5人組の雰囲気がよかったので、勝手に撮影させていただきました。
8
三岩岳方面かな?
快晴にはなりませんでしたね。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三岩岳方面かな?
快晴にはなりませんでしたね。
これから歩く稜線です。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す これから歩く稜線です。
木道が滑りやすくて、サディスティックでした。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す 木道が滑りやすくて、サディスティックでした。
1
駒の大池まで戻ってきました。しばし休憩としましたが、のんびりしすぎて時間がなくなる。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す 駒の大池まで戻ってきました。しばし休憩としましたが、のんびりしすぎて時間がなくなる。
6
駒の小屋。掃除中でした。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す 駒の小屋。掃除中でした。
後半はこんな感じの稜線歩きからスタート。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す 後半はこんな感じの稜線歩きからスタート。
1
気持ちいい木道歩きもあり、花も多く、超穴場です。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す 気持ちいい木道歩きもあり、花も多く、超穴場です。
1
シャクナゲはほとんど終わってました。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す シャクナゲはほとんど終わってました。
シラネアオイ。清楚な印象。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す シラネアオイ。清楚な印象。
1
ノリウツギ。結構いっぱい咲いてました。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す ノリウツギ。結構いっぱい咲いてました。
1
イワカガミも多かったです。撮ったのは、やや元気がない花でした…。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す イワカガミも多かったです。撮ったのは、やや元気がない花でした…。
タテヤマリンドウもちょこちょこと。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す タテヤマリンドウもちょこちょこと。
1
ワタスゲは少し時期が外れてるかな? 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す ワタスゲは少し時期が外れてるかな?
キリンテの分岐ですが、派手に道標がぶっ倒れてます。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す キリンテの分岐ですが、派手に道標がぶっ倒れてます。
御池方面の稜線。こちらを歩き切る余力はありません。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す 御池方面の稜線。こちらを歩き切る余力はありません。
キリンテへの下山道はいい感じのゆるさで、歩きやすいです。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す キリンテへの下山道はいい感じのゆるさで、歩きやすいです。
燧ヶ岳も雲がようやく取れ、しっかりと姿を拝見できました。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す 燧ヶ岳も雲がようやく取れ、しっかりと姿を拝見できました。
2
雰囲気は物々しいですが、嬉しいメッセージ。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す 雰囲気は物々しいですが、嬉しいメッセージ。
1
沢を渡ります。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す 沢を渡ります。
ようやく下山です。バスが来るまで1時間弱、昼食の時間は十分すぎるほど確保しました。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す ようやく下山です。バスが来るまで1時間弱、昼食の時間は十分すぎるほど確保しました。
1
キリンテバス停の前に一軒だけある、みやまえ食堂に寄りました。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す キリンテバス停の前に一軒だけある、みやまえ食堂に寄りました。
1
メニューはこんな感じ。少しブレてますが。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す メニューはこんな感じ。少しブレてますが。
はっとう・山菜付き、大ざるそばです。ですが、はっとうが写っておりません…。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す はっとう・山菜付き、大ざるそばです。ですが、はっとうが写っておりません…。
1
バスを途中下車して、帰りに寄った燧の湯。シンプルでいい湯でした。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す バスを途中下車して、帰りに寄った燧の湯。シンプルでいい湯でした。
1
撮影機材:

感想/記録

○初めての尾瀬夜行23:55で、会津駒ヶ岳に向かうことにしました。まだトップシーズンには早いですが、ノーアイゼンで大丈夫なほど雪解けが進んだので、行ける時に行ってしまおうと思い、決定しました。申込みは東武トップツアーズなどで、出発当日の17時までとなっているため、前日の退勤後、閉店間際に飛び込んで予約しました。

○この電車、夜行電車なのにリクライニングしないなど、致命的な欠陥を持っているので不安でした。しかし、乗客は定員の半分以下で、周囲は全て空席でした。自由な体勢で寝られた上に、減灯されて十分に暗くなったので、3時間程度でしたが快眠でした。乗り継いだバスでも1時間以上仮眠し、最低限の睡眠は確保できたかなと思います。

○会津駒ヶ岳登山口からのメインルートの登りは、特に序盤が厳しいものでした。最初からクライマックスといった感じで、他の登山者も例外なく辛そうにしていました。しかし水場まで上がれば傾斜は緩みます。徐々に展望も開けるようになり、会津駒ヶ岳〜中門岳の稜線まで早く行きたいという気持ちが高まります。

○駒の大池から一息で会津駒ヶ岳の山頂に到着です。山頂そのものはいたって地味で、意外にも展望に乏しかったです。しかし、そこから中門岳への道が非常に気持ちいいコースでした。高山植物にはやや早いものの、ハクサンコザクラの群生などが楽しめました。また、雪が少し残っていたため、ザクザク、ひんやりとした感触もよかったです。これできれいに晴れてくれれば言うことなしなのですが、少し雲が多かったのが残念です。

○駒の小屋から大津岐峠へ向かうと、途端に人が減るというか、人が全くいなくなります。特にマイカーであれば、わざわざ遠回りになる大津岐峠・キリンテ(御池)経由では登らないでしょう。しかし、こちらにも小さな湿原・池塘があり、ワタスゲやエゾムラサキ、イワカガミ、さらにシャクナゲなどが楽しめる穴場コースでした。あまり歩かれていないのがもったいないです。

○大津岐峠からの下りは、900mの標高差があるにもかかわらず、驚くほどやさしい道でした。花や沢に恵まれた、一貫してきつくない傾斜のコースです。駒の小屋からはかなりの長丁場でしたが、すれ違った人は片手で数えられる程度で、静かな登山を楽しみたい向きにはおすすめです。

○下山は12時半頃となり、次のバスが来るまで1時間弱あります。いいペースで歩けたので、ゆっくりと昼食を取るには十分な時間を確保できました。キリンテバス停そばの「みやまえ食堂」に入り、檜枝岐村名物の「裁ちそば」を大盛で、同じく名物の「はっとう」と山菜のセットを注文しました。他では食べられないものでおいしかったのですが、少々食べ過ぎました。店の雰囲気も、おばあちゃんの家に上がらせてもらったような印象で、田舎を存分に満喫できました。

○バスで移動し、燧の湯に立ち寄ります。尾瀬夜行のツアーでは途中下車が一度できるので、こういう使い方が手軽にできます。一見すると透明な普通の温泉に見えるのですが、硫黄の臭い十分で、本格派の温泉でした。内湯1、露天1のシンプルな構成でしたが、それ以上は何も要りません。次のバスの時間があるため、少々急ぎ足になってしまったのが残念ですが、また寄れる機会があれば寄ろうと思います。

○檜枝岐村からは、バスと東武線の直通電車で帰ります。合わせて5時間の長旅ですが、疲れに任せて爆睡したり、余韻に浸っているうちに東京へ到着です。遠いですが、東武の車両が快適なので苦になりません。尾瀬エリアはまだ積み残した山が多いですし、檜枝岐村への立ち寄りも駆け足になってしまったので、今年中にもう一回くらい行こうと思います。

○尾瀬エリアで考えているプランとしては、〇衒山・笠ヶ岳の踏破、鳩待〜アヤメ平〜尾瀬沼〜沼山峠〜七入のマイナールート繋ぎ、B臉郷紂訴見山・鬼怒沼〜夫婦渕温泉の栃木県境越えなど、色々残ってます。しかし徐々に渋い山行になっていく印象が否めない(笑)
訪問者数:619人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2016/6/13
投稿数: 1
2016/6/23 23:48
 憧れの景色です
秋の連休に会津駒-至仏山を2泊3日をかけて登ります。
前準備の参考になりました。
登録日: 2011/11/1
投稿数: 5
2016/6/23 23:53
 コメントありがとうございます。
会津駒〜至仏山だと、フルコースで贅沢なプランですね!
秋もきっと素晴らしい景色が待っていると思います。
よい山旅になりますように、お祈りします。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ