ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 900401 全員に公開 ハイキング中国山地西部

吉和冠山、寂地山

日程 2016年06月18日(土) [日帰り]
メンバー suganomatsu
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
宮内串戸から広電バスで冠高原入口下車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間7分
休憩
1時間10分
合計
6時間17分
S冠高原入口バス停09:4310:10松ノ木峠(登山口)11:30冠・寂地分岐12:15寂地山12:5013:15冠・寂地分岐13:2513:55吉和冠山14:0014:35クルソン仏岩14:5515:45汐谷登山口15:55潮原温泉16:00潮原温泉バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険箇所は特にありません。クルソン仏岩の登れるところに行く部分で崖の縁を歩いて行くところがあります。ただ、クルソン仏岩をスルーするルートの方が一般的なので、そちらを行けばこの部分に行く必要はありません。
歩道は全般的に踏み固められた腐葉土の道で、湿ったところが多く、良く滑ります。
その他周辺情報汐谷方面に降りると、潮原温泉があります。
松ノ木峠と冠高原入口バス停の間に、スイーツのお店があります。
トイレは道中ありません。潮原温泉のバス停のみにあります。
車の方は、駐車場が、松ノ木峠から廿日市側にほんの少し(100m程度?)行ったところにあります。
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ヘッドランプ(1) 予備電池(2) 1/25000地形図(1) コンパス(1) 笛(1) 筆記具(1) 保険証(1) 飲料(1) ティッシュ(1) バンドエイド(1) タオル(3) 携帯電話(1) 雨具(1) 防寒着(1) 水筒(1) 時計(1) 非常食(1) GPS(1) ファーストエイドキット(1) 医薬品(1) カメラ(1)

写真

松ノ木峠。ここから登山道に入ります。
2016年06月18日 10:05撮影 by DMC-GF1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
松ノ木峠。ここから登山道に入ります。
ササユリが咲いていました。
2016年06月18日 10:40撮影 by DMC-GF1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ササユリが咲いていました。
2
サワフタギ?
2016年06月18日 11:28撮影 by DMC-GF1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
サワフタギ?
何カ所かで咲いていました。
2016年06月18日 11:55撮影 by DMC-GF1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何カ所かで咲いていました。
ナルコユリでしょうか。
2016年06月18日 12:04撮影 by DMC-GF1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナルコユリでしょうか。
寂地山山頂。なぜか昼時なのに無人でした。とおもったら、12:30頃からどんどん人が登ってきました。ゆっくりご飯を頂きました。
2016年06月18日 12:14撮影 by DMC-GF1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
寂地山山頂。なぜか昼時なのに無人でした。とおもったら、12:30頃からどんどん人が登ってきました。ゆっくりご飯を頂きました。
道を30分ほど戻って、冠山方面に入ります。
2016年06月18日 13:25撮影 by DMC-GF1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道を30分ほど戻って、冠山方面に入ります。
ここでオオヤマレンゲ発見!木の背が1mほどで、かつ花が下向きに咲いているので、この姿を見ようとすると、地面にしゃがんで真上を見上げる、という、結構しんどい姿勢になります。。。
2016年06月18日 13:48撮影 by DMC-GF1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここでオオヤマレンゲ発見!木の背が1mほどで、かつ花が下向きに咲いているので、この姿を見ようとすると、地面にしゃがんで真上を見上げる、という、結構しんどい姿勢になります。。。
4
冠山山頂です。山頂を通り過ぎて10mほど下っていくと、このルートの数少ない展望地があります。
2016年06月18日 13:57撮影 by DMC-GF1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
冠山山頂です。山頂を通り過ぎて10mほど下っていくと、このルートの数少ない展望地があります。
1
山頂の山名碑。今日は団体さんが来ていて賑やかでした。
2016年06月18日 13:59撮影 by DMC-GF1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂の山名碑。今日は団体さんが来ていて賑やかでした。
1
コアジサイ。今年初アジサイでした。可憐で美しい薄紫の花は、梅雨時の楽しみのひとつです。
2016年06月18日 14:31撮影 by DMC-GF1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コアジサイ。今年初アジサイでした。可憐で美しい薄紫の花は、梅雨時の楽しみのひとつです。
1
クルソン仏岩直下をトラバースします。このルート唯一の危険箇所。
2016年06月18日 14:34撮影 by DMC-GF1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クルソン仏岩直下をトラバースします。このルート唯一の危険箇所。
1
クルソン仏岩の先の岩に登ると、360°の景観が見られます。
2016年06月18日 14:35撮影 by DMC-GF1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クルソン仏岩の先の岩に登ると、360°の景観が見られます。
1
クルソン仏岩と冠山頂上を振り返って。非対称な傾斜が特徴的です。
2016年06月18日 14:35撮影 by DMC-GF1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クルソン仏岩と冠山頂上を振り返って。非対称な傾斜が特徴的です。
3
帰りは汐谷を沢沿いに下山してきました。
2016年06月18日 15:17撮影 by DMC-GF1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りは汐谷を沢沿いに下山してきました。
2

感想/記録

貴重な梅雨の晴れ間の土曜日、どこへ行こうかヤマレコを見てると、冠山でオオヤマレンゲが咲いている、と言う情報を発見!見に行って参りました。最初曇り時々晴れの週間予報だったのが、前日には晴れ時々曇りに、降水確率も0になり、気分も上がって参りました。展望の良い尾根道を好む私ですが、全く眺望がなくても、四季折々色々な表情を見せるこの登山道はお気に入りの一つです。当日は終日晴れて、柔らかい木漏れ日が降り注ぐ、実にいい雰囲気の道中でした。実はオオヤマレンゲがどのような木か知らず、上を見たり下を見たりきょろきょろしながら歩いて、何度か足を滑らせてしまいました・・・
訪問者数:258人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

ササユリ 梅雨
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ