ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 900404 全員に公開 ハイキング甲斐駒・北岳

櫛形山・源氏山へ 池の茶屋より 森の香! 

日程 2016年06月18日(土) [日帰り]
メンバー furuhiro
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
増穂町 丸山林道 池の茶屋
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間30分
休憩
40分
合計
6時間10分
S池の茶屋登山口07:3007:50奥仙重08:00櫛形山標柱08:10バラボタン平08:40アヤメ平08:5009:10裸山09:2009:40櫛形山標柱09:50奥仙重10:30池の茶屋登山口10:50丸山・池の茶屋林道分岐11:00足馴林道入口11:20林道から登山道へ11:40大峠山への分岐12:00源氏山山頂12:2012:50大峠山への分岐13:10林道へ13:40丸山・池の茶屋林道分岐G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
<往路>
 4:00 安曇野穂高発
 7:10 池の茶屋登山口 増穂町より丸山林道・池の茶屋林道
<復路>
14:00 池の茶屋・池発
18:00 自宅着 (松本カモシカ経由 ツェルト購入) 

写真

池の茶屋登山口
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
池の茶屋登山口
トレッキングコースの入口
反対側が櫛形山への登山口
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トレッキングコースの入口
反対側が櫛形山への登山口
小屋の裏
櫛形山への登山口
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋の裏
櫛形山への登山口
富士が顔を出す
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士が顔を出す
登山道を振り返ると
正面に塩見岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道を振り返ると
正面に塩見岳
富士と毛無山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士と毛無山
三角点 奥仙重
2052m
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点 奥仙重
2052m
櫛形山山頂の標柱 
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
櫛形山山頂の標柱 
バラボタン平 サンカヨウ?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バラボタン平 サンカヨウ?
森の香が心地よい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
森の香が心地よい
原始林コースへ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
原始林コースへ
原始林コース
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
原始林コース
裸山からのコースと合流
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
裸山からのコースと合流
アヤメが咲けば?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アヤメが咲けば?
保護柵の中のアヤメ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
保護柵の中のアヤメ
黄色の花が咲く
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黄色の花が咲く
アヤメ平は
1900m
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アヤメ平は
1900m
アヤメ平の避難小屋
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アヤメ平の避難小屋
マイズルソウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マイズルソウ
マイズルソウの葉に影が
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マイズルソウの葉に影が
裸山のアヤメ保護柵
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
裸山のアヤメ保護柵
富士が見える
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士が見える
裸山から南アルプス方面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
裸山から南アルプス方面
バラボタン平
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バラボタン平
櫛形山の標柱
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
櫛形山の標柱
山頂から富士
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から富士
富士と毛無山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士と毛無山
1
櫛形山最高地点
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
櫛形山最高地点
農鳥岳に雲がかかる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
農鳥岳に雲がかかる
仙丈・甲斐駒
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙丈・甲斐駒
正面に塩見・荒川に赤石が重なる・遠くに聖
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正面に塩見・荒川に赤石が重なる・遠くに聖
池の茶屋登山口に戻る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
池の茶屋登山口に戻る
丸山林道と池の茶屋林道分岐
丸山林道はこの先進入禁止中
源氏山への駐車場
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丸山林道と池の茶屋林道分岐
丸山林道はこの先進入禁止中
源氏山への駐車場
丸山林道と足馴林道の分岐
駐車場から10分足らず
足馴林道入ってすぐに林道に沿っての登山者道に入る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丸山林道と足馴林道の分岐
駐車場から10分足らず
足馴林道入ってすぐに林道に沿っての登山者道に入る
林道から登山者道へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道から登山者道へ
林道に出て再び登山道へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道に出て再び登山道へ
登山道に入って
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道に入って
大峠山分岐
ここから下る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大峠山分岐
ここから下る
登山道が整備されていた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道が整備されていた
山梨百名山の標柱
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山梨百名山の標柱
競歩大会の碑?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
競歩大会の碑?
シラビソの木などが茂る山頂の様子
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シラビソの木などが茂る山頂の様子
再び登り返すコル
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び登り返すコル
大峠山との分岐に登るとき木々の間から源氏山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大峠山との分岐に登るとき木々の間から源氏山
大峠山との分岐
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大峠山との分岐
整備された登山道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
整備された登山道
林道に戻ってくる
3台の車は登山道を整備されていた方のもの
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道に戻ってくる
3台の車は登山道を整備されていた方のもの
林道から登山者道へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道から登山者道へ
櫛形山の山容
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
櫛形山の山容
林道の分岐へ戻る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道の分岐へ戻る
下山中林道から池が見えた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山中林道から池が見えた
駐車場に戻る
池の茶屋林道と丸山林道分岐
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場に戻る
池の茶屋林道と丸山林道分岐
駐車場から池へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場から池へ
静かで美しい池
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
静かで美しい池
池の茶屋の謂れだろう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
池の茶屋の謂れだろう
さて茶屋はどこにあったのだろう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて茶屋はどこにあったのだろう
偶然見つけたのだが美しさに圧倒された
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
偶然見つけたのだが美しさに圧倒された
源氏山より感動してしまった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
源氏山より感動してしまった
増穂町と展望できる山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
増穂町と展望できる山
案内板の通り
増穂町と富士そして周辺の山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
案内板の通り
増穂町と富士そして周辺の山
増穂町から源氏山と櫛形山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
増穂町から源氏山と櫛形山

感想/記録

2016(平成28年)6月18日(土)

櫛形山・源氏山へ

「森の香に 足取り軽く 櫛形山」
「道直す 下って登る 源氏山」

もしかしてアヤメが見られるかもしれないと思い出かける。
結論からしてまだ時期的に早かったようだ。

それでも櫛形山は中央道を走っていると
名前の通りくしの形をして大きく目立つ山だった。
ずっといつかは登りたいと思っていた山だけに機会を狙っていた。
今回梅雨の合間でどこか登ってない山を登ろうと考えたとき
第一に思いついた。

久しぶりの3時台起き4時に自宅を出た。
登山道までは長い丸山林道をひたすら走るのだが
池の茶屋の表示がなかなか出てこなく迷ってしまったところもあったが
何とか到着。すでに何台かの車が止まり人気の高い山だとわかる。

櫛形山への登山口は小屋の裏からで
一気に高度を上げ尾根伝いに進む。
その途中からの展望が今回の山行の中で一番だった。

白峰三山が正面に壁のように立ち、雄姿を見せてくれた。
さらに南アルプスの塩見・荒川・赤石・聖が肩を並べるように聳える姿は
長野県側から見られる姿とは違っていた。
当たり前のことだが
改めて南アルプスの雄大さを感じられた。

櫛形山の最高点 奥仙重を過ぎ
山頂の標柱が建つ地点を過ぎると
バラボタン平が広がり変化にとんだ櫛形山を感じられた。

さらに心地よいのが木々の香り、森の香り、落ち葉の香り…
これほどどこを歩いていても香ってくるところは久しぶりだった。
高山では味わえない森の香だ。

足取りが軽くなり、気持ちも良くなる。
森林浴という言葉があるが
正にこの櫛形山は森林浴の最高峰といってもいい。
天候、湿度、日差しの具合など様々な要件が当てはまり森の香が多かったのかもしれないが、
これほど気持ちよく嗅覚から自然を味わうことはない。

アヤメ平、裸山のアヤメは見ることはかなわなかったが
気持ちよい登山道を快適に歩き幸せを多く感じた。

源氏山も森の豊かな山で
静かな山を味わうことができた。
大峠山への分岐までは快調に登って行ったが、
そこからは急下降
さらに山頂までの急登。
登って下って先の見えない山だったが
意外と早く山頂に到着することができ驚いたのも事実だ。

今回登山道を整備する方が3名おられ、
正に整備したばかりの登山道を歩くことができ
それも気持ちいいものだった。

山頂はシラビソなどの樹林帯が広がるのみで展望もなく
「山梨百名山」の標柱が立つのみだった。
これだけだと魅力の少ない山だが
やはり「源氏」と名の付くだけあって歴史ある山だった。

甲斐源氏の祖先、源義光が砦を築いたと言い伝えがある山
とのことだった。
今は展望が樹々によって遮られているが、
甲府盆地の展望が良く、要衝の山だったのだろう。

丸山林道と池の茶屋林道の分岐地点には
静かな池があった。
湖面は鏡のようで池の回りの木々を映し出していた。
池の茶屋と言われる
その謂れをこの目で確かめることができた。
きっとお茶屋さんも近くに立っていたのだろうと思い浮かべた。

ふるちゃん
訪問者数:393人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ