ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 900463 全員に公開 ハイキング奥秩父

四阿屋山

日程 2016年06月18日(土) [日帰り]
メンバー hike, その他メンバー2人
天候
アクセス
利用交通機関
電車バス
起点:薬師堂バス停(西武秩父駅から小鹿野町営バス)
終点:薬師の湯バス停(小鹿野町営バスで西武秩父駅へ)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち43%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間49分
休憩
1時間27分
合計
5時間16分
Sスタート地点09:1909:27花菖蒲園09:3409:54(小休止)10:0210:37両神神社奥社10:3810:56四阿屋山11:1412:13つつじ新道登山口12:1512:22押留コース登山口12:52(大休止)13:2213:34展望休憩舎13:5514:35ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
両神国民休養地あずまや山ハイキングマップに掲載されているハイキングコースですが、四阿屋山の下山に使った「つつじ新道」は上級者コースで、鎖場とザレて小石が落石し易い箇所がありますので、注意を要します。
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

写真

本日の起点:薬師堂バス停
バス停脇に休憩舎あり
2016年06月18日 09:17撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日の起点:薬師堂バス停
バス停脇に休憩舎あり
薬師堂
2016年06月18日 09:18撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬師堂
両神神社
2016年06月18日 09:22撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
両神神社
花菖蒲園
2016年06月18日 09:26撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花菖蒲園
少し見学することに。
2016年06月18日 09:29撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し見学することに。
1
花菖蒲園の向かい側に鳥居山コース登山口があります。
2016年06月18日 09:33撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花菖蒲園の向かい側に鳥居山コース登山口があります。
最初はこんな感じ。
2016年06月18日 09:35撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初はこんな感じ。
標識は豊富にあります。
山道の方向へは行かないようにします。
2016年06月18日 10:12撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標識は豊富にあります。
山道の方向へは行かないようにします。
鉄塔下からの見晴らし
2016年06月18日 10:16撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉄塔下からの見晴らし
山居分岐
2016年06月18日 10:29撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山居分岐
銀竜草
2016年06月18日 10:33撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
銀竜草
1
両神神社奥社
2016年06月18日 10:37撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
両神神社奥社
注意書き
落石注意です。
2016年06月18日 10:38撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
注意書き
落石注意です。
尾根沿いは通行禁止で巻道へ
2016年06月18日 10:39撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根沿いは通行禁止で巻道へ
鎖がで出てきますが、安全の為という感じです。
2016年06月18日 10:42撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖がで出てきますが、安全の為という感じです。
下山に使うつつじ新道との合流点
2016年06月18日 10:50撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山に使うつつじ新道との合流点
四阿屋山(771.6m)
山頂は狭いです。
2016年06月18日 10:58撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
四阿屋山(771.6m)
山頂は狭いです。
1
両神山
2016年06月18日 10:56撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
両神山
3
二子山
2016年06月18日 10:57撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二子山
4
つつじ新道下山中
2016年06月18日 11:21撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
つつじ新道下山中
武甲山
2016年06月18日 11:25撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
武甲山
2
見晴らしの良い場所があります。
2016年06月18日 11:26撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見晴らしの良い場所があります。
ザレて小石を落石し易い場所
2016年06月18日 11:30撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ザレて小石を落石し易い場所
前後は少し離れて歩きましょう。
2016年06月18日 11:34撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前後は少し離れて歩きましょう。
注意書きもありました。
2016年06月18日 11:34撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
注意書きもありました。
1
大岩を巻く地点
2016年06月18日 11:38撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大岩を巻く地点
1
一番傾斜角度のある鎖場
2016年06月18日 11:45撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一番傾斜角度のある鎖場
1
足掛かりはありますので、慎重に下りれば大丈夫です。
2016年06月18日 11:45撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足掛かりはありますので、慎重に下りれば大丈夫です。
2
多くの人が体重を掛けるので?曲がった竹
2016年06月18日 11:46撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
多くの人が体重を掛けるので?曲がった竹
初級者は行かないよう注意書きがあります。
2016年06月18日 11:47撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
初級者は行かないよう注意書きがあります。
1
無事下山しました。
健脚向けコースでした。
2016年06月18日 12:13撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事下山しました。
健脚向けコースでした。
休憩しているとちょうどバスが停まり、乗りませんと合図する。
2016年06月18日 12:14撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
休憩しているとちょうどバスが停まり、乗りませんと合図する。
このまま終了では短いので、少し歩いて、ここから再度入山します。
2016年06月18日 12:22撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このまま終了では短いので、少し歩いて、ここから再度入山します。
最初はこんな感じ
2016年06月18日 12:22撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初はこんな感じ
こちらは健脚向けではないコース^^;
2016年06月18日 12:38撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは健脚向けではないコース^^;
1
水道と近くにトイレのあるベンチでのんびりと大休止
2016年06月18日 12:54撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水道と近くにトイレのあるベンチでのんびりと大休止
本日最後の登りへ
2016年06月18日 13:25撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日最後の登りへ
展望休憩舎
2016年06月18日 13:44撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望休憩舎
山並みの案内板がありますが。
2016年06月18日 13:36撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山並みの案内板がありますが。
余り展望はなかった・・・。
2016年06月18日 13:36撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
余り展望はなかった・・・。
鉄塔下からの展望
2016年06月18日 14:03撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉄塔下からの展望
年代を感じさせる鳥居
2016年06月18日 14:08撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
年代を感じさせる鳥居
小祠
2016年06月18日 14:10撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小祠
道路横断地点
2016年06月18日 14:13撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道路横断地点
無事下山しました。
2016年06月18日 14:33撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事下山しました。
薬師の湯バス停
屋根付き休憩舎になっています。
2016年06月18日 14:36撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬師の湯バス停
屋根付き休憩舎になっています。
1

感想/記録
by hike

前から気になっていた四阿屋山、距離が短く中々足が向かなかったのだが、先月般若山への山行で小鹿野町営バス内に四阿屋山のハイキングマップがあり、歩くコースが幾つかあり、ある程度の歩行距離も取れそうなのでと山さんYさんと三人で行って来る。
薬師の湯行バスは満員で出発、殆どの方は薬師の湯で日向大谷口行きに乗換えて、両神山へ行く様子であった。
登山口(鳥居山コース)前に花菖蒲園があり、少し見学してから入山。ハイキングコースとして良く整備された径を進む。
四阿屋山手前から鎖場があるが、険しいという感じはない。
山頂横の木陰で小休止し、上級者コースの案内があるつつじ新道で下山。鎖場はザレた斜面で小石が落石し易いので、前後を空けながら進む。最後の急で長目の鎖場は乾徳山の山頂直下をイメージしていたが、足掛かりもあり、それ程苦労する場所ではなかった。→鎖がないと下りられませんが。^^;
登山口に下山して、少し休んでいると大堤バス停が傍にあるので、ちょうど通りかかったバスが停車し、乗らないと合図する。
押留コース登山口より再入山し、のんびりと休憩を取りながら展望休憩舎まで登って下山する。
一寸軽目のハイキングコースではあったが、暑さの中の低山の為、水分摂取は2.5L強と今年一番の量であった。
帰りの電車では、往路のバスで山さんの隣りに座っていた名古屋から来た両神山山行の女性と又一緒になり、その女性が話し好きで会話が途切れることなく、あっという間に時が過ぎる。
訪問者数:298人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

鎖場 ザレ 山行 落石
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ