ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 900771 全員に公開 ハイキング金剛山・岩湧山

金剛山(カヤンボ谷↑↓セト・太尾塞跡経由ガンドガコバ林道)

日程 2016年06月17日(金) [日帰り]
メンバー yoshiel0608
天候曇りちょこっとお日様(16時台山頂広場:17℃)
アクセス
利用交通機関
バイク。水越峠入口付近に駐車。

往路:自宅13:40ーデイリーマート→水越峠入口14:08(11km)
帰路:水越峠入口19:17→帰宅19:33(10km)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間17分
休憩
41分
合計
4時間58分
S水越峠14:1014:38金剛の水14:4514:52カヤンボ15:18(谷分岐地点)15:33(散策戻り)15:38(尾根分岐地点)15:52(散策戻り)16:15郵便道分岐16:18一の鳥居16:24金剛山16:2916:34山頂広場17:0017:18セト17:28(イナモリソウ散策戻り)17:44(石ブテ西谷離れ地点)18:00六道の辻18:09太尾塞跡18:47金剛の水18:5019:08水越峠G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
※ ルートは手プロットで精度低い&写真配置アバウトです。

上りはカヤンボ谷ルート、ちょこちょこ枝道を探索、下りはセトまで青崩道で下りイナモリソウ観賞、石ブテ西谷ルートへ下りて上へ戻って六道の辻方面に登り、太尾塞跡経由ガンドガコバ林道ルートを歩きました。

カヤンボ谷では滑落しないように気をつけて歩きました。高いはしごも注意して上がりました。小滝部にロープが2カ所ありました。ロープ場過ぎて最初の谷分岐は右へ、その次の谷分岐では難所コースのほうに赤いテープが貼っており様子を見に途中まで登ってみましたが自分には危険と判断して戻りました(個人的にはあのテープは取っておくか通常コースと勘違いしないように危険コースと書いておいたほうが良いのでは?と思います)。ビニール紐でマークを付けているいつものほうを登り尾根に出ました。

その他に歩いたルートでマイナールート全般としては、倒木や前日の雨などで滑りやすい土壌の急斜面などは注意して歩きました。

市販地図に載っているメジャールート部では、特に危険なところはありませんでした。

過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

写真

アクセス途中のネムノキの花が咲き始め、これを見る季節はほんとに眠い季節だと思います。名前の由来もきっとそこから?といつも思いますがおそらくは違うかと。
2016年06月17日 13:45撮影 by u1020,S1020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アクセス途中のネムノキの花が咲き始め、これを見る季節はほんとに眠い季節だと思います。名前の由来もきっとそこから?といつも思いますがおそらくは違うかと。
2
水越峠のアジサイ。
2016年06月17日 14:10撮影 by u1020,S1020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水越峠のアジサイ。
???。
2016年06月17日 14:14撮影 by u1020,S1020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
???。
1
ツユクサがちらほらと。
2016年06月17日 14:15撮影 by u1020,S1020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツユクサがちらほらと。
2
ドクダミ、庭にいるので、山で写真を撮ることは稀です。
2016年06月17日 14:16撮影 by u1020,S1020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ドクダミ、庭にいるので、山で写真を撮ることは稀です。
赤い美味しい宝石。
2016年06月17日 14:19撮影 by u1020,S1020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤い美味しい宝石。
3
金剛の水手前より。
2016年06月17日 14:37撮影 by u1020,S1020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金剛の水手前より。
見頃に近いかもですが、房が全体に小さめ?。
2016年06月17日 14:38撮影 by u1020,S1020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見頃に近いかもですが、房が全体に小さめ?。
2
金剛の水、給水休憩。
2016年06月17日 14:39撮影 by u1020,S1020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金剛の水、給水休憩。
2
房自体は大きくなっていくものでしたか?。
2016年06月17日 14:45撮影 by u1020,S1020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
房自体は大きくなっていくものでしたか?。
2
トリアシショウかアカショウマでしたか?。ユキノシタ科とのことでこれからですね。
2016年06月17日 14:48撮影 by u1020,S1020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トリアシショウかアカショウマでしたか?。ユキノシタ科とのことでこれからですね。
2
タツナミソウ?。
2016年06月17日 15:00撮影 by u1020,S1020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タツナミソウ?。
1
久しぶりに上りました。
2016年06月17日 15:01撮影 by u1020,S1020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
久しぶりに上りました。
3
サワギク。
2016年06月17日 15:03撮影 by u1020,S1020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
サワギク。
1
捕食したのは何物でしょう?。
2016年06月17日 15:06撮影 by u1020,S1020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
捕食したのは何物でしょう?。
尾根部へ。ちょっと一息付きます。
2016年06月17日 15:38撮影 by u1020,S1020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根部へ。ちょっと一息付きます。
疲れた時にギンリョウソウの小さいの発見、喜ぶ。
2016年06月17日 15:56撮影 by u1020,S1020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
疲れた時にギンリョウソウの小さいの発見、喜ぶ。
4
このキノコ、そこらにいました。
2016年06月17日 16:09撮影 by u1020,S1020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このキノコ、そこらにいました。
大和葛城山、霞んでいます。
2016年06月17日 16:22撮影 by u1020,S1020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大和葛城山、霞んでいます。
前回見たときより花がはっきりしていました。名前がはっきりとは覚えていないのでわかりません。
2016年06月17日 16:22撮影 by u1020,S1020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前回見たときより花がはっきりしていました。名前がはっきりとは覚えていないのでわかりません。
2
山頂。日付けも入る定点撮影したかったので、5分待ってから撮影。
2016年06月17日 16:29撮影 by u1020,S1020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂。日付けも入る定点撮影したかったので、5分待ってから撮影。
蒸し暑さを心配していましたが、微風等、意外に快適な肌日和でした。
2016年06月17日 16:34撮影 by u1020,S1020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蒸し暑さを心配していましたが、微風等、意外に快適な肌日和でした。
国見城跡到着。
2016年06月17日 16:36撮影 by u1020,S1020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
国見城跡到着。
4
国見城跡上の展望ベンチより、梅雨の合間、こんな感じですね。
2016年06月17日 16:38撮影 by u1020,S1020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
国見城跡上の展望ベンチより、梅雨の合間、こんな感じですね。
2
おやつタイム。
2016年06月17日 16:40撮影 by u1020,S1020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おやつタイム。
1
17時のライブカメラ静止画に写り込んでからセトへ。
2016年06月17日 17:00撮影 by ver.1DB101066.1, HRE Inc.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
17時のライブカメラ静止画に写り込んでからセトへ。
4
お目当てのイナモリソウ。
2016年06月17日 17:18撮影 by u1020,S1020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お目当てのイナモリソウ。
5
群生地の感じが知りたく立ち寄ったのですが、納得の群生地でした。
2016年06月17日 17:26撮影 by u1020,S1020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
群生地の感じが知りたく立ち寄ったのですが、納得の群生地でした。
1
この日会った中で色が一番濃いめの子です。
2016年06月17日 17:27撮影 by u1020,S1020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この日会った中で色が一番濃いめの子です。
7
林道のササユリたちは、保護されておられました。もう少しですね。
2016年06月17日 18:17撮影 by u1020,S1020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道のササユリたちは、保護されておられました。もう少しですね。
1
このあたりではまだまだきれい。
2016年06月17日 18:20撮影 by u1020,S1020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあたりではまだまだきれい。
2
黄色い美味しい宝石。
2016年06月17日 18:22撮影 by u1020,S1020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黄色い美味しい宝石。
3
このあたりではまだまだきれい。
2016年06月17日 18:29撮影 by u1020,S1020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあたりではまだまだきれい。
2
キツリフネかと。
2016年06月17日 18:33撮影 by u1020,S1020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キツリフネかと。
3
金剛の水に戻ってきました。再び給水して帰りました。
2016年06月17日 18:47撮影 by u1020,S1020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金剛の水に戻ってきました。再び給水して帰りました。
1
撮影機材:

感想/記録

昨日別の山を歩き、一昨日歩いていて思ったことなどはけっこう忘れてしまっていました。写真などでのタイムスタンプは記録してますが、感想だけはその日のうちにメモをしておいたほうがいいのかと思いました。

とりあえず歩こうで出かけたと思います。カヤンボ谷久しぶり過ぎ、上り使用は更に久しぶりでした。ですので、谷の分岐の各行く先など当日は?って感じで、記録付けていて確認しました(枝道地図参照しながら)。

セトのイナモリソウの群生地、シーズンに歩いた記憶もなくピンときていなかったので、確認がてら立ち寄ってみることにしました。合点、納得満足して帰ってきました。

石ブテ西谷経由で六道の辻へ出るのに、当初下ってから石ブテ尾根にとりついて行こうと思っていましたが、途中のササが伸びて道にかかって塞いでいそうで止めました。地図みてもやっぱりこのほうがシンプルなので、この時期の笹の様子確認しておきたいと思いました。

蒸し蒸し歩きかと思ってきましたが、快適に歩ける気候でとてもラッキーでした。

余談、翌日のハイク中にやっといずみちゃんという謎がふと解けました。自分的にはいずみちゃん=坂井泉水しか浮かんでこなかった・・・、岩湧山で探した時は、京セラ名誉会長と叫んで探していました(^^ゞ。
訪問者数:157人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ