ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 900918 全員に公開 ハイキング奥秩父

小楢山(母恋し道、父恋し道、達磨岩見つけられず)

日程 2016年06月19日(日) [日帰り]
メンバー nyai871
天候曇のちパラつき雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
国道20号を東京方面(東)から向かいました。笹子トンネルを抜けて、柏尾交差点を右折、その後も右折でフルーツラインに入って、ひたすら道なり。
県道213号を右折して、ちょっと進んで左折。そこから県道219号を横切った辺りから、フフ山梨の看板が出てくるので、後はそれに従うだけ。
ホテル・フフ山梨の奥に、登山用駐車場が10台近くあります。
ゲートがありますが獣用なので、ゲートを開けて登山口近くまで車で行く人もいるようです。
ただ、未舗装なので車高が高くないと、擦っちゃうと思います。道幅も1台分ちょっとなので、すれ違いには苦労するかと。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間11分
休憩
14分
合計
4時間25分
Sフフ小楢山登山者駐車場07:3908:30母恋し道登山道入口09:18小楢峠09:2009:32小楢山09:4310:03小楢峠10:11幕岩10:1210:34大沢ノ頭(大沢山)11:30父恋し道登山口12:03フフ小楢山登山者駐車場12:04ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特に危険箇所は無かったと思います。強いて言えば、幕岩への登りくらい。鎖を使わないと、登れないかも。
降りに使った父恋し道は、急坂で沢近くは足元も滑るので注意。林道〜林道の父恋し道は、藪っぽいです。
トイレは無し。小楢山山頂は広くて、ベンチでは無いけど、座れそうな丸太が何本か横たわってました。
その他周辺情報フルーツラインに入ってから、道沿いにはコンビニが無かったので、道を外れてコンビニを利用。
フルーツラインは農園が多いみたいで、さくらんぼののぼりが一杯立っていたので、お土産に買いました。
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 時計 タオル ツェルト ストック カメラ

写真

車止めではなく、獣害防止ゲート
2016年06月19日 07:47撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車止めではなく、獣害防止ゲート
分かりづらいけど奥に石碑がある。高台にも小さい石碑が。
2016年06月19日 08:22撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分かりづらいけど奥に石碑がある。高台にも小さい石碑が。
造林小屋跡?
この辺から、林道が急になる。
父恋し道も近い。
2016年06月19日 08:28撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
造林小屋跡?
この辺から、林道が急になる。
父恋し道も近い。
父恋し道登山口。
帰りは、ここに降りてくる。
2016年06月19日 08:34撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
父恋し道登山口。
帰りは、ここに降りてくる。
林道脇工事中。こんなところに、こんな広いスペース作ってどうするんだろう?
2016年06月19日 08:38撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道脇工事中。こんなところに、こんな広いスペース作ってどうするんだろう?
1
林道に突き当たる。
案内板はかすれてて、進む方向が分からなかったけど、ここを右。
2016年06月19日 08:39撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道に突き当たる。
案内板はかすれてて、進む方向が分からなかったけど、ここを右。
母恋し道登山口。
ここまでで約1時間…。
2016年06月19日 08:41撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
母恋し道登山口。
ここまでで約1時間…。
涸れ沢なのだろうか?
やたら、苔むした岩が多い。
途中、右手に雨乞い沢、という案内板あり。
2016年06月19日 08:51撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
涸れ沢なのだろうか?
やたら、苔むした岩が多い。
途中、右手に雨乞い沢、という案内板あり。
稜線に到着。
ここを右に進めば、山頂はすぐ。
2016年06月19日 09:29撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線に到着。
ここを右に進めば、山頂はすぐ。
小楢山に登頂
2016年06月19日 09:42撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小楢山に登頂
1
富士山も、ちょいっと顔を出している。
2016年06月19日 09:48撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山も、ちょいっと顔を出している。
1
こんなに展望良い所だったのか。晴れの日に来れば良かった。
2016年06月19日 09:49撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんなに展望良い所だったのか。晴れの日に来れば良かった。
1
ふと案内板の裏を見ると、ものすごい描きこみ。
これは分かりやすい。
2016年06月19日 09:54撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ふと案内板の裏を見ると、ものすごい描きこみ。
これは分かりやすい。
今日の目当て。レンゲツツジはほとんど散ってた。
一帯、レンゲツツジみたいなので、満開だったら凄そう。
2016年06月19日 09:59撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日の目当て。レンゲツツジはほとんど散ってた。
一帯、レンゲツツジみたいなので、満開だったら凄そう。
敢えて迂回して、一杯水へ。
うーん、水が溜まってしまっていて、あまり綺麗に見えない。
2016年06月19日 10:03撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
敢えて迂回して、一杯水へ。
うーん、水が溜まってしまっていて、あまり綺麗に見えない。
大沢山に続く稜線に満開のツツジ。
良かった。少し残ってた。
2016年06月19日 10:14撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大沢山に続く稜線に満開のツツジ。
良かった。少し残ってた。
幕岩へは、この細い所を登る。
2016年06月19日 10:25撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
幕岩へは、この細い所を登る。
鎖もある。無いとキツイかも。
2016年06月19日 10:33撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖もある。無いとキツイかも。
岩の上にに出たところ。
2016年06月19日 10:27撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩の上にに出たところ。
回りに遮るものが何もない。
やっぱり晴れてる日に来たかった。
2016年06月19日 10:28撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
回りに遮るものが何もない。
やっぱり晴れてる日に来たかった。
1
小楢山山頂を望遠で。
2016年06月19日 10:28撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小楢山山頂を望遠で。
大沢山頭は狭い山頂。
ここから南に進んで父恋し道へ。
2016年06月19日 10:36撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大沢山頭は狭い山頂。
ここから南に進んで父恋し道へ。
1
羅漢岩
2016年06月19日 10:43撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
羅漢岩
ここは迷った。最初は意味が分からなかった。
右手にも降れそうだけど、間違い。直進すればすぐに標識がある。
2016年06月19日 10:46撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは迷った。最初は意味が分からなかった。
右手にも降れそうだけど、間違い。直進すればすぐに標識がある。
屏風岩。
岩多いな。
2016年06月19日 10:53撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
屏風岩。
岩多いな。
白雲の滝。かなり小ぶり。
この辺は、足元がぬかるんでいて、転びそうになる。
2016年06月19日 11:04撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白雲の滝。かなり小ぶり。
この辺は、足元がぬかるんでいて、転びそうになる。
姫百合地蔵。左の説明書きは掠れてて、読めなかった。
2016年06月19日 11:06撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
姫百合地蔵。左の説明書きは掠れてて、読めなかった。
達磨岩。右矢印が記載されているので、踏み後を辿ってみたけど、見つからず。
2016年06月19日 11:25撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
達磨岩。右矢印が記載されているので、踏み後を辿ってみたけど、見つからず。
林道出合。ガードレールの間によく見ると、階段がある。
2016年06月19日 11:31撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道出合。ガードレールの間によく見ると、階段がある。
これ。
要は林道を横切るように、直進すればOK。
うーん、藪の予感。
2016年06月19日 11:31撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これ。
要は林道を横切るように、直進すればOK。
うーん、藪の予感。
そこまで藪ではなかった。
林道に近づくと、踏み後が直進と右手に分かれる。
直進は封鎖されている感がある。
直進すると左手に石像。
2016年06月19日 11:36撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そこまで藪ではなかった。
林道に近づくと、踏み後が直進と右手に分かれる。
直進は封鎖されている感がある。
直進すると左手に石像。
封鎖されていない、右手に進むと、左手前に登りで見た父恋し道の入口が。
せっかくなので、戻ってさっきの直進方向へ。
2016年06月19日 11:38撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
封鎖されていない、右手に進むと、左手前に登りで見た父恋し道の入口が。
せっかくなので、戻ってさっきの直進方向へ。
あー、倒木に隠れてたけど、道あった。
これは…、
マリオなら、Bダッシュして十字キー下だな。
2016年06月19日 11:39撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あー、倒木に隠れてたけど、道あった。
これは…、
マリオなら、Bダッシュして十字キー下だな。
そして、この階段も付け根が安定してなくて、グラグラ。
転けるかと思った。
2016年06月19日 11:40撮影 by NEX-5T, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして、この階段も付け根が安定してなくて、グラグラ。
転けるかと思った。
撮影機材:

感想/記録

天気微妙だったけど、レンゲツツジが終わってしまいそうなので、強行。
結果は、残念ながら遅かったようで、散り際でした。
ただ、展望が良かったのは、想定外。これなら、晴れた日に来たかったなぁ。

登山口までの退屈な林道歩きを除けば、楽しめる山なのでは?
訪問者数:162人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

林道 倒木 出合 地蔵
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ