ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 900928 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走芦別・夕張

芦別岳 旧道〜新道周回コース

日程 2016年06月19日(日) [日帰り]
メンバー ezo-wolf
天候曇りのち晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
旧道登山口の駐車スペースは狭いので、駐車車両があると転回できない場合があります。登山口まで徒歩20〜30分ほどかかりますが、手前の大駐車場に停めることをお勧めします
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間9分
休憩
1時間14分
合計
10時間23分
S太陽の里ふれあいの家05:0211:55芦別岳13:0213:22雲峰山13:2513:47半面山15:11新道登山口15:1515:25ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
※3年前にコースの付け替えあり
最近の地形図でもユーフレ分岐の後、槙柏山の方へ行くようになっているものがあるが、新ルートは直進して谷(沢)を登るルートになった
※危険箇所多数あり
◆ユーフレ川の高巻きは崩壊箇所もある上地盤が軟弱なため、特に谷側の足を着くときは崩壊、滑落に注意してください
◆渡渉用の丸太は滑りやすいので特に注意してください
因みに私はモノレールの様に、膝をつけて四つん這いで渡りました
◆キレットの先のピークはナイフリッジの下りになっていて、左側の巻き道は崩壊して通行不可。右側に巻き道を付け替えるようですが、私は猿の様に四つん這いになって降りました
◆雪渓がまだ多いので急な登り下り、トラバースの道迷いや滑落等に注意してください

◆一部ルートが不鮮明な箇所がありますが、ピンクテープが比較的しっかりしているので初めての方は見失わないよう注意してください
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 軽アイゼン ストック ピッケル

写真

旧道入り口の駐車場 晴れの予報なのに雲で芦別岳が見えません
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旧道入り口の駐車場 晴れの予報なのに雲で芦別岳が見えません
2
ここのポストは登山者用のものではないようです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここのポストは登山者用のものではないようです
ゲートを開けたら閉めて、さあ林道歩きです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゲートを開けたら閉めて、さあ林道歩きです
1
林道終点にある登山者ポスト
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道終点にある登山者ポスト
1
最終駐車場は狭いです!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最終駐車場は狭いです!
スタート地点から笹が…
マダニが付きそう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スタート地点から笹が…
マダニが付きそう
1
昔は真っ直ぐ行ったのでしょうか?ユーフレ川の高巻きです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昔は真っ直ぐ行ったのでしょうか?ユーフレ川の高巻きです
小さい滝や登山道の崩壊、軟弱な土砂…気を抜けません
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小さい滝や登山道の崩壊、軟弱な土砂…気を抜けません
3
難所にはロープがありました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
難所にはロープがありました
1
◆ここが危ない!
ログからもお分かりかと思いますが、高巻きできるか探してみましたが結局丸太橋を渡りました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
◆ここが危ない!
ログからもお分かりかと思いますが、高巻きできるか探してみましたが結局丸太橋を渡りました
5
三段の滝
ヌルヌルの丸太橋を無事に渡り終えてホッと一息
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三段の滝
ヌルヌルの丸太橋を無事に渡り終えてホッと一息
2
ここは梯子にお世話になります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは梯子にお世話になります
1
分岐までが長い!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐までが長い!
1
スノーブリッジが出てきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スノーブリッジが出てきました
エゾエンゴサク
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
エゾエンゴサク
1
若葉の間から槙柏山が見えます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
若葉の間から槙柏山が見えます
1
場所によって微妙に色合いが異なるシラネアオイ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
場所によって微妙に色合いが異なるシラネアオイ
1
いよいよ雪渓が出てきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよ雪渓が出てきました
1
ミズバショウはそろそろ終わりのようです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミズバショウはそろそろ終わりのようです
1
夫婦岩が間近に…迫力ある夫婦です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夫婦岩が間近に…迫力ある夫婦です
6
やっと北尾根まで来ました(大汗)
絶景が望めました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと北尾根まで来ました(大汗)
絶景が望めました
1
芦別岳が見えない…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
芦別岳が見えない…
1
キレット
次のピークに危険箇所が…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キレット
次のピークに危険箇所が…
3
芦別岳にガスが…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
芦別岳にガスが…
2
このピークにアクシデント!実は切り立った足元を撮影することすら怖くて、ナイフリッジ部が欠けてしまったので分かりにくいのですが、画面下のピンクテープの巻き道が崩壊して通れなかったので意を決して猿のようにナイフリッジを降りました
怖かった〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このピークにアクシデント!実は切り立った足元を撮影することすら怖くて、ナイフリッジ部が欠けてしまったので分かりにくいのですが、画面下のピンクテープの巻き道が崩壊して通れなかったので意を決して猿のようにナイフリッジを降りました
怖かった〜
8
こんな所を歩くのですからモゾモゾしっぱなし
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな所を歩くのですからモゾモゾしっぱなし
4
チングルマが声援を送ってくれたようでした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チングルマが声援を送ってくれたようでした
5
だいぶ近くなったぞ!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だいぶ近くなったぞ!
3
キバナシャクナゲ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キバナシャクナゲ
1
本谷へ落ちる斜面をトラバースしたらいよいよ山頂です
ここも気を抜けません
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本谷へ落ちる斜面をトラバースしたらいよいよ山頂です
ここも気を抜けません
2
山頂に登山者が見えます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂に登山者が見えます
2
見つけた〜
探して求めていた花
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見つけた〜
探して求めていた花
9
山頂直下のツクモグサ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂直下のツクモグサ
9
いつもの自撮り、今日は少し疲れ顔
もう動きたくない…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつもの自撮り、今日は少し疲れ顔
もう動きたくない…
26
下山は新道コースへ
山頂直下の雪渓は慎重に…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山は新道コースへ
山頂直下の雪渓は慎重に…
1
雲峰山へ向かう稜線
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲峰山へ向かう稜線
1
雲峰山から芦別岳を振り返る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲峰山から芦別岳を振り返る
5
雲峰山から望む来た尾根、いや北尾根
夫婦岩下のXルンゼも見えます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲峰山から望む来た尾根、いや北尾根
夫婦岩下のXルンゼも見えます
5
熊の沼から雲峰山を振り返る
雪渓が繋がっていたので靴滑りを楽しみました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊の沼から雲峰山を振り返る
雪渓が繋がっていたので靴滑りを楽しみました
1
半面山の標識と熊避けの鐘
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
半面山の標識と熊避けの鐘
1
ツツジも終わりかけ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツツジも終わりかけ
1
ウコンウツギ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウコンウツギ
1
ユーフレ小屋への分岐、鶯谷
確かにウグイスが鳴いていましたが、どこが谷?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ユーフレ小屋への分岐、鶯谷
確かにウグイスが鳴いていましたが、どこが谷?
1
無事に下山しました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事に下山しました
3
朝隠れていた芦別岳が姿を見せました
旧道は大変濃い登山でした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝隠れていた芦別岳が姿を見せました
旧道は大変濃い登山でした
1
靴が悲鳴をあげたかの様にポッカリ穴が開いてしまいました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
靴が悲鳴をあげたかの様にポッカリ穴が開いてしまいました
11

感想/記録

昨年果たせなかった目標の一つ、芦別岳の旧道コースを歩いてみました。このコースを歩きたいと思った頃に滑落死亡事故が発生し、その後もその他もろもろの遭難や今春も滑落負傷事故が発生し、また多くの熊の目撃情報やダニの多さ等、正直なかなか気が進みませんでした。
しかし行くなら日が長く、体力が落ちる前の今でしょ!ということで半分は度胸試しのような気分で今回の挑戦になりました。

このコースの前半はユーフレ川の左岸を高巻いたり河原を歩いたりするのですが、高巻き部分の何カ所も崩壊しており、地盤の脆さに原因があるような気がしました。特にトラバースの下りでは谷側の足を着地するときにはそのまま崩壊、滑落等と言うことにならないように注意しました。

ユーフレ小屋分岐手前に写真でよく見る丸太橋が一本架かっているのですが、ここでも緊張しました。この上を歩いて渡れる自信もなく、高巻きできないか辺りをキョロキョロしましたが結局ヌルヌルした丸太橋の上を四つん這いになって無事クリアしました。

この辺りから沢山の種類の花々が咲いていて、長かった沢沿いの登山道も高度を急に上げていきます。久しぶりにハードな登山に何度も立ち止まり呼吸を整えやっとのことで北尾根に出ましたが、どうもスッキリした天気にならないばかりか、緩い下りで腿が痙り始めました。
以前にもこのようなことがあり、水分補給の不足によるものだと思い、こまめな水分補給によりすぐに治まりました。

北尾根も芦別岳山頂に近づくほど険しさが増し、ガスが薄れてその鋭く尖った山頂が現れたときは予想以上の感動でした。
核心部のキレットをクリアし、最初のピークに立った時に最大の緊張状態になりました。そこは狭いピークの先がナイフリッジの下りになっていて、本来左側から巻きながら下る足場が崩壊して通行できない状態でした。ナイフリッジから滑落すればおそらくあの世に逝ってしまうだろうし、ここまで来て引き返す気にもなれない…下半身がムズムズする中、猿のように四つん這いになり三点確保でゆっくりと下り無事クリア!あとで聞いた話ですが右側に木があり、芦別岳の維持管理をされている方はそこを通るとのこと…
もっと早く知っていれば(笑)

その後は切り立った尾根に咲いた花と、目の前に聳える芦別岳の山頂を拝みながら他では得られない気分で歩きました。
お目当てのツクモグサも咲いていました。

最後の緊張(登りでの)は頂上直下の雪渓のトラバース。ここは雪が軟らかくて滑落の危険は低かったのですが、一旦滑ったら本谷経由のあの世行きかも知れない場所でした。

そしていよいよ登頂!
今までの登山の中でも最も印象深い日になりました。
訪問者数:697人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/12/9
投稿数: 44
2016/6/21 18:00
 お疲れ様でした
当日に沢歩きの途中でお会いした単独で黒のジャージを着ていた者です。
旧道は本当の登山道みたく、アクロバチックで中々登りごたえがありましたね。
ちょっとガスがあり、旧道から見る芦別岳は良く見れなくて残念でした。
登録日: 2015/7/9
投稿数: 64
2016/6/21 21:46
 おめでとうございます!
ここ半年程で 一番のデカ山行きでしたね。
今まで拝見したことのないようなお疲れの表情が 充実した山行であったことを物語ってますよ。
芦別岳は神なる山ですね。
私もいつか 感謝のお参りに行きたいと思っています。
寿命を終えた夏靴と共に 一生記念に残る体験になったことでしょうね!
私も芦別でツクモグサを見るのが夢なんです‥
素敵なお写真 有り難うございましたhappy01
登録日: 2014/11/9
投稿数: 234
2016/6/21 22:42
 Re: お疲れ様でした
コメントありがとうございます
たしか高巻きの始めでお会いした方ですね…
スゴい健脚な方だと思ったら先日十勝岳からオプタテまで周回されたevo7さんだったんですね!
お会いできて光栄です
さすがに速いわけだ(笑)
でも今回はゆっくり時間をかけたことが山頂付近のガスが無くなり、少しだけ良い景色を楽しめたようでした
それにしても旧道コースは全てにおいて強烈でした…
もしかしたらクセになるかも…(笑)
登録日: 2012/7/12
投稿数: 224
2016/6/22 0:26
 お疲れ様でした。
旧道はやはりドキドキワクワクするようですね!
一番の相棒であろう登山靴も本望だったことと思います。
しかし、ここ最近のお天気の中では”最高”の山頂ですよね・・・
ezoさんモッテますね^^v
さすがです!
登録日: 2014/11/9
投稿数: 234
2016/6/22 8:57
 Re: おめでとうございます!
ありがとうございます
今回の山行で、実は度々思い出されたのがBelmondさんの4月20日のレコでした。一人でここを雪の中どんな気持ちで歩いたんだろうか…このナイフリッジも強風の中、アイゼン効かせて通過したのかな…こんなに急な本谷を下り、ゴルジュで進めなくなった時の絶望感はいか程だったろうか…
本当に良くぞ無事に帰ってこれた!なんて勝手に想像しながら歩きました
いや〜芦別岳はなんか違いますね。凜として厳しさ、美しさ、優しさ…自分と向き合わせてくれる山でした。
確かに神なる山です
登録日: 2014/11/9
投稿数: 234
2016/6/22 8:59
 Re: お疲れ様でした。
先日の新道登山はお疲れ様でした
相方さんと御一緒ということで、無理をなさらずに山頂直前で撤退されたtks-yumaさんの気持ちと判断にただ感服です
確かに新道の山頂直下の雪渓は長い急斜面で、雪が固ければアイゼン、ピッケル無しでは無謀行為になりかねませんネ
でも次回はきっと芦別岳が微笑んでくれますよ…男らしい顔で…

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ