ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 900999 全員に公開 ハイキング志賀・草津・四阿山・浅間

稜線歩きが気持ちいい〜岩菅山

日程 2016年06月18日(土) [日帰り]
メンバー yarisan
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
高天ヶ原スキー場無料P
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち55%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間35分
休憩
1時間1分
合計
7時間36分
Sホテル銀嶺06:4707:10高天ヶ原リフト乗り場(山上)07:18東館山山頂駅07:3007:58寺子屋山08:07金山沢ノ頭09:12ノッキリ09:44岩菅山09:4509:45岩菅山頂避難小屋09:4610:16裏岩菅山10:3211:00岩菅山11:0111:40岩菅山頂避難小屋12:0912:27ノッキリ12:2813:09アライタ沢出合13:35小三郎小屋跡14:23ホテル銀嶺G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
寺小屋山頂〜ノッキリ分岐まで泥濘多数
コースは明瞭です。

写真

高天ヶ原スキー場を直登する
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高天ヶ原スキー場を直登する
結構キツイ登り
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結構キツイ登り
東館山山頂
この周辺は遊歩道が整備され、時間があれば散策したい場所
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東館山山頂
この周辺は遊歩道が整備され、時間があれば散策したい場所
東館山を後に、まもなく寺小屋スキー場中間部に出た
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東館山を後に、まもなく寺小屋スキー場中間部に出た
寺小屋スキー場上部から登山道入り口
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
寺小屋スキー場上部から登山道入り口
まだ3.4Kもある。
樹林帯の稜線歩きは泥濘多し。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ3.4Kもある。
樹林帯の稜線歩きは泥濘多し。
時々、眺望開けると山頂が見える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時々、眺望開けると山頂が見える。
ノッキリ分岐を振り返って。
左から来た。下山は右側に降り一の瀬方面へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ノッキリ分岐を振り返って。
左から来た。下山は右側に降り一の瀬方面へ。
岩菅山頂
遠方は霞がかっていて眺望はいまいち。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩菅山頂
遠方は霞がかっていて眺望はいまいち。
山頂から裏岩菅山方面。
時間もあるので行ってみる。稜線歩きが気持ちいい!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から裏岩菅山方面。
時間もあるので行ってみる。稜線歩きが気持ちいい!
1
焼額スキー場と右側は奥志賀
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
焼額スキー場と右側は奥志賀
裏岩菅山から岩菅山方面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
裏岩菅山から岩菅山方面
横手山と右側にうっすら浅間山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横手山と右側にうっすら浅間山
下山開始。山頂直下振り返って
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山開始。山頂直下振り返って
一の瀬方面の登山道はよく整備されていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一の瀬方面の登山道はよく整備されていた。
道は登っているように感じるが。。
小川は進行方向に流れている。なんとも不思議な感覚
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道は登っているように感じるが。。
小川は進行方向に流れている。なんとも不思議な感覚
平坦なな道を抜け、一の瀬スキー場を横切り高天ヶ原スキー場に戻ってきた。
朝一のこの登りが一番ききつかったようだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平坦なな道を抜け、一の瀬スキー場を横切り高天ヶ原スキー場に戻ってきた。
朝一のこの登りが一番ききつかったようだ。

感想/記録

【意外にもまた晴れた】
週末晴れのよい周期で天気が続きます。ついに6週連続山行きになってしまいました。今回はスキーで何度も訪れたことのある志賀高原の最高峰、岩菅山へのハイキングを楽しみました。
【意外とキツいのね。ゲレンデ直登り】
高天ヶ原スキー場を出発、一の瀬スキー場方面に下山の反時計回りで標高2000mの高原歩きを楽しむ予定ですが、朝一のこのゲレンデ登り。意外と堪えました。
スキーで滑るのは爽快なんですけどね〜。ですが、冬意外にここを訪れるのは初めてで、冬のゲレンデとはまた違った顔やスキーでは来ることのない場所を楽しむことができました。
【意外とハイカー多し】
寺小屋ゲレンデからいよいよ登山道に入ります。樹林帯の稜線歩きは泥濘あり、水溜りありで、足元に注意を払いながらやがて岩菅山を前方に捉えます。
それまで例によって誰とも会わなかったのですが、ノッキリ分岐超えて山頂間際になると、ポツポツとハイカーが見えてきます。
山頂には意外にも5〜6の先行者がいました。そして裏岩菅山にも5人くらい、さらに岩菅山に戻ってランチしている間に何組ものハイカーが続々と登って来られました。地味な山かと思いきや、意外人気の山のようです。
【小川の流れと共に下山】
下山は一の瀬方面に歩を向けます。アライタ沢出会いから下はほぼ水平移動です。
登山道の隣に沿って小川がずーっと続いており、癒しのハイキングロードは新緑の中大変気持ちよくクールダウンできました。
一の瀬ゲレンデを横切り、高天ヶ原ゲレンデまで下山。
夏のゲレンデ歩きと、そよ風涼しい高原歩きを楽しんだハイキングでした。
訪問者数:459人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

直登 高原 山行 時計回り 反時計回り
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ