ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 901078 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲信越

高瀬ダムを俯瞰する七倉岳、七倉ダムも見える

日程 2016年06月18日(土) [日帰り]
メンバー Nighthawk250
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
七倉山荘前の駐車場に車を止めて向かいました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち64%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間35分
休憩
51分
合計
6時間26分
S七倉登山口05:0005:46唐沢ノゾキ05:4706:20岩小屋07:00鼻突八丁(八合目)07:40天狗の庭08:0008:25船窪小屋08:3008:40七倉岳08:4508:55船窪小屋09:0009:25天狗の庭09:3509:50鼻突八丁(八合目)09:5510:25岩小屋10:45唐沢ノゾキ11:20七倉登山口11:26ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特段危険なところはありませんでした。
その他周辺情報登山口の七倉山荘では温泉も食事も取ることができます。
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ タイツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 行動食 飲料 地図(地形図) ヘッドランプ GPS 日焼け止め ロールペーパー 携帯 時計 サングラス タオル ストック ナイフ カメラ
備考 飴を持っていくのを忘れました。

写真

七倉山荘のところに車を止めて登山を開始します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七倉山荘のところに車を止めて登山を開始します。
これから登る先が朝焼けで染まっています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから登る先が朝焼けで染まっています。
この黄色いポストに登山カードを投函していきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この黄色いポストに登山カードを投函していきます。
立派なトイレがあるので、ここですることは済ませてから登りましょう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立派なトイレがあるので、ここですることは済ませてから登りましょう。
山の神隧道を入ってすぐ(写真の明かりが漏れている場所)から登山口に入ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山の神隧道を入ってすぐ(写真の明かりが漏れている場所)から登山口に入ります。
ここから登山開始!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから登山開始!
しばらく林道を進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく林道を進みます。
しばらく行くと林道から登山道に入ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく行くと林道から登山道に入ります。
登り始めればいきなりの急傾斜。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り始めればいきなりの急傾斜。
ナメクジ、アリなど山の生き物は大きいと感じていましたが、今回は大きなカエルと遭遇しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナメクジ、アリなど山の生き物は大きいと感じていましたが、今回は大きなカエルと遭遇しました。
140mおきに標識が設置されており、励まされる反面、思ったよりも進むんでいないことに絶望したりします。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
140mおきに標識が設置されており、励まされる反面、思ったよりも進むんでいないことに絶望したりします。
針葉樹と広葉樹が混ざった雑木林です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
針葉樹と広葉樹が混ざった雑木林です。
第一弾のはしご登場で、これから先が怖いです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第一弾のはしご登場で、これから先が怖いです。
随所に看板があるので迷うことはありません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
随所に看板があるので迷うことはありません。
ギンリョウソウが顔を出し始めていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ギンリョウソウが顔を出し始めていました。
本格的なはしご登場
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本格的なはしご登場
過去に崩落したのでしょうか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
過去に崩落したのでしょうか?
整備のための資材が随所に置かれています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
整備のための資材が随所に置かれています。
休憩スペースも所々にあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
休憩スペースも所々にあります。
送電鉄塔の管理道路などへの分岐で紛らわしいところには案内看板があります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
送電鉄塔の管理道路などへの分岐で紛らわしいところには案内看板があります。
この辺りで一休みしました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りで一休みしました。
針葉樹が増えてきたような気がしますが、疲労のためそれどころでなくなってきた気もします。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
針葉樹が増えてきたような気がしますが、疲労のためそれどころでなくなってきた気もします。
ちょっとだけ視界が開ける所もあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっとだけ視界が開ける所もあります。
単管で簡易な橋が架けられています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
単管で簡易な橋が架けられています。
お世話になります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お世話になります。
唐沢が見えるのでしょうか。余裕がなく覗きませんでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唐沢が見えるのでしょうか。余裕がなく覗きませんでした。
少し落ち着いた所を黙々と進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し落ち着いた所を黙々と進みます。
はしごの連続。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
はしごの連続。
一段のはしごが少しかわいい感じを受けました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一段のはしごが少しかわいい感じを受けました。
ここで3分の1ぐらい来たでしょうか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで3分の1ぐらい来たでしょうか。
資材が積まれています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
資材が積まれています。
岩小屋まできました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩小屋まできました。
休憩に適したスペースですが、この少し前に休んでいたので素通りです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
休憩に適したスペースですが、この少し前に休んでいたので素通りです。
岩場もあり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場もあり。
針葉樹が占有してきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
針葉樹が占有してきました。
いよいよ疲れてきましたが、まだ半分ちょっとです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよ疲れてきましたが、まだ半分ちょっとです。
岩がゴロゴロしているところは登りにくいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩がゴロゴロしているところは登りにくいです。
鼻突八丁とはいうものの、このぐらいの急峻な登りは他の山にもあった気がします。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鼻突八丁とはいうものの、このぐらいの急峻な登りは他の山にもあった気がします。
手すり付きはしご
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手すり付きはしご
明るくなってきました。そろそろ樹林帯を抜けるのでしょうか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明るくなってきました。そろそろ樹林帯を抜けるのでしょうか。
右側の木には先代の看板の跡が見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右側の木には先代の看板の跡が見えます。
10分の7ですから1000mぐらい登りましたね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10分の7ですから1000mぐらい登りましたね。
蓮華岳でしょうか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蓮華岳でしょうか?
樹林帯抜けます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯抜けます。
あ、明るい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あ、明るい。
展望も良くなってまいりました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望も良くなってまいりました。
後方にはちらりと七倉ダムが見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後方にはちらりと七倉ダムが見えます。
1
待望の高瀬ダムは天狗の庭から俯瞰で見ることができます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
待望の高瀬ダムは天狗の庭から俯瞰で見ることができます。
3
堤体に走る九十九折りの道路がしっかり見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堤体に走る九十九折りの道路がしっかり見えます。
1
下流の七倉ダムと上流の高瀬ダムが同時に見られます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下流の七倉ダムと上流の高瀬ダムが同時に見られます。
1
天狗の庭から山頂方面を見ると、もう少し距離がありそうです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗の庭から山頂方面を見ると、もう少し距離がありそうです。
花はほぼ咲いていませんでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花はほぼ咲いていませんでした。
山頂への道はそんなに急ではありませんが、2000mを超えているせいか空気が薄い気がします。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂への道はそんなに急ではありませんが、2000mを超えているせいか空気が薄い気がします。
ちょっとだけ雪が行くてを阻みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっとだけ雪が行くてを阻みます。
ここで標高は概ね頭打ちです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで標高は概ね頭打ちです。
山頂の船窪小屋が開くのはもう少し先のようです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂の船窪小屋が開くのはもう少し先のようです。
七倉岳山頂に向かいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七倉岳山頂に向かいます。
少しのアップダウンがあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少しのアップダウンがあります。
きた道、そして戻る道を振り返ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
きた道、そして戻る道を振り返ります。
七倉岳山頂にきましたが、風が寒いです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七倉岳山頂にきましたが、風が寒いです。
2
天気も良く絶景でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天気も良く絶景でした。
1
天気も良く絶景でした2
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天気も良く絶景でした2
1
天気も良く絶景でした3
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天気も良く絶景でした3
1
天気も良く絶景でした4
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天気も良く絶景でした4
1
船窪小屋の遥か下に七倉ダムが見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
船窪小屋の遥か下に七倉ダムが見えます。
1
ズームイン。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ズームイン。
1
さらにズームイン。車は若干増えたでしょうか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらにズームイン。車は若干増えたでしょうか。
下山後七倉山荘で温泉に入りダムカレーを食べました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山後七倉山荘で温泉に入りダムカレーを食べました。
七倉ダムの後ろに登ってきた場所がちょっと見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七倉ダムの後ろに登ってきた場所がちょっと見えます。

感想/記録

 日本で一番高いダムは黒部ダムというのは有名な話のようですが、黒部ダムの玄関口である大町市には、日本で2番目に高い高瀬ダムがあります。

 七倉岳の登山道の途中にあり天狗の庭からその巨大な姿を見下ろすことができるようなので、梅雨の間の天気を見計らって登ってきました。

 ダムを上から見下ろすためにわざわざ北アルプスまで行って2,500mの山に登るのか?というと私としても疑問が湧くところではありますが、世の中にはヨーロッパアルプスの方までダムを見に行く人がいるようですし( http://portal.nifty.com/2009/08/13/b/ )、しかも、スイスにダムを見に行くツアーも募集中とのこと( http://www.jtb.co.jp/shop/ShopNews.aspx?shopid=294&categoryid=1&branchno=1&articleid=57#57 )。それを考えれば、国内、そして隣県での登山など許容範囲でしょう。

 感想を一言で言うと、天気も良く眺望も大満足、コースのきつさも心配していたほどではなく快適な登山が楽しめました。
 
 まずは、七倉山荘に車を止め、登山カードを投函して出発。

 すぐにある隧道の脇道から登山道が始まります。

 登山口に入るとちょっとだけ平坦な林道が続きますが、登り始めた途端に急登で、黙々と1時間ほど休憩無しで登りました。
 登りは概ね1400mなので、1/10ごとに標識が設置されており、進行状況を示してくれます。息が上がり、汗も滴ってきた頃に1/3の標識が出てきた時は絶望を感じました。

 ペース配分もよくわからない中、一歩一歩のストロークを短くして、ちょっとづつ登ることで消耗を防ぎ、両腕に装備したストックを駆使して、足への負担を軽減します。
 実はこの登山を今年の目標として、細々と登山をしたり装備を整えたりしてきましたので、上半期も終わっていませんが、今年の集大成としての登山です。

 登山道は急な傾斜が続くものの綺麗に整備されており、利根川源流の碑に向かった時のことを思い出せば想定の範囲内です。
 ただし、標高が2000mを超えるような登山は久しくしていないため、気持ち空気が薄いのか、息切れが早い気がしました。

 2時間半ほどかけて、約1,200mを登り天狗の庭までやってきました。待望の高瀬ダムが見えるポイントです。他の人の登山記録にはあまり出てきていませんでしたが、下流側には七倉ダムも同時に見ることができました。ここで20分ほど写真撮影も含めて休憩をとりました。

 高瀬ダムの堤体に設置された九十九折りの道路を大型トラックが続々と登っていく姿を見ることもできました。これらのトラックは高瀬ダムに溜まった砂を運び出すために働いているそうです。

 ここで本来の目的を達したところですが、せっかくなのでもう少し足を伸ばし、七倉岳まで行き、北アルプスの山々の展望を楽しんできました。
 未だ雪が残る山、谷から吹く風はやや寒さを感じ、汗が引くと少し寒いため長時間の滞在はせず、降りることとしました。

 なお、船窪小屋はオープンに向け雨どいの工事をしていました。

 下りでは3組の方々とすれ違いました。疲労が積もってきているため、事故がないようゆっくりと下りたものの、3時間弱で帰り着きました。

 下山後は七倉山荘でお風呂と食事をとり、疲労を速やかに癒しました。

 天狗の庭からのダムの眺め、また稜線からの北アルプスの眺めは最高なので、ぜひチャレンジいただきたい七倉岳です。
訪問者数:295人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ