ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 901148 全員に公開 ハイキング朝日・出羽三山

大鳥池

日程 2016年06月18日(土) 〜 2016年06月19日(日)
メンバー otsu_kun, その他メンバー1人
天候18日晴れ 19日晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
2時間5分
休憩
10分
合計
2時間15分
S泡滝ダム駐車場06:1506:45第一水場06:5007:00冷水沢つり橋07:20七ツ滝沢つり橋07:2508:30大鳥小屋
2日目
山行
1時間55分
休憩
10分
合計
2時間5分
大鳥小屋08:5009:50七ツ滝沢つり橋09:5510:10冷水沢つり橋10:20水場10:2510:55泡滝ダム駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
記録的な少雪であったため、例年なら残雪が残っているポイントに雪がなく、この時期の登山としては非常に快適でした。
泡滝ダム駐車場に仮設トイレが設置済みでした。

なお、今年が異常なだけで、普通の年のこの時期の入山は、軽アイゼンに、できればピッケルが欲しいところです。
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

写真

例年スノーブリッジができる場所。残雪の多い年は、対岸(登山道側)にも雪があります。今年は、小さいながらもブリッジがあったそうですが、6月2週目くらいに崩壊したそうです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
例年スノーブリッジができる場所。残雪の多い年は、対岸(登山道側)にも雪があります。今年は、小さいながらもブリッジがあったそうですが、6月2週目くらいに崩壊したそうです。
1
第一水場から下流を望む。例年、デブリが多くコース選択に苦労するところ。
大鳥池の管理人さんの話では、デブリができるほどの雪が降らなかったのでは とのこと。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第一水場から下流を望む。例年、デブリが多くコース選択に苦労するところ。
大鳥池の管理人さんの話では、デブリができるほどの雪が降らなかったのでは とのこと。
1
冷水沢つり橋。
毎年の設置ありがとうございます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
冷水沢つり橋。
毎年の設置ありがとうございます。
1
七ツ滝沢つり橋。こちらの方が長いです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七ツ滝沢つり橋。こちらの方が長いです。
1
七曲りを登り切ったところの道標。ここまでくれば池はすぐそこです。この道標、左隅は昔クマにかじられたとか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七曲りを登り切ったところの道標。ここまでくれば池はすぐそこです。この道標、左隅は昔クマにかじられたとか。
2
土曜の晩のご馳走。このイワナが最後に釣れて助かりました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
土曜の晩のご馳走。このイワナが最後に釣れて助かりました。
4
日が傾いて風がやみました。湖面に映る山々がきれいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日が傾いて風がやみました。湖面に映る山々がきれいです。
5
月もでてきました。ほぼ満月です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
月もでてきました。ほぼ満月です。
3
翌朝も風もなく穏やかでしたが、日が湖面に射して間もなく、風が出てきて波立ちました。自然の力はすごいですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌朝も風もなく穏やかでしたが、日が湖面に射して間もなく、風が出てきて波立ちました。自然の力はすごいですね。
3

感想/記録

毎年恒例の6月の大鳥釣行登山。
この冬の少雪で既に登山道に残雪なしとの書き込みもあり、例年必携のピッケルとスパイク長靴でなく、登山靴に折り畳み長靴持参とした。

1日目
例年ならこの時期はダム手前のバス停までしか入れないが、今年はダムまで開通済みで仮設トイレも設置済みであった。
前日からの雨も止み、薄曇りのなか登山開始。

登山口から10分ほどの、例年スノーブリッジができるポイントは既に崩壊していてこの冬の少雪を物語っていたが、それより驚いたのは第一水場手前の残雪がまったくなく、夏道が出ていたことであった。このポイントは例年河岸までデブリがあり、残雪をトラバースするか、河岸まで降りてデブリを上り返すかコース選択に悩むところだが、今年は夏道上部にも一切雪がなかった。ここ10年くらい同じ時期に通っているが、今年が最も少なかった。
その後、冷水沢つり橋、七ツ滝沢つり橋を順調に通過し、七曲りに入ってすぐの水場で冷たい水を補給。ここの水場は本当に素晴らしい。10秒も手をつけていられない。
このコースの魅力の一つはこの水場にある。
七曲りの後半、大鳥池の直前に、残雪が残っていると滑落しそうなトラバース箇所があるのだが、ここにも雪がなく、あっけなく大鳥池到着。
例年、ブナの新緑と残雪のコントラストが美しいのだが、今年は既に緑色が濃く、残雪も少ないため、すっかり初夏の雰囲気であった。

大鳥池の管理人さんは、管理人業務を数年前に引退したが、時々サポートで入っている顔なじみのFさんであった。今回は大鳥音楽祭と重なったためのお手伝いとのことだった。30分ほど、懐かし話題や今年の状況を伺い、宿泊手続きと釣り券を購入して、とりあえず釣りはじめる。例年なら釣り人で混雑するのだが、この時間で釣り人は我々だけであった(結局、この日の釣り人は3組8名ほどであった)。
また、例年のこの時期は東沢の水量が多くて渡渉困難のため、オツボ峰経由を薦められるのだが、今年は水量が少ない、以東岳を目指すほとんどの人が直登コースを選んでいた。

結局この日の釣果は6匹。このうち1匹が尺近いイワナであったため、二人での夕食のご馳走には十分であった。

日が沈むと風が止み、湖面に対岸の山々が映り、満月に近い月明かりと合わせてとても幻想的であった。なお、小屋の宿泊客は15名ほどで快適に過ごすことができた。

二日目
4時に起きてとりあえず釣り場である水門に向かう。
今朝も風がなく、湖面に山々が映っている。
昨日と違って水門近くでも波紋があがるが、活性が低いのか、空腹でないのか、ルアーだけでなく、餌にもまったくあたりがない。
5時半ころ一匹だけ釣れたが、その後もあたりがなく、七時過ぎに納竿。

朝食後にパッキングを済ませ、使わせていただいたフロアの掃除をして小屋を出発する。残雪がないので滑落を気にすることなく歩くことができ、登りよりもさらに気が楽である。
第一水場でお土産用の水を汲み、あっという間に泡滝ダム到着。

あまり釣れなかったが、2日間とも天気がよく、恒例の釣り登山を無事終えることができた。
快適ではあったが、来年はいつも通りの残雪のある大鳥池がいいな。


訪問者数:233人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ