ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 901234 全員に公開 ハイキング槍・穂高・乗鞍

焼岳(新中の湯ルート)〜上高地へ

日程 2016年06月19日(日) [日帰り]
メンバー skywatcher
天候晴れ後、昼から雨
アクセス
利用交通機関
バス、 タクシー、 車・バイク
焼岳登山口前の広場。10台くらい駐車可能。

バス:大正池→上高地バスターミナル ¥420
タクシー:上高地バスターミナル→焼岳登山口 ¥3500
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち37%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間3分
休憩
39分
合計
6時間42分
S新中の湯登山口04:3405:241972mピーク05:2605:43広場05:4405:50下堀沢出会05:5207:08焼岳(北峰)07:2808:22中尾峠08:34焼岳展望台08:3608:39新中尾峠08:45焼岳小屋08:5008:52新中尾峠09:35峠沢梯子場10:06上高地焼岳登山口10:0810:17西穂高岳登山口10:20上高地温泉ホテル10:2510:31ウェストン碑10:36上高地温泉ホテル10:39西穂高岳登山口10:39田代橋11:15大正池11:16ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
◯登山口〜焼岳北峰
登山道入口から標高差約350m、1時間程の急登。急登の先にベンチ。
展望が開けた下堀沢出会いの先は、焼岳南峰の東斜面をトラバースしながら、鞍部を目指します。
南峰は立ち入り禁止なので北峰へ。噴気を見ながら◯印をたどる。
ザレた石が多いので落石に注意します。

注:所々でコバエのような虫が寄って来ます。
  登山口や樹林帯、展望台などなど・・で、
  噛み付きませんが気になる方は防虫ネットなどのご用意を。
その他周辺情報中の湯温泉旅館
http://www.nakanoyu-onsen.jp
日帰り温泉 12:00~17:00 ¥700
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

写真

午後から天候悪化の予報なので、勝負は午前中。
さぁ登るぞ〜
2016年06月19日 04:25撮影 by NIKON D810A, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
午後から天候悪化の予報なので、勝負は午前中。
さぁ登るぞ〜
8
登山口
2016年06月19日 04:35撮影 by NIKON D810A, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口
1
噴火警戒レベル1
2016年06月19日 04:36撮影 by NIKON D810A, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
噴火警戒レベル1
1972mピーク
急登が終わった先にベンチ。
ありがたい
2016年06月19日 05:26撮影 by NIKON D810A, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1972mピーク
急登が終わった先にベンチ。
ありがたい
1
イワカガミ
2016年06月19日 05:32撮影 by NIKON D810A, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワカガミ
4
広場から。
左のピークが焼岳南峰
2016年06月19日 05:43撮影 by NIKON D810A, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広場から。
左のピークが焼岳南峰
2
ツマトリソウ
2016年06月19日 05:47撮影 by NIKON D810A, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツマトリソウ
3
ゴゼンタチバナ
2016年06月19日 05:48撮影 by NIKON D810A, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴゼンタチバナ
2
アオノツガザクラ
2016年06月19日 06:17撮影 by NIKON D810A, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アオノツガザクラ
1
ツガザクラ
2016年06月19日 06:23撮影 by NIKON D810A, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツガザクラ
2
北峰と南峰に挟まれた鞍部へ
2016年06月19日 06:42撮影 by NIKON D810A, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北峰と南峰に挟まれた鞍部へ
1
鞍部到着。
南峰と火口湖
2016年06月19日 06:51撮影 by NIKON D810A, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鞍部到着。
南峰と火口湖
4
硫黄を含んだ水蒸気が音を立てて噴出中
2016年06月19日 06:54撮影 by NIKON D810A, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄を含んだ水蒸気が音を立てて噴出中
3
大展望!
これを見たかった
2016年06月19日 07:09撮影 by NIKON D810A, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大展望!
これを見たかった
4
遠くに見える奥穂高岳
2016年06月19日 07:16撮影 by NIKON D810A, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠くに見える奥穂高岳
3
北峰から南峰を見る
2016年06月19日 07:26撮影 by NIKON D810A, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北峰から南峰を見る
4
登頂記念
2016年06月19日 07:28撮影 by NIKON D810A, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登頂記念
6
噴気の向こうに見える、大正池
2016年06月19日 07:31撮影 by NIKON D810A, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
噴気の向こうに見える、大正池
2
イワツバメ
巣が有るようです
2016年06月19日 07:49撮影 by NIKON D810A, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワツバメ
巣が有るようです
3
穂高連峰と上高地
2016年06月19日 07:51撮影 by NIKON D810A, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穂高連峰と上高地
2
手前ピークが展望台。
登山者の右横に小さな噴気
2016年06月19日 08:15撮影 by NIKON D810A, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手前ピークが展望台。
登山者の右横に小さな噴気
2
中尾峠から焼岳を振り返る。
中央のドームが北峰。
ドームの左横から降りてきました。
2016年06月19日 08:23撮影 by NIKON D810A, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中尾峠から焼岳を振り返る。
中央のドームが北峰。
ドームの左横から降りてきました。
4
深い溝
(展望台にて)
2016年06月19日 08:33撮影 by NIKON D810A, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
深い溝
(展望台にて)
1
焼岳小屋と焼岳
2016年06月19日 08:42撮影 by NIKON D810A, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
焼岳小屋と焼岳
2
良い感じの山小屋です
2016年06月19日 08:50撮影 by NIKON D810A, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
良い感じの山小屋です
1
長〜い梯子
2016年06月19日 09:07撮影 by NIKON D810A, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長〜い梯子
1
こんな桟道有り
2016年06月19日 09:21撮影 by NIKON D810A, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな桟道有り
1
ゴゼンタチバナの群落
2016年06月19日 09:41撮影 by NIKON D810A, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴゼンタチバナの群落
2
ホウノキの大木
2016年06月19日 09:55撮影 by NIKON D810A, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ホウノキの大木
2
上高地からの焼岳登山口
2016年06月19日 10:04撮影 by NIKON D810A, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上高地からの焼岳登山口
1
西穂高岳への登山口。
確か岐阜側にも立派な門が有りましたね。
ここをスタートに登ってみたい気も?
2016年06月19日 10:17撮影 by NIKON D810A, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西穂高岳への登山口。
確か岐阜側にも立派な門が有りましたね。
ここをスタートに登ってみたい気も?
1
山の神様にお参り
2016年06月19日 10:18撮影 by NIKON D810A, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山の神様にお参り
2
下山後の楽しみ
2016年06月19日 10:24撮影 by NIKON D810A, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山後の楽しみ
4
ウェストンさんのレリーフ
2016年06月19日 10:30撮影 by NIKON D810A, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウェストンさんのレリーフ
1
田代湿原
2016年06月19日 10:56撮影 by NIKON D810A, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
田代湿原
2
大正池と焼岳
焼岳の溶岩で堰き止められた池なんですね。
2016年06月19日 11:07撮影 by NIKON D810A, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大正池と焼岳
焼岳の溶岩で堰き止められた池なんですね。
3
中の湯温泉
秘湯で癒される。
2016年06月19日 12:02撮影 by NIKON D810A, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中の湯温泉
秘湯で癒される。
3
撮影機材:

感想/記録

6年ぶりに焼岳に挑戦しました。入山は前回と同じ『新中の湯コース』です。
登山口前広場の駐車スペースが少ないので、前日夕方から泊まり込み。
明朝出発の頃には、広場はいっぱいになりました。

このコースは、いきなりの急登です。標高差350mを約1時間。
寝起きのまだ寝ている身体には、たいへんです。

今年は雪が全く無い。前回は急登先の樹林帯から残雪が有り、下堀沢出合でアイゼンを装着しました。
下堀沢出合は、中の湯コースとの分岐点でもあったのですが・・・アイゼンを装着した場所が無い! 崩壊して谷になっていました。

焼岳北峰では、山頂手前の噴気口から音を立てて水蒸気が噴出しています。
また、それ以外の周囲にも弱いながら水蒸気が出ています。
地球の息遣いを感じる活火山ですね。
噴気孔付近の灰色の岩を触ったり、湯気に手をかざすと硫黄の匂いが手に付きます。
ちょっと、温泉気分?

焼岳北峰からの展望は・・絶景!!  これが見たかったです。
北へ延びている峰々は西穂、奥穂や前穂に続き、また此の峰の両側には上高地や奥飛騨の谷や笠が岳が目の前いっぱいに広がっています。
感動しながら山頂でのんびりと景色を楽しみました。ホットな飲み物でまったりしたかったなぁ。今日は持っていなかったです。

十分堪能したところで、さぁ下山。
楽に登頂してしまったので、まだ山を楽しみたいという不完全燃焼が・・。
計画ではピストンでしたが、時間と体力を考え・・上高地へ下山しよう〜♪
計画を変更しました。変更は、個人的には正解でした。

急斜面を下り、その途中にも小さな噴気が所々に有ります。
焼岳小屋を過ぎてから、長〜い梯子が有りました。
中の湯コースより上高地からのコースの方が、急登ですが楽しいですね。

上高地へ下りてからは、50年弱ぶりの大正池へ。
池の畔に立ってみました。ずいぶん池が小さくなっている。立枯れの木が少ない。
長い年月の間に、ずいぶん変わってしまったんですね。

帰り道のタクシーで年配の運転手さんと、大正池の変貌や安房トンネル開通前の安房峠渋滞の話やらの昔話で盛り上がりました。
新釜トンネルの先に新しいトンネルが開通したそうですが、まだ開通式をしていないので通られないそうです。

下山後の温泉は、中の湯でいただきました。
秘湯を守る会の提灯が嬉しい秘湯です。
ノンビリと浸かりながら今日の反省会。
いい1日でした・・・。

ゆっくりしていたため・・中央道で渋滞にしっかりハマりました。
変なオチがついたようです。お後がよろしいようで・・。
訪問者数:484人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ