ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 901722 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥多摩・高尾

雲取山・三条の湯で幕営

日程 2016年06月18日(土) 〜 2016年06月19日(日)
メンバー uzt
天候18日:晴れ
19日:晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち39%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間32分
休憩
1時間43分
合計
8時間15分
Sスタート地点07:0707:43片倉橋07:4508:16塩沢橋08:1709:20後山川林道終点(青岩谷出会い)09:2109:50三条の湯11:2712:52三条ダルミ13:22雲取山避難小屋13:24雲取山13:2514:06三条ダルミ15:16三条の湯15:1715:22宿泊地
2日目
山行
4時間4分
休憩
2分
合計
4時間6分
宿泊地07:5709:56サオラ峠(サヲウラ峠)10:35丹波天平11:34高畑集落跡11:3611:57親川12:03ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
基本的には良く整備された登山道で危険個所は有りませんでした。
2日目の高畑集落跡の前後のみ登山道荒れ気味でした。
その他周辺情報三条の湯の小屋の方の情報では、飛龍山から雲取山にかけての稜線でクマ遭遇情報あり。
昨年の同じ頃に私も丹波山でクマに遭遇しています。[記録ID: 659362]
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

写真

登山口の少し先の橋のたもとの駐車スペースに車を停めてから、この看板を目印に折り返して後山林道に入ります。
2016年06月18日 07:11撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口の少し先の橋のたもとの駐車スペースに車を停めてから、この看板を目印に折り返して後山林道に入ります。
折り返したところです。
2016年06月18日 07:11撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
折り返したところです。
ゲート前の駐車スペース。結構入山されているようですが、大半は渓流釣りの方々の様でした。
2016年06月18日 07:42撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゲート前の駐車スペース。結構入山されているようですが、大半は渓流釣りの方々の様でした。
ゲートから先もまだ林道は続きます。
2016年06月18日 07:44撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゲートから先もまだ林道は続きます。
塩沢橋。
右がヨモギ尾根の取付き。
2016年06月18日 08:18撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塩沢橋。
右がヨモギ尾根の取付き。
ここからやっと登山道です。
2016年06月18日 09:20撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからやっと登山道です。
立派な滝は笛ヶ滝?
2016年06月18日 09:25撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立派な滝は笛ヶ滝?
登山道は良く整備されており、気持ちの良い新緑の中を進みます。
2016年06月18日 09:41撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道は良く整備されており、気持ちの良い新緑の中を進みます。
三条の湯に到着。
以外なことに、テン場一番乗りでした!
ここでリュックをデポして上の小屋で受付します。
2016年06月18日 09:48撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三条の湯に到着。
以外なことに、テン場一番乗りでした!
ここでリュックをデポして上の小屋で受付します。
テントも設営し、早目に昼食も摂って、お腹を空かせに軽荷で雲取山に向かいます。
2016年06月18日 11:12撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テントも設営し、早目に昼食も摂って、お腹を空かせに軽荷で雲取山に向かいます。
三条ダルミ。
2016年06月18日 12:54撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三条ダルミ。
薄っすら富士山も望めました。
2016年06月18日 12:56撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薄っすら富士山も望めました。
程なく雲取山頂。
まだ結構な混みようだったので、写真を撮ったら即下山。
2016年06月18日 13:24撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
程なく雲取山頂。
まだ結構な混みようだったので、写真を撮ったら即下山。
三条の湯のお風呂は、夕方の明るい内は物凄い混みようで、まさに芋洗い状態でした。が、念のため寝る前にもう一度、最終時刻の8時直前に入ってみると貸切状態で堪能出来ました!
2016年06月18日 19:50撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三条の湯のお風呂は、夕方の明るい内は物凄い混みようで、まさに芋洗い状態でした。が、念のため寝る前にもう一度、最終時刻の8時直前に入ってみると貸切状態で堪能出来ました!
1
温泉分析書
2016年06月18日 19:58撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
温泉分析書
夕方にはテン場も一杯になりました。
撮影は翌日早朝のもの。
2016年06月19日 04:16撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕方にはテン場も一杯になりました。
撮影は翌日早朝のもの。
一夜明けて、今日は下山だけの予定なので、朝からのんびりとくつろぎ、かなりゆっくりのスタートでサオラ峠経由で下山します。
2016年06月19日 08:02撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一夜明けて、今日は下山だけの予定なので、朝からのんびりとくつろぎ、かなりゆっくりのスタートでサオラ峠経由で下山します。
最初の沢が一番立派。
コースタイム的にはこれがカンバ谷か?
2016年06月19日 08:24撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初の沢が一番立派。
コースタイム的にはこれがカンバ谷か?
と言う事は、これが御岳沢?
ひたすら我慢のトラバースを繰り返す。
2016年06月19日 08:54撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
と言う事は、これが御岳沢?
ひたすら我慢のトラバースを繰り返す。
やっとのことで、サオラ峠。
2016年06月19日 09:55撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっとのことで、サオラ峠。
程無く丹波天平。
2016年06月19日 10:36撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
程無く丹波天平。
その先は今回が初めてでしたが、かなり平坦な広尾根が続くので、見通しが効かない天候だと、道迷い要注意ですね。
2016年06月19日 10:56撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その先は今回が初めてでしたが、かなり平坦な広尾根が続くので、見通しが効かない天候だと、道迷い要注意ですね。
最初の廃屋跡。
ここだけポッカリ開けているので何があるのかと思いました。
2016年06月19日 11:14撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初の廃屋跡。
ここだけポッカリ開けているので何があるのかと思いました。
今回の核心部⁈
登山道も崩壊気味ですが、なんと言っても潰れかけた廃屋の屋根を細い棒切れ一本で支えている下を潜り抜けなくてはならないのがスリル満点です⁉
2016年06月19日 11:30撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回の核心部⁈
登山道も崩壊気味ですが、なんと言っても潰れかけた廃屋の屋根を細い棒切れ一本で支えている下を潜り抜けなくてはならないのがスリル満点です⁉
その後幾つかの廃屋を通過した最後にこの表示板がありました!
せめて天平辺りにも立てた方が良いのでは?
2016年06月19日 11:35撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その後幾つかの廃屋を通過した最後にこの表示板がありました!
せめて天平辺りにも立てた方が良いのでは?
登山道終点。
この後民家の脇をすり抜けて親川に出ます。
2016年06月19日 11:55撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道終点。
この後民家の脇をすり抜けて親川に出ます。
無事下山。
丁度雨がパラつき始めましたが、駐車スペースは直ぐ先なので何とか濡れずに済みました。
2016年06月19日 11:58撮影 by DSC-W530, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事下山。
丁度雨がパラつき始めましたが、駐車スペースは直ぐ先なので何とか濡れずに済みました。

感想/記録
by uzt

 今週も梅雨入りしたにもかかわらず週末の良好な天候が予想されたため、無雪期幕営のシーズンイン第一弾として幕営装備一式を背負って奥多摩の三条の湯を目指して出掛けてきました。あくまでも雲取山がメインでは無く、三条の湯でテン泊することと、最近購入したウッドストーブの試用が目的でした。
 三条の湯のテン場は、渓流のせせらぎ沿いにあり、この季節は濃い緑に包まれた予想通りのとても快適なテン場でした。今度は是非とも紅葉の秋にまた訪れたいものです。
 もう一つの目的のウッドストーブは焚火の楽しみと燃料不要(フィールドで調達可能)なコンロとして使用できると言うもスグレもの性能確認でした。非常に期待して望んだのですが、最初の着火が中々難しく、完全に乾いた小枝を見つける事と、風を送る団扇か吹き筒が必要と言う事が分かりました。とりあえず本末転倒とは思いつつも、なかなか着火してくれない薪をガスストーブで着火してから、本来の二次燃焼を確認で来ました。が、その後に薪を追加しても二次燃焼を維持することが最後まで出来なかったことが心残りです。
 今回のルートはこの時期全般的に樹林帯の中なので、眺望こそ得られませんが、直接の日差しを受けることなく比較的涼しく歩くことが出来て中々好印象でした。
訪問者数:280人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ