ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 901911 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走白馬・鹿島槍・五竜

やっぱり山は晴れなきゃね、白馬岳再訪

日程 2016年06月18日(土) [日帰り]
メンバー snakam, その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
猿倉荘前の駐車場、最後のスペースに滑り込み(軽並みの車だからできた)。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち60%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間1分
休憩
1時間1分
合計
8時間2分
S猿倉荘07:0407:49白馬尻荘07:54白馬尻小屋07:5708:58岩室跡09:0010:02避難小屋10:0310:50白馬岳頂上宿舎11:0611:31白馬山荘11:52白馬岳12:1812:29白馬山荘12:4112:49白馬岳頂上宿舎12:5013:21避難小屋13:50岩室跡14:26白馬尻小屋15:06猿倉荘G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
白馬尻小屋の上のケルンの先から大雪渓に。
岩室あたりの夏道には入らず、そのまま雪渓をつないで登る。装備はストックと12本爪のアイゼン。ピッケルがあったらもっと安心だったと思うが、ストックでも危険な感じはしない。雪が薄い場所に注意。
避難小屋あたりの夏道も通らず、頂上宿舎への登りが始まるあたりでアイゼンを脱ぐ。
落石以外に危険なところはない。自分が歩いているときは、ルート上まで転がってくる石はなかったが、転がってきた場合、避けられるのだろうか?
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

写真

猿倉荘から歩き出すと、稜線がくっきり。予報通り晴れて良かった!
2016年06月18日 07:17撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
猿倉荘から歩き出すと、稜線がくっきり。予報通り晴れて良かった!
このケルンの先でアイゼンをつけ、大雪渓に入る。
2016年06月18日 08:10撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このケルンの先でアイゼンをつけ、大雪渓に入る。
皆さん、アイゼンをつけていらっしゃる。
2016年06月18日 08:10撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
皆さん、アイゼンをつけていらっしゃる。
1
この青空を見よ!気持ちいい。
2016年06月18日 08:22撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この青空を見よ!気持ちいい。
3
黙々と歩く。下界は猛暑の予報だが、雪渓の上の風が心地よい。
2016年06月18日 08:33撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黙々と歩く。下界は猛暑の予報だが、雪渓の上の風が心地よい。
2
夏道の横を上がってくる相方。
2016年06月18日 09:54撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夏道の横を上がってくる相方。
むちゃくちゃ、美しい。
2016年06月18日 10:03撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
むちゃくちゃ、美しい。
5
まだ雪渓は続く。
2016年06月18日 10:03撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ雪渓は続く。
頂上宿舎が見えました。
2016年06月18日 10:07撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上宿舎が見えました。
ここでアイゼンを脱ぐ。
2016年06月18日 10:19撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここでアイゼンを脱ぐ。
ハクサンイチゲ
2016年06月18日 10:46撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンイチゲ
この日から営業という頂上宿舎で小休止。
2016年06月18日 10:52撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この日から営業という頂上宿舎で小休止。
さて、頂上へ向かいます。
2016年06月18日 11:13撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、頂上へ向かいます。
遠くに剱が顔を出す。
2016年06月18日 11:13撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠くに剱が顔を出す。
ミヤマキンポウゲでしょうか。
2016年06月18日 11:15撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマキンポウゲでしょうか。
ツクモグサ。北海道以外では、八ヶ岳の横岳とここにしかないという。
2016年06月18日 11:23撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツクモグサ。北海道以外では、八ヶ岳の横岳とここにしかないという。
ウルップソウ。
2016年06月18日 11:23撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウルップソウ。
オヤマノエンドウ
2016年06月18日 11:28撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オヤマノエンドウ
山頂へ着きました。いい天気。いい景色。ちょっと寒い。
2016年06月18日 11:49撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂へ着きました。いい天気。いい景色。ちょっと寒い。
2
特徴あるしゃくれた山頂。
2016年06月18日 11:55撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
特徴あるしゃくれた山頂。
2
雪渓をざくざく歩いて下りるが、落石には要注意。
2016年06月18日 13:46撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪渓をざくざく歩いて下りるが、落石には要注意。
ずーといい天気。
2016年06月18日 13:55撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ずーといい天気。
まだまだあるなあ。
2016年06月18日 13:55撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだまだあるなあ。
かなり下りてきました。
2016年06月18日 14:11撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かなり下りてきました。
到着。
2016年06月18日 15:10撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
到着。
2

感想/記録
by snakam

 白馬岳は3年ぶり。前回はガスに覆われ、山頂からはすぐ隣の旭岳がときどきうっすら見えるだけ。テントが飛ばされそうだった思い出しかない山だった。
 今年初の猛暑日の予報を聞き、頭に浮かんだのが、大雪渓。天気も良さそうだし、行ってみるかと、前日に決定。これが大正解。2時過ぎに起き、夜も明けて中央道から長野道に入ると見えてくるアルプスの山々。最高の登山日和だ。期待が膨らむ。
 雪渓に取り付き、最初の数百メートルはアイゼンを付けず、雪の感触を確かめた。たいした斜度ではないが、意外に滑る。アイゼンをつけた後は、狭い歩幅のペースを守り、爪を雪に食い込ませて進んでいく。涼風が心地よい。
 皆さんが夏道に取り付いているところを下から見ると、雪を繋いで上まで行けそうなので、バイパスすることに決定。たっぷり雪歩きを楽しんだ。
 山頂からは、みたことのない風景が広がっていた。剱岳があんな形に見えるとは。槍、穂高は遙か彼方。風が強く肌寒かったが、景色にみとれて長居してしまった。
 やはり登山は、晴れた日に限る。
 
訪問者数:290人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ